トイレ リフォーム 補助 金。 トイレのリフォームに使える補助金|費用節約の方法や注意点など

2018年版トイレリフォームの助成金について

トイレ リフォーム 補助 金

・補助金の流れが分からないと損をする 介護リフォームで大切なことは、介護される方の病状や動作を理解して自宅のバリアを取り除いていく知識や経験が必要です。 依頼するリフォーム業者が被介護者のことを理解していることが重要で、家族やケアマネージャーと連携できなければ上手くいきません。 ですから経験の少ないリフォーム業者を選んでしまうと、助成金の手続きがスムーズに運ばなかったり、使いずらくて後悔する可能性が高くなります。 ・介護リフォーム補助金のチェック事項 1、補助金支給の条件 介護保険制度の補助金を受給する条件としては、被介護者が要支援か要介護状態のどちらかの場合です。 2、補助金の上限を把握する 被介護者1人に対して20万円までのリフォームが可能で1割の2万円を自分で支払うことになります。 介護リフォーム工事の範囲が20万円以上になった場合には、補助金の対象外となり全額負担になります。 補助金の範囲内で介護リフォームを収めたい場合には、20万円以内のプランを立てる必要があります。 それぞれの市町村でも助成金があると思いますが、所得や納税額や介護保険との同時利用などの制限が、設けられている場合もあるので窓口で相談されて下さい。 3、介護リフォームの補助金対象工事を把握する 介護リフォームの目的は被介護者が、自力で日常生活が送れるようにすることと、同時に介護者の負担を減らす目的があります。 1、手摺を設置する 出掛ける時や帰宅時に玄関で座ったり立ったりする動作で、被介護者が掴り易い位置で、自分の体重を支えることができるように手摺を設置します。 その流れで廊下での横移動やトイレでの座ったり、立ったりがしやすいように手摺が必要となります。 外部でも道路からアプローチ部分に、階段やスロープがあれば床面から立ち上げたり、壁面にも横移動がスムーズにできるように外部用の手摺を設置します。 2、床の段差の無くす リビングと和室の境にある敷居部分の段差や、浴室やトイレの水返しのための段差が、被介護者の躓きの原因となるので段差解消します。 大きな段差がある玄関などではスロープを設置することで、通院やデイサービスへ出かける際の車椅子の移動もスムーズになります。 3、床材を滑らないようにする 浴室などの水回りは滑りやすく転倒の恐れがあるので、滑りずらい床材に変更することで安全になります。 被介護者が車椅子での移動をスムーズに行うために、畳間をフローリング仕上げにリフォームします。 玄関周りは雨天時に滑りやすくなるので、スリップ防止の表面加工された仕上げに変更します。 階段の踏み面に滑り防止処理をするなどがあります。 4、木製建具の改善 被介護者の握力低下がある場合には、ドアの開閉も厳しくなるので操作しやすいドア本体やノブに取り換えます。 車椅子での移動は特に腕の力を必要とするので、軽く開閉できるように引き戸へ変更します。 開口幅を広げ3枚引き戸などにすることで、介護者も一緒に出入りしやすくします。 5、便器の取り替え 和式のトイレは、被介護者の座ったり立ち上がり動作の範囲が広くなり、負担になるので洋式トイレに変更します。 同時に暖房便座や洗浄機能付き便器へ交換することもできます。 【バリアフリーについて、こちらの記事で詳しく書きました。 ご参考ください。 】 2019-03-05 08:02 6、リフォーム工事に付随する工事 手摺を設置するための下地補強や外部の場合には周辺の補修が必要となります。 