愛想 意味。 「愛想を振りまく」は誤用? ビジネスパーソンは覚えておきたい「正しい言葉」10選

愛想が悪いの意味とは?愛想が悪い人の特徴・使い方・類語・反対語・英語

愛想 意味

愛想がない人の意味とは、話しかけても笑顔が全くなく、そっけない態度を貫いているような人のことです。 愛想がいい人は、いつもにこやかで多くの人と をしたりしますが、愛想がない人はその真逆で、特に誰とも接することはあまりありません。 むしろ愛想がないから周りの人が離れていったのかもしれませんね。 小さい頃から協調性を大事にしなければいけないと教えられてきましたが、なかなかそれが難しいと感じる人も実はたくさんいます。 では一体どうして愛想がないのでしょうか。 そこで今回は愛想がない人の特徴や心理についてご紹介していきますので、ぜひあなたに当てはまるものがあるかどうか確認しながらご覧ください。 【目次】• スポンサーリンク 愛想がない人の特徴や心理とは 挨拶をおざなりにする 人間のコミュニケーションの基本中の基本は挨拶ですが、愛想のない人にはこの挨拶をいいかげんにすませるという特徴があります。 たとえば、職場の同僚と、朝「おはようございます」の挨拶をするとしましょう。 一日の始まりの挨拶なのですから、できるだけ気持ちよく挨拶を交わしたいと思うのがふつうですが、その挨拶さえ省略してしまうことが少なくありません。 また、愛想の良い人は挨拶をするときには相手の顔をちゃんと見て、笑顔で「おはようございます」と言いますが、愛想のない人の挨拶は違います。 いやいや挨拶しているように見えるのが愛想のない人ですから、笑顔を見せるということはありません。 なんだが不機嫌そうな顔をしながら挨拶したり、無表情のまま、だるそうに挨拶するのが愛想のない人の特徴です。 笑顔を見せないだけでなく、相手の顔をちゃんと見ないで挨拶することも多くなると考えていいでしょう。 職場においてさえそうなのですから、相手がプライベートの友達の場合は、いっそう挨拶をいいかげんにしてしまいます。 友達から挨拶されても、無視することが少なくありません。 人と挨拶することに重きを置かず、おざなりにしてしまうというのが、愛想のない人の特徴ということになるでしょう。 スポンサーリンク 人を ことはなく、人から褒められても喜ばない ほとんどの人は、人をほめるということをするでしょう。 別に相手に取り入ろうとか、良く思われようという意識はなくても、相手に感心してほめるということは、ほとんどの人がしているに違いありません。 それは、人間関係を円滑にするためのテクニックでもあります。 ところが、愛想のない人は、そのように人をほめようとはしません。 お世辞ではなく、心から感心して自然に人をほめるということもないのです。 また、人からほめられても、それをすなおに喜びません。 人間、人からほめられれば気分がよくなるのがふつうでしょう。 愛想がない人も、うれしく感じることがないわけではありませんが、それをストレートに表現することをしないのです。 人からほめられて、内心気分がいいと感じていても、表情を変えなかったり、わざとつまらなそうな顔をして見せるのが、愛想のない人と言っていいでしょう。 照れ屋であるためそのような表情を見せるというケースもありますし、「どうせ相手はお世辞を言っているだけなんだろう」というひねくれた考えから、つまらなそうな顔をして見せるケースもあります。 いずれにしても、人をほめることがなく、人からほめられても喜ばないというのが、愛想のない人の特徴ということになるでしょう。 スポンサーリンク 人の話に同調しない 人と会話をしているとき、相手の話に同調しないというのも、愛想のない人の特徴です。 ふつうの人は、特に相手の話に強く共感することができなくても、相手と話を合わせて、「そうですよね」とか「自分もそうですよ」というように応えることがあるものでしょう。 愛想の良い人は特にそういうことをよくします。 そのように同調して見せることで、相手との関係を円滑にしようとするのが、普通の人のコミュニケーションと考えていいでしょう。 愛想のない人は違います。 人と会話をしていて、自分は相手とは違う意見を持っているとか、違う感じ方をしているという場合、相手に同調して見せるということはしません。 たとえ、相手が目上の人であっても、「自分はそう思わない」とか「そんなふうには感じられない」というように、自分の思うことをストレートに相手にぶつけるのです。 これでは相手との関係がぎくしゃくしたものになりかねませんが、愛想のない人はそんなことは気にしません。 相手に合わせようとする意識を持たないために、人と話をしているときに相手に同調しないというのが、愛想のない人の特徴ということになるでしょう。 スポンサーリンク 自分さえ良ければいいと考えている 愛想がない人というのは、どんな時でも「自分のことしか考えていない」「自分さえ良ければいい」という心理を持っています。 