ウォー ゾーン ソロ。 誰でも無料で楽しめる「コール オブ デューティ ウォーゾーン」が3月11日に登場 — 全てのニュース — Blizzard ニュース

Call of Duty Warzone 攻略 wiki

ウォー ゾーン ソロ

バトルロイヤルゲームに求めるものはなにか。 eスポーツ(競技)であることか? いいや、違う。 最初はスリルやロマンを求めていたはずだ。 私たちは映画『バトル・ロワイアル』や『ハンガー・ゲーム』のようなデスゲームがやりたかったんだ。 ゲームの世界でぐらい、殺し合いのスリルを味わいたいだろう? 実際にプレイしなくても、ストリーマーを応援している様子なんて、まるで現代に生まれたコロシアムのようだ。 ものすごいロマンがあるじゃないか。 『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア』に追加されたバトルロイヤルモード「ウォーゾーン」は、そんなスリルやロマンを追い求める人にピッタリだ。 「またバトルロイヤルか」と思う人も多いだろう。 だがしかし、本作は独自路線を進んだ。 本作ならではの要素によってデスゲームらしさが高まっていて、既存のゲームとはまた違ったおもしろさを提供している。 このモードのプレイ人数は最大150人と多くてカオスだ。 キャッシュ(お金)を集めていく要素もデスゲームらしさがある。 死んでしまっても強制収容所に送られ、そこでのタイマンに勝てば復活できるなんてルールもある。 一体、誰がこんなルールを考えたのだろうか。 本編『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア』はリアル路線を進んだが、「ウォーゾーン」では完全にデスゲーム作品の世界になっている。 なお、本モードは単独タイトル『コール オブ デューティ ウォーゾーン』(以下、タイトルは「ウォーゾーン」とする)として、ゲーム本編を所持していないプレイヤー向けにも基本無料で配信された。 この記事ではファーストインプレッションとして、「ウォーゾーン」のデスゲーム要素を紹介していこう。 デスゲーム要素その1:最大150人でカオスすぎる戦場 デスゲーム要素の説明に入る前に、すこしだけ「ウォーゾーン」の概要やルールの説明をしておく。 「ウォーゾーン」には普通の「BATTLE ROYALE」モードとリスポーンありの「PLUNDER」モードがある。 PLUNDERモードについてものちほど触れるが、この記事では基本的にBATTLE ROYALEの内容について書いていくことにする。 BATTLE ROYALEは150人のプレイヤーがパラシュートでマップに降り立ち、装備を現地調達しながら最後の1チームを目指すモードだ。 現状ではソロプレイはなく、3人スクワッドのモードのみになっている。 150人のプレイヤーが降下していく姿からは、ちょっとした狂気を感じられる。 ほかの有名なバトルロイヤルゲームの例を挙げると、PUBGや『フォートナイト』は最大100人でやるゲームで、『Apex Legends』は最大60人になっている。 一方で、「ウォーゾーン」は最大150人だ。 これによってなにが起こるかというと、当然ながら周囲が敵だらけになる。 プレイ人数の多さと後述するリスポーン要素により、敵だらけの状況はゲーム序盤だけにはならず、中盤から後半まで敵だらけの状態が続く。 リスポーンしてきた敵がパラシュート降下して、いつの間にか目の前にいるなんてこともある。 ほかのバトルロイヤルゲームであれば、装備がある程度そろったなら戦闘を避けていくのが定石になるだろう。 突然、上空からヘリを奪いにくる敵がきたシーン。 カオス。 だがしかし、ビクビクしながら人数が減っていくのを待つのが本当にデスゲームと言えるのかという話だ。 「ウォーゾーン」では常に敵がいて戦闘状態になる。 スリルのある、真のデスゲームが楽しめるのだ。 だが、リスポーンなどの要素も含めると、ここまでデスゲームらしさがある作品はほかにはないはずだ。 デスゲーム要素その2:死んだら強制収容所に送られる 自分の体力が0になってしまうとダウンし、チームメイトから救ってもらえなければ死んでしまう。 ここまでは普通のバトルロイヤルゲームだ。 「ウォーゾーン」では死亡したプレイヤーは強制収容所に送られる。 その後、強制収容所に送られたプレイヤー同士の1vs1バトルが始まり、これに勝利するとリスポーンが可能だ。 強制収容所を経由してのリスポーンはゲーム中1回だけとなる。 リスポーンの要素は『Apex Legends』にもあり、それに。 だが、それはチームメイトに助けてもらうことで復活できるものだ。 「ウォーゾーン」では自分の実力で復活できる。 自分の実力で復活でき、しかもそれがデスゲームらしさのある要素になっている作品を筆者はほかには知らない。 筆者がフレンドと遊んでいる動画。 強制収容所でのタイマンは上から観戦でき、ボイスチャットをしながらだと盛り上がる。 デスゲーム要素その3:お金の要素があり、それで人が生き返る バトルロイヤルゲームは戦場で物資を現地調達していくジャンルだ。 弾薬や武器などを集めていくのが基本だが、「ウォーゾーン」ではそれに加えてキャッシュ(お金)の要素がある。 武器などに混ざってキャッシュが落ちていて、それを集めていくことでキルストリークなどが購入できるわけだ。 ポイントはキャッシュでチームメイトを蘇生できることだ。 人の価値をお金で決めてしまう世界で、人を生き返らせるために人を殺していくのだ。 デスゲーム作品のような熱い展開になること間違いなしだろう。 「購入ステーション」にて、さまざまな装備が購入できる。 本作での人の価値は4500ドル。 また、お金のほかにもマップ内には「契約」と呼ばれるものが散らばっている。 これを拾うと、「特定の敵を排除する」などのミッションが発生する。 当然、達成すると報酬が得られる。 「ウォーゾーン」では人は生き残るために戦っているのではなく、欲望のために戦っているのかもしれない。 「契約」のミッションにはアイテムが入っているボックスをいくつか見つけるものや、特定エリアの確保、特定の敵の排除などがある。 デスゲーム要素その4:お金を一番集めたチームが勝つPLUNDERモード PLUNDERモードは30分1ゲームで行う、リスポーンに制限がないモードだ。 ルールとしては、キャッシュを一番集めたチームが勝利するモードになっている。 こちらは一般的なチームデスマッチに近い内容だが、金の亡者が勝つルールな点は本作らしいと言えるだろう。 ヘリに群がってキャッシュを積んでいく様子はなんともバカっぽいし、そこを襲うこともできる。 このモードに深みがあるかはまだわからないが、性格がおかしくなりそうな狂ったモードだ。 ちなみに、筆者の知人はこのモードのことを「カイジモード」と呼んでいた。 ワイワイとデスゲームが楽しめる、フレンドを誘ってプレイすべき作品 「ウォーゾーン」は最大150人が戦う、カオスなデスゲームが楽しめるバトルロイヤルだ。 発表とほぼ同時に配信されたところや3人スクワッドで戦う点など、『Apex Legends』から影響を受けているのは間違いないだろう。 しかし、本作のおもしろさはeスポーツのように発展した『Apex Legends』とは違う方向性になっていた。 バトルロイヤルゲームの歴史を考えると、このジャンルは映画化もされた小説『ハンガー・ゲーム』を真似した「ごっこ遊び」や映画『バトル・ロワイアル』の影響からきた部分がある(2018年のものだが、そのあたりはで触れている)。 そう考えると、「ウォーゾーン」でデスゲームらしさが強調されているのはジャンルの歴史を踏まえた進化と言えそうだ。

