ポプラの木になる 歌詞。 ポプラ

クワガタが集まる木はクヌギだけじゃない?この木も見落とさないで!

ポプラの木になる 歌詞

ポプラ ポプラ ・イタリアポプラ ・イタリア山鳴(やまならし) ・西洋箱柳 (せいようはこやなぎ) 樹形は「ほうき型」 Poplar (北大のポプラ並木) 1982. 31 札幌市 北海道大学 (若葉) 2006. 20 水元公園 (水元公園) (樹形、北大の並木等) (葉っぱ) (新宿御苑、黄葉) ・柳(やなぎ)科。 ・学名 Populus nigra var. italica Populus : ハコヤナギ属 nigra : 黒い italica : イタリアの Populus には「震える」という 意味がある。 ・ヨーロッパ原産。 ・「ポプラ」には いろいろ種類があるが 当ページに掲載した「ポプラ」は、 枝が上を向き、ほうきを ひっくり返したような、 細い直立した姿になる。 葉っぱはハート形。 札幌市の北海道大学構内にある、 「北大のポプラ並木」が有名。 縦に長い樹形から、 強い風には弱いらしい。 よく似た「」は、 ほうき型ではなく、 やや横に広がった樹形。 (風にも強いらしい)。 ポプラとカロリナポプラは 葉っぱはそっくりだが、 樹形でなんとか見分けられる。 ・ポプラの花と綿毛は 私はまだ見たことがないが、 5~6月頃に花が咲き、 そのあとで、 白い綿毛つきの種子が 風に乗って ブワーッと飛んでくるらしい。 (と同じ・・) ・ポプラの別名 「イタリアポプラ」 「イタリア山鳴(やまならし)」 山鳴 = 風で枝がぶつかり合うと 音を出すことから 「西洋箱柳 (せいようはこやなぎ)」 箱柳 = 幹や枝の材で 「箱」をつくることから ・樹形が似ている ・「ポプラ」シリーズ ポプラ __________________ __________________ __________________ 大判写真 __________________ Copyright C Since 1997 Atsushi Yamamoto. All rights reserved.

次の

中島みゆきの「空と君とのあいだに」の歌詞のポプラの枝は何を表しているので...

ポプラの木になる 歌詞

【ポプラとは】 ・ヨーロッパ、西アジア及び北米を原産とするヤナギの仲間。 普通はアメリカヤマナラシの変種とされるセイヨウハコヤナギをポプラと呼ぶが、ハコヤナギ属全般をポプラということもあり、関西ではカロリナポプラをポプラと称することも多い。 ・セイヨウハコヤナギは雄株だけが防風林用として明治時代にアメリカを経由して渡来し、北海道を中心に植栽された。 カロリナポプラが渡来したのも同時代とされる。 前者は寒冷な北海道や東北に、後者は暖かい地方に植栽される。 ・湿気を好み、土質を問わずかなりのスピードで育つ。 このため湿地帯を早期に緑化するような場合に好んで使われる。 池や沼、河川敷の公園などで目にする機会が多いのはこのため。 その生命力は大変に強く、ポプラの丸太で作ったフェンスから根が生じることがあるというが立木としての寿命は短い。 ・幹は真っすぐに伸び、直径は最大で2~3mほどに。 樹皮は灰色で、樹齢を重ねると不規則に剥離する。 枝は横へ張らず、上へ上へと伸び、全体として円柱状になる。 スリムな樹形が好まれ、並木として複数を列植することが多いものの、枝数が多い分、維持費がかさむ。 ・葉は長さ5~10センチ、幅5センチ程度の三角形あるいは菱形。 縁にはギザギザがあり、枝から互い違いに生じる。 葉の付け根に長い柄があり、と同じように風に吹かれると美しく揺れる。 中国では「風響樹」といい、学名のポプルスも「さらさら鳴る」に由来するという。 ・雌雄異株で、葉が展開する前の4~5月に紐状の花が咲き、5~6月に熟す果実からはタンポポの種子のような綿毛が飛び立つ。 この綿毛をフランスでは「夏の雪」と呼び、中国では「柳絮(りゅうじょ)」という。 綿毛には褐色の種子が包まれている。 ・木炭が火薬の原料になるとされたため、軍の跡地等に大木が残る。 材は軽くて柔らかく、欧米では家具や楽器を作るのに使われるが、耐久性は乏しく、日本ではマッチの軸やチップ材、箱などの工芸品に使われる程度。 世界的にはパルプ用材としての利用が多く、材木としては北米産のイエローポプラ(モクレン科)としばしば混同される。 【育て方のポイント】 ・土質を選ばず、かなりの痩せ地でも育つが、 典型的な「陽樹」であり健全な生育には日照が欠かせない。 ・竹ぼうきを逆さに立てたような樹形に 育つのが普通。 幹からの芽吹きや根元からのヒコバエが多い。 枝は幹に寄り添うよう生じる。 間近で見ると雑然とした枝ぶりだが、個々の樹木をしみじみ鑑賞するような木ではなく、並木として全体の景観を鑑賞する。 ・根が浅いこと、病害虫に弱くて幹に空洞ができやすいことから、強風に弱い。 台風が毎年襲ってくるような土地に植えることは全くお勧めできない。 ・枝葉の多い落葉樹であり、落ち葉が滑りやすいことや小枝が散らばりやすいことなどから、樹下で草花を同時に楽しむような一般家庭には向かない。 郊外の広大な土地に植えるべきものである。 【ポプラに似ている木】 ・ 近年「ホワイトポプラ」と呼ばれるポプラの一種。 葉の裏側の白色が美しく、花材として使われ、ヨーロッパでは街路樹に用いる。 ・ ・.

次の

クワガタが集まる木はクヌギだけじゃない?この木も見落とさないで!

