キッチン ブリーチ。 ハイターとキッチンブリーチの違いって?効果が強いおすすめはどっち?

マイキッチンブリーチ

キッチン ブリーチ

市販の塩素系漂白剤を薄めると次亜塩素酸ナトリウム消毒液が作れます アルコールで消毒していたドアノブや手すりの消毒に使えます 新型コロナウイルスの流行で、アルコール消毒液の入手が難しくなっています。 新型コロナウイルスの対策としては、アルコール消毒液のこまめな使用が有効とされていますが、入手できないと消毒もできません。 貴重なアルコール消毒液の代用品として注目されているのが、比較的入手しやすい塩素系漂白剤を薄めて作る「次亜塩素酸ナトリウム消毒液」です。 次亜塩素酸ナトリウム消毒液は食品工場などでも使われている 次亜塩素酸ナトリウム消毒液は、食品工場などの消毒にも広く使われています。 次亜塩素酸ナトリウム消毒液は手指の消毒には使えません。 ただ、いままでドアノブや手すり、テーブルなどの消毒にもアルコール消毒液を使っていた場合、次亜塩素酸ナトリウム消毒液に切り替えることで、入手が難しいアルコール消毒液の消費量を少なくすることができます。 次亜塩素酸ナトリウム消毒液が作れる市販の塩素系漂白剤 衣類用や食器用の塩素系漂白剤が使えます 商品名 品名 メーカー ハイター 衣料用漂白剤(塩素系) 花王 キッチンハイター 台所用漂白剤(塩素系) 花王 カネヨブリーチ 衣料用漂白剤(塩素系) カネヨ石鹸 カネヨキッチンブリーチ 台所用漂白剤(塩素系) カネヨ石鹸 ブリーチ 衣料用漂白剤(塩素系) ミツエイ キッチンブリーチ 台所用漂白剤(塩素系) ミツエイ 衣料用ブリーチ 衣料用漂白剤(塩素系) ロケット石鹸 マイキッチンブリーチ 台所用漂白剤(塩素系) ロケット石鹸 ランドリークラブブリーチ 衣料用漂白剤(塩素系) 第一石鹸 キッチンブリーチ 台所用漂白剤(塩素系) 第一石鹸 次亜塩素酸ナトリウム消毒液を自作するときの注意点 塩素系漂白剤の取り扱いは危険なので十分な準備をすること 次亜塩素酸ナトリウム消毒液は、市販されている塩素系漂白剤を水で薄めて作ります。 濃度の高い塩素系漂白剤を取り扱うため、目に入らないように保護メガネなどを着用しましょう。 また、塩素系漂白剤は強いアルカリ性のため、手指につくと薄めた液でも皮膚を傷めますので、手袋を着用しましょう。 古くなった次亜塩素酸ナトリウムは使わない 次亜塩素酸ナトリウムを含んだ塩素系漂白剤は、時間が経つごとに少しづつ濃度が薄くなっていきます。 常温で保管していてもゆっくりと分解されていきますが、高温の場所や直射日光の当たる場所では、分解のスピードは速くなります。 花王のホームページには、購入から3年以上経過していると、次亜塩素酸ナトリウムの濃度が著しく低下している場合があるとの注意が記載されています。 新型コロナウイルス対策のために、一生懸命に消毒しても、次亜塩素酸ナトリウムの濃度が薄くなっていると効果がありません。 新しく購入した塩素系漂白剤をつかうようにしましょう。 自作した次亜塩素酸ナトリウム消毒液を使うときの注意点 手指の消毒に使わない 次亜塩素酸ナトリウム消毒液は、手指の消毒には使えません。 たくさんの人が触れ、感染経路になるといわれている、ドアノブや手すり、テーブルなどの消毒のみに使用してください。 次亜塩素酸ナトリウムが手指に触れると、皮膚を傷めます。 次亜塩素酸ナトリウム消毒液は、アルコール消毒液のように、手にすりこむ利用方法はできませんので、注意してください。 時間が経つと薄くなるのですぐに使う 次亜塩素酸ナトリウムは自然に分解します。 また、消毒液の容器として入手しやすいペットボトルですが、光を通すため分解のスピードが早いというデメリットもあります。 分解すると、次亜塩素酸ナトリウムの濃度が薄くなり、消毒効果がなくなってしまいます。 つくりおきをせず、できるだけ数日のうちにつかい切りましょう。 スプレーなどで噴霧したり加湿器に入れたりしない 次亜塩素酸ナトリウム消毒液で空間除菌はできません。 効果がないだけではなく、次亜塩素酸ナトリウムを吸い込むと、重大な健康被害を受ける場合があります。 スプレー等で空間にまいたり、加湿器やアロマディフューザーなどに入れて噴霧することも絶対にやめましょう。 花王 ハイター で次亜塩素酸ナトリウム消毒液を作る方法 塩素系漂白剤「花王ハイター」の主成分は次亜塩素酸ナトリウムです 花王が販売している 塩素系漂白剤が、 ハイターシリーズです。 塩素系漂白剤といえばハイターというくらい、知名度が高いですね。 塩素系漂白剤の主成分は、次亜塩素酸ナトリウムです。 花王のハイターは、次亜塩素酸ナトリウムが主成分ですので、希釈することでドアノブや手すりなどの殺菌消毒に利用できます。 ハイターを薄めて作る 濃度0. 05%(500ppm)次亜塩素酸ナトリウム消毒液 手すりや床、ドアノブなど、室内の消毒に利用できる次亜塩素酸ナトリウム 0. 05%消毒液は、ハイターを薄めて作れます。 ロケット石鹸の マイキッチンブリーチ で次亜塩素酸ナトリウム消毒液を作る方法 塩素系漂白剤「マイキッチンブリーチ」の主成分は次亜塩素酸ナトリウムです ロケット石鹸が販売している 塩素系漂白剤が、 マイキッチンブリーチです。 塩素系漂白剤の主成分は、次亜塩素酸ナトリウムです。 マイキッチンブリーチは、次亜塩素酸ナトリウムが主成分ですので、希釈することでドアノブや手すりなどの殺菌消毒に利用できます。 ロケット石鹸のマイキッチンブリーチを薄めて作る 濃度0. 05%(500ppm)次亜塩素酸ナトリウム消毒液 手すりや床、ドアノブなど、室内の消毒に利用できる次亜塩素酸ナトリウム 0. 05%消毒液は、マイキッチンブリーチを薄めても作れます。