次の

コール オブ デューティ ウォーゾーン

ウォー ゾーン ソロ

ダース・モールの登場 ドライデン・ヴォスとのバトルで勝利したキーラ。 ハン・ソロはチューバッカを救うためにキーラをその場に残して外に向かいました。 その後、キーラはドライデン・ヴォスの指輪を取り、通信機器のスイッチを入れます。 するとホログラムでダース・モールが登場するのです。 ダース・モールはキーラに向かって「俺とお前はこれからはもっと近くで働くことになる」と意味深なことを告げます。 つまりキーラは前からダース・モールの手下として動かされていたことが分かります。 体を切られたダース・モールは建物の上からはるか下まで落下し、死んだと思われていました。 しかしこれまでのスターウォーズシリーズを見ても分かる通り、スターウォーズでは建物から落ちて死ぬジェダイ、またはシスは今まで一人もいませんでした。 ダース・モールも例外ではなく、彼もまた生き残ったのです。 実際、ダース・モールの生存についてスターウォーズコミックやTVアニメシリーズで伝えられており、彼は下半身にだけ機械をつけて半分サイボーグと化したのでした。 その様子は、本作のホログラムのダース・モールを注意して見てると分かります。 ダース・モールとキーラの関係 劇中では一見、キーラはドライデン・ヴォスのパートナーとして働いてきたような印象を与えますが、実は最初から彼女はドライデン・ヴォスではなくダース・モールの手下だったヒントがあります。 そのヒントとはキーラが身に着けているペンダントです。 ダース・モールもまた同じペンダントをつけていることから二人の深い関係性が見えてきますね。 実はこのペンダントは、犯罪シンジケート、クリムゾン・ドーンのシンボルです。 クリムゾン・ドーンといえばドライデン・ヴォスがリーダーとして紹介されていますが、実は裏で操っていたのはダース・モールだったのです。 ハン・ソロが向かう先、惑星タトゥイーンにあるもの トバイアス・ベケットとの決闘を得たハン・ソロはチューバッカに向かって惑星タトゥイーンに行くことを告げます。 というのもトバイアス・ベケットがその前に惑星タトゥイーンで大物のギャングが仲間を集めて大きな仕事をしようとしているといったことを話していたからです。 この大物ギャングとは他でもないジャバ・ザ・ハットです。 ハン・ソロのセリフからハン・ソロとチューバッカが続編でジャバ・ザ・ハットの下で働くことになるのはまず間違いないでしょう。 ジャバ・ザ・ハットと組むことにより、続編ではある図式が生まれそうです。 それはジャバ・ザ・ハット率いるハット・カルテル(ハット・クラン)VSダース・モール率いる犯罪組織クリムゾン・ドーン、またはシャドウ・コレクティブです。 そのうちの一つがハット・カルテル(ハット・クラン)です。 しかしながらハット・カルテルは強制的に加盟させられた経緯もあり、後にシャドウ・コレクティブを脱退することから続編ではダース・モールと対立するのではないかと考えられます。 ちなみに惑星ケセルで登場したギャングたちもまたシャドウ・コレクティブに加盟している犯罪組織パイク・シンジケートのメンバーです。 >> 関連記事 >> >> >> >> >> >>.

