モニカ セレシュ ラケット。 全仏オープンから見る現代テニスの流れ (全文) [テニス] All About

大怪我を克服してテニス界に戻ってきた芝の女王クビトバ。

モニカ セレシュ ラケット

女子テニス界の歴史を塗り替えてしまった大事件から、早くも20年の月日が流れた。 19歳だったがライバルだったの熱狂的ファンに背後から刃物で刺されたのは1993年4月30日。 女子テニスのレジェンドであるは、あの事件がなければ女子テニス界の歴史は大きく変わっていただろうと語る。 それまで世界ランク1位だったグラフを抜いて女王の座にいたセレスは、グラフの祖国であるドイツはハンブルグの大会に出場しており、順当な勝ち上がりをみせていた。 準々決勝ではと対戦し、6-4, 4-3とリードしたコートチェンジの時、チェアーに座っていたセレスは、背後から暴漢に襲われ2年4ヶ月のツアー離脱を余儀なくされてしまった。 「セレスは、恐らくもっと多くの優勝を飾っていたでしょう。 (24度の優勝の)やグラフを抜いて、グランドスラムの最多優勝者になっていたかもしれない。 グラフは22度のグランドスラム優勝があるけど、あの時はライバルと呼べる選手がいなかった。 あの事件の犯人は、女子テニスの歴史を大きく変えてしまった。 それは疑う余地もない。 」 18度のグランドスラム優勝を誇るナブラチロワはそう語る。 セレスが世界で活躍するまでは、グラフの独壇場だった女子テニス界。 グラフ時代がしばらく続くかと思われていたが、セレスが登場して状況は一変。 女王だったグラフの座を奪う活躍を始めていた。 グラフが初めてグランドスラムの舞台に立ったのは、当時は全豪オープンがシーズン終わりの11月に行われていた時代の1983年5月の全仏オープン。 当時グラフは、13歳と11ヶ月だった。 そして、初めてグランドスラムを制したのは1987年の全仏オープンでグラフが17歳11ヶ月の時だった。 グラフより4歳6ヶ月年下のセレスがグランドスラムに初登場したのは、1989年の全仏オープンで当時15歳と6ヶ月。 そして、翌年の全仏オープンでは初優勝を飾った。 その後セレスは、19歳5ヶ月だった時に事件に襲われるまで、8度ものグランドスラム優勝を飾っており、グラフが19歳5ヶ月だた時と比べると、3度も多くのグランドスラムの優勝を飾っていた。 2年4ヶ月後に復帰したセレスは、1996年の全豪オープンしか優勝を飾る事がなかった。 セレスと親交の厚いメアリー・ジョー・フェルナンデスもナブラチロワのコメントにこう加えていた。 「セレスの記録を見ると、人々は忘れてしまうかもしれない。 セレスは、9度のグランドスラム優勝がある。 もちろんその事自体、素晴らしい事。 でも、あの事件がなければ、少なくともその2倍のタイトルは獲得していたでしょう。 当時の彼女は、全く別のレベルにいた。 」 今年の12月で40歳を迎えるセレス。 生まれは当時のユーゴスラビアだが、ツアー離脱中の1994年3月にアメリカ国籍を取得し、現在もアメリカはフロリダ州で生活を続けている。 セレスは、事件直後に病院へ運ばれ治療を受けた。 外傷は時間が経てば回復へ向かったが、心の傷が癒えるにはかなりの時間を要した。 復帰したのは1996年の8月。 カナダはトロント大会で、1セットも落とさず圧倒的な強さを見せ優勝。 その後、出場した全米オープンでも順当に決勝進出を果たし、決勝戦ではグラフと対戦。 その時は世界ランク1位だったグラフと、特別措置で1位の座を守られていたセレスとは、世界ランク1位同士の決勝戦となったが、フルセットでグラフに軍配があがった。 女子テニス界の歴史を大きく変えたこの事件。 その後のテニスシーンにも影響を与えている。 コートチェンジ時のチェアーに座ると選手は観客に背中を向けているが、今ではボールキッズがコートから選手へ向かって立ち、選手の背後を監視するようなセキュリティ対策が取られている。 犯人は当時38歳だったグエンテール・パルチェで、その場で抑え込まれ逮捕された。 彼は1000ドイツマルク(当時約6万5千円)を持ち、セレスが次に出場する大会の地のイタリアへの航空チケットを持っていた。 伝えられたところによると、現在彼は寝たきり状態でドイツはチューリンゲンの福祉施設にいるという。 その後パルチェは、精神疾患との診断も下され、2年間の執行猶予の判決が下されたにすぎず、セレスはその後1度もドイツを訪れる事はなかった。 セレスは、自身の自叙伝で「何千人もの観客の前でコートの上で刺されたのです。 あの事件から、自分自身を遠ざける事は不可能です。 あの事件で、私のテニス人生は一変してしまいました。 そして、完全に心に傷を負ってしまったのです。 あの一瞬で、私は全く別の人間になってしまったのです。 」と、綴っている。