次の

ハイターとキッチンブリーチの違いって?効果が強いおすすめはどっち?

キッチン ブリーチ

消毒・除菌に使用するために薄める際の参考にしてください。 神戸物産「業務スーパーキッチンブリーチ」約4. 野菜・果物・食品加工等の殺菌、食品に触れる厨房器具の除菌・漂白に。 洗剤ではとれないシミ・茶しぶ・プラスチック製品の黒ズミを落とし、バイ菌を取り除いてイヤなニオイを消します。 ライオンの塩素系漂白剤、購入時の注意点 「ニューブリーチ」は次亜塩素酸ナトリウム濃度が、サイズごとに違います。 5kg、5kg、18kgは6%。 20kgは12%です。 Amazonでも100円で販売されています(2020年3月11日現在) 【ミツエイ「キッチンブリーチS」商品説明文】 ・漂白・除菌・除臭ができる台所用漂白剤 ・ふきん・まな板の雑菌を除菌 食器、まな板などの除菌・除臭が出来る台所用漂白剤。 つけ置き洗いで茶渋・黒ずみ・ふきんのシミもスッキリした白さに。 Amazonでも112円で販売されています(2020年3月11日現在) 【ロケット石鹸「マイキッチンブリーチ」商品説明文】 お台所の衛生・漂白に。 ふきん・茶碗・まな板に。 茶しぶ・シミを漂白し、バイキン・ニオイを除きます。 [洗浄と漂白] 台所用洗剤では取り除けないふきんのしみ・食器の茶しぶ・プラスチック容器の黒ずみなどをキレイに落とします。 [除菌と消臭] ふきん・まな板・ゴミ入れなどについている雑菌・悪臭をしっかり取り除きます。 カネヨ石鹸「キッチンブリーチ」の塩素濃度(次亜塩素酸ナトリウムの濃度)は5. カネヨ石鹸「キッチンブリーチ」…塩素濃度(次亜塩素酸ナトリウムの濃度)約5. 大手メーカーではないメーカー(失礼)の中では、もっとも塩素濃度(次亜塩素酸ナトリウムの濃度)が高かったです。 【カネヨ石鹸「キッチンブリーチ」商品説明文】 お台所のまな板、調理用具等の除菌・除臭・漂白に。 ただし、ホームページ上に「」という記事がありましたので、それを元に濃度を計算しました。 【2020年4月13日追記:2020年4月9日花王はハイターの濃度について見解を発表しています】 「キッチンハイター」と「ハイター」は、次亜塩素酸ナトリウム濃度が6%になるように生産されていますが、生産からご使用までの期間や、保管されている環境などによって、次亜塩素酸ナトリウム濃度が低下している可能性があります。 花王「ハイター」「キッチンハイター」次亜塩素酸ナトリウム濃度計算式 下記表の中央を元に割り出します。 検証のために引用しています。 (2020年3月17日に電話で問い合わせました) 神戸物産「業務スーパーキッチンブリーチ」塩素濃度(次亜塩素酸ナトリウムの濃度)は4. jikobukken.