次の

PC版『CoD: ウォーゾーン』のフレームレートとおすすめゲーミングPC

ウォー ゾーン ソロ

発売元 シリーズ 人数 発売日 2020年3月10日 『 コール オブ デューティ ウォーゾーン』( Call of Duty:Warzone)は、2020年3月10日に配信された、、向けのの。 本作は2019年に発売された『』の一部であるが、プレイするにあたって同作を購入する必要はない。 Warzoneはとが開発し、が配信している。 本作は東部のを大まかに基にしている 架空の都市ヴェルダンスク(Verdansk)を舞台として150人のプレイヤー間でのオンラインマルチプレイヤー戦闘を可能にし、とクロスプログレッションに対応している。 ゲームには「Plunder」と「Battle Royale」の2つのモードがある。 このゲームはヴェルダンスクおよびその周辺の「購入ステーション」で使用される新しいゲーム内通貨システム「キャッシュ」を導入している。 キャッシュと交換でプレイヤーのカスタムクラスに制限付きでアクセスできる「ロードアウト」ドロップを使える。 プレイヤーはまた、キャッシュを使って「キルストリーク」やガスマスクなどのアイテムを購入することもできる。 配信開始時にWarzoneは3人のスクアッドでプレイできた。 ソロモードは1週間後の2020年3月17日に追加され、4人プレイヤーのクアッドは2020年4月8日にシーズン3アップデートの一部として実装された。 本作は批評家から概ね好意的な評価を受け、マップは明確な称賛を受けた。 2020年5月、アクティビジョンはWarzoneが最初の2か月で6000万ダウンロードを突破したことを発表した。 ゲームプレイ [ ] ゲームモード [ ] Warzoneには、「Battle Royale」「Plunder」の2つの主要なモードがある。 Battle Royaleは『』のようなゲームによって広まったジャンルであるが、「Plunder」はゲーム内通貨メカニズムに関連するWarzone特有のモードである。 『』(2018)の「Blackout」モードに続くフランチャイズで二作目となるバトルロイヤルをメインに据えた作品である一方で、ブラックオプス4とは異なり装備可能なガジェットへの依存を減らしており、その代わりに新しいゲーム内通貨「キャッシュ」の蓄積を促進している。 Warzoneは1試合で最大150人のプレイヤーをサポートするが、これは典型的な他のバトルロイヤル作品の最大100人プレイヤーを規模で超えている。 バトルロイヤルモードでは、他のバトルロイヤル作品と同様にプレイヤーは継続的に縮小するマップで争い最後の1人を目指す。 プレイヤーは大規模なゲームマップにパラシュートで降下してそこで他プレイヤーと戦っていくが、ゲームが進行しプレイヤーが排除されると、プレイ可能エリアが縮小し生き残っているプレイヤーはより狭いエリアに追い込まれる。 Warzoneでは、プレイ不可エリアは体力を減少させる緑色のガスで汚染されるため、プレイヤーが安全なプレイ可能エリアに戻らないと、最終的にガスによって死亡する。 他作品とは異なり、Warzoneは車両を特に重視しており、また新しい及びゲーム内通貨メカニズムを導入している。 パラシュートは制限されておらず、パラシュートを開き、切り離しを何回も空中で行える。 ローンチ時のゲームモードは最大3人プレイヤー(トリオ)までのチームをサポートしており、チームメンバーの補充を無効にするオプションがあった。 Infinity Wardは他にも様々なスクワッド数制限のテストに言及していた。 クワッド(4人プレイのスクワッド)とソロBRモードはその後のアップデートで追加され、デュオは後日実装されることが約束されていた。 Warzoneでのキャラクターの死亡は他作品のように必ずしもプレイヤーの敗北とは限らない。 代わりに、Warzoneはプレイヤーがさまざまな方法で利用できるリスポーンメカニズムを提供する。 死亡したプレイヤーは「強制収容所」に移送され、そこで同じく移送された他のプレイヤーと一対一の戦闘が行われ、勝者はゲームにリスポーンする。 ゲーム内通貨システムを使用して、他のリスポーン方法を利用できる。 