ポプラの木になる 歌詞

関係する人物 目黒俊治(創業者) 外部リンク 特記事項:財務数値は2018年2月期決算(2018年2月期) による。 その他の諸数値は2018年2月28日現在。 株式会社ポプラ(: POPLAR. , LTD. )は、に本社を置くのチェーンである。 を中心に・・・・・に展開している。 なお、四国については2015年2月に一度は撤退していたが(詳細は後節の「」を参照)2019年8月1日に愛媛県に生名店を開店し再進出した。 第一部上場企業。 概要 [ ] 元々は、広島市にあった小さな酒類卸商がルーツだった。 1974年(昭和49年)にコンビニ業態に変更した。 1976年(昭和51年)4月20日に資本金200万円で 株式会社ポプラを設立。 地場系チェーンから全国チェーンへの脱却を目指してを推進し、酒類卸商を中心に多数の子会社を傘下に収めるが、近年は(および子会社の解散)を立て続けに行い(2004年度から現在までに約100社を吸収合併)、ポプラ本体への事業集約を進めている。 店舗数は業界9位で全国的な知名度は決して高くないが、に限れば店舗数や規模などは三大チェーン(、、)に次ぐ位置づけとなっており、コンビニでの料金収納代行サービスを行うによる店舗数統計 によれば、2017年(平成29年)3月末時点で、岡山県を除く中国4県ではいずれも4位となっている。 また、1990年代前半に九州で手広く展開を図った際、CMに福岡県出身のを起用し、「やっぱ九州のコンビニはポプラやね」というフレーズが九州で浸透した。 2010年(平成22年)には鮎川出演のラジオCMが第49回福岡広告協会賞の銅賞に選出されている。 他のコンビニチェーンと比べて出店形態が多様で、オフィス・ホテル・病院・交通機関拠点への出店を積極的に推進したり、・と的な業務提携を行って各組合の店舗を「ポプラ」ブランドでリニューアルするなどの特徴がある(後述)。 近年では地元である中国地方に密着したキャンペーンを行っており、山陰地方のプロスポーツチームとのコラボ店舗の開店、広島を舞台にしたアニメ『』とのタイアップキャンペーン 、広島県と観光振興などの情報発信に関する連携協定を結ぶなどしている。 社訓は「お客様第一」。 社名・店名の由来は、植物の「」と「 popular 」を掛け合わせたもの。 沿革 [ ]• 1974年(昭和49年)12月 - 創業者・がポプラ1号店となる流川店(広島市中区)をオープン。 1976年(昭和51年)• 4月20日 - 法人化し、資本金200万円で 株式会社ポプラを設立 (広島市中区銀山町14番17号)。 目黒俊治が初代の代表取締役社長に就任。 7月 - 「弁当・惣菜の製造販売」を主たる事業目的として、広島市西区小河内町に株式会社弁当のポプラを設立。 1983年(昭和58年)• この年、HOT弁当の販売を開始。 10月5日 - 1号店となる本浦店(広島市南区)をオープン(現存せず)。 1991年(平成3年)• 3月 - 全店POSシステム導入。 9月 - 株式会社弁当のポプラを吸収合併。 5月 - 中国地方で初めて(NTT)と電話料金収納業務契約を締結、全店舗で電話料金収納代行業務を開始。 1992年(平成4年)• 7月 - トップマート株式会社を吸収合併。 12月 - ポプラ物流サービス株式会社を設立。 1993年(平成5年)• 5月 - 本社新社屋が完成、本社部門及び営業部門を広島市安佐北区安佐町大字久地665番地1に移転。 10月 - 第200号店を開店(山口県徳山市 徳山駅前店)。 1994年(平成6年)4月 - 事業部門として株式会社ファーストを設立。 1995年(平成7年)• この年、と電気料金収納業務契約を締結、全店舗で電気料金収納代行業務を開始。 5月 - 九州地区への弁当供給を目的として、福岡工場を設置。 1996年(平成8年)• 2月 - 製造部門を再度分離し、ポプラフーズ株式会社を設立。 4月 - 第400号店を開店(福岡市西区 周船寺店)。 11月 - 相良酒造株式会社に増資し、ポプラ酒類販売株式会社に商号変更。 1997年(平成9年)• 2月 - 第500号店を開店(鳥取県米子市 米子角盤町店)。 12月 - 四国地区本部設立。 1998年(平成10年)• 2月 - 大手のから、株式会社ハイ・リテイル・システム(店名:生活彩家)を買収。 4月 - 大手のから、パスコリテール株式会社(店名:)を買収し、株式会社関東ポプラに商号変更。 1999年(平成11年)2月5日 - 株式を店頭(現・)登録。 2000年(平成12年)• 2月1日 - 市場第2部へ上場。 4月10日 - 株式会社ポプラドットコムを設立。 2001年(平成13年)• 2月1日 - ポプラフーズ株式会社、ポプラ物流サービス株式会社、ポプラ酒類販売株式会社他5社を吸収合併。 3月30日 - 食品商社の三友小網(現・)から、株式会社ジャイロ(店名:くらしハウス)を買収。 2002年(平成14年)2月1日 - 株式会社ポプラドットコムを吸収合併。 2003年(平成15年)• 2月1日 - 株式会社関東ポプラを吸収合併。 4月15日 - 全店舗でクオカードの取扱い開始。 5月21日 - 株式会社ヒロマルチェーン(店名:スリーエイト)、エフジーマイチャミー株式会社(店名)を買収。 8月1日 - 東京証券取引所市場第1部へ指定替え。 8月9日 - 高速道路上における初の店舗として(上下線共用)にポプラはわい道の駅店を出店。 9月22日 - 広島地区の店舗において(広島市)と共同でイーネットATM展開開始。 2004年(平成16年)• 5月24日 - (千葉県)の子会社FA24とエリアフランチャイズ契約締結。 9月1日 株式会社ジャイロを吸収合併。 11月12日 - 株式会社チックタックシステムズ(店名:)、を買収。 