たくさん 言い換え。 「たくさんの人」?

「たくさんの人」?

たくさん 言い換え

吉田裕子 よしだ ゆうこ [国語講師] 三重県出身。 公立高校から、塾や予備校を利用せずに東京大学文科三類に現役合格。 教養学部超域文化科学科を首席で卒業後、学習塾や私立高校などで講師の経験を積み、現在は都内の大学受験塾で指導し、東大など難関大学の合格者を多数輩出している。 日本語や古典文学の見識を活かし、朝日カルチャーセンター、NHK学園などで、文章の書き方講座などを担当している。 NHK Eテレ「テストの花道 ニューベンゼミ」に国語の専門家として出演するなど、テレビやラジオ、雑誌などのメディアでも活躍。 書には『大人の語彙力が使える順できちんと身につく本』 かんき出版 、『大人の文章術』『人生が変わる読書術』 ともに枻出版社 ほか多数。 人一倍時間がかかる人のためのすぐ書ける文章術 時間をかけずに、一流の文章がすらすら書けるようになるには、シンプルな型にはめるだけ。 あっという間にうまく書いている人と同じ文章力が身に付きます。 書店には定期的に足を運び ます。 ベストセラーを確認したいから です。 買わなくても表紙や帯を眺め ます。 見ているのは、本のタイトルやデザインだけではあり ません。 帯に推薦文を書いているのは誰か、帯ではどういった点をアピールしているかなども観察するの です。 その時々のトレンドがよく表れてい ます。 とするほうが読みやすいのです。 試しに音読してみると、よくわかります。 文末表現以外でも、同じ表現が続くのは考えものです。 「頑張った」というエピソードを書くにしても、「頑張った」「頑張った」と連発すると、鬱陶(うっとう)しく感じられます。 冒頭の穴埋め問題ですが、 「全力を尽くした」のように、最大限のエネルギーを費やしたことを強調する言い方もあれば、 「力を注いだ」のように、一つのことに集中したことを訴える言い方もあります。 諦めずに 「最後まで粘った」こと、あるいは、コツコツと 「地道に取り組んだ」ことをアピールするような表現もできるのです。 同じ言葉が続きそうになったら、2回目以降、置き換えられる言葉がないか、検討しましょう。 読み返してみて、段落やページの中で同じ言葉を連発していた場合は、それぞれの文脈で最も適した言葉がないか考えてみてください。 「頑張った」と「努力した」のように、訓読みの表現から音読みの漢語に変える手も使えます。 自分では思い付かない場合には、「Weblio類語辞典」などの類語辞典を活用するといいでしょう。 ウェブ上の類語辞典のほうが検索しやすく便利です。 ワンパターンという課題に関しては、もう一つ、人は油断すると陳腐な常套句(じょうとうく)を使ってしまうという問題があります。 以前、インターネット上で「J-POPは翼広げすぎ」という話題が盛り上がったことがあります。 ・桜舞いすぎ ・瞳閉じすぎ ・君の名を呼びすぎ ・もう一人じゃなさすぎ などと、J-POPの歌詞に頻繁に登場するフレーズがからかいの対象になったのです。 テレビや雑誌にも、ありきたりの常套句があふれています。 もはや同じようなフレーズを何度も目にして慣れてしまっているので、「SNSで話題なの? チェックしなきゃ」「必見なの? 見なきゃ」などとはならないですよね。 大げさな言葉で煽る常套句は陳腐に見えやすいので、使わない、と心得ましょう。

次の

たくさんの類語・言い換え

たくさん 言い換え

すべての情報源• 総合的な情報源• 研究社 新英和中辞典 4• 研究社 新和英中辞典 7• Weblio Email例文集 16• 浜島書店 Catch a Wave 5• Eゲイト英和辞典 5• 専門的な情報源• 斎藤和英大辞典 4• 日本語WordNet 2• EDR日英対訳辞書 2• Tanaka Corpus 25• XFree86 1• Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス 1• 官公庁発表資料• 金融庁 1• 書籍・作品• JULES VERNE『80日間世界一周』 1• James Matthew Barrie『ケンジントン公園のピーターパン』 1• Frank Baum『オズの魔法使い』 2• Thomas a Kempis『キリストにならいて』 1• Scott Fitzgerald『グレイト・ギャツビー』 1• James Matthew Barrie『ピーターパンとウェンディ』 3• Plato『クリトン』 1.

