グラン エスターク。 【DQMJ3プロ】グランエスタークを入手・仲間にする方法【ドラクエモンスターズジョーカー3プロフェッショナル攻略】

グランエスターク

グラン エスターク

「グランエスターク」は、SSランクの???系のモンスターだ。 このモンスターを仲間にするのは結構大変で、時間がかかるかもしれないが、少しずつコツコツ手順をこなしていこう。 ステップ1:4つの勾玉を手に入れる ステップ2:大魔神像を手に入れる ステップ3:光のオーブを手に入れる まず、ホーガンと話した後、「黒鉄の監獄塔 3階 動力区」へ行く。 その後、再びホーガンと話した後、「センタービル 地下1階」にいるルボローと話す。 そして、「センタービル1階」にいる少年レオソードから「光のオーブ」を入手することができる。 ステップ4:光のオーブに力を戻す 「光のオーブ」に力を戻すためには、各地にある「真実の空間」を訪れなければならない。 そして、各「真実の空間」では、それぞれ特定のモンスターを持つことが要求される。 全ての「真実の空間」で要求されたモンスターを連れて行くと、光のオーブに力が戻る。 ステップ5:黒鉄の監獄塔へ行き、グランエスタークと対戦 再び「黒鉄の監獄塔 3階 動力区」へ行くと、屋上におそろしい気配がするというメッセージが表示される。 そして屋上へ行くと、グランエスタークが待ち構える。 グランエスタークを倒すと、仲間になる。 【動画】グランエスタークとの戦闘、撃破.

次の

【DQMSL】七幻神・グランエスタークの性能を評価

グラン エスターク

捏造って書き方嫌い -- 名無しさん 2014-03-08 07:17:33• 一瞬ドラクエ7の地名かと -- 名無しさん 2014-03-08 08:48:27• しん・りゅうおうの強さはそれだけじゃないけどね(ギャンブルカウンター、いあつ、ときどきバイキルト) -- 名無しさん 2014-03-08 13:22:22• 4回行動で弱い訳が無い -- 名無しさん 2014-03-08 14:09:26• ……ん? これエスタークが進化の秘法を完全にものにした姿じゃなくて石像? -- 名無しさん 2014-03-08 21:36:03• いや、あくまでもこの魔神象はゴーレムの一種のはず。 ただし規模がけた違いなだけで。 欠点は完全体になってミラクレアが融合すると命令を下せる存在がいなくなること、かな。 -- 名無しさん 2014-03-10 22:13:38• 何故てんくうの世界にメタルゴッデスを配置しなかったしスタッフ -- 名無しさん 2014-03-11 00:41:57• ある意味エビルエスタークと似た存在? -- 名無しさん 2014-09-15 23:01:55.

