仏壇 飾り 方。 お盆の仏壇飾り 飾り方は!お供えには

仏壇・仏具の基礎知識「お仏壇の飾り方(祀り方)」|お仏壇とは|仏壇・仏具|メモリアルアートの大野屋

仏壇 飾り 方

初めての方へ• プランと費用• 葬儀場を探す• 葬儀の知識• 本尊(ほんぞん) 仏教における信仰の中心となる仏を象った像。 宗派によって異なるが、本尊が仏壇の中心となる点は共通している。 掛け軸 菩薩などが描かれた掛け軸。 一般的に仏像は本尊の両脇に控える脇侍(菩薩や明王など)とセットになっているが、仏壇の場合は脇侍を掛け軸で代用する。 位牌 故人の戒名などが記された木版。 霊の依代とされる。 先祖代々受け継いでいる位牌があれば、1つの仏壇に複数の位牌を並べる場合もある。 火立(ひたて) ロウソクを立てるための台。 三具足(後ほど解説)の1つ。 花立(はなたて) 仏壇に供える花を立てるための台。 三具足の1つ。 香炉 香を入れて焚くための器。 古代インドの風習に由来する。 三具足の1つ。 上記の仏具のうち、火立・花立・香炉の3つを 三具足(さんぐそく)と呼びます。 三具足とは、仏壇を飾るための最も基本的な仏具のことです。 宗派によって微妙な違いはありますが、仏壇に最低限必要な仏具は、本尊と三具足であるとされています。 特別な法要などを行う場合は、花立と香炉を1対(2つ)ずつにした 五具足(ごぐそく)を用いて仏壇をさらに豪華に飾ることもあります。 上記の仏具以外にも、 仏飯器・茶湯器・線香差・高月などの仏具が用いらますが、必ず必要なものではありません。 仏壇に飾るその他の仏具について知りたい方は、以下の記事もご覧ください。 宗派ごとの仏具の並べ方 以前は仏具の並べ方に宗派ごとに特色がありました。 しかし、住環境の変化によって小さな仏壇が増えたことで、風習に則って仏具を並べることが難しくなりました。 現在は仏具の並べ方を厳密に守らなければならない宗派は少なくなっており、 本尊と脇侍、位牌の並べ方さえ守っていれば、その他の仏具は自由に並べてよいとされています。 以下で宗派による仏具の並べ方の違いを、本尊・掛け軸・三具足・位牌などの重要な仏具に絞って解説します。 解説を参考にしつつ、仏壇の大きさやデザインに合わせて仏具を並べましょう。 浄土真宗 浄土真宗は本願寺派(西本願寺)と大谷派(東本願寺)で 並べ方が微妙に異なります。 浄土真宗の仏具の並べ方は以下の通りです。 位牌の位置に注意する 先に解説した通り、 仏壇の位牌の位置には特に注意しましょう。 位牌は基本的に本尊の下の段に置きますが、位牌によって本尊が隠れてしまわないように注意しなければいけません。 位牌の位置をずらすなどして 本尊の位置と重ならないように注意しましょう。 また位牌が複数ある場合の並べ方にも注意が必要です。 位牌は 右奥に最も古い先祖の位牌を置き、左に向かって世代の古い方から並べていきます。 一段に並べきれない場合は、 下の段の右から左に向かって再び並べていきましょう。 「終活ねっと」では、位牌の購入・相談を承っております。 位牌の購入をご検討中の方、位牌に関して疑問がある方は、下記のリンクからお気軽にご相談ください。 直射日光や湿気を避ける 仏壇にとって直射日光や湿気は大敵です。 最近はさまざまな仏壇が作られていますが、どの種類の仏壇も基本的に木製で塗装が施してあります。 直射日光が当たる場所に仏壇を置くと、 日光による熱で塗装が剥げてしまいます。 また湿気の多い場所に仏壇を置くと、木材の腐食が進み、 仏壇の劣化が早まります。 仏壇本体だけでなく仏具も直射日光や湿気に弱いものが多く、このような場所に仏壇を置いてもよいことはありません。 仏壇は日光が直接当たらず風通しのよい場所に置きましょう。 神棚と同じ部屋に置く場合は? 一つの部屋に、仏壇と神棚の両方が置いてあることに問題ありません。 ただし、 仏壇と神棚を向かい合わせにして置いてはいけません。 仏壇と神棚を向かい合わせにしてしまうと、 一方を拝む際にもう一方に背を向けざるをえません。 仏壇にしろ神棚にしろ背を向けることは大変失礼であるとされているため、両者の位置をずらすなどして向かい合わせにならないように配置しましょう。 どのような仏壇がある? 最近は多様化した日本の住宅事情に合わせたさまざまな仏壇が作られています。 以下で仏壇の種類について解説します。 唐木仏壇 唐木仏壇とは、唐木(紫檀や黒檀などの丈夫な木材)で作られた 木目調の仏壇です。 素材を生かしたシンプルなデザインが特徴であり、癖のない見た目であらゆるインテリアに合わせられます。 価格はピンからキリまであり、高級品である無垢材(丸太から切り出したままの合板ではない木材)使用したものは 100万円を超えることも珍しくありません。 無垢材ではなく合板を使用したものは安価であり、 20万円程度で購入できるものもあります。 金仏壇 金仏壇とは、 黒の漆の上に金箔を施した仏壇です。 浄土真宗の信徒の間でよく用いられている仏壇ですが、他の宗派で使われることもあります。 工芸品としても有名であり、産地ごとにさまざまな手法による金仏壇が作られています。 基本的に高級品であり 100万円を超えるものも多いですが、中には 30万円~50万円程度のものもあります。 金仏壇について詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。 モダン仏壇 モダン仏壇とは、 現代風・洋風のインテリアに調和するように作られた仏壇の総称です。 従来の仏壇は基本的に和風のデザインですが、最近は和室のない家も珍しくないため、洋風の家具のようなデザインの仏壇が作られるようになりました。 価格は和風の唐木仏壇や金仏壇に比べると安価であり、 10万円を下回るものもありますが、 中には高級品もあります。 ミニ仏壇 ミニ仏壇とは、 高さが30cm~50cm程度しかない小さな仏壇の総称です。 タンスなどの家具の上に置くだけで場所を取らないため、アパートやマンションなどにも簡単に置くことができます。 デザインはモダン仏壇のような現代風・洋風が多いですが、和風のものもあります。 簡素なものであれば 1万円を下回るものもありますが、唐木製などの高級品だと 20万円近くするものもあります。 仏壇の仏具の並べ方まとめ• 仏壇の仏具にはさまざまな種類があるが、最も重要なものは本尊(各宗派の信仰の中心となる仏像)と三具足(火立・花立・香炉)である。 仏具の並べ方は宗派ごとに異なっており、特に本尊や脇侍の並べ方に気をつける。 位牌を並べる際には位置に注意する。 仏壇を直射日光が当たる場所や湿気が多い場所に置かない方がよい。 また仏壇と神棚を向かい合わせにしてはいけない。 唐木仏壇や金仏壇のような以前からある和風仏壇のほかにも、最近はモダン仏壇やミニ仏壇などの現代風・洋風の仏壇もある。 仏壇の仏具は他にもさまざまな種類がありますが、一気に全てを購入する必要はありません。 本尊や位牌など、最低限必要なものをとりあえず並べておき、後は何が必要かを考えながらゆっくりと揃えていけばよいでしょう。 「終活ねっと」では、他にも仏壇や葬儀などに関する記事を掲載してます。 そちらもぜひご覧ください。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次の

