大坪 電気 横領。 至急回答お願いします。会社で二万円の横領がばれてしまいました。深...

大坪電気株式会社はググると?

大坪 電気 横領

最近ググルトブラックと判定された企業 企業名をクリックするとググルトブラックか判定しなおします。 ブラック以外にも、 、 、 、 、 、 、 などの仕事環境系ワードや、 、 、 、 、 、 、 、 、 、 などの事件系ワード、 、 などの業績系ワードなどが出る場合には、その他キーワードに表示しています。 姉妹サイトのもよろしくお願いします! お知らせ 2013年4月上旬頃からグーグル検索のオートコンプリート機能の仕様変更が行われたようです。 当サイトが基本的に利用しているオートコンプリートAPIは後者を表示するものなので、検出率が激しく低下しています。 この部分はまだベータ版です。 Googleがなんらかの対策を行ったのか否かもこの状況がどれくらい続くのかも不明です。 2013年7月追記 YahooとBingの表示にも対応を行いました。 Googleとの検索結果の違いを見てとれると思います。 ただしこの部分はベータ版のため、うまく表示できない場合があります。

次の

至急回答お願いします。会社で二万円の横領がばれてしまいました。深...

大坪 電気 横領

女医として「彼の隣に寝た」と鉄面皮の女、大坪寛子! 2020年02月08日 半歩前へ こういうハレンチな政府は過去の日本の政府には存在しなかった。 官房審議官といえば官僚の中でも上級のポストだ。 この女に実力があったわけではない。 愛人の和泉洋人の強力な後押しの結果だ。 和泉洋人は安倍晋三や官房長官の菅義偉に取り入り、見事2人をたぶらかせ、首相補佐官の地位を手に入れた。 そして和泉と2人で手に手を取って、京都に行ったり、インドに行ったりやりたい放題。 国民の税金で超高級ホテルに泊まって、思う存分セックス旅行を楽しんだ。 安倍内閣は乱れ切っている。 不倫などカワイイ方だ。 新型ウイルス対策一つとっても方針が二転三転。 何もかもがムチャクチャ。 官僚が私利私欲に走り、安倍の顔だけ見ている。 本当に国家が崩壊するのではないか。 毎日新聞が「厚労審議官が医師として和泉首相補佐官の隣室に宿泊」と報道した。 「医師として」? 言うに事欠いて、よくもこんなことを抜け抜けというものだ。 鉄面皮の女とはこのメスのことである。 メスが医師としてオスの隣に寝ただと。 ふざけるな。 これほどバカにされて、まだ黙ってみている国民もどうかしている。 ********************** 7日の衆院予算委では、和泉洋人首相補佐官が昨年8月の出張時、厚生労働省の大坪寛子官房審議官と共に私的に京都市内を観光したとされる問題に関連し、和泉氏と大坪氏が2018年9月のインド出張で、内部でつながった「コネクティングルーム」に宿泊したという「週刊文春2月13日号」の報道について野党側から質問が出た。 和泉氏は姿を現さず、大坪氏は「和泉氏は当時、体調を崩してまもなく、医師でもある私が適任とされた」などと釈明した。 (以上 毎日新聞) 厚労審議官「医師として和泉首相補佐官の隣室に宿泊」 衆院予算委で海外出張を釈明 毎日新聞 2020年2月7日 18時08分 最終更新 2月7日 23時44分 衆院予算委員会で和泉洋人首相補佐官との海外出張について質問に答える厚生労働省の大坪寛子官房審議官=国会内で2020年2月7日午後2時8分、川田雅浩撮影 7日の衆院予算委では、和泉洋人首相補佐官が昨年8月の出張時、厚生労働省の大坪寛子官房審議官と共に私的に京都市内を観光したとされる問題に関連し、和泉氏と大坪氏が2018年9月のインド出張で、内部でつながった「コネクティングルーム」に宿泊したという「週刊文春2月13日号」の報道について野党側から質問が出た。 和泉氏は姿を現さず、大坪氏は「和泉氏は当時、体調を崩してまもなく、医師でもある私が適任とされた」などと釈明した。 【大場伸也】 主なやりとりは以下の通り。 早稲田夕季議員(立憲民主党) 2年前のインド出張について報道の事実確認をする。 コネクティングルームというところに大坪氏と和泉補佐官がお泊まりになったと。 この階には秘書官だけは泊まったけれども、その3人だけで、他の方は他の階に泊まっていたと。 事実か。 <議場から「税金だぞ」「ふざけた出張だ」などの声> 大坪氏 当日私は公務でうかがっております。 部屋割りについては個人情報にあたることもありますが、本人から、ご本人から了解をいただいておりますので、ご答弁申し上げます。 あのー、それからしばらく前に和泉補佐官におかれましては大変体調を崩されまして、官邸の中で倒れられたことがございます。 救急搬送されまして、入院加療をしばらく受けられておられたことがございます。 私も個々の公務は自分の仕事でございますので参りますが、(和泉氏が倒れてから)日がまだあまりたっていないこともあり、秘書官から相談を受けてございます。 現地の医療体制ですとか、機内の医療の整備、いろいろと確認したり、そういったやりとりがございました。 その上で、秘書官からの連絡が受けられる場所と言うことで、補佐官の部屋を秘書官と私で挟む形で万全の態勢を取ると。 当時まだ万全の体調にお戻りになっているわけではございませんでしたので、公務の中で医師免許を持っており、臨床を長くしております私が、適任ではないかというご判断があったのではないかと思っております。 早稲田氏 医師として同行されたんですか。 大坪氏 これは公務として参っております。 その際、補佐官には医師の同行というのはございませんので、慣例上。 その上で、医師免許を持っている人間として、そこに同行をいたしました。 早稲田氏 大坪氏が海外出張されたのは(18年に)4回。 ミャンマー、インド、中国、フィリピン。 すべて和泉氏の同行でしょうか。 大坪氏 和泉補佐官のご出張は数多くあるわけですが、その中でヘルスケア関係のものにつきましては私が同行することもございますし、私の部屋の他の者が同行することもございます。 早稲田氏 4回の出張の目的を教えてください。 大坪氏 1回目のミャンマーは政府要人と面会しております。 保健分野を含む経済協力ということの可能性について議論しています。 二つ目、インドの件はヘルスケア合同委員会というものがありまして、あちらの保健大臣と面会しています。 中国の出張は、日中民間ビジネスの第三国の展開推進に関する委員会に出席しております。 フィリピンも日フィリピン経済協力インフラ合同委員会に出席しまして、ヘルスケアを含む経済分野での協力について議論しました。 早稲田氏 インドについて。 大坪氏はヘルスケアにおける会議にも出ているが、高速鉄道における会議にも出ておられる。 なぜ高速鉄道の会議に出る必要があるんでしょうか。 それから、4回の出張はすべてコネクティングルームでしょうか。 大坪氏 高速鉄道の会議とほぼ並行してヘルスケアの合同委員会もありました。 文書のつめなどの案件が残って、最終調整がまだ残っていましたので、その休憩の隙間(すきま)をぬって修正するために同席させていただいたものです。 そのほかの部屋の配置につきましては、基本的には外務省が作ってくださる配置に従って、そのままそこに、自分の部屋はここですよという指示に従っておりますので、すべてどうであったかは。 一度はすべての関係者が同じフロアだったとも承知していますし、細かいところは今、まったく記憶にございません。 早稲田氏 コネクティングルームでしたかと聞いているんです。 外務省にうかがいます。 健康不安があるから、医師だから、コネクティングルームで取ってくれという依頼があったのですか。 外務省 18年9月の和泉補佐官のインド出張につきまして、ご指摘の部屋割りについては、補佐官室の指示に基づいて部屋割りがなされております。 早稲田氏 その部分は補佐官の指示だったわけですね。 補佐官を呼んでいただかないと真相が明らかになりません。 ぜひお取りはからいをお願いします。 官房長官、税金の目的外使用が疑われるような案件です。 税金の私物化が安倍政権にまん延している。 官邸官僚といわれるような人たちがこのようなことをしている。 しかもこんな高級なホテルでコネクティングルームですよ。 先に報じられているように(京大の)山中伸弥先生のところで1時間面談して、その後3時間はお二人で旅行をしていた、かもしれない。 これを公私混同と言わずして何というのか。 和泉補佐官の任命、大坪氏の任命、非常に疑念を持たれる。 適切だと思われるでしょうか。 菅義偉官房長官 和泉補佐官からは、それぞれの公務については必要な手続きを取った上で出張している、ということであります。 : : [7930] 投稿記事で指摘されているとうりの状況にある。 事の善悪よりも「己の損得」が優先されるという我田引水的行動。 和泉首相補佐官は官邸の指示を受けて動いている被害者側官僚ではなく、虎の威を借りる「私利私欲」つまり、私心の為に官邸に取り入っており、「ギブアンドテイク」の関係を構築しているのであろう。 このような、官僚が跋扈するのもトップたる安倍晋三と取り巻き達の責任となる。 組織的犯罪政権により、倫理という概念は消え失せ、モラルハザードが社会全般に蔓延していく。 解決方法は一つしかない。 組織的犯罪政権を構成する自公議員を激減させるしかない。 税金に寄生する政治屋はパージの対象にしなければならない。 こういう話は、本人からよく聞く話だよ(高校時代の同窓会で)。 大学医学部付属病院や県立医科大学附属病院ではよくある。 学部長と2人で手に手を取って、中国に行ったり、タイに行ったりやりたい放題。 いつの間にか、研究補助が准教授に昇進してたり、 いつの間にか、羽振りがよくなって、高級外車に乗っていたり、 次の同窓会では、3件目の家を建てていたりする。 それも大坪寛子と似た年齢の女に多い。 金や昇進目当てに女同士の争いはすごいらしいわ。 細かいところは記憶にない」と答弁・一方名指しされた外務省は「補佐官室からの指示」と答弁 スガ 和泉洋人・首相補佐官「必要な、手続きを取って、出張している」 早稲田夕季(立憲)の質疑 27. 彼女は絶対的に正しい。 批判してはいけない。 嘘は決して言ってないのだからね。 そう、【 お医者さんごっこ 】【 お医者さんごっこ 】【 お医者さんごっこ 】 のために宿泊。 本物のお医者さんごっこをしてたんだよね。 家族親族まで迷惑を掛けても、上級市民は鉄仮面か。 ノビテル君も環境調査な筈が、3日3晩のスキューバダイビング。 スーツでばれないと思いきや、頭が三角でばれちゃって、確かめようとして た日本からのだダイバーに写メを取られ、ネットで公開されちゃった。 某週刊誌も掲載したさ。 普通はばれない、厄人でも同じことをしてる。 新しいデリヘル業を開拓したのかな。 ・・・ 46. : : [36] それにしても首相補佐官が首相と離れ海外出張するなら補佐官の役目をしていない。 補佐官というよりも閣僚級として活動する異常だ。 各国に出向き主体的に交渉するなど公金を預かっている実務者が好き勝手に外国との交渉に携わっている。 分厚い報告書を作り国会に出すならまだしも、署名も無く決断してくるのか。 結果責任を負わない実務書による協議は後に言った言わないで国際間に齟齬が発生するのは明らかだ。 実務者が主体的に対外交渉を担い議会報告を怠っている実態が、益々明らかになった。 協議内容を承知しているのは内閣までで、国会つまり主権者国民は全く承知も承認もしていない中、様々な案件が成立しているが、これでは公務と呼べるものでは全く無く、文民統制が機能していない日本国の異常事態を良く示している。 和泉氏に関して、大坪医官は非常に丁寧な敬語を使い、まるで天井人を対象にしているかのようだが、首相補佐官が医官より位が高い訳でもあるまい。 もとより階級秩序の維持に汲汲とする霞が関の旧態依然には愕然とする。 官の世界では上位者を天井人と定め上意下達を至上命題としているのである。 当然ながら上位者の指示命令には絶対服従だ。 もし従えなければ冷遇や処分も有り得る為面従腹背の異常な官僚世界が大坪氏が和泉氏を語る際のバカ丁寧な敬語を用いた答弁で良く分かる。 ところで内閣府の補佐官が医官に同行を命じ手を繋ぎ歩く、酒池肉林も可能な無法地帯となろうとしているのは、やはりと言うべきか、総理と閣僚が拠るべき政策根拠を自国の憲法と認めていないからだ。 自国の最高法規は、法治主義国ならば拠るべき政策根拠として為政者が常に掲げるべきが、首相自身自国憲法の遵守を宣誓していないならば人治主義となり、酒池肉林も有りの伏魔殿化するのは必然だ。 体調の悪い際に同伴させた首相補佐官が、次の機会にも指名した同じ医官の口にアイスを入れてやりながら、議会で議論されてもいないIPS細胞の補助金カット宣告に同伴で乗り込むとは仰天だ。 内閣府というワーキンググループメンバーの無法振りは前代未聞である。 文民統制の危機を議会が強く認識すべきであり、取り敢えず、何でも有りの内閣府の解体は急務だと思う。 : : [18].

