冬 白 スカート。 【2020最新】夏のロングスカートコーデ特集♪体型カバーも叶う大人の着こなし術

チュールスカートは冬でもOK!防寒も叶うおすすめコーデ18選

冬 白 スカート

トップスをインして着ると、太めのベルトラインが存在感を発揮し、スタイルよく見せてくれます。 【2】ブラウンスカート ブラウンチェックのセットアップは、インナーも小物も黒でまとめてきちんと感のあるスタイルに。 インには、Vネックのリブカーディガンを。 リブやボタンの立体感が奥行きのある装いを叶えてくれる。 【3】白スカート 素敵に映える冬の白スカート。 タイツは優しいトーンのグレージュを合わせて、リッチ感を演出。 【4】赤スカート 赤のスカートはコートやジャケットをネイビーにする事で、強くなりすぎずトラッドな印象を与えられます。 足首を見せることによってすっきりした印象も。 【5】カーキスカート 今年旬の光沢素材のカーキスカート。 タイトな黒カーディガンを1枚で合わせて、ミニマルに着こなすのがコーデのポイント。 【6】グレースカート グレースカートはキャメル・ブラック・ホワイトのトップスと合う、万能スカート。 今年は少しエッジを効かせた、ややラメ感のあるグレースカートで遊び心を忍ばせて。 グレーのニットスカートはオシャレでありながら、リラックスさせてくれる優しい色使い。 女性らしさも表現しながら重くならず、丁度良いカジュアルさを表現してくれます。 黒のタイトスカートは、長め丈なら上品な印象を与えてくれる大人コーデにぴったり。 ブラックのボリュームスカートにちょっぴり肌見せのトップスを合わせることで、ハンサムな色気を演出。 そのまま夜遊びにもいけそうな雰囲気で軽快さをミックス。 【8】グリーンスカート 今年流行のグリーンですが、中でもくすんだ色調の「ジェイドグリーン」は、着る人を選ばない万能カラーとしてプロも注目。 【9】ピンクスカート 濃いめのパープルに近い大人ピンクスカートは、AWで履きこなしたいスカート。 コートの隙間から、ちらりと見える映える大人ピンクが丁度良いアクセントに。 【10】青スカート スエードタッチのくすんだ青スカートは、かわいさだけじゃない大人のリッチ感を実現。 ベージュのコートを合わせれば、相手に好印象を与える清潔感のあるコーデの完成です。 眼鏡でハズしを利かせれば、休日のデートスタイルの完成です。 【11】ベージュのスカート スカートは細サスペンダー付きだから、コンサバからモードまで振り幅広くアレンジが効きます。 艶のあるサスペンダーがミニマムな黒ハイネックに映えて、モード感もアップ! ジャケットを着ているときはコンサバシンプルに、脱いだらモードめシンプルにイメージチェンジ。 【12】紫のスカート きれい色のスカートは真夏だったら白を合わせがちだったけど、秋ならネイビーのほうがシックで落ち着きます。 スーツ姿の上司たちと並んでも、これなら浮かないはず。 スカートのデザインで考えるコーディネート 【1】前スリット入りタイトスカート くすみブルーのスカートに、ブラウンのロングブーツを合わせて今年らしく。 足さばきのいい前スリット入りのタイトスカートに、ショート丈のベージュニットでミニマルにまとめて。 【2】アシメ裾フレアスカート アシメトリーな裾が歩く度に美脚なラインを描くフレアスカートに、ノーカラーの白シャツを合わせたコーデ。 太めベルトでウエストコンシャスに引き締め、シルエットに動きをつけて。 足元もダークな色味でまとめると、より一層スカートの美しさが際立ちます。 タイツやニュアンスカラーと組み合わせて、シンプルで清潔感のある着こなしの完成です。 【5】フレアスカート 抜群の女らしさを表現できるフレア。 スカイブルーを選んだら、トップスは黒でシックにまとめよう。 【6】プリーツスカート ディテールのある細かいプリーツフレアは、チェスターコートのすそから出せばコーディネートのアクセントに。 暗めの色を選択することで、プリーツでも大人らしいコーディネートに。 【7】タイトスカート バーガンディ系の色のタイトスカートは、ほどよい色気を生み出してくれるアイテム。 トップスは同系色かブラックと組み合わせるのがベスト。 【8】ロングスカート ロングスカートはシックなコーデに仕上げるにはぴったりのアイテム。 ロングブーツと合わせて大人っぽい雰囲気に。 【9】フィッシュテールスカート フィッシングテールは、マスタードカラーのエコスエードを選ぶのが気分。 人と差のつく一歩先をいくおしゃれ感で、自分を盛り上げるためにも選びたいスカートです。 【10】サイドスリットスカート 細プリーツの光沢ロングスカート。 深いサイドスリットの攻めたデザインこそ、ネイビーの安定感でバランスをとってバランスのよいモード顔に。 素足に合わせる黒のショートブーツも、秋だからこそ楽しめるワザ。 クールなスカートにぴったり! 【11】ハイウエストタイトスカート 女っぷりのいいタイトスカートは、長め丈にアップデートして美脚見え! ふくらはぎまでスッとストレートなシルエットで今っぽさを取り入れて。 トップスやアウターも黒でまとめて、花柄の甘さをクールに引き締めて。 スニーカーとの相性もばっちり。 土曜のお出かけにぴったりなコーデは、気楽に楽しめてラフな雰囲気もまとえる。 足元にコンバースのハイカットを合わせて、堅すぎず抜け感のあるスタイルに仕上げよう。

