グリーン f ゴールド リキッド。 グリーンFゴールド顆粒の超簡単な計り方

海水魚の病気に効果あり!グリーンFゴールドを使用した薬浴のやり方!

グリーン f ゴールド リキッド

白点病をグリーンFゴールド顆粒で治療する手順 海水魚がもっともかかりやすい病気が「白点病」です。 白点病は治療が遅れると魚が死に至ることもある病気で、早期発見と治療が重要になります。 海水魚の白点病の治療には、銅イオンや過酸化水素水を使用して治療する方法がありますが、銅イオンは魚を殺すリスクがあり、過酸化水素水はあまり高い効果が望めないなどデメリットも多いものです。 今回は銅イオンよりもリスクが低い グリーンFゴールドを使用した治療方法をご紹介します。 体に白い点がつき、やがてその点が増えていき、放置しておくと最後は鰓にも点がついて死んでしまいます。 そのため薬浴して治療をしてあげる必要が出てきます。 薬浴のための薬は「オキシドール」「マラカイトグリーン」「銅イオン」などがありますが、今回は使いやすくてよく効く「グリーンFゴールド顆粒」を使用して白点病を治療する方法をご紹介します。 白点病について詳しくは「白点病」の項目をご覧ください。 そのうち「グリーンFゴールド顆粒」は主にエロモナスなど細菌性の病気に使用するものなのですが、海水魚の白点病治療薬としても使用されます。 注意しておきたいのは同じ「グリーンFゴールド」の名称であっても、「グリーンFゴールド顆粒」のほか、リキッド状の「グリーンFゴールドリキッド」というものがありますが、 グリーンFゴールドリキッドは、グリーンFゴールド顆粒とは全く別の薬というところです。 顆粒の主成分はニトロフラゾンとスルファメラジンナトリウムですが、リキッドの主成分はオキソリン酸です。 海水魚の治療薬として使うのは「グリーンFゴールド顆粒」の方になります。 また、メーカーは「グリーンFゴールド顆粒」についても海水魚用としては使用できないとしています。 主成分のニトロフラゾンなどには発がん性があるとされており、同じく発がん性があるとされるマラカイトグリーン 以前、中国産ウナギから検出され問題になった と同様、食用魚類の養殖においての使用は禁止されています キンギョなど観賞魚については使用可能。 治療のために必要なもの 上記の「グリーンFゴールド顆粒」以外に必要になるものについて解説します。 サンゴ水槽で飼育している魚であれば、当然ながら飼育水槽では薬浴できないので、別途水槽が必要になります。 ディスカウントストアなどで安価な値段で販売されている水槽でよいでしょう。 水槽の大きさは飼育している魚の種類を考えます。 今回はスズメダイなどの薬浴ですので、30cmほどの小型水槽を使用しましたが、ヤッコや大きなチョウチョウウオであれば、当然もっと大きな水槽が必要になります。 今回は水作「ニューきんぎょファミリー」に付属する水槽を使用しました。 しかし バケツは必需品です。 交換用の海水をつくるときや、水の交換の際に海水を捨てるときなどに便利です。 写真は釣り用のコマセバケツで、安価でかつフタができるので便利です。 薬浴だけでなく採集や輸送にも役立つアイテムですので、できれば複数個購入しておきたいものです。 写真のバケツは伸和 コマセバケツ 角10です。 魚を網でそのまま掬って水から出すと魚の体表に傷がついてしまうおそれがあります。 水から出すときにはプラケースで水ごと掬うようにしましょう。 エアポンプとチューブ、ストーン、もしくは外掛けろ過槽 エアポンプ、エアチューブおよびエアストーンは薬浴水槽に酸素をおくるのに必要なグッズです。 そのままにしておくと魚が酸欠で死んでしまうおそれがありますので、酸素を水槽に溶け込ませなければなりません。 エアポンプは電池で動くものとコンセントに差し込み電気ものの二つがありますが、電気で動くものを使った方がよいでしょう。 電池で動くものも採集や運搬、もしくは停電時に役にたつので両方あったほうがよいといえます。 それだけでは不安という方は外掛けろ過槽などを使用するのもよいでしょう。 