次の

mobi.daystar.ac.ke: ミツエイ キッチンブリーチS 600ml: ホーム&キッチン

キッチン ブリーチ

「ハイターとブリーチって何が違うの!?」 スーパーの洗剤コーナーへ行くと必ず売っている「キッチンハイター」と「キッチンブリーチ」。 どちらもよく見かける台所用漂白剤で、カビ取り、まな板の除菌など様々な用途で使われていますよね。 そんな主婦の味方なキッチンハイターやキッチンブリーチですが、どちらも本当にそっくりです。 笑 そこで、、 ハイターとブリーチの違いって何なの!? どうしてハイターの方が高いの!? どっちを買う方がいいの!? と疑問に感じる方は多いのではないでしょうか。 見た目からしてそっくりなハイターとブリーチですが、どちらも台所用の漂白剤だという事も変わりません。 ですが、買う側としてはできるだけ効果があり使いやすく、用途に合ったものを買いたいですよね^^; という事で今回は ハイターとブリーチの違い、ハイターとブリーチの使い分け方についてご紹介させて頂きます。 ハイターもブリーチも同じなんじゃないの?と疑問なあなたはぜひ参考にしてみて下さいね! キッチンハイターとキッチンブリーチの違いって何? それではキッチンハイターとブリーチの違いについてご紹介させて頂きます。 ハイターもブリーチもそっくりだけど何が違うんだ!と気になる方は参考にして下さいね! ハイターとブリーチの成分・効果に違いはありません。 メーカーが付けた商品名のみが異なっています。 まず、花王が販売している「キッチンハイター」と市販で売られている「キチンブリーチ」と使用されている 成分はほぼ同じになります。 ハイターもブリーチも 「次亜塩素酸ナトリウム」、「界面活性剤」、「水酸化ナトリウム」の3つの成分で作られています。 ちょっと聞きなれない言葉でややこしいと思いますが、とにかく成分に関しては同じという事ですね^^; 具体的に各成分が何パーセントごとというのは表記されていないので不明ですが、使用した時の効果や使用方法なども同じです。 ただ、少し厳密に言うと洗剤の役割を果たしている 「界面活性剤」のみ使われている種類が異なります。 ハイターに使用されている界面活性剤は「アルキルエーテル硫酸エステルナトリウム」という「陰イオン界面活性剤」になります。 そして、キッチンブリーチに使用されている界面活性剤は「アルキルアミンオキシド」という「両性界面活性剤」になります。 更に、主成分が同じ(どちらも次亜塩素酸ナトリウム)なら、機能も変わりません。 なので、ハイターとブリーチにはやはり特に 名前以外に違いはないという事になりますね。 迷った場合はお好みの方を買ってしまえばいいですよ^^b 「ハイター」は花王が商標登録している商品名だった! 使われている成分や用途・効果もさほど変わりがないハイターとブリーチですがなぜ商品名が違うのか気になりますよね。 なぜ同じ成分なのに商品名が違うのか気になる方も多いと思いますので、名前の違いなど解説しますね。 まず、「ハイター」は花王が商標登録している商品名になります。 「ハイター」というのは花王が塩素系漂白剤の総称として 商標登録している商品名になるんですね。 なので、「ハイター」というのは花王にしか使えない商品名になります。 キッチン泡ハイター、ワイドハイター、ハイドロハイター、メディカルハイターなど様々な種類がありますよね。 どれも塩素系漂白剤で、それぞれ医療用であったり家庭用であったり用途が異なっていますが、花王が出している商品という事になります。 つまり、 「ハイター」というのは花王の塩素系漂白剤のブランドという事になりますね。 そして、「ブリーチ」は一般的に漂白剤に付けられている名前(商品名)になります。 主に「キッチンブリーチ」はライオン、カネヨ、第一石鹸など色々な会社から販売されていますね。 つまりこのように、花王以外の会社で製造されている塩素系漂白剤は「キッチンブリーチ」と名乗っている、という事になります。 ですが、ハイターもブリーチも中身的には違いがありません。 花王が自社商品と他社の商品を差別化したり、ブランド化するために「キッチンハイター」と商品名を付けているだけです。 