木製建具の枠を取り替えると周辺の壁材の補修も必要となります。 便器の取り換えも和式の便器撤去や床面のタイル補修、給排水配管工事が必要となります。 その他該当する介護リフォームを行うために付随してくる工事をします。 4、介護リフォーム業者を選定する 介護リフォームは、被介護者の日常生活の行動で負担の掛かっている部分を確認して、改善していく地道な作業をしなければなりません。 できれば福祉住環境コーディネーターの資格を所持していて介護リフォームの施工実績が多く、支援センターやケアマネージャーの評判が良い業者を選定すれば間違いないでしょう。 市区町村により、リフォーム業者の指定があれば当然そのリストにある業者を選びましょう。 【少額リフォームでも対応できる業者について、こちらの記事で詳しく書きました。 ご参考ください。 】 2019-03-03 17:55 5、補助金の流れを理解する 1、介護認定 市区町村の介護認定受理。 2、相 談 住宅の介護リフォームについてケアマネージャーや役所の介護保険担当者と相談します。 3、プラン作成 リフォーム業者やケアマネージャーなどの介護関係者と調整してプラン作成及び見積もり依頼。 4、書類提出 住宅の介護リフォームのための補助金支給申請の書類を役所に提出します。 (支給申請書、住宅改修理由書、介護リフォーム工事の見積書、住宅リフォーム前の現況写真や図面) 5、審査結果 申請の審査結果を待ってリフォームを開始します。 6、改修費支給 リフォーム工事竣工後に費用の詳細が分かる書類を役所に提出すると、リフォーム計画書類と工事完了状況を照合して住宅改修費が支給されます。 (住宅改修費用に関する領収書、リフォーム工事費内訳書、リフォーム工事竣工後の状態を確認できる場所ごとの改修前と改修完了後の状況や、撮影した日付が確認できる写真、図面) ・介護リフォームの補助金まとめ 家族が高齢になり住み慣れた場所で、引き続き安全に気持ち良く生活できるようにすることが、介護リフォームの目的であり事前に準備して進めたいものです。 しかし本格的に自宅をバリアフリー化するには、多額のリフォーム費用が掛かるため頭の痛い所ですが、補助金の注意点をチェックすることでスムーズに目的のリフォームができることでしょう。 介護リフォーム補助金の注意ポイント 介護リフォームを依頼するリフォーム業者が被介護者のことを理解していることが重要。 経験の少ないリフォーム業者を選んでしまうと助成金の手続きがスムーズに運ばない可能性が高くなる。 「介護リフォーム補助金のチェック事項」 1、介護保険制度の補助金を受給条件は、被介護者が要支援か要介護状態のどちらかの場合。 2、補助金の上限は被介護者1人に対して20万円までのリフォームが可能で1割の2万円を自己負担。 市町村でも助成金は制限が設けられている場合もある。 3、介護リフォームの補助金対象工事 ・手摺を設置する。 ・床の段差を解消。 ・床材を滑らないようにする。 ・木製建具の改善。 ・便器の取り替え。 ・リフォーム工事に付随する工事。 4、介護リフォーム業者は、福祉住環境コーディネーターの資格を所持、リフォームの施工実績が多く、ケアマネージャーの評判 が良い業者を選定する。 「補助金の流れを理解する」 1、市区町村の介護認定受理。 2、ケアマネージャーや役所の介護保険担当者と相談。 3、リフォーム業者と調整してプラン作成及び見積もり依頼。 4、介護リフォームのための補助金支給申請。 5、審査結果後リフォームを開始。 6、リフォーム工事竣工後に費用の詳細が分かる書類提出により住宅改修費支給。

次の

トイレリフォームは補助金を使うのがお得!