次の

研究者は“大坪問題”と…新型肺炎にも影落とす独断専行ぶり 日本医療研究開発機構理事長が名指しで批判(日刊ゲンダイ) 赤かぶ

大坪 電気 横領

40 pt 刑法第245条は、第36章 窃盗及び強盗の罪を[電気は、財物とみなす]ことで準用させる規定です。 刑法第251条は、第37章 詐欺及び恐喝の罪を[電気は、財物とみなす]ことで準用させる規定です。 刑法第38章は【横領の罪】の規定です。 準用の規定を作るとしたら、[この章の罪については、電気は、物とみなす]という実質を持たせる必要があり、 また、そうすると、横領した電気にも【盗品等に関する罪】も自動準用されるのことになりそうです。 『電気』は、もともと『物』ではなくて『物理現象』です。 刑法で財物とみなしているのは、電力の使用権です。 本来物ではないけれど、財産価値、商取引の価値があるので、法的に権利を認めようとしたのでしょう。 土地や装置機材、現金などは『もの』があるから、それについての使用権を決めやすいのですが、『物理現象』に使用権を設定するというのはいかにも無理があるように思えたので、『電気は財物とみなす』ことで、社会の中でのトラブル解決の方策を作ったのだと思います。 では、横領はどうでしょうか。 横領が成立するには『自己の占有する他人の物』が必要です。 電力について、これをどう考えれば良いでしょうか。 自分で発電した電気、電力会社から購入した電気を、他人(従業員)の占有にゆだねる状態がないと、成立しません。 おそらく、立法の当時、このような状態を想起しにくかったことが、法律に規定を作らなかった一つの理由ではないかと思います。 自分で発電した電気、電力会社から購入した電気を保存するには二次電池を使うことになります。 この充電した二次電池(ニカド、リチューム、ニッケル水素、鉛電池など)を他人(従業員)の占有にゆだねることは可能です。 それを占有している人(業務でも業務とは関係なくても)が電気を使ってしまう(横領する)ことも可能です。 刑法は次の様に規定しています。 (窃盗) 第235条 他人の財物を窃取した者は、窃盗の罪とし、10年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処する。 (横領) 第252条 自己の占有する他人の物を横領した者は、5年以下の懲役に処する。 (業務上横領)第253条 業務上自己の占有する他人の物を横領した者は、10年以下の懲役に処する。 罪としては、窃盗が重く、横領は軽いのです。 盗みに入って財物を私した場合は、託されて占有していた財物を私した場合より重い罪です。 託され占有していた場合でも、仕事・業務で占有していた場合には、窃盗に準じる罪になっています。 横領罪が刑法になかったら、おそらく、業務上横領も、横領も、窃盗罪で処罰するでしょう。 電気に横領罪を適用する(準用する)規定を作っていなくとも、電気に窃盗罪や詐欺罪を準用する規定が作ってあれば、刑法としては十分だと考えたのではないかと思います。 例えば、勤務先の電気について、事例を考えます。 そして使った。 それを私用の携帯に使った。 元の電力は勤務先の会社か役所のもの(経済価値)です。 最近は技術が進歩して、蓄熱も可能です。 他人が貯めた熱を窃盗する、横領することも可能です。 音楽も、小説や映画に関しても、ものとは別に著作権、放送権などを作りますが、コピーだけでなく、視聴権、閲覧権なども問題になるかもしれません。 そうした時に、その横領についてもまた罪を規定するようなことがいいのか、横領についてわざわざ決めなくても、充分に社会的ルールや刑法裁判ができるのではないでしょうか。 このように考えると、電気が横領罪の準用の中に規定されていないのは、元は[横領]の状態が想起しにくかったからであり、その後はことさら[横領罪]を新規に追加する必要がなかったからではないかと思います。 刑法では、情状やその経済的価値を考慮して、電気の窃盗の罪(量刑)を決められるので、今のところ、電気について横領罪を準用する規定まではいらないのでしょう。

次の