値段は花王の方が少し高めですが、こだわりなどが無ければ安い方を買ってしまっていいよね、と個人的には思いますね^^; ちなみに、「ブリーチは花王以外の塩素系漂白剤・ハイターは花王の塩素系漂白剤」と認識すれば分かりやすいかなと思いますよ。 ちなみに漂白剤市場では、これまでに花王、ライオン、カネヨなどがが激しい競争をしてきていました。 その競争の中で、メーカーが差別化のために商品名を変えたり、工夫をしてきた為、商品名などが違うんですね^^ キッチンハイターとキッチンブリーチどっちがおすすめ? キッチンハイターとキッチンブリーチとどちらを買えばいいのか悩む方も多いと思います。 やっぱりハイターの方が効果があるの?など悩んでしまう方は参考にしてみて下さい。 どの漂白剤を買えばいいのか迷った場合は使用する用途に合うものを選ぶと便利ですよ。 ハイターもブリーチも成分はほぼ同じですし、使い方や効果なども特に変わりはありません。 また、家庭用の塩素系漂白剤であればブランドが違えど、主成分の濃度などはほとんど同じになります。 なので、特にこだわりがなければ安いキッチンブリーチの方を購入した方がお買い得という事になります。 ですが、ハイターの方は用途に合わせて様々な種類が販売されています。 トイレ用、カビ用、泡ハイター、ハイドロハイター、排水溝用、パイプ用、ワイドハイター(酸素系)など種類が多くあります。 そして、それぞれが用途に合わせて使いやすいように製品が作られています。 なので、明確に「ここをキレイにしたい」などのこだわりがあれば、その用途に合った製品を買う方がおすすめですね^^ 特に泡タイプの漂白剤はすぐに洗い流す事ができるため、傷みやすいステンレスなどの材質にも使う事ができますよ! ですが、ただまな板やふきんなどをつけ置きして消毒をしたいだけなら、キッチンブリーチでも十分ですね。 ブリーチは洗濯用と台所用でも兼用ができるのかどうかご紹介させて頂きますね。 台所用と洗濯用は兼用をしない方がいいですよ。 台所用漂白剤と洗濯用漂白剤を 兼用する事ができないわけではありません ですが、殺菌・漂白の強さなどがかなり違うため、面倒でも使い分ける事をおすすめしますね。 なぜかというと、まず市販の漂白剤は大きく分けて「酸素系」と「塩素系」の2種類があります。 そして基本的には台所では塩素系漂白剤、洗濯用では酸素系漂白剤(液体・粉末タイプと両方あり)を使用するようになっています。 この違いは主成分が違うのですが、塩素系の主成分は「次亜塩素酸ナトリウム」で、酸素系が液体タイプだと「過酸化水素水」、粉末タイプだと「過炭酸ナトリウム」です。 そこでもし、塩素系の洗濯物用漂白剤を使いたいのであれば、台所用のハイターやブリーチとの違いは台所洗剤(界面活性剤)が入っているか、入っていないかどうかだけの違いになります。 なので、その場合は台所用の漂白剤(ハイターやブリーチ)を洗濯物用に使用しても良いです。 ですが、塩素系の漂白剤は基本的にかなり殺菌・漂白力が強いため、色柄物が脱色・変色してしまう可能性があります。 白いシャツなどであれば問題はないのですが、色物だとどうちても色落ちしてしまうんですね。 なので、それが嫌だ!という場合は普通の洗濯物用に売られている酸素系漂白剤を使用する方がおすすめですね。 酸素系の漂白剤であれば、色柄物にも安心して使う事ができますよ。 ちなみに、酸素系の漂白剤(洗濯物用)を台所用に使う事ができますが、効果が弱くあまり役に立ちません。 使い道があるとしたらステンレス用品など塩素系漂白剤に弱い材質のモノに対してですね。 (粉末タイプのみ) なので、結果的には台所用は塩素系、洗濯物は酸素系と使い分ける方がやはりいいと思いますね。 もし、 色柄物ではなく白いシャツなどのみ漂白したいのであれば台所用のブリーチを使用しても良いでしょう! まとめ キッチンハイターとブリーチの違いについてご紹介させて頂きました。 結論としては商品名が違うだけで、ハイターもブリーチも特に変わりはないという事ですね^^; ですが花王から出ているハイターは用途によって様々な漂白剤が売られています。 なので、その用途に合わせて漂白剤を選べるというのは便利だなーと感じましたね^^ という事で、買う際は使用用途に合わせて購入するようにされてみて下さいね!.

次の