次の

「たくさん」の類義語や言い換え

たくさん 言い換え

という言い換えです。 そもそも、了解ですという言い換え表現は、敬語ではありません。 しかも、「大丈夫」という言葉には、2パターンの意味があります。 肯定の意味の大丈夫と、否定の意味の大丈夫です。 了解ですという言葉は、親しい間柄なら通じるでしょうが、会社などの、人間関係がしっかりとしている場所では使ってはいけないのです。 自身が上司の場合、何かを指示した際に、「了解です」と言われて、違和感を感じますよね。 それだけ、軽い言葉ということなのです。 という言い換え表現です。 「OK」という言葉も、敬語ではありません。 海外なら構わないかもしれませんが、ここは日本です。 「OK」という言葉を社会で使用するには、あまりにも軽々しすぎるのです。 ビジネスにおいては、しっかりとした敬語を使用しましょう。 「大丈夫」という言葉の中にも、敬語に言い換え表現が出来る言葉がたくさんあります。 メールなどの返信の際も、気軽に「OKです」という言葉を使ってしまうと、常識がない人だと思われてしまうでしょう。 という言い換え表現です。 さて、この「結構です」という言葉ですが、目上の人や、上司に対しては特に使ってはいけない敬語の言い換え表現と言われています。 この言葉は、逆に上司や目上の人が、目下の人間に使用する際の言葉です。 だからこそ、目下の人間が使ってしまうと、失礼に値する言葉なのです。 下記の記事は、そんな上司や目上の人に対して送る、ビジネスメールの書き方のご紹介をしています。 是非、ご覧ください。 「大丈夫です」の間違った敬語の言い換え表現4つ目は、構いません。 という言い換え表現です。 こちらは、間違って使用してる人も、多くいます。 「構いません」という言葉は、どちらとも取れない言い回しとなっているため、何が構わないのか分からなくなってしまいます。 その為、なんだか上から物を言っているように聞こえてしまうという難点があります。 また、言われた方も気分を悪くしてしまうという傾向にあります。 だからこそ、気を付けなければならない言い換え表現なのです。 ビジネスでは、「構いません」という言葉を、使わないようにしましょう。 という言い換え表現です。 大丈夫です、という言葉を敬語にしようと、無理やり考えた結果、「可能です」という言葉が出てきてしまう場合があります。 しかし、「何が可能」で「何が不可能なのか」という明確な表記が出来ません。 ビジネスメールにおいても、丁寧な言い方をしなくてはなりませんが、「可能です」という言葉は、丁寧な言い方にはならないので、気を付けましょう。 問題ありませんという言葉は、相手の言葉に対する答えを選んで使用しましょう。 例えば、仕事を任されたとします。 その仕事の期限などに対して、自身の能力に問題なくついていくことが出来れば、この答えで正しいと言えます。 上記でも説明させていただいている通り、「大丈夫です」という言葉には、肯定にも否定にもなる言葉と言えます。 「大丈夫です」という言葉は万能ですが、ビジネスシーンにおいては不適切な言葉な為、使用する際は、状況や、相手の答えになる言葉を選びましょう。 これは、否定する際に使用しましょう。 否定の言葉というものは、様々な言葉がありますが、こちらの表現であれば、ビジネスシーンにおいても、使える言葉となります。 「大丈夫です」という言葉で否定してしまうと、少し上から目線に感じる事があります。 しかし、「結構でございます」という言葉に言い換える事によって、少し表現も和らぎます。 だからこそ、敬語をしっかりと頭に入れておきましょう。 「大丈夫です」という言葉は、肯定にも否定にもなり得ます。 その為、しっかりとした受け答えの言葉が必要です。 社会に出たら、なるべく「大丈夫です」という言葉を使わないようにしましょう。 そもそもが敬語でない為、相手を不快にする言葉と言っても過言ではありません。 また、ビジネスメールでも、印象が悪くなってしまう言葉となりますので、気を付けましょう。 支障ございませんという言葉は、「構いません」という意味で使用します。 何か頼まれごとをされた時や、スケジュールを聞かれた時の答えの際に使用すると良いでしょう。 スケジュールなどで、日程を聞かれる際に、どうしても「大丈夫です」という言葉が、喉から出そうになってしまう場合があります。 それは、ぐっと飲みこんでしまいましょう。 「大丈夫です」と答えるよりも、「支障ございません」の方が丁寧な言い換え表現であり、相手も気持ちよく読める文です。 こちらの敬語であれば、皆さんも良く聞き覚えがある敬語ではないでしょうか。 何かを承った際や、頼まれた際に使用される言葉です。 「大丈夫です」という言葉よりも、より丁寧で、敬語らしい敬語と言えます。 ビジネスにおいて、可能な限りの敬語を使用することをおすすめいたします。 敬語はとても難しい言い方ですが、丁寧な言い方を心がけると、より相手に安心感を抱かせることが出来ます。 こちらの言い換え表現は、否定の際に使用する使い方をします。 何かに誘われても、大事な用事があり、断らなければいけないという状況が必ずあります。 そんな時に、「今回はご遠慮させていただきます」といった使い方をすることで、丁寧な言い方と言える使い方です。 ビジネスメールにおいても、使用できる丁寧な言い方である為、断らなければいけない場合に使用しましょう。 ビジネスメールを送る際に悩んでしまう書き方を、学べる書籍となっています。 どうしても、社会に出ると、ビジネスメールを書かなくてはならない場合があります。 そういった場合に、丁寧な言い方が出来るお手本となる書籍となっています。 是非、ご覧ください。 ビジネスマナーの教科書」です。 入社1年目というのは、1番難しい時期であり、たくさんのことを覚える時期でもあります。 そんな時期におすすめなのが、こちらの書籍です。 「大丈夫」はビジネスで使わない言葉 「大丈夫」という言葉は、ビジネスにおいて、使用が難しい言葉という事が分かりました。 もし使うのであれば、別の言い換え表現で使いましょう。 どうしても迷ってしまうという時は、先輩や上司の意見を取り入れる事も重要です。

次の