仏壇・仏具の基礎知識「お仏壇の飾り方(祀り方)」|お仏壇とは|仏壇・仏具|メモリアルアートの大野屋

仏壇 飾り 方

という記事で紹介していますが、お寺の本堂は浄土のジオラマであり、仏壇はそれをミニチュア化したものです。 ですので、法事の飾り付けはお寺の飾り方に準ずるのがよいですね。 まずは本堂の飾り方を見てみましょう。 本堂だとこのような飾り方をしています。 (本山興正寺・阿弥陀堂の五具足の飾り方) 本山興正寺阿弥陀堂の五具足の飾り方 ご本尊の手前にある背の高い台・高卓(たかじょく)に打敷がかけられ、その上に花瓶が一対・蝋燭立が一対・中心に香炉を配置して5つの道具が並んでいます。 これを 五具足といいます。 打敷というのは三角形の敷物のことです。 このお寺の飾り方を参考に、基本の五具足の形で飾ると以下のようになります。 お寺の飾り方に準じた五具足の飾り方 確かにお寺の荘厳の形式にならった綺麗な飾り方ですね。 しかし、本堂と違って 仏壇は空間が狭いです。 この飾り方だと花が上部の金灯籠に当たったり、蝋燭の炎が他の道具にあたってしまう可能性があります。 よほど大きなお仏壇でないと仏壇の中段に五具足を配置するのは難しいので、次に紹介する実用編を参考にして飾りましょう。 法事の仏壇の飾り方・実用編 仏壇のサイズにあわせて実用的な飾り方をするとこのような形になります。 実用的な五具足の飾り方 ではひとつずつ詳しく見ていきましょう。 1.ご本尊 まず中心にを配置し、むかって右側に十字名号、左側に九字名号をかけます。 お仏壇の中にはお供えを山盛りにはしない方がキレイです。 親戚の方など参列者のみなさんが持ってこられたお供えは お仏壇の横あたりにスペースを用意してお飾りするようにしましょう。 7.位牌・過去帳 繰り出しの位牌を使っているご家庭も多いと思いますが、正式には 過去帳を用います。 過去帳 法事をつとめる方の法名が記されたページを開き、誰の法事かわかるようにしておきましょう。 位牌や過去帳は ご本尊や九字・十字名号を隠してしまうような位置には置かず、ご本尊よりは下げた位置で正面を避けて安置するようにしましょう。 法事の仏壇の飾り方まとめ お仏壇によって大きさも棚の数も違います。 この写真の飾り方を基本の形として、ご家庭の仏壇の状態にあわせて飾り付けをしてみてくださいね。 はこちらを参考にしてみてくださいね。