トイレ リフォーム 補助 金

このページの目次 CLOSE• トイレのリフォームの費用相場と補助金 トイレリフォームには、便器や便座の交換、トイレの増設、内装張替えなどの種類があります。 狭くてもお金がかかるリフォームなので費用相場を知っておくことは大切なこと。 それに条件が合えば、補助金を使えるケースもあるので頭にいれておくといいでしょう。 まずは、トイレリフォームでどのくらいの費用がかかるのか、パターン別に紹介していきます。 和式トイレから洋式トイレにリフォームする かつての日本住宅では、和式トイレは一般的でした。 トイレに入ると、しゃがんで用を足すスタイルです。 ただ、しゃがんだり、立ち上がったりと足腰を使うため高齢の人には不便です。 それに、近年では公衆トイレの多くが洋式トイレへと変化しているため、若い世代のなかには「和式トイレ」を使いこなせないという人もいます。 築年数が古い住宅では、いまだに和式トイレはあるので、家族みんなが使いやすい洋式トイレへのリフォームも注目されています。 男女兼用の和式トイレの場合、床に段差があるので床の段差を取り除き、下地をフラットにする大工工事が必要になります。 段差がない場合でも、和式のトイレの穴の位置と洋式ではサイズが違うので、下地を補修していかなければならず、工事は結構大がかりになるでしょう。 また、排水管を移動する費用、電源を新たに設置する費用、新しい便器の機器代、旧便器の撤去費用など工事内容は多岐にわたります。 新たに選ぶ洋式トイレの機能が豊富でグレードが高めになれば、全体的な工事費用も増える傾向にあります。 選ぶ機器や現況にもよりますが、15~40万円くらいが費用相場と考えておくといいです。 洋式トイレから洋式トイレへ交換する すでに洋式トイレで、便器を交換するだけなら費用は10~30万円くらいで工事ができます。 グレードが高い便器を選ぶと30万以上と高価格になるケースもあるでしょう。 便座を交換する 機能が何もついていないような昔ながらの便座は「座ったときに冷たい」と不満を感じるもの。 最近では、トイレの便座は暖房機能のほか、温水洗浄機能、脱臭機能などさまざまな機能に富んでいます。 便座のみを交換するなら、「便座の本体費用+工事費」になります。 便座本体が低いグレードのものなら、数万円程度での工事が可能です。 平均的な価格としては、5~10万円くらいと考えておきましょう。 ただ、機能が何もない普通便座から暖房機能や洗浄機能がついた便座への交換は、新たに電気工事が必要になるので若干高くなります。 内装をリフォームする トイレリフォームのときに、壁や床、天井の内装を新しくする人も多いです。 トイレの広さや素材によって費用は変わりますが「壁+床+天井」をすべて張替えた場合では5万円前後から10万くらいが相場です。 ただ、単なる張替えができないケースもあります。 下地の工事も合わせて必要な場合にはさらに高くなるでしょう。 壁紙や床材は、量産されているポピュラーな素材だと費用を抑えることも可能です。 一方、消臭タイプなどグレードが高めの素材は全体的に費用が高くなるでしょう。 増設する 家族の人数が増えたときにトイレが足りない悩みを持つ家庭も多いでしょう。 特に、会社や学校に行くまえの朝の時間帯にトイレの数がひとつしかないと混み合うため、体調にも影響しますよね。 トイレの増設ができれば悩みも解消しますが、気になるのがその費用です。 トイレの増設は簡単にできるか? トイレの増設は、空いている部屋、廊下、収納などを利用します。 増設できるかどうかは、住まいの状況によって大きく変わります。 構造上問題となる点が多ければ、空いているスペースがあってもトイレの増設ができないこともあります。 平均的な増設費用は? トイレの増設工事は、トイレ本体の費用以外にも新たに給排水設備を設置するために「給排水管工事」、コンセントを設ける「電気工事」、トイレという個室空間にするための「大工工事」など手間がかなりかかります。 2階に増やすという増設パターンが多いかもしれませんが、1階のトイレの位置からずれている場合には給排水管工事が増えて費用が高めとなります。 1階のトイレの上の位置に合わせて2階に増設すれば、給排水管が繋ぎやすく費用を抑えられるでしょう。 配管の繋ぎやすさ、トイレ本体の機能性(シンプルなタイプ、ハイグレードなタイプ)、大工工事の手間など、工事内容によって工事費がかなり左右されます。 工事費用の目安としては、50~100万円くらいと考えておくといいでしょう。 補助金 トイレのリフォームでは利用できる補助金があります。 どんな工事が対象なのか、どのくらいの金額が補助されるのか、気になるところですよね。 まず知っておきたいのがバリアフリーリフォームによる補助金。 介護保険による補助金制度なので、要支援あるは要介護認定されている人が住む住宅のトイレリフォームという条件を満たしていなければなりません。 