ぐるぐる 大 帝国 買取。 (埼玉県)ぐるぐる大帝国入間店5

ぐるぐる大帝国牛久店

ぐるぐる 大 帝国 買取

レビュー ぐるぐる大帝国館林店・・・。 関東地方に明るい 「お宝リサイクル」 のキャッチコピーのもと、大型お宝ショップメインに展開している のお店です。 以前より 強烈で香ばしいお宝ショップが群雄割拠していましたこの 群馬県。 そしてこの周辺は、4県 群馬県、栃木県、茨城県、埼玉県 の県境が交わり、手軽に隣県のお宝ショップが楽しめます、魅惑の地帯。 まさかの 群馬県館林市に新規オープンした時のオドロキ、これはよく覚えております。 現在もそうですが、当時この周辺には これだけの大型店も無かったので、オープン間もない時期に矢も楯もタマらずチェックへ。 しかし、お店で待ち受けていましたのは・・・、これもまさかの 撮影禁止 困惑。 とにかく画像がありませんと 魅惑の店内各所が・・・私 omemoの拙い文章力では思うようにお伝え出来ない為、 残念な思いでお店を後にしました。 この経験は現在に繋がり、取材方法を徐々に変えるきっかけにも。 いわば私 omemoの現在のスタイルに至った貴重な出来事、これを体験したお店でもあります。 今回は事前アポにてご快諾を頂き、満を喫して 群馬県館林市へ朝イチ出撃!。 久々の同地域特有の和やかなムード、これも堪能しつつ、お店へ順調に到着。 車を停め、早速 外観チェックへ。 外観詳細 外観は一分の隙も見られない、見事な までの 赤茶カラー。 現在の お宝ショップ的スタンダードカラーでキメられています。 その表記は 頼もしさの象徴?、お店上部には、 「24時間営業」・ 「買います」のフレーズが鎮座。 同じフレーズは、モチロンここにもアリ。 ロードサイドのこちらも 巨大過ぎる直立看板、これも健在。 周囲を圧倒する、その大きさ。 そして直下に配置された ぐるぐる大帝国表記。 裾野に広がる 駐車場、これもなかなかの広さ。 フルフラットですが、若干変則駐車位置もアリ。 夜間は充分ご注意を。 お店前面市道を挟んだ向かいにも 共用駐車場が存在。 ザックリ200台くらいは有してそうにも?。 道路側のお店サイド。 ここには唯一の オールドアメリカン看板が。 やっぱりひとつはコレがありませんとね。 他のお宝ショップと異なり、要所要所で様々なぐるぐる大帝国ロゴ、これがチラされています。 入店前からみっちりぐるぐる・・・。 出入り口周辺もモチロン魅せてくれます。 ツボを押さえた 何でも買います看板もキッチリあり。 ボリューム満点?、 巨大ドミノの様に各所配置された 買取強化 看板群も大きな特徴。 とにかくそこいら中にある様にも・・・。 そして、やっぱり?ぐるぐる大帝国グループと言えば、コレコレ!。 巨大怪獣オブジェ。 しかし現在同グループでも次第に姿を消し、今や超貴重。 ぐるぐる大帝国館林店では、周囲をウッドデッキで固めてより目立つ形に。 その周りを彩るのは、モチロン・・・ アレ?。 じわじわ お宝ショップに増殖し続ける、赤いモビ・・・ではなく、 コスモス!。 1台ながらの設置もその存在感は群を抜いてます。 今のガチャでは醸し出せない?この貫禄。 勇者な貴方は、入店前にノるかソるかの 運試しを。 コスモスの周りの小型ガチャ群も同テイスト。 出てくる景品、これは限りなく妖しく、そして胡散臭くが基本?。 出入り口左手角部、ここが 買取処。 店内外どちらからでもアクセスが可能。 オドロキの 24時間買取査定対応の表記が!。 変わって出入り口右手には・・・、ここもオドロキ!、イートインスペースに。 これは見かけませんね。 取り急ぎチェック。 意外にシンプル・・・。 群馬県なだけに、 DEEPな っぽい仕様にしても面白いのかも。 そして肝心の? 店内出入り口。 お宝発見看板、そしてオレンジゲート。 やっぱりナニか感じる? ぐるぐる大帝国テイスト。 手前柱部周辺、ここがミソ。 公式HPのぐるぐる島がモチーフ?密林チックな装飾に、ビシバシ付けられた木ぎれ。 このフレーズを読むのが、また楽しい!!。 私 omemoが特に気に入ったのは、こんなのですとか・・・。 冒険感を出しつつ、しっかり地域最大をアピールしてましたり・・・。 ぐるぐる大帝国オリジナルキャラをふんだんにチョイス。 こんなアートもイイですね!。 オレンジゲート内、ココもとにかく賑やか。 陽気なハチャメチャ感、 そしてちょっぴり加わる 妖しさが絶妙にブレンド。 仁王像宜しく 某キャラ2体もニラミをキカせています。 入店前よりじっくり周囲各所を ぐるぐる?堪能したところで・・・、いよいよ 店内へ。 店内詳細 店内に一歩入っただけで瞬時に迫り来る! ぐるぐる大帝国ワールド。 この全力投球感、一気に引き込まれます。 はや新規オープンから3年とは・・・。 どこかほのぼのしている ぐるぐる大帝国キャラ達。 お店のムードと異なり、このマイルドさが、またイイ。 早速責任者さまへご挨拶へ。 店内で大流行中?の 謎の病・ぐるぐる病。 発症?を疑いつつチェック開始!。 