自分のことが最優先なので、笑顔で話しかけられても「今そういう気分じゃない」「さっき、嫌なことがあった」と、平気で素っ気ない態度を取ります。 素っ気なくされた相手の気持ちを全く考えずに、常に「自分がどうしたいか」しか考えないのです。 誰かにそれを注意されたとしても「私は他人に愛想良くしてほしいと思っていない」「私は素っ気なくされても嫌ではない」とあくまでも自分本位な言い訳をします。 このような心理になるのは、自分への愛情が強すぎるためと言えます。 小さい頃から周囲の人間に甘やかされ、チヤホヤされすぎた結果、他人を見下す悪いクセが付いてしまい、「私は自分のことだけを考えていればそれでいい」と、信じてしまった場合や、逆に家庭環境などが複雑で人に心を閉ざしてしまい、自分で自分のことを守らないといけないという意識が強すぎる場合にも、このような心理状態になりやすいです。 一見対照的な理由が原因になっていますが「正しく人に愛されたことがない」「人の愛し方がわからない」という、共通した心理経験が奥底にはあるのです。 スポンサーリンク 人を信用できない 愛想がない人は「愛想を振る舞うことに価値がない」と考えています。 なぜなら「人を信用できない」という心理を持っているので、本音と関係なく愛想良く対応できる人のことを偽善者のようにとらえています。 自分もそんな偽善者にならないためにも、愛想なんてなくて良いと思うのです。 こういった心理を持つ人は、常に物事を斜に構えてしまう特徴があるので、すぐに行動の裏側を探ろうとします。 このような心理になるのは、周囲の大人が同じような考え方をしていて影響された場合や、読んでいる本の影響、信じている人に裏切られた経験、反抗期をこじらせてしまったことが原因になっていることが多いです。 もっと人を信用してほしいと周囲の人が考えても、一度「人を信用できない」心理になってしまったら、なかなか心を開くことはできません。 これ以上、人間不信を加速させないように、決して嘘をついたりせずに、できる限り誠実に接することが重要です。 愛想がない人だからと「嫌なやつ」と思い、意地悪なことをしてしまうと、さらに「人を信用できない」と思わせてしまう原因になってしまい、人に対する不信感を募らせてしまいます。 スポンサーリンク 人間関係が煩わしいと考えている 愛想がない人は、「全ての人間関係が煩わしい」「一人の方が楽」という心理を持っています。 人間関係を煩わしいと思っているので、愛想を振る舞うことに何の価値も感じられないのです。 その上、できるだけ不必要な人間関係を持ちたくないと考えているので、愛想良くされることも嬉しいどころか「迷惑な行為」としか思えません。 むしろできるだけ愛想悪く対応して、「何この人?」と拒絶されたり「嫌な人間」と思われて嫌われた方が、人間関係が広がる可能性がなく、良いことだと考えます。 それでも仲が良いごく一部の人には愛想良く対応できることもあるのですが、特に初対面や馴れ馴れしい人に対しては、極端に冷たい態度を取ってしまいます。 これは「これ以上仲良くなりたくない」という、強い拒否の心理が働くためです。 こういった心理の奥底には、人間関係に対する強いトラウマが存在しています。 どんなに冷たい態度を取る人だとしても、実は本人には全く悪気が無く、過去の人間関係に対するトラウマが払拭できないために、自然と素っ気ない態度を取ってしまうことも少なくありません。 スポンサーリンク 職場で愛想がない人は仕事にも支障がでる いかがでしょうか。 愛想がない人の本当の心理はどうであれ、やはり周りの人からは疎まれる存在になりがちです。 特に多くのコミュニケーションを取って仕事をしていくような職場では、かなり厄介な人として認識されてしまうことでしょう。 愛想がないというだけであって、仕事に真面目だったりするなど態度で示すことができれば評価はそこまで落ちません。 しかし仕事への態度も悪く、愛想もないとしたらはっきり言って邪魔者です。 一人で完結する仕事というのは実はあまり多くなく、ほとんどの業務は多くの人と協力して支えあって行っていくものです。 仕事に充実感を覚えている人はやはりコミュニケーション能力が高く、愛想も良いのが特徴です。 もしかしたら愛想よくしているからこそ、他の人と仲良くなり、それがますます仕事の結果につながっているのかもしれません。 そうだとすれば、愛想がない人がやるべきなのは、まずは形から入ることです。 本当は愛想を振りまきたくないと思っていても、愛想がいいふりをしているだけで気分も変わってきます。 そして、最終的に周りの人が気にかけてくれるようになり最終的に仕事に中へとつながることでしょう。 また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「」もあわせて読んでみましょう。 きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