2005年(平成17年)• 1月20日 - 株式会社と系列におけるCVSの実験及びセルフ給油所売店(店名:プリテール)への商品供給実験を行う基本合意を締結。 4月20日より商品供給を開始。 10月1日 - 株式会社が株式会社ファーストを吸収合併し、株式会社ポプラの適用関連会社となる。 11月1日 - 株式会社ヒロマルチェーンの。 商品供給部門としてヒロマルチェーンV事業本部を新設。 同社はとなったのち、12月7日に吸収合併。 12月13日 - 株式会社チックタックシステムズ、北陸ホットスパー株式会社を吸収合併。 2006年(平成18年)2月23日 - 埼玉県(現・)にバリアフリーコンビニ「ポプラ パラッツォ鳩ヶ谷店」(現在のポプラ鳩ヶ谷駅前店)開店。 2007年(平成19年)• 9月23日 - ハイウェイ彩家1号店として(上り線)に玉名PA(上り)店を出店。 高速道路上の店舗としてはポプラ道の駅はわい店()に次いで2番目となる。 9月30日 - 株式会社ハイ・リテイル・システムを吸収合併。 2008年(平成20年)5月29日 - 創業者で代表取締役会長の目黒俊治氏が代表取締役会長に、娘婿で専務執行役員社長室室長のが2代目の代表取締役社長に就任。 2009年(平成21年)• 8月1日 - 広島市内の一部店舗にて、WAONの取扱い開始。 9月7日 - のの取扱いを開始。 2010年(平成22年)• 4月27日 - 株式会社(中区)が展開している無人レンタル機「GEO BOX」を2店舗(1番町店 千代田区 、南柏西口店)にて開始。 5月24日 - 島根県、鳥取県においてと共同でイーネットATM展開開始。 7月6日 - 株式会社との業務提携を発表。 7月8日 - コンビニエンスストアとドラッグストアの融合店舗、ポプラ&シモカワ熊本清水本町店を出店。 7月23日 - ヒグチ産業()と業務提携し、ポプラヨーロッパ通り店()にて医薬品の販売開始。 2011年(平成23年)• 2月23日 - コニカミノルタホールディングス(現・)の事業所内売店「コニカミノルタショップ」への商品供給を開始。 4月1日 - 駅構内に生活彩家を2店舗(千里中央店、門真店)出店。 9月5日 - 株式会社ツルハホールディングスとの業務提携解消を発表。 2012年(平成24年)• 6月22日 - とのコラボレーション店舗開店。 7月12日 - 大阪市営地下鉄北エリア駅売店運営事業者に決定。 8月31日 - 一部店舗にて電子マネーiD、WAON決済の取扱い開始。 9月19日 - 大阪市営地下鉄東梅田駅構内に「ポプラ東梅田駅売店南店」開店。 10月22日 - 山陰地区で移動販売車営業開始。 2013年(平成25年)• 2月21日 - J2(当時)ガイナーレ鳥取のユニフォームスポンサーに決定。 2月22日 - 初の離島への出店、合わせて長崎県出店第1号店となる「ポプラ壱岐郷ノ浦店」開店• 3月20日 - bjリーグ島根スサノオマジックとのコラボレーション店舗開店。 4月1日 - クレジットカード決済、電子マネーチャージサービス開始。 10月1日 - iTunesカード等のPOSA式の販売を開始。 10月4日 - bjリーグ島根スサノオマジックのスポンサーに決定。 11月11日 - 電子マネー「ごうぎんデュプリ」のサービス開始(山陰限定)。 11月28日 - 株式会社へのフランチャイズ加盟に向けた基本合意締結。 ポプラ傘下の5店舗を直営化した上でザグザグのFC店とする予定。 12月20日 - 100円均一商材導入開始。 2014年(平成26年)• 3月14日 - アークランドサービス(現・)へのフランチャイズ加盟契約を締結。 とんかつ専門店「」事業開始(既存コンビニを転換)。 4月2日 - 「楽天チェック」のサービス開始。 10月1日 - の展開する共通ポイントカード「」を導入。 12月8日 - と資本業務提携契約締結。 2015年(平成27年)• その他「生活彩家」と「」の間で商品調達・物流面で連携することも発表された。 2016年(平成28年)• 8月4日 - ローソンとの共同運営本格化のための契約を締結。 ローソン側は、9月をめどに新会社・を設立(9月1日付)。 同時に、ローソン山陰の株式29. 2017年(平成29年)• 2月28日 - 業界初のレジ抽選くじ レジロッタリー キャンペーン開始。 4月12日 - キャッシュバックアプリCASHb導入。 4月17日 - Twitter・Facebookの公式アカウント開設。 6月1日 - 彩家カフェ導入を発表。 9月11日 - 行政サービス対応マルチコピー機導入を発表。 2020年夏までに全国465店舗への設置が完了予定。 12月5日 - Gotcha! mallに参画。 2018年(平成30年)• 6月27日 - 中部地区進出1号店『生活彩家 愛知大学豊橋キャンパス店』開店。 10月25日 - ポプラ岡山工場が日本食品衛生協会 協会会長表彰 優良施設賞受賞。 12月13日 - バーコード決済サービス開始。 12月20日 - 株式会社との業務提携を発表。 2018年(平成30年)• 3月4日 - ポプラ博多駅前店内にお酒の美術館オープン。 3月5日 - e-Giftサービス開始。 3月7日 - 無人AIレジ「ワンダーレジ」設置によるセルフレジ実験開始を発表。 9月10日 - 目黒真司が代表取締役社長を辞任。 同日付で代表取締役会長の目黒俊治が代表取締役社長を兼任。 マイチャミー [ ] マイチャミーとは、かつてを中心に展開していた。 エフジーマイチャミー株式会社による運営であったが、2003年5月に ポプラに買収された。 その後マイチャミーはポプラに転換され消滅。 旧運営法人のエフジーマイチャミーも休眠会社となっていたが、2008年8月にポプラグループの不動産管理事業を担う「株式会社ポプラ企画」に商号変更し、現在も存続している。 