ぐるぐる大帝国館林店 は、同グループ特有の陽気なハチャメチャ感、そして大小乱れ飛ぶフレーズと仕掛け、これに感嘆する店内でした。 売り場は 1Fと2F。 店内マップは、それぞれの階のエントランスで足元に 大型マップもありますが・・・。 やや隠れ気味なので、プリントされてある 紙製マップ、これをまず見るのが便利。 エントランスと 買取処にありました。 そんなワケで?まずは 買取処から。 自然採光が明るく清涼感すら・・・。 のヌイグルミもお出迎え。 買取処のカウンターにふと目をやりますと、そこには名刺サイズのお店の求人案内。 勿論頂きました 苦笑。 これは珍しくて斬新。 こちらの他に、2F古着カウンターでも古着小物専用買取処を完備。 夜間帯ではこちらがクローズしても、1Fレジで受付可能との事。 出入り口左手から早速 1Fカテゴリーを順に見て行きます。 まずは アミューズ。 お得要素も盛り沢山、同グループらしい造り。 その奥には パチ&スロコーナー。 ぐるぐる大帝国館林店も この本気のラインナップ。 最新台から レトロ台まで、とにかくツボを得たもの。 思わず私 omemoが唸ったのが、ココ。 このカウンター。 名機復活企画のアンケートとは!。 ユーザーのニーズを細かく汲み取るこの姿勢、素晴らしいですね。 その向かいは、まさに見たまんま? 駄菓子コーナーに。 レトロバラック調にしつらえられた外観、その名も ぐるぐる商店。 コーナー内は レトロムードを乱す様な ぐるぐるテイスト、これは抑えめ。 古きよき昭和の風情が見事に再現されています。 少し以前より 各地のお宝ショップでも見かける様になった 駄菓子詰め合わせ対応。 これも勿論アリ。 更に控えめに設置された、各所 うんちく看板の書き込み、これもイイ!。 その中には製作スタッフさまの体験談もあったり・・・。 これがあるだけで、より駄菓子にも、スタッフさまにも親しみ、そして共感が生まれるかと思います。 素晴らしいですね。 お陰様で私 omemoもうなずきつつ・・・すっかり見入ってしまいました。 そしてお次はコッテコテ?かつエネルギッシュな造り、これが吹き荒れる?ホビーコーナーに。 もはやここまでキテますと・・・、 そこにある全てのお宝アイテムがオールイチオシ商品扱い。 そんな気も?。 ありとあらゆるところに踊り狂う・・・もはや電波すら感じるコピー&フレーズ群。 ぐるぐる大帝国館林店もこのモノ凄さ。 マニアックアイテムも独立ショーケースで多数存在。 そこに書かれた 各種フレーズも秀逸。 そのお宝アイテムをユーザーが購入した時に想定される明るい未来。 これがサラリと示されています。 商品ボリュームは全く問題のないレベル。 キャパ的にも、まだまだ余裕。 通路も比較的ゆったり。 続くのは サバゲー&ミリタリーコーナー。 ホビーコーナーの一角で異彩を放っています。 ナニか目に付く・・・ なんでだろう?。 と、思っておりましたら気付きました。 中央の重厚なショーケース、ここが大きなツカミに。 シューティングレンジもコンパクトながら完備。 ここもアリそうで無かった? 装備フルセットのイメージマネキンも存在。 静かな迫力がありますね。 至近の トレカコーナー、 ここも当然らしさ炸裂。 賑やかさは当然、とにかく足元に夥しく鎮座する セットもの、ここに目が行きます。 ミニコンテナBOXにテンコ盛りで封入された、 トレカセットがわんさと。 これをゲットすれば、即日プレイが可能かも?。 ここまで堂々と、アピールする お宝ショップも非常に珍しいのが、 キッズコーナー。 ぐるぐる大帝国館林店に掛かれば、こんなにキャッチー。 これがあれば、こんなに便利!。 そうそう!と頷けるフレーズはここにも。 とにかくウマい。 いよいよ進んで 古本コミックは・・・!。 くわ~、と思わず感嘆しきり、この圧倒感。 セットコミックの広大な山脈が見渡す限り。 これも 非常に珍しい点、その迫力からよくあるのが、ただ単純に積まれている状況。 しかし、 ぐるぐる大帝国館林店は、ここさえも 明確なテーマを与えていました。 恐るべし。 単品コミックも整備され、ボリュームも大満足。 適所に ベンチもあり、また什器間も広めで 立ち&座り読み、どっちも快適。 そこに続くのがコーナー上部にデデんと意味深な看板が・・・。 その名も Fガールコーナー。 ここは一体・・・?。 早速踏み行って、ポップや商品を見てはじめて納得。 腐女子系グッズアイテムを一極集中したコーナーとは!。 オシャレにFガールなんですね。 とにかくジャンルやアイテム問わず、みっちりと各所で濃密なディスプレイ。 同人誌のBOXセットなんて初めてみました。 その横は・・・かなり意外と言えば意外?いきなりの極端なムードチェンジで面食らう? 食器コーナーが忽然と出現。 ある意味一服の清涼剤?。 ある意味このくらいのマイルドがちょうどイイ?、そのままズバリ ほりだし市。 語りかける様なタグの説明、結構好きです!、こういうの・・・。 向かいで始まるのは ゲームソフト&ハードコーナー。 ここは同グループの共通コンセプト? ぐるぐる島然のエキゾチックさ。 