サンゴ砂などのろ材は使用できますが 活性炭を含んだろ材は使用できません。 これは活性炭を使用すると薬の成分も吸着してしまうからです。 海水と真水・比重計 人工海水を溶かした海水と、真水を用意します。 海水と淡水を混ぜ、低い比重 1. 015くらい の水をつくるのに必要です。 もちろん比重を測定する比重計も必要になります。 RO水、水道水どちらも使用できますが、水道水を使用するのであればカルキ抜きが必要になります。 ヒーターと水温計 飼育している水槽と水温を同じにするためにヒーターと水温計を用います。 水温の変動もまた白点病が発生する原因となるためです。 もちろん、水温計を使用して水温の確認を行うことも重要です。 安価で一定の水温をキープできるなどが最適でしょう。 グリーンFゴールド顆粒は銅イオンほどシビアではありませんが、薬の量をきちんと測って使用することが大事です。 写真の電池で動くタニタ製のハカリなどが使いやすいのでおすすめです。 治療を実際に行う 1. 015 くらいにしておきます。 これは薬の効きをよくするのか、白点病を弱らせてしまうようなしくみがあるのかはわからないのですが、低めの方が白点虫を落としやすいように思います。 ただしこの方法ではハナダイの仲間や紅海産魚類のように、低比重に耐えられないような魚を治療することはできません。 スズメダイや小型ヤッコ、クマノミなどならばあまり問題はないでしょう。 水温合わせ ヒーターと水温計を使用して水温を合わせます。 ヒーターはできれば新品のものを、薬浴専用に購入しておくとよいでしょう。 薬投入 グリーンFゴールドを計測し、規定量の半分くらい入れます。 入れ方が悪いと底の方にかたまりになって残ってしまうのでスポイトなどを用いてかき混ぜるなどしてよく溶かすようにします。 魚導入 魚を網とプラケースを用いて掬い、飼育水槽から薬浴水槽へと移します。 先ほども述べましたが魚を網で掬っても、そのまま持ち上げるのではなく、網の中に入った魚をプラケースを使って水ごと掬い上げるようにします。 換水 水かえの際はヒーターを二つ用いて、あらかじめ水温調節された水を治療用水槽に注水するのがおすすめです。 水槽の水はホース、またはプラケースを使って薬浴水槽からほとんど全部抜いてしまうのですが、全部抜くときはヒーターのスイッチは消しておく必要があります。 これはヒーターが水から露出したら火災が発生するおそれもあるからです。 繰り返し 毎日、もしくは二日に一回水替えを行い、1、2、3および5の一連の作業を繰り返します。 なお、私は最初にグリーンFゴールドを使用するときは規定量の半分使用しましたが、徐々に量を増やしていきました。 魚はデバスズメダイ、アオバスズメダイ、イエローリップダムゼルなどのスズメダイとミスジテンジクダイといった丈夫な魚だったためか、とくに影響は見られませんでした。 再度白点が出ないかチェックしたい 白点虫が体表に見られなくなっても、すぐ飼育水槽に戻さない方がよいでしょう。 これは白点病が再発してしまうケースもあるからです。 薬を抜いた薬浴水槽でさらに数日間飼育し、白点虫が4~5日以上現れなくなったことを確認してから水槽に戻すようにします。 水槽に問題があり白点病が発生したというのであれば、殺菌灯を取り付けたり、水温を安定させるなど、魚を戻す以前に状態を改善させる必要があります。 まとめ• 白点病の治療には薬浴が有効• 初心者には銅イオンよりも扱いやすいグリーンFゴールド顆粒での薬浴がおすすめ• グリーンFゴールド顆粒であることを必ず確認すること• 水槽・バケツ・ヒーター・水温計・エアポンプ・エアホースとチューブ・プラケース・薬包紙・ハカリなどが必要• 外掛けろ過槽を使ってもいいが活性炭は使用してはいけない• 海水の比重は低めにしておく• ヒーターを使用して水温を合わせておく• 正確に量を測った薬を溶かす。 最初は規定量の半分が理想• プラケースなどで魚を掬い薬浴水槽に移す• 毎日もしくは二日に一回海水を全て換える。 ヒーターが露出しないよう注意• 薬を抜いた後も病気がでないか4~5日はチェックしたい.