特色 [ ] 製販一貫体制 [ ] 他のコンビニチェーンが総菜類の製造や卸・配送を別会社に委託している事例が多いのに対し、ポプラでは自社による米飯・惣菜の製造、加盟店への卸、配送の一貫体制を採用している。 これは、ポプラが元々夜間に営業する店としてスタートしており、創業当時は夜間に販売できる弁当を製造できる業者がなく、安定して弁当や総菜を供給するために自社製造につながったものである。 医薬品販売 [ ] 店舗内に()を併設している店舗が複数存在する。 傘下のをはじめ、「ドラッグストアシモカワ」や「」などが店舗内の一角に販売コーナーを構える形で設けられており、通常のコンビニエンスストアでは販売できない、第2類と第3類に分類されるを販売している。 これらの販売にはまたはによるカウンセリングが必要となるため、販売時間帯は限られている。 また、店舗に薬局が隣接している(同一店舗となっていない)店舗も存在している。 これは製販一括などによるローコストオペレーションにより実現したという。 ただし、「最低補償金」制度はない。 中途解約に伴うが発生しないのも特徴である。 ATM [ ] としてをグループの一部店舗で設置。 ただし、イーネットサービスエリア内でもATM未設置店が多く存在し(大分県だけは全店舗で未設置)、ATM設置はポプラグループ全店の約4割にとどまる。 また、その他の金融機関の店舗外ATMを併設(コンビニの敷地内に別途設置)しているケースもある。 一時、広島の一部生活彩家にはを設置する店舗も存在した。 プリペイドカード・電子決済・バーコード決済 [ ] ポプラ、生活彩家、くらしハウスでは()が使用可能となっている。 ポプラはまた、以下のを導入している。 - 2005年(平成17年)11月1日からポプラグループ全店で導入。 後述のように、2014年10月1日からはも存在する。 - 2009年8月に広島市内7店舗にて試験導入 、試験導入店舗を拡大の上、POSシステムの更新 に併せて2012年10月末までに全店舗に導入。 WAON導入はコンビニ業界においてミニストップ・ファミリーマートに次いで3番目の全店舗導入となる。 - POSシステムの更新 に併せて2012年10月末までに全店舗に導入。 - 2013年4月1日より導入。 交通系電子マネー - 以前は関東の一部店舗で電子マネー「」が、関西の一部店舗で電子マネー「」が、福岡市内の一部店舗で電子マネー「」が利用可能となっていた。 POSシステムの更新 に併せて2012年10月末までに全店舗に導入 され、関東はPASMO(主導)、九州はSUGOCA、それ以外の地域はICOCAがベースとなっている。 2013年4月1日より各種交通系電子マネーの現金によるチャージが可能となった。 なお、については「生活彩家モノウェル」(各駅の店舗)のみ利用可能となっており、チャージはできない。 (過去には大阪市営地下鉄(現 の駅構内店舗でも利用可能であったが全店舗とも閉店している。 跡地のローソンは当社との提携店舗ではない。 クレジットカード - 2013年4月1日より導入。 楽天ペイ - 2018年12月13日より導入• PayPay - 2018年12月13日より導入• d払い - 2018年12月13日より導入• LINE Pay - 2019年3月12日より導入• Origami Pay - 2019年3月12日より導入2020年4月28日サービス終了 ポイントカード [ ] 2014年10月1日にの共通ポイントカード「」を導入した。 ポプラグループで申し込むとオリジナルデザインのカード(ポイント単体型カードのほか、楽天Edy搭載型カードも発行している)を発行されるが、ポイント単体型の発行には手数料100円がかかる(ただし、会員登録すれば、手数料分は楽天ポイントとして還元される)。 一体型は、税込315円で販売されている(こちらは、ポイント還元はない)。 プロパーの白い楽天ポイントカードも併せて配布しており、こちらは無料となっている。 なお、「」の店舗は、と同じく・を採用しているため、楽天ポイントカードの対象外(楽天Edyで決済した際に付加されるポイントは、通常通り付与される)。 ポイント付与及び利用に関わる会員登録は、楽天のサイトにポイントカード(または、ポプラ Edy-楽天ポイントカード)の番号を登録する形を取っているが、のやののような、自社サイトにも重複してログインの登録を行う必要はない。 独自の商品 [ ] 弁当 [ ] ポプラが他のコンビニと大きく違う点は、のシステムである。 一般にコンビニの弁当はとおかずがパック詰めされ冷蔵されたものが陳列されているが、ポプラの「HOT弁当」(愛称:ポプ弁)はおかずのみが入った(ご飯の部分が空になっている)弁当が陳列されており、弁当購入時に店舗内で炊いたご飯(通称:店炊きご飯、のを使用)を後から詰めるスタイルをとっている。 大半の店舗で(もしくは)が付くのも特徴。 HOT弁当にはやもあり、カレー(もしくは丼の具)をレンジで加熱し、食べるときに客が自分で封を切って(店舗で詰めた)ご飯にかけることになる。 1983年の発売開始当初は店舗内に厨房設備を設け、ご飯とおかずをすべて店舗内で調理する方法をとっていたが、品質や盛り付けが安定しないため、おかずのみ工場で一括調理してご飯のみを店舗で詰める方式に変わったという。 現在ではおかずも店内で調理した「できたて弁当」(揚げたておかず+店炊きご飯)の販売も一部の店舗で行っている。 HOT弁当は通常でも男性の茶碗約1杯半に相当する250gのご飯が詰められるが、ご飯後詰めの利点を生かしてご飯を大盛り・小盛りにすることもできる。 また、ご飯だけの販売も行っており、ご飯が足りなくなった近隣飲食店の緊急用としても重宝がられている。 地域によっては通常のHOT弁当だけでなく、ボリュームと価格を抑えた「ライト」、「小」も販売している。 それぞれご飯が200g、150gついてくる(「ライト」はご飯の大盛りも可能)。 