スマブラ 確定コンボ。 【スマブラSP】ベレト/ベレスのコンボを実戦で使えるもののみ解説

スマブラの基本テクニック「掴み」の重要性と狙い方

スマブラ 確定コンボ

・記載している表はすべてトレーニングモードでマリオを相手とした時の数値です。 ・使用頻度とは、試合中にそのコンボを使う頻度のことでこの数値が高いほど重要かつ強力なコンボであることを表します。 ・トレーニングモードの仕様により、つながる%が正確に調べきれなかったコンボもあります。 ご了承ください。 ・数値などはあくまで参考です。 ご了承ください。 テリーの下強はリーチが短いため近距離戦でないと当てるのが難しい技ですが、後隙が短く発生が早いのでローリスクで積極的に触れる技です。 持続が長いわけではないので置き技としては使いにくいですが、ローリスクハイリターンな優秀な技となるので、どんどん振っていって良い技だと断言します。 下強を当ててから、どのコンボにつなげたいか考えながら使うとより強く使うことができるでしょう。 しかし、 リーチがかなり短く近づかないと当てられないので、リーチの長い相手や飛び道具キャラにはこのコンボを狙って差し込むというのはかなり難しいでしょう。 そのため、差し込みでこのコンボを使うのではなく、前述の暴れや相手の隙をついて使うのが主な使い方になります。 〆を弱下Bとわざわざ記載したのは、強下Bは移動距離が長くなるのでその間にずらされる可能性があるからです。 コマンドの有無は問いませんが、 強弱は弱にするようにしましょう。 弱2のキャンセル猶予は19Fまであり入力も簡単なので、序盤のダメージ稼ぎに使いやすいコンボです。 技ごとにキャンセル猶予Fが決まっており、そのF内に必殺技(コマンド有無どちらでも)の入力をすると、その技の残りの動作をキャンセルして必殺技を繰り出すという特徴です。 キャンセルできるのは必殺技でだけですよ! これによって、通常なら確定しないコンボが確定するようになるのです。 もちろんキャンセルできない技もあるので注意しましょう。 ほかには、 崖端で弱を当ててしまい下Bを打つと崖外に出てしまうときなんかにも使えます。 注意点などは先ほどの弱弱下Bと同じなので、それらに気を付けて使いましょう。 与えるダメージもかなり高いコンボなので、撃墜を狙えなくても使う価値はありますが、 ダメージを与えることを目的とするなら以下のコンボのほうが良いかもしれません。 そのため、 メテオなどによる早期撃墜は狙えませんが、序~中盤にダメージを稼ぐために使えたり、相手のダメージがたまっていればシンプルに撃墜を狙えたりします。 状況を判断して、空中から差し込むチャンスがあれば狙っていくとよいでしょう。 しかし、 横強を根元で当てる必要があり相手に近づく必要があるので、実際に使うのは少し難しいでしょう。 また、下Bは弱の方がずらされて途中で抜けられにくいです。 はじめに解説した弱弱下B(上B)のコンボと使いどころが似ているので、発生の違いと与えるダメージの違いを判断して使っていきましょう。 下強のリーチが意外と短いので、このコンボを当てるには終盤でも相手に近づかないといけないのが少し気になりますね。 テリーは近距離ファイターで、比較的近づきやすいファイターだから仕方ないのかもしれませんが、、。 テリーのダメージが100%を超えていないなら、上強からはこのコンボを狙うのがよいでしょう。 テリーのダメージが100%を超えて超必殺技が使える状態なら、次に解説する上強パワーゲイザーを狙いましょう。 始動技が上強なので、対空や着地狩りから狙えるのも強いポイントです。 上強を当てれたらパワーゲイザーにつなげて大ダメージ,撃墜を狙っていきましょう。 すみません。 何度か確定はしていたので、確定コンボではあります。 つながる%を正確に調べきれませんでしたが、 基本的に終盤に使うコンボで約90%くらいから撃墜を狙うことができます。 入力がかなり難しいのですが、実戦で使えるとかなり強いのでトレモで練習してみてください。 (その場合つながる%は少し狭まる) 相手に横強をベクトル変更されるとつながりにくくなりますが、横強のリーチを生かしてローリスクで使うことができるコンボです。 終盤は積極的に狙っていってもよいでしょう。 まとめ 今回は 「実戦で使えるテリーの確定コンボを15個解説」しました。 テリーを使っている方はもちろんですが、テリー対策をしている方もコンボルートを知ることでずらし方やベクトル変更について考えることができたのではないでしょうか。 テリーは難しい印象があるかもしれませんが、この機会にぜひ使ってみてください!.