次の

日本動物薬品株式会社

グリーン f ゴールド リキッド

スポンサーリンク 金魚愛好家の皆様こんばんは! 前回はに関して割りと使いやすそうなお薬なんか紹介しました。 もう白点なんか治療法は確立してますから全然参考にはならなかったと思いますが、、、 今回は白点同様、早期発見なら初心者でも完治可能な病気「 尾ぐされ病」に関して書物やネット情報(プラス私のじょぼい経験)をまとめてみたいと思います! 「あのー。 私オグサレと申します。 お宅様初心者ですか?あ、初心者。 んじゃせっかくですから取り付きますね。 安心して下さい!初心者でも治せますので。 他にもうちの初心者向けでハクテンってのもいますので、今度売り込みに来る様言っときます!」 とか 「私マツカサと言いまして。 ん?初心者の方ですか?いやー。 私は初心者向けじゃなんですよねー。 残念!またにします。 腕上がったころ再度うかがいますね!」 などと病気は選んでくれませんが、もう罹るなら白点か尾腐れ程度にして欲しいっす。 もちろん病気などにならないのが一番で、普段定期水換え等していればそうそうなるもんではありませんが。 スポンサーリンク 【尾ぐされ病の原因・症状】 この病気は「 カラムナリス菌」というカリスマ性があるのかないのか分からない病原菌の感染が原因ですね(ネットでは「常在菌である」「常在菌ではない」と両方の記述がありますが、どっちやねん)。 こいつが蛋白質分解酵素を出すので感染箇所が溶けた様になっちゃう。 またまた日本動物薬品株式会社さんのホームページを参考にさせて頂きます。 「初期」・「重症」・「尾の大半が欠損」と症状の進行具合が載ってますが、いやーえぐいですね、、、 この病気も白点病同様で 早期発見が大切なことは言うまでもありません。 早期なら初心者でも十分治療可能ですが、進行すると厳しいです。 【ごく初期段階なら水換えだけで治る可能性もあるが】 尾の先が少しだけ白濁している、ほんの少しだけ「欠け」が観られるなどの場合は三分の一から二分の一の水換えで経過観察すると治る場合も多いです。 私もそれでやり過ごすことが多いですが、やはり初期治療が遅れて大事になるのは好ましくないですから、投薬等してあげた方が安心ではないでしょうか? 【食塩浴と弱めの薬を併用】 軽い症状なら、白点同様に水換え後に「 0. 5パーセント食塩浴」(水10リットルに食塩50グラム)と薬浴の併用です。 薬は色々ありますが、私が使いやすいと感じるのはまたまた登場の「 フレッシュリーフ」です。 病気じゃなくて傷が出来た時の化膿止めなんかにも使えて便利です。 濾過バクテリア、エビ、貝、水草にも影響ありませんので 飼育水槽に投入しちゃいましょう。 活性炭やゼオライト等の吸着剤は取り出して。 粉状の薬です。 60センチ水槽ならこの「フレッシュリーフ1袋(2g)」をコップの水によく溶かして徐々に水槽に投入して下さい。 3〜5日経過を観察して改善が観られない場合は半分くらい水換え後再度一袋投入です。 食塩も水換え分を補いましょう。 5パーセントですから30リットル水換えなら新水に食塩150グラムを溶かして投入です。 【かなり進行してしまったら】 発見が遅れたりで、尾がスダレ状になったり、欠損が酷い場合は隔離して強めの薬での薬浴が必要です。 薬浴用のバケツやして、「0. お薬は評判が良くて私も使っている「 グリーンFゴールド顆粒」がいいんじゃないでしょうか。 サフファ剤やニトロフラゾンがたくさん入っていてカラムナリス等広範囲の病原菌を攻撃します。 