強制収容所メカニズムによって復活しない場合、プレイヤーはゲーム内通貨を使用して、自分自身または他のプレイヤーのためにリスポーントークンを購入できる。 それに加えて、チームでマップに散らばる多量のキャッシュを捜索して100万ドルを貯める「Plunder」と呼ばれるゲームモードがある。 見つかると、ゲームは延長戦に突入し、すべてのキャッシュの合計が1. 5倍になり、時間切れの際に最も多くのキャッシュを集めたチームが勝者として宣言される。 このモードではプレイヤーは自動的にリスポーンする。 装備 [ ] 全てのプレイヤーは開始時にアタッチメント無しのX16ピストルを持っている。 プレイヤーはマップを探索して地上や指定された場所にある補給箱の中にあるアイテムを探すことで標準的なロードアウト(主武器・副武器、致死・戦術装備、フィールドアップグレード、キルストリーク)の全てのコンポーネントを入手することができる。 Warzoneのゲームモードならではの追加装備としてシールドプレートがあり、プレイヤーのインベントリに5つのシールドを持つことができ、そのうち3つは任意の時点で装着することができる。 プレイヤーはまた、様々な目的で利用できる購入ステーションで使えるキャッシュを取得できる。 モダン・ウォーフェアのマルチプレイヤーモードと共通のカスタムのロードアウトはランダムのロードアウトドロップ(または購入ステーションで購入)を用いて獲得できる。 Plunderでは通常のマルチプレイヤーモードと同様にカスタムのロードアウトでスポーンする。 発表と配信 [ ] Warzoneは2020年3月10日に配信されたが、前月には一連の不具合やゲーム情報の流出が起きていた。 配信1か月前に上にゲームの存在をリークする投稿がなされ、また同月に起きた一時的なソフトウェアの不具合により、プレイヤーはバトルマップの初期バージョンを見ることができた。 配信2日前の2020年3月8日、YouTubeの配信者Chaosは、未発表のWarzone作品のゲームプレイ特集と称した11分間の動画を公開した。 動画は削除され、3月9日にはWarzoneのパブリッシャーのアクティビジョンは、ゲームは3月10日に配信されると正式に発表した。 2020年3月11日、アクティビジョンは最初の24時間で600万人がWarzoneをダウンロードしたことを発表した。 4日後、1500万人以上がWarzoneをダウンロードしたことが明らかになった。 2020年5月5日、アクティビジョンはWarzoneが最初の2か月で6000万ダウンロードを突破したことを発表した。 10点中7点のレビューではマップの種類と規模を称賛し、「WarzoneはCall of Dutyのバトルロイヤルの第2作目となる素晴らしい試みであり、既存の方式に面白いひねりを加えて、ついに独自のアイデンティティを切り開くことに成功した。 本作の(勝てば)死から復活する手に汗握る強制収容所での決闘は試合に留まる方法を増やす一方で、ライバルの部隊を一掃した後も周囲の状況に注意を払うことを余儀なくさせる」と述べた。 はまた10点中7点と評価し、「Call of Duty Warzoneのベータは、即席の満足感の名の下に奥深さへの重大な譲歩がなされているにも関わらず、相変わらずじっくり楽しめる」と述べた。 注記と脚注 [ ] 注記• Snider 2020年3月10日. USA Today. 2020年3月11日閲覧。 Shchur, Michael 2020年3月29日. Ukrainian. Toronto Television YouTube. West, Josh 2020年3月10日. 2020年3月11日閲覧。 CNET. 2020年3月10日閲覧。 ArsTechnica. 2020年3月10日閲覧。 Washington Post. 2020年3月10日閲覧。 Dexerto. com. 2020年3月10日閲覧。 McWhertor, Michael 2020年4月10日. Polygon. 2020年4月21日閲覧。 2020年5月8日閲覧。 2020年5月7日閲覧。 2020年5月8日閲覧。 2020年5月8日閲覧。 2020年5月8日閲覧。 外部リンク [ ]•

次の