最新ソフト関連は元より、 ゲームハードもショーケースにズラズラ。 機種も多岐に亘ってボリュームも潤沢。 熱の高まりを各地でみせている レトロソフト関連。 そこはさずがの ぐるぐる大帝国館林店。 アーチ状の造りが目を引く、その名は ぐるぐるレトロ銀座。 特にスゴかったのが、このあたり。 各種レトロソフトがセットパッケージでこのラインナップ。 大人買いしたい衝動が・・・こう、ムクムクと・・・?。 当然あります ゲームプレイコーナー。 ベンチ仕様で周辺も広々リッチ。 ゆったりプレイが可能。 エスカレーター部を挟んで回り込むと、そこは メディアコーナー。 ここも目を見張る完成度の高さ、そしてこの本気っぷり。 どちらかと言うと元気のない造りも昨今数多くみてきただけに、この元気さ・・・とにかく頼もしい!。 イチイチここでも 冴えたフレーズが、小気味よく突きササる!。 テーマも各所で趣向が凝らされていますね。 年代別でのカテゴライズも、ちょっと面白い。 頭上にはすかさず?オリジナルキャラ勢揃い。 みんなでぐるぐる~ず。 求人案内もただでは済まない?!のが、 ぐるぐる大帝国。 でも見かけた 表彰状タイプも。 これはちょっと欲しい 苦笑。 中にはこんな ストレートなタイプも。 忘れがちですが、まさにその通り!。 シンプルながら真理をついてますね。 1Fだけでも既にぐるぐる・・・。 酩酊気味の私 omemo。 エレベーターを利用し、今度は2Fへ・・・。 2Fへ進む 吹き抜け部。 ここも一切手抜きナシ。 ムードも徐々にアガってくるってモンです。 2Fは古着関連をメインに、釣具、楽器、アウトドア&スポーツ、家電、アダルト。 プラスアミューズもあって、いいアクセントに。 まずはメインである 古着アパレルコーナー。 グっとムーディーに。 導入部は リッチな什器配置と緩急付けられた展開具合。 明確なテーマ性、これは各所ハッキリ。 アクセ、ウォッチ系も各所で独自ワールドが。 引き込まれますね。 ここにプラス、 ちょっとあったらイイな!と思う様な 一歩踏み込んだサービスも。 ベルト調整 サービス、これはイイ。 そこで見かけたのは、この トンデモオブジェ。 一見して目を引く、このインパクト。 場の空気も一変。 ディスプレイの美しさが光る ハット&キャップ群。 大きくシンプルなポップやコピーも 統一感を感じます。 奥手の 古着本丸部、ここもグループ各店同様とにかく完成度は高め。 先程と打って変わって ジャンル毎にクッキリ整備。 通路上部に吊り下げられた、大きめのジャンル表示。 迷う事なく気になるアイテム群へストレスフリーで直行可能。 そして一歩進めば、各所でバランスよく!かつセンスよく纏められた 魅惑のアイテムのディスプレイが楽しめます。 ここもポイント。 グループ各店で見られる、各所に設置されたコーデ指南と大型タグ。 とにかく見やすく、そして分かり易い。 スニーカーコーナー、ここは間口が一際大きめ。 更に什器に角度が付けられ、ざっと 大まかなアイテムが、スグに把握出来ます。 値付けもまた絶妙。 エスカレーター周りで、エレガントさを打ち出すレディースコーナー。 こちらもリッチなキャパでホワイト系が軸。 ガーリーに纏められています。 至近の アウトドア&釣具コーナー。 こちらはガラリ変化し、いわゆる 正調ぐるぐる大帝国テイストに 苦笑。 手前が 釣具関連、奥にかけては アウトドアスポーツアイテムが。 ウィンターアイテムも丁寧にディスプレイ。 スポーツコーナーは、少し離れたところでも絶賛展開中。 ストレート過ぎるコーナー名はズバリ? ぐるぐるスポーツ。 楽器コーナー、ここはコンパクトながら色気と仕掛けが満載。 美しいアイテムと特有のポップのコラボが存分に楽しめます。 ぐるぐる大帝国と言えば、こんな仕掛けのポップ。 これがあるのも大きな特徴。 情熱をビンビン感じる、吊りポップは、少し屈んで鑑賞したいものです。 ステージ風が格好いい試奏コーナーも存在。 ここは照明を強化して、ライブステージっぽく仕上げて見ても面白いかも知れませんね。 お店が注力中!と伺っておりました 家電コーナー。 なるほど、かなりの気合いの入り具合ですね、ここは・・・。 ありとあらゆるブツが、各所でゴロゴロ。 ガサりがい満点。 金ピカのシャンデリアに、ズキュン!。 心動きましたが、自制 苦笑。 この一角にある 意味深な鳥居装飾。 そこには良く見る、黒い暖簾・・・。 そうです、 アダルトコーナーの入り口に。 コーナー出入り口は、ここ以外にもう一箇所。 釣具コーナーの向かいに。 どこかで見たような?、そのアーチデザイン・・・。 そうそこは、 ぐるぐる一番街。 トイレは2Fのみ。 エスカレーターを上って、そのまま真っ直ぐ。 釣具コーナーと ぐるぐる一番街の間の通路奥。 商品持ち込みには注意です。 2Fレジ周りもテイスト全開。 イベント関連もお宝ショップ屈指のアツさ。 見かけたら即参加が吉。 いやー、 1F・2Fともまさに徹頭徹尾の ぐるぐる大帝国っぷり。 お店のムードに身を任せ、たっぷり堪能させて頂きました。