次の

Yテニスショップ

モニカ セレシュ ラケット

今年2008年も5月25日(日)~6月8日(日)までの2週間、テニス界でもっとも過酷で盛り上がる大会といわれる全仏オープンテニスが始まります。 全仏は、レッドクレーという日本ではあまり見ることのできないサーフェスで行われます。 今回は、その全仏を通して現代テニスの流れを見ていきます。 1989年、マイケル・チャンの優勝現代テニスの源流が表出 過酷で盛り上がると評される全仏の歴史を振り返ると現代テニスの流れが見えてくる 1989年のマイケル・チャンの優勝は、忘れられない出来事の一つ。 マイケル・チャンはトップスピンを使い、サーブも含めボールスピードは速くありませんでした(もちろん、一般のレベルで考えるととても速い)。 「あんな遅いボールで勝てるものなのか?」と懐疑的になったこともありましたが、レッドクレーで走り回り、アングルショットや深いボールとドロップショット、当時あまり多く見られなかったムーンボールと言われる高く跳ねるボール、バックハンドのライジングショットを駆使。 今でこそ当たり前の技術や戦術で、現在ではよりパワフルに、アグレッシブに利用されています。 ただ、当時はどのように対処するべきか分からない選手が多く、単に「トリッキーである」とか「守備的である」と分類されてしまうはめに。 マイケル・チャンは優勝候補だったイワン・レンドルに準決勝で勝利していますが、そのときはアンダーサーブまでが飛び出しています。 痙攣が起こり始めていたというのがアンダーサーブの理由でしたが、イワン・レンドルのリズムを崩す理由の一つになっていたのは間違いないと思います。 マイケル・チャンは1996年に世界ランキング2位に。 その頃、体も太くなりアグレッシブにプレーする回数が大きく増え、サーブも強化されていました。 ただ、スピンを利用したムーンボールの数は減っています。 その理由は、マイケル・チャンのトップスピンに対して対戦相手が対応しはじめたこと、レッドクレー育ちでよりスピン量の多い選手にとっては、打ちやすいボールになってしまっていたからだと考えられます。 マイケル・チャンは、サーブ&ボレーこそしませんでしたが、ヘビースピンやラインジング、ドロップショット等多彩な技術を駆使。 そしてフィジカルを鍛え、コートを激しく駆け回るという現代テニスの源流だったと言えるかもしれません。 1990年、モニカ・セレスの衝撃インサイド・ベースラインの始まり モニカ・セレスは今年2008年WOWOWのテニスアンバサダーに就任 16歳で全仏優勝したモニカ・セレスの出現は、あまりに衝撃的な出来事でした。 ボールを打つ際、大きな声を出し、コートの中で攻撃的なテニスをする、そんなテニスの優雅なイメージからは程遠いプレーは、「こんなテニスがあっていいのか?」と当時の解説者を困らせていたのを覚えています。 あまりの強さが、ヒール的役割を負わされることにも。 モニカ・セレスは、インサイド・ベースライン(コートの中にポジションを確保し、相手をコート外に追い出し攻撃的なテニスをやりきる)の先駆者。 よりスピードとパワーが要求される現代テニスの主流を作ったといっても過言ではないでしょう。 その後リンゼイ・ダベンポート、ジェニファー・カプリアティを経て、セリーナ・ウィリアムズ、ビーナス・ウィリアムズ、マリア・シャラポワ等のスピードとパワー、インサイド・ベースラインのテニスが主流になるまで約10年かかります。 ちなみにガイドが彼女に「いつからそういう(インサイド・ベースライン)テニスをしようと思ったの?」と聞いた時、「7歳でテニスを始め、父親と駐車場で練習していた頃から、そのテニスをしていたよ」とのことでした。 彼らは最高のテニスをもっとも近い場所で見てるといえる モニカ・セレスの登場から少し遅れた1992年、男子優勝したのが、セルジ・ブルゲラ。 スパニッシュテニス時代の到来です。 セルジ・ブルゲラのテニスは、モニカ・セレスとは同列に語れるものではありませんでした。 スパニッシュテニスの代名詞はヘビースピン。 回転を多く使い、相手をコートの外に追い出します。 ベースラインのはるか後方から、ネットの高いところを越してヘビースピンのボールを打ちます。 これもまた衝撃でした。 その後、男子はベースラインから3メートル、5メートルと下がってプレーできる(ポイントが奪える)のが当たり前になりました。 その後、1998年に優勝したカルロス・モヤもスペイン人。 