次の

法事の時の仏壇の飾り方をお坊さんが解説【浄土真宗】

仏壇 飾り 方

お仏壇の場所 お仏壇は、その家で一番いい部屋である仏間の、奥の真ん中に安置されます。 お仏壇は、「 宮殿(くうでん)」と「 須弥壇(しゅみだん)」に分けられます。 上の楼閣(屋根)がある部分が宮殿で、その土台のようになっている部分が須弥壇です。 本願寺派の屋根は一重で柱は金箔ですが、大谷派は屋根が二重で柱は黒塗りで金具が打ってあることが多くあります。 屋根がなければ、厨子の場合もあります。 家庭用仏壇には、これに扉と、内側の扉である「 金障子(きんしょうじ)」がついています。 お仏前の立ち居振る舞い そして、仏さまの前をみだりに横切ったりしてはいけません。 気を張って静かに歩きます。 お仏壇の前で作業したり、物を置いておいたりもしません。 お仏壇の中に大変なお客様が座っておられると心得れは、その前を通る時はどうすればいいか分かります。 お仏壇の掃除も、体操服ではなく、正装のほうが望ましいです。 御本尊の御安置 宮殿の中央にを御安置します。 正しい浄土真宗の御本尊は、です。 世間の掛軸と違いますから、自ら大切に取り扱うと同時に、見ている人達にも尊く思われるように両手でお取り扱いします。 お持ちする場合はお納めした桐箱などの入れ物を風呂敷などに包みます。 置く場合は、床に置かずなるべく高いところに置きます。 お仏壇に御安置する時は、お仏壇の他の準備がすべて整ってから、最後に御安置します。 その時、画鋲などで打ち抜いてはいけません。 上にひもがあるはずですので、お仏壇に掛金具を固定して、そこにおかけします。 御安置する時は、まず、両手でたてにお持ちして、押し頂いてから風呂敷をといていきます。 その場合、当然ながら御本尊を転がさないよう、風呂敷を動かします。 桐箱のふたをはずしたら両手で一度おし頂いてから、取り出し、両手で頂きます。 御安置したら、さっそく合掌礼拝して、周りを片付けます。 また、に向かっての礼は、人に対する挨拶より深くなります。 人に対して45度で短いとすれば、阿弥陀如来に対しては90度で長くなります。 角度を見ただけで相手が分かります。 万が一火事が起きた場合は、まず第一に御本尊を安全な場所にお移ししなければなりません。 瓔珞、灯籠、輪灯 お仏壇は「 瓔珞(ようらく)」、「 灯篭(とうろう)」または「 輪灯(りんとう)」などを吊るして荘厳します。 本願寺派の輪灯は細かい装飾が施され、大谷派の輪灯はシンプルなことがあります。 また大谷派では、瓔珞と輪灯が一体になっていることもあります。 お仏飯・飾り香炉 大きな須弥壇には上卓(うわじょく)などを置いて、仏飯(おぶっぱん)を置けるようにします。 お仏飯は、仏器(ぶっき)に盛り付け、仏器台(ぶっきだい)の上に置いてお供えします。 その時は、手で直接お供えせず、「 仏器差(ぶっきさ) し」に挟んで、仏器台に置くようにします。 仏器の下の段に上卓(うわじょく)を置いて、火舎(かしゃ)を飾ることもあります。 火舎は飾香炉(かざりこうろ)、金香炉(きんこうろ)ともいいます。 三具足と五具足の違い 前卓(まえじょく)には、香炉(こうろ)を置き、線香を立てます。 前卓の足は、本願寺派は内側に曲がり、大谷派では外側に曲がっていることが多くあります。 前卓は、金箔加工したものでなく、大きいものは、木枠に水引を懸ける場合もあります。 前卓の上は、平生は三具足(みつぐそく)ですが、法話や大きなの時は、五具足(ごぐそく)にするのが一般的です。 三具足というのは、左に花瓶、真ん中に香炉、右側に燭台お灯明を置くことを三具足といいます。 五具足というのは、一番外側に花瓶を1対、その内側に燭台を1対、真ん中に香炉を置くことを五具足といいます。 お仏花とお灯明 お仏花は「 花器」に生けて前卓の上に置きます。 花器は「 華瓶(かひん)」ともいいます。 前卓が汚れないようにか花器受けを置くのがいいでしょう。 仏花の高さは花器の三倍以上が目安です。 お灯明は、木蝋(もくろう)または電気蝋燭を蝋燭立てに立てて、前卓(まえじょく)の上に置きます。 