次の

40代白スカートコーデの正解は?上品だけど女っぽいが合言葉に!|UNISIZE(ユニサイズ)

冬 白 スカート

この秋着たいのは上品リッチな白スカート。 今年の秋は少し上品に大人っぽくリッチに仕上げてくれる白スカートが話題みたい。 おしゃれな人の白スカートのコーディネートを早速ご紹介。 明日から真似できる最旬コーデを早速チェックしていきましょう。 【1】スリット入り白スカートは女らしさアップの必須アイテムです! フロントに少しスリットが入ったこちらのスカートは、少し上品なコーデで合わせたい。 足元のスニーカーで少しカジュアルダウンさせれば、トップスのフリルとも丁度いいバランス感が出せそう。 少しウエストインしたスタイルで足長効果を狙っちゃおう! 【2】ワントーンコーデで優しい雰囲気に仕上げたい。 真っ白なロングスカートに淡いベージュのニットを合わせた、女性らしい上品なスタイル。 足元はコンバースのハイカットでカジュアルダウンさせて、40代ならではの大人っぽいこなれコーデに格上げ。 タイトスカートより、少しゆったりめの白スカートの方が女性らしい優しい雰囲気を出せるから、ワンサイズ上のサイズをセレクトするのもありかも。 【3】モノトーンコーデがリッチな雰囲気に。 40代はシンプルコーデで勝負したい。 大人だからこそトライしたい、シンプルなモノトーンコーデ。 黒と白の2色コーデも、ロングスカートを取り入れることで、ぐっと大人っぽい雰囲気に。 こんなコーデの時、40代は小物で差をつけるのがおしゃれ上級者。 デザイン性高めのヘアアクセサリーや、ちらっと見えるリブソックスなど技ありアイテムでおしゃれの格上げをしたい。 寒い冬こそ白スカートでコーデを華やかに仕上げたい!40代が着こなす冬の白スカートコーデの正解は? 寒い冬のシーズン、黒やグレー、ネイビーなどのモノトーンカラーを選びがちだけど、おしゃれな人は白スカートを上手に着こなしているらしい。 トップスやアウターとのバランスも上手に取りつつ、しっかり防寒もしている上級者さん、いますぐ真似できるテクが満載なんです!白スカートでコーデを華やかに、女性らしく仕上げて、冬のシーズンに備えましょう。 【1】モノトーンコーデに映えるのは、白スカートが新定番! 黒とグレーを基調とした冬のコーディネート、少し色味が足りないな〜なんて時にぴったりなのが、白スカート。 膝下丈で上手にバランスを取れば、黒タイツとの相性も抜群です!コーデも華やかになるし、モノトーンコーデのマンネリからも脱出できそう。 他の人と差をつけたいあなたにピッタリなコーディネートです。 【2】ゆるニットに合わせたい白のスカートは断然プリーツが今っぽい! オフホワイトのプリーツスカートにブラウンのニットを合わせた上品コーデ。 40代になったからこそトライしたいコーデのお手本です。 ビッグシルエットのニットはあえてウエストインしないで、Iラインを上手に活かした、女っぷりを上げてくれるコーデに格上げ成功。 こなれ感を出したい時はサイズ選びに注意しつつ、全体のバランスをしっかり意識しよう。 【3】たまには履きたいミニスカート。 白で上品リッチに仕上げちゃおう。 40代になった今なかなか上手に履きこなせないのが、白のミニスカート。 どんな着こなしが正解なの?と思っていたらとってもおしゃれなコーディネートを発見しました!ニットとタイツを黒でリンクさせて、落ち着いた雰囲気を出せれば、白のミニスカートでも全然痛くならないですよね!足元もニューバランスのスニーカーでスポーティーに仕上げれば、カジュアルだけど女っぽい見本コーデの出来上がりです。 白のタイトスカートで女っぷりを上げたい。 40代は露出しないで女らしさを出していこう! 体のラインがピッタリでるタイトスカート。 体型が気になり始める40代はなかなか手が出しづらいですよね。 体にぴったりしすぎず、でもフレアじゃない丁度良いバランスにしてくれるのが、フロントスリットの入ったタイトスカートです。 女らしさを出しつつ、トレンドをきちんと取り入れてるから大人のあなたにぴったりなんです。 Iラインを意識してスタイルアップ効果も狙っちゃおう! 【2】40代の白スカートはミモレ丈でこなれたい! このままオフィスにも着ていけそうなきちんと感のあるコーディネート。 40代の白スカートはこのくらいの丈感で大人っぽさをアピールするのがおしゃれ上級者のテクです。 ハイウエストでスタイルアップを叶えれば、40代の白タイトスカートコーデもすんなりトライできちゃいそう。 下半身太りが気になりだす40代にはちょっと手が出しづらかったりするのかも。 でも可愛いし、上品に見えるから白のロングスカートまだまだ履き続けたいですよね。 おしゃれな人の上手な着こなしを早速チェックしていきましょう。 【1】パステルカラーニットで華やぎコーデ。 ラベンダーカラーのニットが華やかなこちらのコーデ、ボトムスには白のロングスカートを合わせて上品に。 ウエストインしてスタイルアップを狙って、軽やかなコーデに変身。 40代はモノトーンも似合うけど、たまにはこんな華やかコーデでお出かけしちゃいましょう。 【2】ボーダートップスで仕上げたフレンチコーデ。 白のフレアロングスカートは、シンプルにボーダートップスで着こなすのが40代のトレンド。 アウターのGジャンもきっちり着ないで、肩がけして抜け感を出せば、簡単にフレンチシックスタイルの出来上がり。 明るい色のコーデではグラデーションコーデなどにも使えちゃいます! 40代の大人女子にオススメなのは白スカートにシンプルなトップスを合わせる上品なコーデ。 夏なのに黒!?と驚かれる方も多いかもしれませんが、白スカートが爽やかな印象を与えるアイテムなので暑苦しく見えません。 こちらのコーデはフェス参戦コーデのようですが、大人女子らしく上品なコーデになっていますね。 小物もブラックでモノトーンコーデで爽やかかつ上品に。 ゆったりとしたトップスで涼しく快適に過ごしちゃいましょう。 たまにはミニのスカートも履いちゃおう。 カーキのブラウスを白いタイトスカートにインしてベルトをアクセントに。 シューズもホワイトで統一感がgood.

