セックス ドラッグ。 セックスドラッグは違法なの!?媚薬とセックスドラッグの違いは!?|媚薬ライフ

【衝撃の島】イビサ島のドラッグ事情がマジでヤバすぎる!【実話】

セックス ドラッグ

数年前に一部で「大麻常習者」と報じられており、本人も「以前から違法薬物を使っていた」と認める供述をしているという。 来年1月スタートのNHK大河ドラマ『麒麟がくる』では重要な役どころを任されていたほか、沢尻容疑者は数多くのCMや映画に出演しており、今後は莫大な損害賠償金が発生するとみられている。 報道によると、その金額は5億円にも上る可能性があるという。 長い年月をかけて築き上げた地位を失ってでも、沢尻容疑者がMDMAを使い続けた理由とはなんなのだろうか。 感情を増幅させるMDMA 「MDMAは『セックスドラッグ』などと報道されているが、その効果は使ったときの気分やシチュエーションにも関係する。 一言で言えば、喜怒哀楽の感情を増幅させるんだ」 MDMAの使用経験があるA氏は、こう語る。 「あの頃のバツにはね、そのときの感情を増幅させる効果があったよ。 うれしさも増すし、悲しさも増すんだ。 初めて使ったのは、風俗嬢を呼んだときだった。 何度かプレイしていて、彼女との相性も良かったので、俺だけ飲んだんだ。 『あれして、これして』と超わがままになり、気がつけばプレイ時間が終了していた。 『もう、そろそろ……』と彼女に言われて2回も延長したけど、わがままは相変わらずで最後は彼女が疲れ果てていたな。 2回目は、メールチャットで知り合った初対面の女性と一緒にホテルで飲んだとき。 俺が最初に飲み、数分してから彼女も飲みたいと言ってきた。 何度も会話して打ち解けていたはずだけど、奥底にあった彼女の緊張感が増したのか、クローゼットの中に閉じこもってしまった。 『今はここにいさせて』と言いながら、全然出てこないんだ。 仕方ないから、効果が切れるまで3時間ほど待ったよ。 俺は逆に冷静になってしまったね」(A氏) PTSDの治療薬としても研究が進む MDMAには、ドーパミンなどの脳内ホルモン放出を増大させる効果があるといわれる。 飲んで20分もすると体温が上昇して、心拍数も高まる。 現在はPTSD(心的外傷後ストレス障害)の治療に効果があるともみられており、アメリカでは治療薬としての研究が進んでいるという。 湾岸戦争でのPTSDに苦しむ退役軍人への効果が期待されているとの話もある。 「MDMAはうつ病やうつ症状の人に効果があるのでは?」とA氏に聞くと、こう答えた。 「それはあると思う。 3回目に前述の風俗嬢と一緒に飲んだとき、お互いに目の前の相手が愛しくなってね。 お互いの気分が同じベクトルに向かって増幅していき、ずっとキスしていたよ」(同) MDMAが別名「エクスタシー」と呼ばれる理由が、なんとなくわかる気がする。

次の

人気セックスドラッグおすすめ5選!一番気持ちよくなる薬はどれ?

セックス ドラッグ

覚せい剤を使用したセックスは気持ちいい? 押尾学、酒井法子(2009年)、ASKA(2014年)、高知東生(2016年)……。 近年、薬物の使用・所持で逮捕された芸能人たちだが、これらのケースには共通点がある。 それは、カップルで使用していることだ。 押尾学は、六本木ヒルズの一室でクラブホステスとMDMAを使用して相手は死亡。 ASKAは、10年来の愛人と一緒に覚せい剤を使用したところを逮捕された。 酒井法子は夫(当時)が覚せい剤の所持で捕まったあとに行方をくらましたものの、自らも逮捕されている。 高知東生の場合、横浜市内のラブホテルで一緒にいたクラブホステスと共に現行犯逮捕された。 このようにカップルで逮捕される薬物事件が多いのはなぜか? その因果関係を分析した本が、闇社会のルポで知られるノンフィクション作家・溝口敦氏の書いた、その名もズバリ(新潮新書)だ。 覚せい剤常習者の間では、覚せい剤を使用しながらのセックスを「キメセク」と呼ぶ。 溝口氏が薬物とセックスの関係に着目したのも、「現代において覚せい剤の使用はセックスと切り離せない関係にある、と最初から認識しておいたほうが、薬物をより正確に見ることができるのではないか」と考えたからだという。 「覚せい剤」は「催淫剤」ではない それでは、覚せい剤を使用してのセックスとはどのようなものなのか? 多くの常習者が使用しながらのセックスを好むところからすると、非常に興奮し、勃起も促進されるのかと考えそうだが、そう単純なものでもないらしい。 溝口氏が取材した、ある厚生労働省の麻取関係者は、次のように話している。 「覚せい剤には強い精神興奮作用があり、集中力を高め、眠気や疲労感を除去するなどの効果の他、性的快感を増強する作用があると言われている(しかし性欲を亢進させる、いわゆる催淫剤でない)」 「問題は覚せい剤を使う目的をどこに向けるかです。 ドライバーなら運転への集中力、持続力に期待して使うだろうし、享楽を目的とする物なら、快楽への長続きと、それへの熱中を増すために使うかもしれない」 覚せい剤では射精はむしろ困難に? 溝口氏が取材の結果、推察したところによれば、覚せい剤の乱用者たちは、覚せい剤使用による強烈な快感にセックスの快感を足し算しようとしているのであり、射精そのものに関しては、覚せい剤を使用することでむしろ困難になるのだという。 そのため、覚せい剤と一緒にバイアグラを服用する者もおり、そうでもしなければ「中折れ」する可能性も大きい。 ただ、女性の場合は薬物によって快感の度合いも高まる。 溝口氏は、薬物を使用したセックスを男が好むのは、女が示す強い快感が<男の成功の証>となること、そして射精には至らずとも勃起を維持して続く刺激が快いのではないかと分析している。