ただ、この薬は 濾過バクテリアにダメージを与えますし、 無脊椎動物や水草にも結構な影響が出ます。 粉(顆粒状)の薬です。 これも「60センチ水槽(約60リットル)用の1袋(2グラム)」が数袋(製品による)箱に入っています。 少ない水量の隔離薬浴では計量が面倒ですね。 60センチ水槽で薬浴するなら、一袋を入れればいいですが、、、 水槽全体に酷い尾ぐされ病が蔓延しているなら、エビ・貝とかがいなければ(いれば彼らを取り出してもいいです)、もう飼育水槽に直接投入して下さい。 60センチ水槽なら1袋、90センチ水槽なら3袋。 濾過バクテリアは影響を受けますが再生可能です。 再生不可能な金魚を優先すべきで、再生可能な濾過バクテリアのことは病気完治後に考えれば対応できます。 《粉(顆粒状)薬の計量方法》 10〜20リットル程度の水量で隔離薬浴するには適正量を計量して入れてやる必要があります。 微小計量できる「計り」があれば「10リットルで約0. 3グラム」を計りとり、よく溶かして徐々に投入です。 ネットで見ると、例えば「 600ml(600グラム)の水に1袋2グラムを入れてよく撹拌。 水量10リットルに対し、それを100ml(100グラム)投入、20リットルなら200ml投入」でやられている方もおられるようです。 別に計算すれば何mlの水に溶かしてもいいですし、これなら適正量が投入できます。 ただ若干面倒ですし、薬が余るのでもったいないことは確かですね。 薬って結構な値段しますから。 《スプーンで薬を計量する》 これは不正確でもあり、ほんとあまりお勧めできないんですが、私のやり方はこの「カフェチェーン」の小さい スプーンで計量する方法です。 私は 「グリーンFゴールド顆粒」の場合 「水10リットルに対しスプーンすり切り3〜4杯」 です。 3杯とちょいでいいんじゃないでしょうか。 カフェチェーンによっては、下の画像の上側のようなもう少し大きなスプーンもありますから注意です。 私の計量は下側に写っている小さい方のスプーンを使っています。 ( 「フレッシュリーフ」も同じ量で添加可能です。 ) さて グリーンFゴールド顆粒を投入後は経過を観察し3日で半分水換えしてまた規定量(換える水の分)を投入します。 水換え分を補う食塩は前述と同様です。 「5〜7日様子を見て半分水換え(換える分の薬添加)」や「5〜7日様子を見て全量水換えで規定量添加」等意見はつきません。 やはり金魚の観察と経験によると思います。 【早期発見につきる】 兎に角、早期発見につきます。 初期段階なら初心者でも十分完治可能ですから。 発見が遅れたり初期治療をせず放置するともう薬も「 エルバージュエース」とかのキツイ薬しか対応できませんし、その薬ですら回復できない可能性もあります。 少しの時間でいいですから毎日金魚を観ることが大事なんだと思います。 私もそのように努めたいと思います。 それでは皆様失礼します! 最近の投稿• カテゴリー• 9 検索: アーカイブ• 人気記事• 115,980ビュー 9月 12, 2016 に投稿された カテゴリ:• 60,492ビュー 9月 18, 2016 に投稿された カテゴリ:• 51,940ビュー 10月 1, 2016 に投稿された カテゴリ:• 47,678ビュー 10月 9, 2016 に投稿された カテゴリ:• 46,597ビュー 9月 23, 2016 に投稿された カテゴリ: メタ情報•