工事にかかった費用(20万円までを上限)の9割までの補助金を受けることができます。 ただ、リフォーム内容が「手すりの設置」「段差の解消」「引き戸への交換」など、介護を受ける人のバリアを解消するためのものという条件があります。 また、住んでいる地域によっては独自でトイレリフォームの補助金制度を設けているところもあります。 制度の多くは、工事前に申請書を提出するなど細かい条件があります。 トイレリフォーム前には、自宅の工事が対象となるかどうか各自治体に問い合わせをおすすめします。 なお、以下のサイトで市区町村別の住宅リフォーム支援制度確認できます。 内容が変更になる場合もあるので、利用前に各自治体に確認してください。 寸法(サイズ)の測り方 トイレのサイズは、各家庭で異なります。 タンク付トイレを設置するなら1畳分のスペースは必要になります。 もし、それ以下のスペースしかなければ、タンクレストイレを検討してみてもいいでしょう。 トイレ室内にタンクとは別に手洗い器を設置するなら、1. 5畳のスペースは必要です。 また、マンションでは戸建住宅よりもスペースが狭いことが多いので、便器を選ぶときには小さめのものを選ぶ必要もあります。 便器サイズは2種類 便器には大形(エロンゲート)、標準(レギュラー)の2タイプのサイズがあります。 サイズの測り方は、便座を取り外したときの「便座の取り付け穴から便器の先端部分まで」です。 それが約470mmなら大形、約440mmなら標準ということになります。 サイズの違う便座を取り付けると便器の方がはみ出したり、便座の方がはみ出したりなど失敗するかもしれません。 トイレの種類と選び方 トイレリフォームの前に知っておきたいトイレの種類をまとめてみました。 現在、多くの家庭で利用されているのが座って用を足す洋式トイレと言われるタイプです。 ひとくちに洋式トイレと言いますが、タンクや便座の組み合わせもいくつかの種類があります。 タンク式トイレ トイレ使用後に流すための水を溜めておくタンクが便器の背面にあるタイプです。 タンク式トイレには、「手洗いつき」「手洗いなし」といったさらに2種類のタイプがあります。 手洗いつきタイプのメリットは、溜める水を利用して手を洗えることです。 ただ、周辺に水が跳ねてしまう難点もあります。 他に手を洗う場所があれば、手洗いなしタイプを選んでもいいかもしれません。 タンクレストイレ 背面にタンクがない分、トイレが広くなるメリットがあります。 タンクがなく、スッキリしたデザインなのでトイレの掃除がしやすいのも嬉しいところですよね。 ただ、水圧の低い住宅では設置ができないケースもあります。 それに、一般的なタンク式トイレと比べると割高感があります。 便座の種類と選び方 座る部分の便座にもいくつかのタイプがあります。 普通便座 機能がまったく付いていない「単に座るだけ」の便座が普通便座です。 暖房便座 便座部分におしりを温めるヒーターが組み込まれているのが暖房便座です。 冬など寒い時期のヒンヤリ感をやわらげてくれる便座です。 温水洗浄機能付便座 便座から温水シャワーが出ることで排便後のおしりを洗浄してくれる機能がついた便座です。 それに加えて乾燥機能、脱臭機能、節電機能など多くの機能がついているタイプもあります。 その他の機能 オプションとして、さまざまな機能が注目されています。 便座のオート開閉機能は、センサーで人間の気配を察知し、便座が自動で開いたり閉まったりします。 また、人間が便座を離れると自動で洗浄してくれるオート洗浄機能は「使用後に流すことをうっかり忘れがち」という人にも安心です。 さらに、トイレのドアを開けると自動で室内照明や暖房がつくなどトイレ空間を快適にするリフォームも人気です。 機能性に富んでいるものは高くなりますが快適なトイレリフォームができます。 トイレの種類を選ぶときには、予算だけでなく必要な機能性も知識として知っておくといいでしょう。 マンションでリフォームする際の注意点 トイレは家族が毎日使う場所なのでリフォームに失敗するとストレスになります。 狭い場所なのでリフォームにチャレンジしやすい部分ではありますが、注意したいポイントがいくつかあります。 マンションは、構造上の問題が深く関係してくるので確認すべき点が多いです。 排水の位置によって取り付けできるトイレが違う 一般的に、戸建住宅では排水管はトイレの床面にある「床排水型」です。 しかし、マンションでは便器の背面の壁側に向かって排水管が設置されている「壁排水型」のことが多いです。 トイレリフォームで便器もすべて交換するときには、今の排水の位置と同じタイプの便器を選ばないと取り付けができないので注意が必要です。 トイレの移動や増設は難しい…? マンションでは、配管を新設するのが難しいケースが多いです。 