次の

人気セックスドラッグおすすめ5選!一番気持ちよくなる薬はどれ?

セックス ドラッグ

多くのタレントがはまったドラッグとオルガスムの関係は? 日本をはじめ世界各国が規制しているものの、独特の多幸感が得られることから若者らに浸透し社会問題化しているレクリエーション・ドラッグ、それがMDMA(3,4-メチレンジオキシメタンフェタミン )だ。 2009年に押尾学、2014年にASKAが所持して逮捕された。 エクスタシーの名で知られるMDMAと、オルガスムの関係を分析した共同研究がある。 2001年、性科学研究者のZemishlany、Aizenberg、Weizmanらは、『オルガスムとMDMAの疫学的研究』を発表した。 米国の成人男女を対象に行った疫学調査によれば、MDMAを使用した男女のおよそ90%以上が「性欲が強まった」「オルガスムを強く深く感じた」と回答。 一方、男性のおよそ40%は「勃起が弱まった」と回答している。 さらにMDMAは、記憶障害を引き起こすという研究もある。 電子版『Addiction』誌(2012年7月)によれば、独ケルン大学のDaniel Wagnerらの研究グループは、1年間にわたってMDMAの使用経験のない149人を対象に、MDMAの使用前後の認知機能の変化を調べた。 その結果、MDMAを使用したグループと、使用していないグループとの間で短期記憶の低下の有意な差が認められた。 つまり、MDMAは記憶障害と相関関係が強い。 マリファナやMDMAよりポピュラーなドラッグといえば、ポッパーズ(亜硝酸アミル)かもしれない。 狭心症の痛みを緩和する亜硝酸アミルは、生殖器周辺の血管を拡張し、血流を促すため、勃起力が強まり、オルガスムが高まるとされる。 だが、吸引しすぎれば、血圧が急降下するため、吸引時はシルデナフィル(バイアグラ)を併用してはいけない。 さらに食欲抑制をはじめ、ADHD(注意欠陥・多動性障害)やナコプレシー(居眠り病)の治療に使われる精神刺激薬のアンフェタミンはどうだろう? 米国の性科学者のMiller、Gold、Kallらの研究(1992年)によれば、アンフェタミンは、神経伝達物質のドーパミンの分泌を促すため、オルガスムが高まる傾向が強い。 しかし、常用すれば中毒化するため、性機能不全、無オルガスム症、妄想型統合失調症などにつながる恐れがある。 このようにドラッグにはオルガスムを促す作用はあるものの、依存性が強く、勃起不全、無オルガスム症などの性機能不全につながるすリスクがきわめて高い。 巷を賑わす覚醒セックス、ドラッグセックスなどの謳い文句に惑わされてはいけない。 違法で有害なドラッグには絶対に手を染めないでほしい。 *参考文献/『オルガスムの科学』、『女と男 最新科学が解き明かす性の謎』ほか 佐藤博(さとう・ひろし) 大阪生まれ・育ちのジャーナリスト、プランナー、コピーライター、ルポライター、コラムニスト、翻訳者。 同志社大学法学部法律学科卒業後、広告エージェンシー、広告企画プロダクションに勤務。 1983年にダジュール・コーポレーションを設立。 マーケティング・広告・出版・編集・広報に軸足をおき、起業家、経営者、各界の著名人、市井の市民をインタビューしながら、全国で取材活動中。 医療従事者、セラピストなどの取材、エビデンスに基づいたデータ・学術論文の調査・研究・翻訳にも積極的に携わっている。

次の