お仏壇が汚れたり、火事の危険もありますので、現在では、木蝋よりは電気蝋燭にした方がいいでしょう。 蝋燭立ては燭台(しょくだい)ともいいます。 お供物のお供えの仕方 果物やお菓子などのお供え物は、大きなお仏壇では三方(さんぼう)に盛りますが、家庭のお仏壇は供笥(くげ)と方位(ほうだて)が一体になっているものが多くあります。 また、高坏(たかつき)に盛ったり、三段盛りに盛って供笥に載せたりすることもあります。 家庭用の小さなお仏壇なら銘々皿の場合もあります。 お供えする場合には、それらの器の上に懐紙を敷いてお供えします。 なければ半紙でもできます。 経机、おりん 前卓の前には、お聖教を置くための経机(きょうづくえ)、おりんを置くためのりん台、りん布団等を並べる場合もあります。 お聖教とは、の説かれたをはじめ、親鸞聖人や覚如上人、蓮如上人の書かれたものをいいます。 のことです。 一般的には経机といいますが、浄土真宗では和讃卓(わさんじょく)ともいいます。 なお、おりんを前卓に置く場合は、りん台は必要ありません。 「 りん棒」は「 うち棒」とも「 撥(ばち)」ともいい、おりんの中には置かず、経机または前卓の上に置きます。 りん棒の台を使う場合もあります。 仏具の向き 仏具には、必ず前後、左右の向きがあります。 向きをよく心得て、間違わぬように置く事が大切です。 三本足、五本足の仏具(香炉や仏器台など)は、一本足を前にします。 花器や蝋燭立てに獅子をかける時、顔が前に向くようにします。 上卓、前卓の打敷(うちしき)押さえ板を載せる時も、前後があるので気をつけます。 供笥や高杯に果物など下段に三個を三角に並べて、上段に一個載せて盛りつけます。 手前に1個、向こうに2個並べるといいでしょう。 その時、下に敷く半紙の置き方は、前の方に折り目が来るように仏様の方に折った先が向くように敷きます。 鶴亀のろうそく蝋燭立ては、鶴のくちばしが内側に向くように置きます。 浄土真宗の正しいお仏壇の中 親鸞聖人の教えを、浄土真宗といいます。 浄土真宗は、「 」とも言われますように、一仏に向かいます。 それはなぜかというと、お釈迦さまが、仏教の結論として、『 大無量寿経』にこう説かれているからです。 一向専念 無量寿仏 (大無量寿経) 「 無量寿仏」とは阿弥陀如来のことです。 「 一向専念」とは、阿弥陀如来一つに向きなさい、阿弥陀如来だけを信じなさい、ということです。 私たちのを解決し、この世から未来永遠の幸福に救ってくださる仏は、阿弥陀如来以外にはおられませんから、阿弥陀如来以外の諸仏や菩薩やには一切、手を合わせたり、拝んだりはしないのです。 このことを蓮如上人は『 御文章』に、こう教えられています。 一心一向というは、阿弥陀仏において、二仏をならべざる意なり。 (御文章) ですからお仏壇の中は、親鸞聖人も覚如上人も蓮如上人も教えられているように、 「 」の正しい御本尊のみにして、雑行の対象になるようなものは置かないのがよいのです。 例えば、亡くなった方のや写真などは、お仏壇の中ではなく、別の場所に置くようにします。 仏教に関する掛け軸なども、同様です。 また親鸞聖人や蓮如上人の御影は、お仏壇の外の両側にお掛けするのがよいでしょう。 浄土真宗のお仏壇に入れてはいけないのは、位牌や故人の写真、御名号以外の掛け軸などです。 お仏壇の中は浄土真宗の正しい御本尊である南無阿弥陀仏のみでスッキリするのが、親鸞聖人の御心にかなったお仏壇の中です。 お仏壇を飾ったら お仏壇の飾りができたら、それで終わりではありません。 朝晩のおつとめをきちんとさせて頂きましょう。 朝晩の勤行は、親鸞聖人、蓮如上人の教えを毎日聞かせて頂き、阿弥陀仏の救いに遇わせて頂き、変わらない幸せになる大切な聞法のご縁です。 朝晩欠かさず励行するようにしましょう。 ではどうすれば生きている時にに救われ、変わらない幸福になれるのかということについては、以下のメール講座と小冊子に分かりやすくまとめてありますので、今すぐお読みください。

次の