次の

「愛想笑い」とは?意味や使い方を解説

愛想 意味

「・・・(聞こえないふり)・・・」 こんなふうに会話でなんとなく使っている「 愛想」と「 愛嬌」いう言葉。 あなたは社会人として「 愛想・ 愛嬌の 意味の違いぐらいちゃんと説明できるよ!」と言えますか? それとも「あらためて意味って言われると・・・」となっていませんか? 今回はそんな自信のないあなたに。 まずは「 愛想」と「 愛嬌」の 意味の違いをさぐっていきましょう。 さらに「 ふりまく」「 つかされる」という言葉。 この言葉にくっつけて慣用句として使うのは「愛想」「愛嬌」どちらを使うのかもみていきましょう。 ちょっとヒントを。 慣用句は間違った使い方をみんながしているとどうなるのか。 なんと正しい使い方として認められていくんです。 愛想とは• 人に接するときに相手が心地よくなる態度• 人に対しての信頼・愛情 人に接するときには笑顔。 むすっとした顔より笑顔のほうが相手も心地よいですよね。 漢字 「愛」は「 人がせつなくなった形」+「 心」+「 足を引きずる」というう意味でできています。 心が残ったまま立ち去ろうとするが、なかなか足が進まない。 そんなドラマのワンシーンのようですね。 漢字の「想」は 相+心からできています。 「想」はお互いに向き合うこと。 そして「心」は「考え」ということです。 そんな「愛」と「想」からできた「愛想」。 心残りでなかなか立ち去れない相手に対する思い。 なかなか立ち去れない思いは自分自身の思いです。 愛嬌とは• 表情がにこやかで、かわいい感じがすること• ひょうきんなしぐさ• 相手に喜んでもらう言葉• ちょっとした座興(ざきょう) ちなみに座興とは、その場すぐにやる芸事や冗談のことです。 漢字 愛嬌はもともと仏教用語の「 愛敬相(あいぎょうそう)」からきています。 「愛敬相(あいぎょうそう)」とは 仏様の優しい穏やかなお顔のことを指しています。 さらに「あいぎょう」から「あいきょう」に読み方が変わってきました。 なので「かわいらしさ」の意味を持つ「嬌」の字があてられるようになり「愛嬌」になりました。 そしてそこから「愛嬌」は「にこやかや表情や、ひょうきんなしぐさ」の意味になったんです。 なのでもともと持っている性格と覚えましょう。 「 愛想」は 意識してふるまう行動、態度のこと• 「 愛嬌」は もともとその人が持っている性格、性質のこと 「愛想」は意識して意図的に行動しています。 それに対し「愛嬌」はもともとの性格なんです。 相手に喜んでもらう言葉やひょうきんなしぐさが自然とでてくるんです。 ここでは「愛想」と「愛嬌」の違いを見てきました。 それではもうちょっと深く言葉のことをみていきましょう。 ふりまく・つかされるのは愛想と愛嬌どっち? 愛想と愛嬌を使った慣用句があります。 その慣用句の一部の言葉「ふりまく」と「つかされる」 この2つの言葉につけて使うのは愛想と愛嬌どっちなんでしょう。 ふりまく それではあなたに問題です。 子どもがかわいいしぐさや、かわいい言葉を言ったとき。 慣用句は間違った使い方をみんながしているとどうなるのか。 なんと正しい使い方として認められていくんです。 こんなふうにヒントを出しています。 実際に誤用の「愛想をふりまく」の意味を検索してみると・・・ weblio辞書より 人に好かれる言動や人を喜ばせる言動を惜しみなく出すさま。 精一杯、人当たりのよい感じを演出するさま このようにきちんと意味がでてきます。 これは「愛想」と「愛嬌」の意味が同じような意味として使われるからなんです。 正しい使い方は「みんなに愛嬌をふりまく」です。 でも「愛想をふりまく」も完全に間違いとは言えません。 言葉は時代の流れとともに変わっていくときもあるんです。 つかされる ではあなたにつぎの問題です。 好意や信頼感がなくなった時に使う慣用句。 表情がにこやかで、かわいい感じがすること• ひょうきんなしぐさ• 相手に喜んでもらう言葉• ちょっとした座興(ざきょう) こうやって愛想と愛嬌の意味を見てみるとちょっと似ています。 なのでこの2つの言葉は間違えやすいんですね。 ふりまくのは「 愛嬌」です。 そして、 つかされるのは「 愛想」になります。 意識してふるまう動作は「 愛想」です。 もともと備わっているかわいいしぐさは「 愛嬌」になります。 間違わずに使うには意味を覚えることも大切です。 でも意識して行動するのが「愛想」。 そしてもともと備わっているのが「愛嬌」と覚えておくほうをおすすめします。 今回は以上です。 あなたのご参考になりましたら幸いです。 最後までお読みいただきありがとうございます。