なお、他のコンビニ同様の、ご飯があらかじめ入っている弁当(「ライスイン」と呼んでいる)も販売されている。 主になどの味付けご飯、あるいはやなど、ご飯に手を加えられているものがこのスタイルで販売されている。 また、HOT弁当はかつては「ポプラ」全店に加え「ハイウェイ彩家」および一部の「生活彩家」店舗でのみという販売形態だったが、現在では一部の「ポプラ」店舗での取り扱いがないなど、店名ごとの差はなくなりつつある(取り扱いの有無は店舗検索で参照可能)。 弁当コーナーの、ざる蕎麦は、出雲そばであったが、中国地方の地場コンビニならではの商品企画である。 プライベートブランド [ ]• おにぎりのは「おむすび日和」。 関東の店舗では2020年頃から「おむすび日和」の銘柄が表示されなくなった。 PBパンのオリジナルブランドは「彩家ベーカリー」。 以前は「ベーカリーストリート」。 2011年から一部地域で、合成着色料・イーストフードフリーの新ライン「ベーカリーストリート・スマイル」を展開していた。 デザート類では「彩家スイーツ」。 かつては「hitotema」だった。 なお彩家とあるが彩家ベーカリー、彩家スイーツ共に生活彩家以外のポプラグループ店舗でも取り扱っている。 その他Pバーガー(低価格ハンバーガー)やPドッグ(ホットドッグ)・ポプナゲ(チキンナゲット)がある。 ローソンと業務資本提携を結んでいるため、一部のローソンセレクトを販売している。 以前は100円菓子のオリジナルブランドとして「くつろぎ選菓」があったが、2014年にローソンと業務資本提携を結んだ影響で、2015年には珍味を除いて同社のPB菓子「おやつごろ。 」に統一された。 そのご「おやつごろ。 」は「ローソンセレクト」に統一された。 提供サービス [ ]• は基本的に置いていない。 FAXはコピー機にて送信が可能。 宅配便はの及びメール便・宅急便受取りサービスを取り扱っている。 お菓子の新商品の一部は他チェーンより1日早く販売している。 特定商品の値引きキャンペーン「グッドプライス応援団」を随時実施しているほか、定期的に割引クーポンキャンペーンを行っている。 (運営)と手を組み会員限定携帯電話を使用してのモバイルクーポンを実施。 ソーシャル・ネットワーキング・サービスも利用できる。 その他 [ ]• は製を使用。 2012年に第4世代のものに更新された。 2009年(平成21年)2月25日に一新した店舗ユニフォームはオンワード商事(グループ)との共同開発。 看板の照明を蛍光灯からLEDに変更された店舗では、看板のデザインが白基調となっていたり、赤地に「ポプラ」の文字が白で縁取りされた赤色になっているなど異なっている。 店舗 [ ] 店舗名 [ ] ポプラグループでは相次ぐ買収により、複数の店舗名でコンビニを展開している。 ドンチッチに関しては現在は通常のポプラの一店舗として営業している。 (店舗数は2020年4月末時点) 画像 特徴 『ポプラ』 中国地方を中心に各地で展開。 上述した通り、元々は広島を発祥とするコンビニチェーンである。 小型店のポプラpalもある。 404店舗中220店舗。 (画像はポプラ姫路日赤前店 現在は閉店 ) 『生活彩家』(せいかつさいか) 元々はグループのコンビニであった。 通常のポプラより高級志向の店舗となっており、生活彩家のみ取り扱いの商品もある。 かつて路地での出店が多かったが、現在は駅や病院など施設内での出店が多い。 東京や各地の都市部を中心に展開。 404店舗中173店舗。 (画像は生活彩家鶴見駅西口店) 『ハイウェイ彩家』(ハイウェイさいか) の・に展開。 404店舗中1店舗。 (画像はハイウェイ彩家玉名PA 上り 店 現在は閉店 ) 『くらしハウス』 近畿地方などに展開。 404店舗中2店舗。 (画像はくらしハウス我孫子北口店 現在は閉店 ) 『スリーエイト』 関東地方南部を中心に展開。 元々は、1980年代前半に首都圏の元FC店のオーナーたちの主導で設立された地場コンビニチェーン。 設立当初の加盟店は、セブン-イレブンの極めて強力な本部指導の方式による加盟店側の自由度・裁量が全く無いシステムや、高率のの過酷さに不満を持って脱退した、酒小売店転換型の元セブン-イレブンFC店が中心であった。 仕入れは基本的に加盟店が自由に行うことができ、本部に支払うロイヤリティも少額であるなど、スリーエイトはタイプのコンビニエンスストアであり、セブン-イレブンを反面教師としたシステムであった。 そのためスリーエイトは形通りのコンビニエンスストアというよりは、「コンビニ向け商品も取り扱う酒小売店」という雰囲気を持つ店舗が多い。 2003年に店舗運営の考え方やシステムが比較的似ているポプラに半ば合流する形で買収された。 旧運営会社のヒロマルチェーン(の系列)はスリーエイトの他にも酒類を主力とした小売店を展開していたが、ポプラの店舗としては扱われていないものの、これらの店舗にもポプラが一部商品を供給している。 404店舗中8店舗。 (画像はスリーエイト行田店) 『ドンチッチ』( ) 系「」のタイアップ店舗として2000年4月に東京都の前に一店舗のみ開店。 通常のコンビニ店舗としての営業のほか、番組企画による実験商品の販売なども行っていた。 番組そのものが2クールで終わった後も長い間ドンチッチの名で運営していたが、「ポプラ ドンチッチ市ヶ谷店」に改称、営業を継続している。 2007年にリニューアルされ、外装や看板はポプラ標準のものに変えられたが、店員の制服がポプラの通常の物と異なる、店のドアにドンチッチのロゴが残っている等、他の店舗との違いがみられる。 (画像は改装前のドンチッチ市ヶ谷店) 店舗タイプ [ ] S・Kタイプの店舗は全て売上制度をとっている。 ポプラグループの店舗• Sタイプ - 競争力強化型の大型コンビニエンスストアで、全て直営店である。 