ドラパルト 耐久。 【ポケモン剣盾】筆者が育成したドラパルトの型を全て紹介する【育成論】

『ようきスカーフドラパルト』の強み。私の子は『すりぬけ』です!!【育成論】

ドラパルト 耐久

環境内ではかなり上の方の火力を持ったポケモン達を意識しているので、大体のポケモンを起点に出来ることも魅力です。 後の二枠ですが、今回は物理アタッカーや受けポケモン達を意識した鬼火と一致技のゴーストダイブを採用しています。 入れ替え候補としてはフェアリー意識で鋼の翼、より耐久を上げる両壁、後続に繋げるバトンタッチなどがあります。 ここはパーティの構築や意識する相手によって選択しましょう。 特性はクリアボディ一択です。 最近増えてきたウインディやたまに見る威嚇ギャラドスに勝てるようにする為です。 ダイマックス技の追加効果も受けないので、ダイアークやダイホロウの耐久ダウン、ダイドラグーンの火力ダウンを受けずに立ち回れるのも強いですね。 持ち物は弱点保険が最有力ですが、身代わりやバトンタッチを絡めてサポート寄りにするなら回復きのみも選択肢です。 よくある対面と立ち回り まず考えるのはドラパルトミラー。 最近は最速スカーフも増えてきたので、攻撃を耐えて返しで落とせます。 ただ竜舞する余裕は無く先制技を耐える体力も残らないので、基本的には1. 1交換になります。 ダイマックスを切るかはよく考えましょう。 ミミッキュは鬼火さえ当てればある程度有利ですが、そもそもそれを外すと話になりません。 鬼火を外したら気合でじゃれつくを避けましょう。 割とよく対面するのがサザンとロトム。 舞いたくなる対面ですが、相手のパーティ次第では蜻蛉やボルチェンから有利対面を作られるので注意する必要があります。 基本的には有利ですが、竜舞を見せた後だとスカーフトリックされる可能性があるのでそこも注意点です。 たまにキリキザンやオーロンゲの不意打ち、ミミッキュやギルガルドの影うち辺りでドラパルトを見ているパーティがあるのですが、このドラパルトならば起点にできます。 一気に全抜きまで見えるので実は1番美味しい対面です。 具体的な竜の舞を積む起点 上記の内容と一部被りますが、重要なポイントなのであらためて。 環境に多いポケモンで言うと、ミミッキュとロトム、ナットレイ、そしてサザンドラは対面から起点になり得ます。 ただし火力アップアイテム持ちのサザンドラには吹き飛ばされるので要注意。 また、トリックを覚えたスカーフロトムに対して竜の舞を見せるとその後のサイクルでスカーフを押しつけられることもあるので気を付けましょう。 ドラパルト対策として採用される事のあるキリキザンは起点です。 基本的には悪技を不意打ちしか持っていないので鬼火を入れて舞いましょう。 最後に まずはここまで読んでくださりありがとうございました。 長々と書きましたが、正直自分でもまだ研究不足だと思います。 特殊耐久のラインはこれでほぼ完成だと思いますが、AとBのバランスはまだ練る余地があるので再調整したら改めて記事にします。 まとめ方が少し見づらいですが、よく考えられていると思います。 しかし、確定枠になっている竜の舞が打てる相手の解説が少ないように感じました。 竜の舞が打てない相手の説明をたくさんされて、打てる相手があっさり書いてあると、竜の舞を入れる必要がなさそうに見えてしまいます。 そのため、書き方を少し変えた方がいいかもしれませんね。 弱保と龍舞で積んでいく発想が面白く、努力値振りもいいラインに調整できていると思いました。 私は自分で何点かダメージ計算を叩きましたが、育成論としてはある程度のダメージ計算を載せておくと尚良いと思いました。 また、ミミッキュを対面から起点にするルートを教えていただきたいです。 見たときに別の育成論かと思いました。 面白くていい育成論だと思います。 耐久ライン等とても参考になりました、僕も育ててみます。