カルロス・モヤのテニスは、セルジ・ブルゲラのテニスとは少し違い、ベースライン上でテニスをする回数が増えました。 すると、クレーコートだけでなくハードコートでも勝てるようになってきたのです。 スペイン人の優勝は、2002年アルベルト・コスタ、2003年ファン・カルロス・フェレーロを経て、2005年から2007年ラファエル・ナダルと続きます。 ラファエル・ナダルになると、ヘビースピンを利用したままボールを叩き込むという感じです。 ボールの変化は、映像で見てもびっくりするほど分かります。 トッププロ選手ですらその変化についていけず、ボールの後ろに十分追いついているのにミスをすることがあるほど。 ラファエル・ナダルのもう一つすばらしいところは、2006、2007年と芝コートであるウィンブルドンで決勝に進んだことです。 芝のコートはレッドクレーとは反対にボールがよくすべり、大きくは跳ねません。 レッドクレーに強い選手は、早いテンポや低い打点の処理を要求されるので本来は不利とされています。 ただ、ナダルには勝てる理由があります。 芝は速いコートではありますが、変化をしやすいコートでもあります。 ナダルのボールは回転量によって変化の仕方自体が大きく変わり、対処しづらいのです。 低い打点や早いテンポも克服しているので、負ける要素がほぼ見つかりません。 スーパーマンとも評されるロジャー・フェデラーは、ナダルの変化あるボールをしっかりコントロールしてスライスで何度も低く集めたり、早いタイミングで仕掛けるなど多彩な攻撃で勝利していますが、ナダルはフェデラーがいなければ優勝していたことでしょう。 ちなみに1998年以降、クレーコート育ちでない選手の全仏優勝者は、1999年のアンドレ・アガシただ一人です。 ジュスティーヌ・エナン、ロジャー・フェデラートータルバランステニスの今後ロジャー・フェデラーは、全仏での優勝こそありませんが、言わずと知れたトータルバランスのプレーヤー。 どこからでもポイントを奪うことができ、ネットプレーも含めなんでもできる選手です。 女子でこの3年間優勝しているのは、ジュスティーヌ・エナン。 数少ないベースラインの後ろからでもポイントの取れる選手であり、トップスピンを上手に使い、ベースラインの中でもしっかりプレー。 バックは片手ですが、早いタイミングでのダウンザラインも魅力で、ショートクロスなどのショットも得意。 どこからでもポイントが取れるトータルバランスを持っています。 フェデラーと共通している点は、フィジカルとメンタルの強さを兼ねそろえた安定感といえるでしょう。 特にこの1年、1980年後半の選手の活躍が目立つようになってきているのですが、彼ら彼女らはエナン、フェデラーのテニスを見て育っている世代。 どこからでもポイントを取れるパワー、スピン、多彩な技術を持つ選手が増えてきているのです。 1985年生まれでロジャー・フェデラーと同じスイス出身のスタニスラス・ワウリンカ(Stanislas Wawrinka)はトップ10に入ってきました。 日本の錦織圭も1989年生まれ。 錦織圭は技術的にも戦術的にも伸ばすべき点は多いのですが、それは誰もが通る道で今後が楽しみ。 全仏が始まる頃には、その見どころや注目の選手をお伝えしたいと思います。 <関連リンク>.

次の

【楽天市場】テニスラケット > ウイルソン(Wilson):Yテニスショップ

モニカ セレシュ ラケット

マルティナ・ナブラチロワは2019年に国際テニス連盟の殿堂入りした。 1990年代にコートに立ったテニス選手は、伝説に満ちている。 マルティナ・ナブラチロワ、アンドレ・アガシ、シュテフィ・グラフのようなテニス界のレジェンドが活躍し、今日のコートを支配する世代への道を開いたのだ。 彼らの成功はテニスの歴史に永遠に残るものだ。 そしてなかには今でもテニスに関わっている人もいる。 ロジャー・フェデラー、セリーナ・ウィリアムズ、ラファエル・ナダルは今日のテニス界の大物かもしれない。 しかし、未来への道を切り開く偉人は必ずいる。 彼ら、現代のスターがコートに現れる前の世代はレジェンドであふれている。 アンドレ・アガシ、シュテフィ・グラフ、ピート・サンプラスといった1990年代を支配していた選手たちだ。 彼らの成功はテニスの歴史に永遠に刻み込まれている。 彼らの中には今でもテニスに関わっている人もいる。 90年代のテニス界の大スターと彼らの現在を紹介しよう。

次の