都市型 - 広い店舗面積を有し、化粧品・衣料品・弁当・書籍の品揃えが充実している(店舗名:ポプラ・生活彩家)。 住宅立地型 - 広い店舗面積を有し、弁当・雑貨・書籍の品揃えが充実している(店舗名:ポプラ)。 型 - 広い店舗面積と大型駐車場を有し、休憩施設や食事ができるイートインスペースを設置している。 化粧品・衣料品・弁当・雑貨・書籍の品揃えが充実している(店舗名:ポプラ・ハイウェイ彩家)。 Rタイプ - 通常のコンビニエンスストアの形態(店舗名:ポプラ・ポプラpal・生活彩家・くらしハウス・スリーエイト・ヒロマルチェーン・ドンチッチ)。 Kタイプ - ・・・・交通機関の施設()などに出店(店舗名:ポプラ・ポプラpal・生活彩家・スリーエイト)。 ポプラグループ以外の店舗• Vタイプ - ・のうち小規模な店舗、または・・鉄道駅・などにある小規模な売店などに対して、ポプラグループから商品供給のみを受ける(「」を参照のこと)。 150店以上。 店舗展開 [ ] 関東地方・北陸地方・関西地方・中国地方・九州地方(北部九州)の1都2府19県に461店舗(2018年2月末現在)を展開している。 2016年2月末時点では島根県(53店舗)・鳥取県(42店舗)も有力なエリアであったが、両県内の多くの店舗と山口県の1店舗を、2016年11月4日より、順次、ダブルブランド店「ローソン・ポプラ」へ移行した 結果、店舗数を大幅に選らしている。 かつては四国地方(香川県と愛媛県)にも展開していたが、2015年2月6日に綾南町陶店(香川県)が閉店したのを最後に完全撤退 した。 ただし、離島店舗としてはにのに出店している(ポプラ生名店)。 中小チェーン(スリーエイト・くらしハウス・マイチャミー・など)の相次ぐ買収により店舗数を増やしていたが、近年は売り上げの不振から店舗のスクラップアンドビルドを進めており、不採算の直営店を中心に閉店する一方で、通常の出店形態より、安定した売上が見込める公共施設内等の特殊立地に出店する場合が多く、これら施設の既存の売店を転換する事例がよく見られ、ポプラの特色の一つとなっている。 この方針についてはポプラ側も出店時のニュースリリースで「ポプラでは、これからも特殊立地施設内の店舗やホテル内ショップ・病院や高速道路、PAなどの様々な立地への出店を推進してまいります」と表明している。 2018年6月には新たに愛知県豊橋市に出店し、中京地区に進出した。 今後30店舗出店する予定である。 特徴のある店舗 [ ] 前述のとおり、ポプラは総店舗数に比べて特殊立地施設内など立地条件に特色のある店舗が多い。 店舗名の前のアルファベット S・R・K は店舗タイプを示す。 SA・PA・道の駅 [ ] ・併設の店舗(はわいSAを除く)では、防止のため、酒類は販売されていない。 また、はわいSA・道の駅ポート赤碕・宍道湖SA・道の駅さくらの里きすきを除くすべての店舗にATMが設置されている。 なお、(NEXCO西日本SHD)の展開した『ハイウェイ彩家』の多くの店舗は2018年3月31日をもってフランチャイズ契約が終了している(翌月ににリブランド )。 S ハイウェイ彩家白鳥PA下り店(兵庫県) - E2 (下り線)内。 リブランド済み。 S ポプラはわい道の駅店(鳥取県) - E9 (道の駅はわい、上下線共用)内。 高速道路上の1号店であり、同店の実績が2007年以降に出店しているハイウェイ彩家に反映された。 ただし、はわいSAはNEXCO西日本SHDの運営ではない(国土交通省中国地方整備局管内)ため、店舗は現在もポプラ名で運営されている。 S ポプラポート赤碕店(鳥取県東伯郡) - 内。 S ポプラきすき道の駅店(島根県) - 内。 S ハイウェイ彩家宍道湖SA(上り)店(島根県) - E9 山陰自動車道(上り線)内。 S ハイウェイ彩家奥屋PA(上り)店(広島県) - E2 山陽自動車道(上り線)内。 リブランド済み。 S ハイウェイ彩家沼田PA(下り)店(広島県) - E2 山陽自動車道(下り線)内。 S ポプラ高田インター店(広島県) - 内。 S 生活彩家ソレーネ周南店(山口県) - 内。 S ハイウェイ彩家玉名PA(上り)店(熊本県) - E3 (上り線)内。 リブランド済み。 交通機関の施設 [ ] 出雲三成駅 ポプラ仁多三成店 現在は閉店• K 生活彩家グランメルシー日比谷店(東京都) -。 K 生活彩家秋葉原駅前店(東京都千代田区) - の駅ビル「」1階。 K 生活彩家後楽園駅ビル店(東京都) - (東京メトロ)・の「メトロM後楽園」地下1階。 K 生活彩家船堀店(東京都) - 内。 K ポプラ新高島平駅前店(東京都) - 内。 K 生活彩家都営本八幡駅前店(千葉県) - 地下1階コンコース。 K 生活彩家上大岡駅ビル店(神奈川県) - (京急)・ の駅ビル「」商業棟の本館1階。 K ポプラ東梅田駅売店南店() -。 同店を皮切りに、とのフランチャイズ契約により、大阪市営地下鉄の北部エリア各駅の一部の売店が、順次ポプラへの転換が進められていた(を含む南部エリアについては、が担当)が、2017年にポプラ・ファミマともフランチャイズ期間満了のため契約終了(以後は全域でローソンのフランチャイジーに転換)。 の子会社が運営していた「モノウェル」を生活彩家ブランドとしたもので、での支払いに対応する。 K 生活彩家アンスリー天下茶屋店(大阪府) - 構内。 南海グループの展開していた「」を生活彩家ブランドとしたものだが、看板表記は「アンスリー」のまま(他にも同様の転換店舗が複数あり)。 K 生活彩家岡山空港店(岡山県) - 国内線到着ロビー1階。 K ポプラ米子空港ターミナル店(鳥取県) - 1階。 2017年1月9日をもって閉店し、2月10日にが出店。 K ポプラ八頭郡家駅店(鳥取県) - (JR西日本)・ 内• K ポプラ仁多三成店(島根県) - JR西日本 内。 2016年9月19日をもって閉店。 