次の

【スマブラSP】ヨッシーの確定コンボ・立ち回り攻略【コンボ動画】

スマブラ 確定コンボ

・記載している表はすべてトレーニングモードでマリオを相手とした時の数値です。 ・使用頻度とは、試合中にそのコンボを使う頻度のことでこの数値が高いほど重要かつ強力なコンボであることを表します。 ・トレーニングモードの仕様により、つながる%が正確に調べきれなかったコンボもあります。 ご了承ください。 ・下りながら空後を当てて(着地)、相手が飛んで行った方向に追いかけてつかみ。 ・下りながら空下を当てて(着地)、ジョーカーが向いている方向に相手が飛んでいくので追いかけてつかみ。 そもそもジョーカーの空中技はリスクの少ない技が多いため、これらのコンボ自体も比較的気軽に振れるものです。 中~近距離の差し込みで、積極的に使っていきましょう。 また 相手に空Nや空下をガードされた際は反撃されにくいよう、着地位置を前後にずらすと強いです。 空後はリーチギリギリで当てることで、反撃をもらいにくくなります。 DAはリーチが長いため、気持ち早めに出すと丁度いい。 つながる% 与える% 難易度 使用頻度 0~86% (反逆モード時はアルセーヌの攻撃を当てなければつながる) 最大18. このコンボを狙いに行くというよりは、差し込みで下り空Nが当たったけどつかみがつながらない%だ、というときに使うコンボです。 つながる% 与える% 難易度 使用頻度 0~3% (反逆モード時はDAがつながらない) 25. 空前からDAをつなげるのが難しいですが、 空前の後の急降下を入れるタイミングを覚えれば簡単なコンボになります。 つながる% 与える% 難易度 使用頻度 0~47% (反逆モード時も同じ) 最大15. 与えるダメージは少ないですが、操作が簡単でつながる%が広いです。 ダメージ稼ぎというよりは、着地狩りの展開を作りたいときに使いましょう。 その後また相手をつかみ、空上がつながらなくなるまで繰り返す。 つながる% 与える% 難易度 使用頻度 / (空上落としが入る高度なら何%でも 反逆モード時も同じ) 11. また少し難しいですが、 空前1段目からも空上落としループが入ります。 難易度が少し高いですが、 序~中盤の大きなダメージ源となる強力なコンボなので、ジョーカーを本格的に使おうというプレイヤーはマスターしておきたいですね。 ジョーカーのメインのダメージ源で、 序~中盤はこのコンボを積極的に狙いましょう。 以下の動画で空上落としループについて詳しく解説されているので、参考にしてみてください。 つながる% 与える% 難易度 使用頻度 0~29% (反逆モード時:0~19%) 最大16. 下強から上強はトレモの数値ではつながりませんが、実戦では意外と入ります。 また、低%なら上強から空上落としループにつなげることもできます。 (基本は単発空上で終わらせた方がローリスクです。 ) 上強を当てられるチャンスがあれば狙っていきましょう。 反逆モード時は技が変わるためつながらない。 その上Bから、空前や空上をつなげることができます。 空前は相手を横に吹っ飛ばしたいとき(ラインを回復したい、相手を崖外に出したいなど)に使い、空上は着地狩りの展開を作りたいときに使いましょう。 また%が低ければ、上Bから空上落としループをつなげることもできます。 つながる% 与える% 難易度 使用頻度 0~110% (反逆モード時:0~125%) 16. 急降下を入れたり入れなかったりしてジャスガされにくくするなど、工夫して使うとさらに強力なコンボになります。 つながる% 与える% 難易度 使用頻度 100~158% (反逆モード時:100~159%) 18. このコンボは撃墜できなくても復帰阻止展開を作ることができるので、 通常状態で空前一段を当てたときは上スマにつなげるよりこちらのコンボにつなげた方がリターンが高いです。 ファイターごとに撃墜%を調べるのはかなりの手間になるので、 空前一段上スマは撃墜を狙う、こちらの空前一段空上落とし下スマは崖端なら撃墜を狙う、ステージ中央なら復帰阻止展開を作るという風に使い分けると良いでしょう。 つながる% 与える% 難易度 使用頻度 0~72% 最大33. 操作も難しくないので、チャンスがあれば積極的に狙っていきましょう。 まとめ 今回は、 「ジョーカーの実践で使える確定コンボ」を紹介&解説しました。 空上落としループなどの火力が高くて派手なコンボをマスターするのも大切ですが、 それ以外のコンボもしっかりとできるようになっておくと、あらゆる状況から火力を稼ぐことができるようになります。 ジョーカーを使う時は、ぜひこの記事を参考にして練習してみてください!必ず上手く、強くなれるはずです! 加えて、コンボ以外の立ち回りなどの性能評価を知っておくとさらにジョーカーへの理解が深まります。 そういった「ジョーカーの性能評価」を以下の記事でまとめましたので、合わせて参考にしてください。

次の

【スマブラSP】ワリオの相性・立ち回り・おなら確定コンボ等を解説

スマブラ 確定コンボ

しかし、「ねむる」を外してしまうと大きな隙ができ、簡単に倒されてしまいます。 ですので、トレーニングモードなどで「ねむる」を当てる間隔をつかみ、コンボからの「ねむる」の当て方を学ぶことが大切です。 プリンは空中戦が得意 プリンは多段ジャンプが可能で、空中に長くとどまることができます。 そのため、空前連打で崖外への運び、空中攻撃コンボからの「ねむる」でバースト、空前からの「うたう」コンボなど、いろいろなコンボが空中攻撃スタートとなっています。 空中攻撃を地上にいる敵にも空中にいる敵にもあてられるように、しっかり練習しましょう! 復帰は横Bも絡めて プリンの横B、「はたく」は空中で使うと大きく横に移動できます。 それを復帰に使えばどんなにふっとばされてもステージまで帰ってくることが可能になります。 しかし、隙が大きく発生し簡単に追撃をくらってしまうので崖付近で使用するのは控えた方が良いでしょう。 プリンは多段ジャンプができるといっても、上Bで上昇するワザを持っていませんので復帰能力はあまり高くありません。 「はたく」を使いこなすことが初心者脱出の一つのポイントです。 プリンの参考動画 プリンのコンボ動画 スマホの方は再生ボタンを2回タップで動画を再生できます。

次の