構造上難しいという理由のほか、管理規約でリフォームが制限されていることもあるため、まずは管理組合にトイレリフォームについて確認してみることも重要です。 水圧によってつけられないトイレもある マンションのトイレは戸建住宅よりも狭いことが多く、スペースを有効活用するにはタンクレストイレへのリフォームを希望する人も多いかもしれません。 タンクレストイレの場合、給水管から直接水を流すため、水圧が大きく関係します。 マンションの場合、築年数が古い、あるいは高層階部分では水圧が弱いこともあり注意が必要です。 トイレ使用後に流れにくく、何度も洗浄すれば水道代が高くなることもあるでしょう。 事前に業者に水圧の調査をしてもらうことをおすすめします。 自分でDIYする場合の注意点 トイレリフォームの費用を少しでも安く抑えるには、DIYを考える人もいるのではないでしょうか。 便器を交換する方法 新しい便器に交換するときには、排水管の位置およびサイズなどに応じて部材を正確に準備しなければなりません。 そして、しっかり取り付けるためには使用する工具も専用のものが必要です。 また、作業も難しいことが多く、取り付けには相当な時間がかかるでしょう。 間違った取り付け方をすれば水漏れ等のトラブルが起こるかもしれません。 それを解消するために結局業者に修理してもらうと費用がかかることになります。 便器の取り付けは、自信がない場合には専門業者に依頼するのが賢明でしょう。 便座を交換する方法 普通便座から普通便座の交換なら、器用な方でしたら特に問題なく行えるでしょう。 ただ、電気不使用の「普通便座」から電気使用の「暖房便座」「温水洗浄機能付便座」に交換するなら電気が必要になります。 電源がないトイレに電気を使う便座を設置するには、コンセントを新設する「電気工事」が必要なので素人ではできません。 また、電源コンセントがあればDIYにチャレンジできますが、取り付けに失敗すれば水漏れすることもあります。 特に集合住宅の場合、漏水により下の階の人へ迷惑がかかることもあるかもしれません。 自信がない場合には、初めからリフォーム業者にまかせることをおすすめします。 リフォーム後のお手入れ せっかく新しいトイレへとリフォームしてもお手入れをしなければ不衛生な場所になってしまいます。 トイレは毎日気持ちよく使えるように、日常的に「お手入れをする」ことを意識しておきたいものです。 便座のお手入れ 便座の表面と裏側は、傷がつかないように水を含ませた柔らかめの布で拭きましょう。 乾燥した布は傷がつきやすいのでおすすめできません。 細かい傷がつくと、汚れが付着しやすくなります。 市販のトイレ掃除用のウェットタイプのシートを使えば、気軽にお手入れができます。 使用後は水に流せるので簡単です。 また、温水洗浄機能付トイレの場合、シャワーノズルのお手入れも忘れずに。 水が出る部分が汚れやすいので、綿棒などを使って丁寧に掃除しましょう。 便器のお手入れ 便器のなかの掃除には、市販のトイレ用洗剤を使いブラシで丁寧にこすって汚れを落とします。 家族の人数や使い方によって汚れの付着具合は違いますが、便器のフチ周りは汚れがたまりやすいところです。 見えにくいのでお手入れを怠りがちな箇所ですが、時々は歯ブラシなどで汚れを除去しましょう。 さぼってしまうと頑固な汚れへと変化し、落しにくくなります。 こまめにお手入れをするように習慣づけるといいですね。 床のお手入れ 便器まわりの床に、尿が飛び散ることはよくあることです。 見えにくいので放置しがちですが、水分が染みこみやすいフローリングタイプの素材だと黒ずんできます。 染みこまない素材の床でも、尿に含まれるアンモニアが原因でカビが発生することもあります。 水分を含ませたぞうきんやトイレ掃除用シートなどで、こまめに拭くと清潔感がアップします。 気づいたらすぐにお手入れをする お手入れを怠りがちなトイレは、頑固な汚れで悪臭を放つ嫌な空間になることもあります。 トイレの汚れは、気づいたらすぐに掃除しましょう。 汚れが見られなくてもお手入れをしておけば、常に清潔なトイレをキープできます。 便座や床の汚れなどは毎日のお手入れを習慣にしたいものです。 また、週に1回は本格的に掃除をすることでトイレリフォーム後の「キレイ」が続き、快適な空間となるでしょう。 家族が毎日使うトイレは、清潔で快適な空間であることが理想ですよね。 最近のトイレの機能は「水量が少なく節水が期待できる」「自動で洗浄ができる」など、進化した機能がたくさんあります。 ただ、今の住まいの状況に応じて注意点もあるので、失敗しないためには事前にいろいろとチェックしておくことは大切です。 リフォームには費用がかかりますが、快適に使えるトイレへ変身すれば、長い目で見ても「やってよかった」というリフォームになることでしょう。 リフォーム一括見積もりサイトランキング.