次の

(埼玉県)ぐるぐる大帝国入間店

ぐるぐる 大 帝国 買取

レビュー ぐるぐる大帝国入間店・・・。 最近のお宝ショップと言えば、フレッシュかつクリーン(でもない?)なお店ばかりなのが、現状・・・。 しかし!、このぐるぐる大帝国入間店は重厚かつ、黒すぎる?と表現してもイイ感じな漆黒の看板と、強烈なデカさを誇る 「買います」表記が、マニアな私 omemoのハートをがっちり掴んでくれます。 ・・・今回チェック時も、硬派過ぎる外観は特に変化はなく、ホッとひと安心。 いつもながら、平日の昼下がりでもビッチリと混み合った駐車場に車を止めて、正面入り口よりずずいと店内へ・・・。 全体的に大きな変化はありませんでしたが、のっけから始まっている?とも言わんばかりの独創的なワールドは、いつもながら圧倒されます。 他の お宝ショップグループと比べ、 トレジャー感を全面に押し出したお店造りは、各カテゴリーに設置された お手製の看板にも感じ取れますね。 今回目についた点と言えば、ホビーコーナー隣に新設されていたリサイクル家電コーナー。 液晶テレビをメインに家電製品が陳列され、状態等を表記するタグもかなり細かくてイイ感じでした。 ホビーコーナーは、いささか縮小傾向か?とも思われましたが、それでも通常のお宝ショップ平均以上の満足な商品量と言えます。 天井近くから足元にかけてもお宝アイテムが、ごろごろ転がっている箇所もありますので、店内探検は注意深く行いたいですね。 そして・・・、もはや、お約束!?とも言うべき・・・ ナゾの箱山積み(汗)。 ・・・わかっちゃいますが、罠にあえてハマリたくなる・・・こんな気分にさせてくれます(ニヤリ。 ぐるぐる大帝国入間店。 外観、商品量、価格帯とも私的には、今回も満足行くレベルなお店でした。 ・・・ただし、昨今の節電のご時勢だったため、店内が異様に暑く、今回は泣く泣く短時間で退店(大汗)。 次回は、涼しい時にチェックをしたいところかと。 使用されたい場合は、必ずご一報頂き、当方の許諾を行った後にてお願い申し上げます。 当方の無許可、及び感知していない掲載を行われました場合は、不本意ながら法人・個人を問わずに掲載使用料を請求させて頂く形にさせて頂きます。 当ブログの全てのコンテンツは、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

