キャッシュレス 還元 いつまで。 キャッシュレス決済ポイント還元制度はいつからいつまで?どこのお店で使えるの?【2019年1月最新情報】簡単に説明します。

キャッシュレスのポイント還元はいつまで?suicaやデビットカードも!

キャッシュレス 還元 いつまで

一方で、今回の9カ月間のキャッシュレス還元の恩恵は、総世帯平均で。 日常的にクレジットカードを使う世帯では、5000円程度になるという。 キャッシュレス還元をうまく利用して、少しでも家計への負担を減らすのが得策だ。 2019年10月1日から6月30日まで実施される。 税率引き上げによる消費低迷を防ぐとともに、キャッシュレス決済の普及率を上げるのが狙いだ。 国は2019年度予算で関連費用としてを計上した。 で商品・サービスを購入する際に、クレジットカードや電子マネー、スマホ決済などのキャッシュレスで支払うと、5%のポイント還元が受けられるというものだ。 百貨店や家電量販店などの大企業の店舗は対象外となる。 対象店舗はネット上で公開されており、ことができる。 加盟店には「CASHLESS」と書かれたが入りのポスターなどが掲示される見込みだ。 あまり知られてないが、ネット通販大手でもキャッシュレス還元を受けられる。 たとえば、では、中小規模の店舗が出品しているマーケットプレイスが対象となる。 該当商品には「5%還元」と表示されるという。 とでも、同様に5%還元を実施しているストアを案内している。 また各事業者で独自のポイント還元をしている場合は、国のキャッシュレス還元に上乗せされるのでよく確かめてみよう。 たとえばスマホ決済サービス「PayPay」では10月1日から11月30日まで期間限定で、で「」と呼ばれるキャンペーンを実施する。 国のキャッシュレス還元の加盟店であれば、合計で10%の還元になる見込みだ。

次の

キャッシュレス決済で5%還元!還元方法と対象のクレジットカードとは?

キャッシュレス 還元 いつまで

Contents• キャッシュレス・ポイント還元事業はいつまで実施? キャッシュレス・ポイント還元事業とは? 2019年10月に、消費税引上げ後の消費喚起とキャッシュレスの促進を目的に開始された、政府の「キャッシュレス・ポイント還元事業」。 2019年10月1日から2020年6月30日までの間に、事業の対象となる中小店舗において、登録されたキャッシュレス決済で支払いをすると、最大で5%のポイント還元等を受けることができます。 2020年4月1日時点で、対象となる加盟店数は、約108店舗まで増加。 コンビニなどでの買い物を含めて、この事業のメリットを受けていた人も多いのではないでしょうか。 2020年6月末で終了予定も、延長・拡充の噂が!? 「キャッシュレス・ポイント還元事業」は、開始当初から、2020年6月末での終了が予定されていました。 しかし、最近、この事業が延長・拡充されるのではないか、との噂が広がっていました。 政府では、日本のキャッシュレス決済比率を、これまでの約20%から、2025年までに40%程度、将来的には世界最高水準の80%を目指す、という目標を掲げています。 もっとも、この目標の達成までにはまだまだ距離があるのが現実です。 事業の実施期間中には、加盟店が負担する決済手数料は実質2. 17%以下に抑えられますが、事業の終了後は、決済事業者の判断で通常のレートに引き上げられるケースもあります。 この場合、キャッシュレス決済の利用を止めてしまうお店も多いのではないか、と心配されています。 さらに、元々2020年6月末の終了期限は、2020年夏には東京オリンピック・パラリンピックの開催が予定されていたため、インバウンドをはじめ国内の景気が盛り上がっているであろうことが前提でした。 しかし、新型コロナウイルスの感染拡大により、東京オリンピック・パラリンピックは延期。 自粛要請等のため、経済は極めて厳しい状況にあります。 こうした下で、「キャッシュレス・ポイント還元事業」の終了期限を延長したり、還元率を引き上げるなどの拡充策が採られるのではないか、と予想されていたわけです。 実際、3月31日に出された自民党の経済対策への提言には、「昨年来実施しているキャッシュレスの推進施策の拡充・強化」が含まれていました。 これにより、「キャッシュレス・ポイント還元事業」の延長・拡充への期待が大きく高まったわけです。 予定どおり、2020年6月末での終了が確定! 2020年(令和2年)4月7日、新型コロナウイルスに対する緊急事態宣言の発令とともに、経済の落ち込みに対応するための「緊急経済対策」が公表されました。 しかし、残念ながら、この経済対策には、「キャッシュレス・ポイント還元事業」の延長・拡充は含まれていません。 ちなみに、同日に閣議決定された、経済対策を実施するための「令和2年度補正予算」には、同事業のための経費が755億円計上されています。 しかし、経産省が公表した資料を確認すると、実施期間は「2020年6月30日まで」のままで、還元率などの条件も変わっていませんでした。 このため、「キャッシュレス・ポイント還元事業」の延長・拡充はなく、この補正予算は、予定通りの事業終了を前提に、それまでの必要経費を賄うためのもの、となります。 令和2年度当初予算では、「キャッシュレス・ポイント還元事業」に2,703億円を計上していますが、実施期間中のキャッシュレス決済が、当初予算の見積もりよりも多くなれば、その分の追加予算が必要になったりするためです。 以上のように、残念ながら、「キャッシュレス・ポイント還元事業」は、予定どおり、2020年6月末で終了となることが確定しました。 これで中小店舗におけるキャッシュレスの流れが止まったり逆戻りすることのないよう、事業終了後の加盟店手数料の取扱いなどに改めて注目が集まりそうです。 記事をご覧いただき、どうもありがとうございました!.