次の

きれいなトイレでおもてなしを♪トイレを整備するともらえる補助金・助成金5選!

トイレ リフォーム 補助 金

今回は、住宅のリフォーム・増改築・改修時に使える 補助金(助成金)・ 減税の優遇制度について解説します。 まず、 各都道府県・市町村の地方自治体単位で、行っている補助金制度について解説し、引き続き、 国の住宅補助制度の概要についても解説します。 リフォーム減税については、別途詳細に解説していきたいと思います。 リフォームをお考えの方は、まずは、今回ご紹介する 各自治体が実施するリフォームの優遇制度「補助金(助成金)」の活用を、ぜひご検討ください。 一定条件をクリアしたリフォーム工事に限りますが、各自治体から補助金 助成金)がもらえます。 リフォームにこんな素晴らし制度があることを、あなたはご存知でしたか? 全てのリフォームが対象となるわけではなく、対象となるリフォーム工事が限定されていたり、申請の手続も、タイミングが限定されていたり、多少複雑です。 しかし・・ここでお話することを、お読みいただければ、誰でも、この優遇制度を活用できるはずです。 少しでもリフォーム費用を安く抑えるためにも、ぜひ、リフォーム補助金(助成金)を活用すべきです。 さらに、リフォームには、 国が実施する補助金制度、減税制度(メインとなるのは、「所得税減税」と「固定資産税の減額」)もあります。 せっかくのお得な優遇制度、利用しない手はないです。 リフォームするなら、ぜひこれら補助金(助成金)、減税の優遇制度をフルに利用し、お得にリフォームを成功させてください。 補助金 助成金)制度は複雑で、経験のない個人では、完全に理解をすることはかなり難しいです。 ここは、やはり、実績のあるリフォーム会社に相談するのが、確実かつ安全です。 こういった補助金 助成金)制度を利用し、リフォームをお得に行うには、こういったことが相談ができるリフォーム会社を選定することが重要です。 しかし、こういった補助金制度に詳しく、さらには、信頼できるリフォーム業者を探すのは大変です。 正直、自分一人で探すのは無理です。 そこで、ぜひ、ご検討いただきたいのが、リフォーム比較サイトです。 リフォーム比較サイトであれば、補助金(助成金)について知識や経験豊富なリフォーム会社を、紹介してもらえます。 床を滑りにくい素材へ変更する、トイレの和式を洋式便器にかえるといったリフォームが、代表的なものです。 どれも、高齢者などの介護者、介助者が暮らしやすくなるものばかりです。 手すりの取り付であればよくて、トイレ、洗面、浴室、廊下、玄関など・・住宅のいろいろな個所でのリフォームが対象になります。 床の滑りにくい素材への変更、床の段差の解消、開き戸から引き戸への変更も、住宅の中の施工場所は、基本的にどこでもOKです。 補助金(助成金)の支給額、補助の提供を受けられる条件は、各自治体で異なり、バラバラです。 早めに各自治体の担当窓口に問い合わせ、手続では、リフォーム業者の協力も必要になるので、相談できるリフォーム業者を選定するのがいいです。 介護保険法にもとづく住宅改修費の補助もあります。 こちらは、国の介護保険制度によるもので、要介護認定を受けていない方は、対象外になります。 要介護認定を受けている方は、先ほどの地方自治体の補助金(助成金)とあわせて、活用することを、ぜひご検討ください。 介護保険制度では、「要支援」または「要介護1〜5」と認定された人が住む住宅で、一定のリフォーム工事(例えば、段差の解消や手すりの設置等の工事)を行う際には、 一生涯で20万円まで、リフォーム費用の8〜9割の補助を受けることができます。 (1割、2割は自己負担になります。 ) この20万円の枠は複数回に分けて使うことができます。 この介護保険制度でも、対象となるリフォーム工事は決まっており、手続きも複雑なので、事前にケアマネージャー(介護支援専門員)に相談するのがおすすめです。 こちらの制度も、詳しくは市区町村の担当窓口にお問い合わせください。 エコ・省エネのためのリフォーム 補助金 助成金)の対象となるエコ、省エネに関するリフォームは、いくつかあります。 