次の

夏と冬の白スカートコーデ!タイトスカートで上級者コーデにも挑戦

冬 白 スカート

斜め掛けしたマーク クロスのスクエアなバッグと、パールジュエリーのまろやかな雰囲気が、淡いベージュのニットのやわらかさとマッチ。 たとえば、ファーのような風合いのニットと艶やかなレザーのスカートをワントーンにしても重く見えず、質感のメリハリがリッチな女らしさを演出。 さらに襟元のスカーフやバングル、バッグ、靴…とネイビーをちりばめることで、着こなし全体に動きが生まれて。 カフェでくつろぐ姿に、いきいきとした個性が香ります。 冬らしい暖かみのある素材も、優雅なムードを高めて。 「スカートにボリュームがあるぶんトップスはコンパクトに。 洗練グレーワントーンのすっきり感を妨げないよう、なじませながら色味を感じさせない、光沢グレーのベルトが役立ちます。 グレーと好相性のボルドーをシックな差し色に。 コーディネートのトーンはそろえて、グレーでほんの少し色をずらすだけ。 でも異素材の質感はドラマティックに変えるのがポイントです。 プリーツスカートのしなやかさと、ファーのふんわり感の差が、それぞれの魅力を際立たせて、贅沢なグレージュ・グラデーションが実現します。 驚くほど軽いうえ、まるでベルベットのようなソフトな肌触り。 淡色グラデーションに、爽やかなブルーのシルクスカーフをひと巻き。 顔周りがパッと華やぎ、女性らしい優しさが生まれて。 主役のジャケットはミディアムグレーの細かいチェックが、マニッシュな魅力を演出します。 ウエストを絞らないボックスシルエットだから、ボタンを留めずに着こなしたい。 足元はあえて重めのショートブーツが旬のバランス。 タックプリーツでボリューム感を出したラップデザインで、動くとスリットのように開く合わせの部分が美脚を演出。 モノトーンでシックにまとめながらも、白シャツに透明感のあるオーガンザブラウスを重ねた最新のレイヤードスタイルや、ミモレ丈スカートとアンクルブーツの旬のバランス感で、鮮度を高めて。 スニーカーでカジュアルに、大人かわいく仕上げたい。 ピンクベージュの繊細なカットワークレザーのトッズのスニーカーで、ラグジュアリーな外しを。

次の