次の

‎「中古・買い取りのお宝リサイクル ぐるぐる大帝国 公式アプリ」をApp Storeで

ぐるぐる 大 帝国 買取

ぐるぐる大帝国結城店 基本データー 基本データー 内容 店名 ぐるぐる大帝国結城店 住所 〒307-0001:茨城県結城市結城8622-23 電話番号 0296-33-4910 FAX番号 現在調査中。 営業時間 24時間営業。 *2020年05月26日より。 *新型コロナウィルス感染症拡大防止に伴う対応、各種「お願い」あり。 特定曜日等の特殊営業時間 - 店休日 年中無休。 Pスペース 140台程?。 アクセス 電車の場合:JR水戸線 結城駅より徒歩20分程。 車の場合:東北自動車道 佐野藤岡ICより40分程。 公式ネットショップ - 買取情報 店頭チラシ、または公式ホームページを参照下さい。 茨城県、群馬県、埼玉県、東京都に5店 2019年02月現在。 ぐるぐる大帝国牛久店、ぐるぐる大帝国館林店、ぐるぐる大帝国入間店、ぐるぐる大帝国八王子店。 ハシゴチェック可能なお宝ショップの 有無 あり。 ガラクタ鑑定団小山総本店。 備考 トレジャー感がことさら際立つ、ぐるぐる大帝国グループのお宝ショップです。 乗換 ぐるぐる大帝国結城店の主な取扱いカテゴリー ぐるぐる大帝国結城店の強めのカテゴリー ぐるぐる大帝国結城店の簡易レビュー 国道50号線 結城バイパス 沿いの比較的に開けた場所で分かりやすく、横に長い店舗とバックに筑波山を従えた?ソソり建つ看板が印象的です。 お店入り口前の駐車場は狭めですので、お客さんの往来にも気をつけつつ駐車したいところ。 混み合っている場合は、お店裏側の駐車場をむりせず利用しましょう。 万代書店結城店時代より格段にパワーアップしたトレジャー感に満ちた陽気過ぎる店内様相は、他のお宝ショップのソレとは明らかに異なり、カラーの違いを楽しむ事が出来ます。 とにかくどのカテゴリーにおいても商品ボリュームは文句なしですが、コーナー周りがかなり狭めな箇所多数の為、混雑時においては店内移動、お宝チェックともども注意が必要です。 これにプラスし、ぐるぐる大帝国グループ特有のアオリポップや大型看板が各カテゴリー周りをガッチリ固めていますので、息付く暇もなく?店内を楽しくみて廻る事が出来ると思います。 どこも強力ですが、やはりパチスロコーナーのスゴさは群を抜いていますね。 ぐるぐる大帝国結城店の詳細レビューへのリンク チェック日:2007年09月 チェック日:2008年08月 チェック日:2009年06月 チェック日:2015年07月 【参照】:「万代書店&鑑定団&倉庫の全国制覇を目指すブログ」 最終チェック期:2015年07月) ぐるぐる大帝国結城店からハシゴチェックOK?なお宝ショップ 至近距離と言えます距離、車で15分程の栃木県小山市内には、別系列店の、少し距離はありますが、栃木県栃木市のガラクタ鑑定団栃木店へは車で40分ほど、栃木県佐野市の お宝ワールド佐野店へは車で50分ほどでハシゴチェックが可能です。 どちらも一般道経由となります。 また群馬県館林市には系列店のもあります。 こちらは60分ほどみておくべきでしょう。 ぐるぐる大帝国結城店と近隣お宝ショップとの位置関係 地図.

次の