対象となるリフォーム工事は、断熱改修に関連する工事、例えば、住宅の窓の断熱リフォーム 内窓やペアガラスなど 、外壁、屋根の断熱リフォームなどがあります。 省エネ性の高い給湯器の設置 エコキュート、エネファームなど)、節水型トイレへの交換リフォーム、高断熱浴槽付きへの浴室リフォームも対象になります。 さらに、LED照明の設置などの工事も対象です。 この他にも、エコ、省エネ系のリフォームは、ありますので、とにかく、事前に自治体に確認するといいです。 各自治体で条件は異なりますが、 工事費の一定割合で、5万円〜20万円程度を上限に支給されるケースが多いです。 耐震性を確保するためのリフォーム 耐震診断、耐震補強の工事も、リフォーム補助金(助成金)の対象となります。 耐震補強工事は、以下のような工事が対象になります。 建物の基礎の補強、壁の補強、接合部の補強、屋根の軽量化などがあります。 また、地震の際に倒壊する危険性があるブロック塀の撤去・解体工事についても、補助金の対象になる場合が多いです。 実際に痛ましい事故が起き、リスクが明るみになり、ニュースでも話題になりました。 このリフォーム補助金(助成金)は、ほとんどの自治体であるはずなので、ぜひ、ご活用をご検討ください。 なお、 耐震診断、耐震補強の補助率、限度額ともに、アップしている自治体が多いです。 エコ・省エネ、耐震性のリフォームに関しての補助金 助成金)は、条件をクリアしているからといって、 全て適用になるとは限らないそうです。 年度ごとに予算があるようで、 予算枠に達すると期間中でも補助金(助成金)が支給されないことがあります。 ある意味、 「早い者勝ち」ということです。 最新の情報を担当窓口やインターネットで収集し、リフォームをされる方は、早めに行動されるといいです。 その他のリフォーム 実は、さらにもう一つ補助金(助成金)の対象となるリフォームがあります。 それは、介護、バリアフリー、エコ、省エネ、耐震に関係する特定のリフォームではなく、地元のリフォーム業者に依頼をする普通のリフォーム工事です。 この場合のリフォーム工事は、住宅のリビングやダイニングといった一般的なリフォーム工事についても対象になります。 要するに、この場合の補助金 助成金)は、地元経済の活性化を促すことが目的です。 自治体によっては、特定の業者を指定しているケースもあるので、ここも自治体に問合せ、確認することが重要です。 ちにみに、この補助金(助成金)は、 5万円から10万円程度というのが一般的です。 金額はそれほど大きくありませんが、他の補助と合わせて使えることが多いので、ぜひ活用をご検討ください。 各自治体が実施する補助金(助成金)を受けるための手続での注意点とは? 補助金(助成金)を受ける際に、手続、業者の選定等、特に注意すべき6つの点についてを解説します。 補助金(助成金)の申請のタイミング リフォーム補助金(助成金)制度を活用したい場合で一番注意すべき点は、申請のタイミングです。 中には、事後承認が可能な補助金もありますが、ほとんどの自治体では、リフォーム工事の着工前に申請しないとだめです。 申請時に、既に工事をスタートしていたり、工事が完了している場合には、申請しても受理されないのでご注意ください。 早め早めに、自治体に、確認、相談するのが、極めて重要です。 工事を依頼するリフォーム会社の選定 補助金(助成金)の手続では、リフォーム工事終了後に、必要書類を自治体に提出する必要があります。 その提出書類は、通常、工事を行ったリフォーム業者の方で準備してくれます。 しかし、中には補助金 助成金)について全くわからないリフォーム会社もいますので、注意が必要です。 リフォームを業者に、補助金(助成金)について対応可能かどうかを、契約する前に、確認するのがいいです。 自治体で指定するリフォーム業者 補助金 助成金)の支給の条件に、「自治体が指定する一定の地域内にあるリフォーム会社に依頼すること」と定めている場合があります。 また、その地域内になるか否かで、補助率を変えている場合もあります。 こういったケースがあるので、 事前に、あなたが依頼するリフォーム会社が、自治体が要求している条件をクリアしているか否かを確認するようにしてください。 