次の

愛想笑いする人の心理10選!男性・女性別!疲れる時の対処法・意味も

愛想 意味

「愛想笑い」 愛想笑いというのは 「あいそわらい」と読みます。 お世辞の笑い、人の機嫌を取るための話題と言われており、愛想というのはにこやかで人付き合いの良いこと、人に寄せる愛情や行為を指しています。 つまり、人付き合いが良い証明をするため、あるいは人付き合いを悪くしないためにわざと微笑みかけるということであり、本当に笑っているとは限らないのです。 「愛想笑い」の意味 愛想笑いというのはあくまでもその場に応じて必要とされるスキルであり、本当は楽しいと思っていないにも関わらず、とりあえずにこやかにしておくという意味があります。 ビジネスのシーンなどでは、特に本当に楽しいと思わなかったとしても、とりあえずニコニコしておかなければいけないことがありますよね。 それをまさに愛想笑いというのです。 「愛想笑い」の言葉の使い方 愛想笑いはビジネスなどにも必要とされますが、円滑な人間関係を維持するためにも必要なものになります。 例えば近所の人と話をしているときに話が全然面白くないと思いながらも笑顔を見せているならば、それはまさに愛想笑いと言えるでしょう。 上司のジョークが全然面白くないのに、とりあえず愛想笑いをするという人もいるかもしれませんね。 「愛想笑い」を使った例文・短文 解釈 それならば、愛想笑いという言葉を使った文にはどのようなものがあるのでしょうか。 ここでは愛想笑いという表現を使った例文をいくつか紹介します。 「愛想笑い」の例文1 「上司のジョークがとても寒いのに、とりあえず愛想笑いをしなければいけないのが辛い」 寒いジョークをいう人の中には、それが寒いということに気づいていないことがあります。 ましてやもしもそれが上司のジョークであるならば、とりあえず笑っておかなければいけないということも珍しくありません。 しかし、寒いジョークに対して笑わなければいけないということ自体がストレスになることもありますよね。 その一方で、ビジネスにおいてはそのような愛想笑いが重要なのです。 「愛想笑い」の例文2 「本音で勝負してはいけないよ、愛想笑いも大切にしなさい」 新入社員が入ってきたとき、もしもその人が常に本音で勝負していた場合、場合によっては愛想笑いをしなさいと教えなければいけないこともあるかもしれません。 愛想笑いというのはビジネスを円滑にするためには非常に大切です。 面白くないからといって膨れた顔をしているわけにはいきませんし、愛想笑いをしてでも相手の話に合わせなければいけないことがあります。 新入社員教育の1つとして重要なポイントです。 「愛想笑い」の例文3 「彼女は近所の奥さんと話をする時、いつも愛想笑いをしている」 近所の人と立ち話をする時など愛想笑いをしなければいけないこともあるでしょう。 年齢などによってはどうしても逆らえない、話を止めることができない、という人もいます。 そんな時は必要に応じて愛想笑いをしながら近所付き合いを円滑にする努力をすることも大切です。 話に付き合わされる一方で面白くないと思ったとしても、少し笑顔でいるという努力が近所の関係を良くしてくれるのです。 「愛想笑い」の例文4 「あの人が愛想笑いをしているときは、すぐにわかる」 その一方で、愛想笑いをしているということが丸わかりな人もいます。 愛想笑いというのは本当に楽しいと思っているわけではない作り物の笑顔の事ですが、それが周りにばれてしまうと愛想笑いの意味がなくなってしまいます。 しかし、実は愛想笑いをしているときには目が笑っていない、口角が上がっていない、という人も少なくありません。 愛想笑いをするときにはそれが愛想笑いであるということがあまりわからないようにすることも大切です。

次の