次の

キャッシュレスの5パーセント還元っていつまで?還元方法と仕組みについて

キャッシュレス 還元 いつまで

キャッシュレス・消費者還元事業とは キャッシュレス・消費者還元事業とは、2019年10月1日~2020年6月30日まで開催される景気刺激策のことです。 消費税増税に伴い、消費活動が低迷することへの懸念、2020年7月開催の東京オリンピック(新型コロナウイルス流行前の情報)に関するインバウンド対策という目的があり、日本でもキャッシュレス決済を普及させたいという政府の思惑があります。 実際、キャッシュレス・消費者還元事業は非常にお得な内容になっており、参加する加盟店はもちろん、消費者にとってもデメリットが見当たらないレベルです。 押さえておくべきメリットは後述しますが、その前にキャッシュレス・消費者還元事業の基本情報をチェックしておきましょう。 【対象店舗のポイント還元率】• クレジットカードを本事業で活用したい:クレジットカードを発行• 電子マネーを本事業で活用したい:電子マネーに登録• QRコード決済を本事業で活用したい:QRコード決済に登録 など クレジットカード以外のキャッシュレス決済なら数分の登録作業で済みますが、中には本人確認手続きなどを求められるケースもあるので注意が必要です。 ただ、一度キャッシュレス決済を登録・発行してしまえば、本事業の開催期間以降も利用できます。 さらに、多くのキャッシュレス決済にはポイント還元機能が搭載されており、現金払いよりもお得です。 少しずつですが、実店舗でも多様なキャッシュレス決済を導入するケースが増えてきているので、今のうちに準備しておくことをおすすめします。 キャッシュレス・消費者還元事業の期間延長はある? 結論から述べると、キャッシュレス・消費者還元事業の開催期間が延長される可能性は低いです。 そもそもキャッシュレス・消費者還元事業は、オリンピックまでの中継ぎとして実施された背景があります。 新型コロナウイルスの影響で、東京オリンピックが2020年開催から2021開催目標へと変更になり、「2020年6月30日以降も継続するのではないか」と考えている人も多いはずです。 しかし、新型コロナウイルス関連の景気対策としては、休業補償や世帯ごとの給付金などが検討されています。 また、政府主導のポイント還元政策には「マイナポイント」も存在するので、本事業だけにリソースを集中させる理由に乏しいのが現状です。 お得なポイント還元を逃がさないためにも、「キャッシュレス・消費者還元事業は2020年6月30日まで」という認識しておくことをおすすめします。 おすすめはAmazonと楽天市場での利用 今回はキャッシュレス・消費者還元事業を消費者目線で解説しました。 2019年10月1日にスタートした本事業ですが、新型コロナウイルスの影響によりさまざま情報が錯綜しています。 また、開催期間の延長も、可能性は低いと考えていいでしょう。 キャッシュレス決済の登録や発行に時間が必要になる場合もありますが、これを機にチャレンジしてみることをおすすめします。 ファッションやグルメを中心にトレンド記事も手がける。

次の