リフォームの工事着手時期 自治体によっては、補助金 助成金)の適用条件に、リフォーム工事に着手するタイミング、期限を設ける場合があります。 リフォーム会社には、いつリフォーム工事に着手できるのかを、事前に確認する必要があります。 特に年度末は、リフォーム工事が立て込む時期なので、工事の着手が遅れることもあると思うので、注意が必要です。 他の補助金 助成金)との併用 自治体によっては、補助金(助成金)の併用を認めないケースがあります。 そういった場合には、どの補助金 助成金)を使うのが、最も得なのか、よく検討する必要があります。 各地方自治体の住宅リフォーム支援制度の検索 各地方公共団体が実施する住宅リフォーム支援制度を、都道府県、市区町村ごとに、ここで検索できます。 まずは、検索し、最新情報を確認し、その上で、お問い合わせをするといいです。 長期優良住宅化リフォーム推進事業 こちらの「長期優良住宅化リフォーム」は、質の高い住宅ストックの形成、子育てしやすい環境の整備を図るためのリフォームを促進させることが目的の制度です。 一定の基準をクリアし、認定長期優良住宅型に認定された場合に 200万円の補助を受けることができます。 さらに、省エネルギー性能を高めた住宅、三世代同居対応改修工事の実施であれば、 補助金は最大300万円になります。 補助率は、1/3であり、補助限度額は、以下の表の通り、リフォーム後の住宅性能に応じて3つの補助限度額を設定されております。 ・事務所や店舗等の住宅以外の建物は対象外。 補助対象費用の内訳: ・性能向上リフォームの工事に要する費用。 ・三世代同居対応改修工事に要する費用。 ・インスペクション、住宅履歴情報の作成、維持保全計画の作成等に要する費用。 詳細は、をご覧ください。 省エネ改修補助金(断熱リノベ・次世代建材) 住宅の省エネ・断熱リノベーション、高性能な断熱材や窓等を用いた断熱改修を行うことにより、一定の省エネ効果が見込まれる場合に補助金が支給される制度です。 省エネ、省CO2性能が高い建材を使った断熱改修に対し、国が行う支援制度です。 詳細は、「」をご覧ください。 ZEH(ゼッチ)(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは、「外皮の断熱性能等を大幅に向上させるとともに、高効率な設備システムの導入により、室内環境の質を維持しつつ大幅な省エネルギーを実現した上で、再生可能エネルギーを導入することにより、年間の一次エネルギー消費量の収支がゼロとすることを目指した住宅」です。 出典: 既存の戸建住宅を、こういったZEHへ改修、リフォームすることに対し、補助金を交付する制度です。 以下は、補助事業のスケジュールですが、既に、終了しているものもあるので、ご注意ください。 公募に関する詳細は、こちらの「」でご確認ください。 【環境省ZEH】ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)化による住宅における低炭素化促進事業の詳細については、こちらのでご確認ください。 優遇制度を利用したいが、どのリフォーム業者に依頼すればいいのか? 著者情報: 村上悠 レリッシュプラン株式会社:代表 経営するRCマンション、平屋ガレージハウス等、複数の賃貸物件について、空室対策として何度もリフォームを行ったことがあります。 リフォームは、室内のクロス、床、天井といった小規模なものから、屋根や外壁をリフォームする大規模修繕の経験もあります。 また、自宅を三井ホームで建て、さらに賃貸物件の平屋ガレージハウスを建てる等、新築の家づくり経験もあります。 そういったリフォームや家づくり経験で得た気付き、知識等を、記事にしていきたいと思います。 リフォームや家づくり等に役立つであろうと、資格も取得しました。 賃貸業など不動産ビジネスに役立つであろうと、宅地建物取引士に2008年に合格。 また、家づくり、リフォームに色彩は重要ということで、2級カラーコーディネーター(商工会議所)の資格を2019年に取得。 さらに、以前サラリーマン時代に、国内旅行業務取扱管理者の資格も2016年に取得。

次の