なお、への出店を計画し国土交通省が2016年8月1日に実施した入札にて落札者となったが、国交省側との意見の食い違いから2016年9月5日に出店辞退している。 官公署 [ ]• K 生活彩家九段南1丁目店(東京都) - 九段合同庁舎の10階。 酒類の販売はない。 K くらしハウスNF家庭裁判所店(東京都千代田区) - 内。 K 生活彩家青少年総合センター店(東京都) - 青少年総合センター内。 K 生活彩家目黒区役所店(東京都) - の本館1階。 K 生活彩家文京シビックセンター店(東京都) - の1階。 既に閉店し、現在はが出店。 K ポプラ立川市役所店(東京都) - 新庁舎の1階。 K ポプラ立川拘置所店(東京都立川市) - 内。 K 生活彩家町田市役所店(東京都) - の1階。 2018年1月26日に閉店し、同年4月にが出店。 K 生活彩家横須賀市役所店(神奈川県) - 横須賀市本庁舎の3号館1階。 K 生活彩家小田原市役所店(神奈川県) - の7階。 K 生活彩家平塚市役所店(神奈川県) - の新庁舎2階。 K ポプラ秦野戸川公園店(神奈川県) - 内。 K 生活彩家千葉市役所店(千葉県) - の地下1階。 K 生活彩家松戸市役所店(千葉県) - の地下1階。 K ポプラ千葉CCプラザ店(千葉県) - 内。 K 生活彩家さいたま市役所店(埼玉県) - の地下1階。 K 生活彩家戸田市役所店(埼玉県) - の地下1階。 K 生活彩家県活センター店(埼玉県) - 埼玉県県民活動総合センター内。 既に閉店し、現在はが出店。 以前はが出店していた時期もあった。 K 生活彩家富山市役所店(富山県) - の1階。 K 生活彩家堺市役所店(大阪府) - の本館地下1階。 K 生活彩家伊丹市役所店(兵庫県) - の地下1階。 K 生活彩家岡山県庁店(岡山県) - の1階。 K 生活彩家広島合同庁舎店(広島県) - 内。 K 生活彩家広島市役所店(広島県) - 内。 K 生活彩家周南市役所店(山口県) - 内。 自衛隊施設 [ ] 第一術科学校店 いずれも自衛隊員向けの福祉厚生施設で、自衛隊関係者以外の利用は出来ない。 そのため、ポプラの店舗検索からも除外されている。 K ポプラ府中基地店(東京都) - 内。 K ポプラ座間駐屯地店(神奈川県) - 陸上自衛隊内• K 生活彩家松戸駐屯地店(千葉県) - 陸上自衛隊内• K ポプラ小松基地店(石川県) - 内。 K ポプラ金沢駐屯地店(石川県) - 陸上自衛隊内• K ポプラ信太山駐屯地店() - 陸上自衛隊内。 K ポプラ大津駐屯地店(滋賀県) - 陸上自衛隊内。 K ポプラ海田市駐屯地店(広島県) - 陸上自衛隊内。 K ポプラ第1術科学校店(広島県) - 内。 施設見学の民間人も利用できる。 K ポプラ山口駐屯地店(山口県) - 陸上自衛隊内。 K ポプラ大津駐屯地店(滋賀県) - 陸上自衛隊内。 K ポプラ別府駐屯地店(大分県) - 陸上自衛隊内。 事業所内店舗 [ ] 事業所の売店を転換したもので、大半の店舗では一般客の利用は出来ない。 K 生活彩家新生銀行本店(東京都) - 本店(日本橋室町野村ビル)21階。 K ポプラ東京団地倉庫店(東京都) - 葛西事業所内。 K 生活彩家QCS東京スカイゲート店(東京都) - 内。 K 生活彩家富士通川崎店(神奈川県) - 川崎工場内、裏門付近売店エリア。 K ポプラ横須賀・YRP店(神奈川県) - 内。 K ポプラDPL相模原店(神奈川県) - 内。 K 生活彩家理化学横浜研究所店(神奈川県) - 横浜研究所内。 K 生活彩家JDI茂原店(千葉県) - 茂原工場内。 K ポプラプロロジス川島店(埼玉県) - パーク川島5階。 K 生活彩家MFLP茨木店(大阪府) - ロジスティックパーク茨木内。 K 生活彩家クボタ本社売店他全10店舗 事業所内。 K 生活彩家神田造船所店(広島県) - 事業所内。 その他の店舗 [ ]• R ポプラ鳩ヶ谷駅前店(埼玉県) - タイプのポプラ1号店としてオープン。 通路を広く、商品陳列棚も高齢者や車いす利用者が取りやすくするために低くしている。 また、談話できる休憩スペースや、高齢者・車いす利用者・乳幼児同伴利用者でも利用しやすい「だれでもトイレ」も備わっている。 調剤薬局が隣接している。 K 生活彩家青少年総合センター店(東京都) - の宿泊D棟1Fに所在。 関連グッズも販売している。 K ポプラ八王子サービスステーション(東京都) - ガソリンスタンドをベースにレンタカーサービスも伴わせた店舗。 R ポプラヨーロッパ通り店(大阪府) - との提携店舗。 店内に薬ヒグチポプラ店(2010年開店)を併設している。 2014年5月8日のリニューアルで直営のハイセンス100円ショップ「ポプラ・センプレヴェルデ」をビルドイン。 K ポプラボートレース住之江店(大阪府大阪市) - 内。 S ポプラ総社インター店(岡山県) - 店舗内に100円ショップ「」のコーナーが併設されている。 ダイソーコーナーの前はイートインだった。 R ポプラ吉備高原都市パーティーズ店(岡山県) - 内。 店内はグリーンが基調でデザインされており、ガイナーレ鳥取のロゴや『』のイラストが入る。 また、ガイナーレ鳥取のオフィシャルグッズの販売や、選手のサイン入りユニフォームが展示されている。 売上の一部がガイナーレ鳥取の支援金となる。 なお、ポプラは2013 - 2014年のガイナーレ鳥取のユニフォームスポンサーであった。 R ポプラ名和富長店(鳥取県) - 移動販売車『おまかせポプラ号』管轄店舗。 R ポプラ由良駅前店(鳥取県) - スーパー跡地を利用した複合店舗。 R ポプラAコープ大山店(鳥取県西伯郡大山町) - の子会社が運営していた大山店を大型コンビニにリニューアルした店舗。 現在はYショップに転換。 R ポプラ津和野店(島根県) - 津和野町の景観条例に対応した店舗で、瓦葺の屋根に看板も緑を基調とした外観が特徴。 