次の

尾ぐされ病にメチレンブルーは効果なし。グリーンFゴールド顆粒に変更も嫌な予感しかない

グリーン f ゴールド リキッド

どうもヤスです! 今回はカクレ病やトリコディナ病に効果的な治療法として有名な グリーンFゴールドを使用した薬浴の方法をご紹介したいと思います! 結論を言ってしまうと、薬浴のやり方は人それぞれで異なるため、 これだ!という正しい方法はありません。 飼育している環境や海水魚の種類、海水魚の状態などで効果が異なってくるため、仮に同じ方法で薬浴をしたとしても効果を実感できる方もいれば、いまいち効果を感じない方もいます。 今回ご紹介する方法も全てのパターンで通用するかというと必ずしもそうとは言い切れませんが、ショップ店員さんにもお話をお伺いし、 より効果の高く、安全な薬浴方法であると考えております。 今回の記事を参考にしていただき、病気になってしまった海水魚を治療できるように頑張ってください! Contents• 薬浴はカクレ病やトリコディナ病に有効! 薬浴はカクレ病やトリコディナ病に有効な治療法です。 グリーンFゴールドを使用した薬浴の場合、基本的には細菌性の病気に効果的です。 トリコディナ病やカクレ病は細菌性の病気であるため、薬浴をすることで治療することが可能です。 ただしカクレ病やトリコディナ病は進行が早いため、1日病気に気づかず放置してしまうと次の日には死んでしまうこともあります。 薬浴は効果的な治療法ではありますが、病気が進行してしまうと海水魚に薬浴に耐えられる体力が残っていないため、逆効果になってしまうこともあります。 そのため薬浴はできるだけ 早期発見・早期治療をするように日頃心がけましょう! 薬浴に必要な道具は? 薬浴に必要な道具は上の写真にある道具が全てです。 ヒーターはそのバケツ水量以上に対応している製品を選びましょう。 プラスチックケースは100均で売っているもので大丈夫です。 ゴムチューブとエサストーン、ポンプも種類問いません。 グリーンFゴールドは2gと5gの製品がありますが、粉を細かく計り取る装置をお持ちでない方は 2gの方が使用しやすいので、2gの方を購入しましょう。 薬浴の方法・手順 さて早速薬浴の方法をご紹介したいと思います! 今回は病気の海水魚がいませんので、魚型のスポンジを病気の魚に見立てて手順をご紹介したいと思います! 薬浴用の海水をつくる グリーンFゴールドを溶かすための海水を作成します。 温度は通常通りで構いませんが、 比重は通常よりも低く作成します。 比重を低くすると海水魚の体内と海水の濃度の濃さの違いにより、浸透圧の影響によって細菌が体内から落ちやすくなります。 ただしあまり低くしてしまうと海水魚に悪影響が出てしまいますので、現在飼育している水槽内の比重よりも若干低めに設定するくらいで大丈夫です。 現在1. 023前後の数値であれば、1. 019前後の数値で海水を作成するといいでしょう。 必要量のグリーンFゴールドを計算 次はグリーンFゴールドの使用量を計算します。 箱の裏面に規定量が記載されていますので、まずはそちらを確認してください。 箱には40Lに対して1gなので、バケツの容量が20Lの場合は0. 5gになります。 入れたら溶けるまでしっかりと混ぜましょう。 海水魚をすくう 薬浴用の海水を作ったら、いよいよ薬浴の準備をします。 プラスチックケースで海水ごと病気の海水魚をすくい出します。 ストレスにならないようにそっとすくい出してあげましょう。 すくい出した海水魚はプラスチックケースごとバケツの中に入れます。 その際にエアレーションとヒーターも一緒に設置しましょう。 この時点ではまだ作動はさせません。 水合わせキットを設置 薬浴用の海水をプラスチックケースの入ったバケツに移すために水合わせキットを準備しましょう。 バケツからバケツへ勢いよく移してしまうと、環境変化のショックが大きすぎて弱った海水魚がショック死してしまう可能性があります。 水槽に入れる前の水合わせと同様のやり方で、薬浴用の海水を海水魚の入っているバケツにゆっくり入れましょう。 薬浴を実践 さてここからいよいよ実践です。 水合わせキットを上記の画像のように海水魚の入ったプラスチックケースの上部に設置して、1滴ずつ滴下させます。 机の上などに薬浴用のバケツを置いて、その下に海水魚のバケツを設置します。 設置をしたら水合わせキットのコックを開きましょう。 どどっと出ないように1滴ずつ出るようにコックを開き、プラスチックケースの上に入るように設置しましょう。 下の画像のようにポトポト垂れるように設置ができたらあとは薬浴用のバケツから海水が全て移動するまで待機です。 またヒーターが浸かる程度まで海水が移ったら、ヒーターとエアレーションを作動させましょう。 数時間後・・・ さて数時間後には全ての海水がバケツに移ります。 この状態で半日から1日放置します。 放置時間については海水魚の大きさによって異なり、海水魚の体長が大きければ大きいほど海水の汚れるスピードは早いですので、ヤッコやハギ系の薬浴をする場合は半日で水換えをするといいでしょう。 2回目の薬浴 さて半日から1日薬浴をしたら、新しく作成した薬浴用のバケツに海水魚を移します。 ヒーターとエアレーションを移したら、次に海水魚を移します。 プラスチックケースで海水魚をすくい、海水魚を移しましょう。 この作業を約3日〜1週間ほど続けます。 続ける期間は海水魚の病気の状態によります。 数回の時点で病気が改善していたらその時点で薬浴を終了して大丈夫です。 使ったバケツは綺麗に 使用したバケツは菌が付着している可能性があるため、真水で綺麗に洗いましょう。 3回以上薬浴する場合は1回目に薬浴したバケツを使用することになると思うので、その際は必ず綺麗に洗ってから使用するようにしましょう! おわりに さて今回は薬浴の方法についてご紹介しました。 基本的にはこの方法で実践していただければ、初期段階の病気であれば改善できると思います。 しかし餌を食べず、泳ぎ方もぎこちなくなってしまっている末期症状の海水魚にはあまり効果はありません。 病気は人間と同様に早期発見、早期治療が大切です。 気づいたらすぐに治療をしてあげるようにしましょう!.

次の