次の

【ソードシールド】ドラパルト対策考察!環境を制する新600族への対抗策!【ポケモン剣盾】

ドラパルト 耐久

ドロンチくんかわいいよね• 前置き ドラパルトは控え目だが両刀向きな火力面、調整次第で色々耐える並程度の耐久面、そして頭一つ抜けた素早さとカスタマイズ性の高い種族値をしていて、型や持ち物の候補も豊富です。 振り方次第でガラリと性能が変わるので調整に頭を悩ませている人も多いのではないでしょうか。 そこで私が考察した耐久、素早さの実用的なラインを羅列して載せていきます。 自分用のメモを多少弄っただけの内容なので見づらいかもしれませんが、皆さんの役に立てれば幸いです。 なお、ダイマックスはDM、補正有り252振りは特化と表記します。 ダイマックス前提の型なので物理型の方が使いやすいかと思われます。 弱点保険ドラパルトミラーは後行の方が有利なので、Sは振っても最速120族抜きくらいで留めた方が使いやすいと思います。 なお 物理型にする場合はダイドラグーンで火力の下がらないクリアボディ一択です。 打点はシャドボや龍星群が好ましいので特殊型推奨。 特性はクリアボディもすり抜けも生きる場面が少ないので、呪われボディも視野に入ってきます。 なお、 脱出パック持ちの場合は不意の威嚇などで交代させられないようにクリアボディ一択です。 火傷した陽気球ミミッキュのダイフェアリーをオボン込み2耐え可能な耐久があるので大半の物理には殴り合える上、サイクル戦で役割を持たせやすいです。 なお、C28で龍星群で無振りサザンドラ確一調整になるので、龍星群を採用する場合はHPから2、Bから1削ってCに回した方がいいかもしれません H188B244でも2連最高乱数以外耐える。

次の

【育成論】ドラパルトの型比較【ポケモン剣盾】

ドラパルト 耐久

どうも、はむです🐹 今日はドラパルトの耐久ラインについてふかぼりしたいと思います。 ドラパルトに関しては、シングルバトル・ダブルバトル共にトップメタですよね。 鬼火や電磁波で起点を作ってきたり、ダイマックスで上から火力を押し付けてくるかと思いきや、ダイバーンやダイストリームで天候操作まで出来てしまう。 強すぎる… 600族ドラゴンタイプといえば、やはり四倍弱点ですよね。 ボーマンダやガブリアスは極めて強力なポケモンでしたが、四倍弱点により比較的対策が容易でした。 こやつ、四倍弱点もないし、S種族値142だしで対策が非常に厄介です。 ということで、大体どういう耐久ラインをしているのかを考察していきます。 まずは、 対ドラパルト決戦技ふいうち 悪・威力70・先制技 で計算していきます。 タイプ 威力 一致 物理 攻撃力 倍率 物理 防御力 最低ダメージ 最高ダメージ ふいうち 悪 70 1. 実際にはH4振りもあり得ますが、タイプ不一致で不意打ちを撃つ場合で倍率1. 2倍のときだけしか関係ありません。 例えば、 キリキザンを考えてみます。 A種族値125ですので、意地っ張りの全振りでA194になります。 倍率1倍 火力アップ無し で考えると、195あるいは197以下ですので不意打ちでは残念ながらドラパルトを確一に出来ません。 一方で、 達人の帯などの火力1. ということは、Aに上昇補正をかけなくても十分確一に出来るということが分かります。 問題は不一致の場合ですが、ありえない数値が並んでおります。 不一致でふいうちを撃つとすれば、グソクムシャ A種族値125 かドラパルト A種族値120 でしょうか。 こだわりはちまき 倍率1. 5倍 を持ったグソクムシャ A実数値194 で高乱数という状態です。 ちなみに、シャドークローも同じ威力 70 ですので、上と同じ表です。 いじっぱりのAぶっぱであれば、命の珠を持たせれば十分です。 ダイマックスドラパルトを不意打ち確一にするのは不可能ですね。 なんてこった… どんどんいきましょう。 すべて効果抜群として計算しています。 威力75 冷凍パンチ ・80 シャドーボールなど ・90 冷凍ビームなど ・120 逆鱗やダイマックス技など ・130 竜星群やダイマックス技など を想定しています。 威力 一致 物理 攻撃力 倍率 物理 防御力 最低ダメージ 最高ダメージ 75 1. ダイマックスドラパルトであっても、 サザンドラ 臆病Cぶっぱ の竜星群では命の珠であれば十分そうです。 他にもいろいろありますが、疲れたので続きはまた今度書きます。

次の