R ポプラ流川店(広島県) - ポプラの1号店として現存。 K 生活彩家マリーナホップ店(広島県広島市) - 内。 K ポプラパル宮島口店(広島県) - 併設の「パルボート宮島」1階。 R ポプラ見島店(山口県) - 萩市の離島・の直売所を改装。 (JA山口県)がフランチャイジーとして運営。。 K ポプラペラボート福岡店(福岡県) - 併設の外向発売所「ペラボート福岡」1階。 包括連携協定 [ ] 鳥取県• - 2010年(平成22年)11月4日に「災害時の物資供給及び、防災活動の協力に関する協定」を締結。 - 2011年(平成23年)6月3日に「災害時における物資供給及び防災活動への協力に関する協定」を締結。 島根県• - 2011年(平成23年)6月30日に「災害時における物資供給及び防災活動への協力に関する協定」を締結。 - 2015年(平成27年)8月10日に締結。 岡山県• - 2015年(平成27年)3月16日に締結。 広島県• - 2019年(平成31年)3月13日に包括連携協定を締結。 山口県• - 2018年(平成30年)10月18日に「災害時における物資供給等に関する協定」を締結。 主な関連会社 [ ]• 大黒屋食品株式会社 - 完全子会社。 珍味卸売業。 株式会社 - 完全子会社。 ドラッグストア経営。 ポプラ保険サービス有限会社 - 完全子会社(73. 損害保険代理業。 株式会社ポプラ企画 - 完全子会社。 不動産管理業。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 草創期のライバル企業であった「いしづち」(を発祥として、西日本各地に点在。 チェーン本部は廃業したものの、一部の店舗が個人営業で存続している )も「ナイトショップ」と名乗っている。 ただし、これは「SMBCファイナンスサービスの収納代行を扱う店舗数」であるため、必ずしもコンビニの総店舗数に一致するとは限らない事に留意のこと。 『』に関しては、2011年(平成23年)放送のテレビアニメ第1期『たまゆら〜hitotose〜』でポプラとコラボしたが、2013年(平成25年)放送の第2期『たまゆら〜もあぐれっしぶ〜』ではコラボ先を同業他社のに変更。 2015年(平成27年)公開の劇場版『たまゆら〜卒業写真〜』(第1部「芽-きざし-」)にて再びポプラとコラボしている。 このうち、山口県は、たまがわ店(、島根県境近く)のみ。 設立の経緯については、関根十九光著『セブンイレブン残酷物語』(エール出版、1983年)に詳しい記述がある。 出典 [ ]• 514• 佐藤きよあき 2015年7月15日. 2020年5月4日閲覧。 SMBCファイナンスサービス. 2018年3月27日閲覧。 日本経済新聞 2014年10月1日• 日本経済新聞 2016年8月4日• 四国新聞2015年1月21日 [ ]• 日本経済新聞2017年5月20日• - 国土交通省関東地方整備局東京国道事務所• 2015年8月11日. 2015年8月16日閲覧。 [ ]• 2015年3月16日. 2015年5月7日閲覧。 広報資料・プレスリリースなど一次資料 [ ]• - 株式会社ポプラ2018年5月• PDF プレスリリース , 株式会社ポプラ, 2013年11月28日 , 2014年5月17日閲覧。 PDF プレスリリース , 株式会社ポプラ, 2014年3月14日 , 2014年5月17日閲覧。 PDF プレスリリース , 株式会社ポプラ, 2014年9月30日 , 2015年1月27日閲覧。 - ポプラ 2014年12月8日• PDF プレスリリース , 株式会社ポプラ, 2015年9月18日 , 2016年11月3日閲覧。 PDF プレスリリース , 株式会社ポプラ, 2015年9月18日 , 2016年11月3日閲覧。 PDF プレスリリース , 株式会社ポプラ, 2015年10月19日 , 2016年11月3日閲覧。 PDF プレスリリース , 株式会社ポプラ, 2015年11月18日 , 2016年11月3日閲覧。 株式会社ローソン ニュースリリース. 2016年8月4日. 2016年11月3日閲覧。 PDF プレスリリース , 株式会社ポプラ, 2016年8月4日 , 2016年11月3日閲覧。 株式会社ローソン ニュースリリース. 2016年9月6日. 2016年11月3日閲覧。 PDF プレスリリース , 株式会社ポプラ, 2016年9月6日 , 2016年11月3日閲覧。 PDF プレスリリース , 株式会社ポプラ, 2016年11月1日 , 2016年11月3日閲覧。 株式会社ローソン ニュースリリース. 2016年11月1日. 2016年11月3日閲覧。 - ポプラニュースリリース2009年7月23日• - ポプラニュースリリース2013年3月22日• - ポプラ公式サイト内• - ポプラニュースリリース2009年2月18日• - ポプラニュースリリース2019年8月1日• - ポプラニュースリリース2012年4月5日• - ポプラニュースリリース2018年6月26日• 米子空港ビル株式会社 2017年2月10日. 2017年2月10日閲覧。 - ポプラニュースリリース2014年5月8日• - ポプラニュースリリース2012年6月22日• - ポプラニュースリリース2013年2月21日• - ポプラニュースリリース2020年4月4日• 県民生活部 県民生活交通課 2015年3月16日. 2015年5月7日閲覧。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - 主人公のハチベエが経営しているコンビニがポプラ。 - の漫画。 作中にポプラによく似たコンビニ「ボクラ」が登場する。 外部リンク [ ]• - 閉鎖。。

次の