次の

グランエスターク

グラン エスターク

エスタークとは、に登場する地獄の帝王である。 「の秘法」を生み出した本人。 ので眠っている。 版では玉座で眠っているエスタークの前に立つと会話しで即に突入するが、版では前に「 なに…やつだ……。 わが眠り… さまたげる者は……。 」というわずかなが追加されている。 に入っても最初は眠っていて、起きると不全なローテーションで行動する。 眠っているときにぶきみなを発動させたりする。 また、このときの彼の色はである。 高い攻撃と強なこごえるを扱うが、マが高で効くという特徴がある。 しかし、眠っている時のぶきみな連打の方が下手すれば起きているときよりしい攻撃になるため、素直に起こしておいた方がいいかもしれない。 にあるにはエスタークについて書かれた本があり、その内容を人がって聞かせてくれる。 それによると元々エスタークはの王であり、「の秘法」を作り出して自らを究極のにさせた。 このとき「の」が不足していたためにの秘法は全ではなかったという。 そして、や人たちがエスタークと戦い、エスタークを地下深くに封じこめたのだという。 だが作中の第5章においての鉱山でエスタークの眠るが掘り当てられてしまい、エスタークが復活することになってしまった。 らたちはエスタークを「地獄の帝王」と呼び、復活後に自分たちのに迎えようとしていた。 また、エスタークが実際に復活する前にも「」「地獄の帝王」といったはたちが時々会話に出している。 「地獄の帝王が復活する」「地獄の帝王を倒すことができるのはのみ」という予言があったとのこと。 第1章でがさらわれていたり、第5章での生まれ育った隠れ里がらに襲われるのもこの予言のためである。 ただしこの予言について、具体的にがもたらしたものなのかは作中ではられない。 らは、地獄の帝王エスタークが全に覚める前に戦いを挑み、これを討ち果たす。 ここに「が地獄の帝王を倒す」という予言が成就したかのように見えた。 だがその後、「の秘法」によってまた新たな「地獄の帝王」が誕生するのだった。 なお、倒れたエスタークを調べると、「 」のが表示される。 ただしでは「ただのしかばねのようだ」のが表示されたのにしていたが他に存在しており(オー)、後述のよQ5でも登場するため、「実はこの時にエスタークは滅びてはいなかった」と解釈されることもある。 版では、数万年前にの()に戦いを挑んだの。 「の秘法」が不全だった為ににし、地の底深くに封印された。 その後、「を自分の身体の近くに引き寄せる」というにより、の殻の中に閉じこもったままの中で眠り続ける。 皮な事にこのを掘り当てた達によっての町が作られ、更に噴き出した瘴気によって多くの人々が犠牲となっていった。 の終盤近くで、の坑でエスタークが発見された事がから告げ知らされる。 、エスタークと叫び、「死()」と「闇()」を奉じて歓喜に沸く達が大挙してをし、それを追って一行もへと急ぐ。 しかしエスタークの復活直前、達にするロザリーを連れ去られた事を知ったが封印の間を去り、入れ違いに一行が到着。 最悪のでエスタークは復活を果たし、圧倒的な強さでたちを苦しめた。 焦燥するだったが、エスタークの様子を観察したが「まるでが覚めたばかりでぐずっているのようだ」と気づき、ばちかで子守唄を歌って眠らせる事に成功。 の渾身のが動きを止めたエスタークを凍りつかせ、残るが一気に打ちかかる事で粉々に破壊された。 封印されていた気球で一行は脱出に成功するが、直後にの坑は崩壊し、多数のが巻き添えとなった。 ロザリーばかりか部下のほとんどを死なせてしまい、の淵に立たされただったが、探索を命じていた「の」が届けられた事で、全てを失った自らを「の秘法」にげ、第二の、そして全なる「地獄の帝王」へと変貌する事となる…… 攻撃パターン• こごえる• 大きく息を吸い込む 気合ため• のより圧倒的に強いため、彼のをさらに薄くした。 ちなみにの時と同じく、いつも寝ていたためかマがよく効く。 しかもVではぶきみなのような行動がないため、このことを知っているには眠らされた挙句にされることも少なくない。 ただしのため起きるのも結構い。 」という言葉を残し、掛かった数を教えてくれることから、一定以内に倒すとになるといったが出回った。 版ではこのを受けて、本人こそにならないものの、『 プチターク』という彼のがになる。 ちなみに、彼が居るの中にあるすごろく場が密かな楽しみなようである。 上記のように、ながら妙に親しみの持てる付けがされている。 またでも「名前しかせない」「自分が善なのか悪なのかそれすらもわからない」とっており、戦いになるのも「私を ほろぼすために やってきたのか?」という問いに「はい」と答えたとであって言わばともとれる。 これらのためか、のからはあまり「悪」といった印で見られることが少ない。 初登場したでほとんどがく、本作での印の方が強いこの傾向にしているかもしれない。 攻撃パターン• 不規則行動。 灼熱の炎• さらなる隠し要素「追憶の」のとして登場する。 相変わらず眠っており、覚めたと同時に質問を行いとなる(ただし今回は「いいえ」を選択し続けると「意味もなくを覚せたのか」と逆上して結局になる)。 本作の裏にふさわしく 99かつ全でも苦戦するほどの異様な強さ。 通常攻撃はほどのを弾きだし、やはエスタークのみの特別で通常の倍以上の威(例:で全体ほど)。 灼熱もこの直前に戦う追憶の同様特別で、全体に0以上の。 それに加え、の(系、ほどの)、を突き立てる(系、全体40)ととにかく全体攻撃が非常にしい。 さらに必殺の一撃という特殊攻撃があり、これは 必中かつ以上のという即死技。 素んと をえており(:、エスターク: )、の装備を整えたやくらいしかを取れない。 攻撃がしいためが欲しいがの素さが低めのためはほぼ必須(の素さは回避にも関わるので重要)。 攻撃は当然のようにである、しかし上記した全体攻撃の数々の方がである上に回避可なため、通常攻撃の方がよほど有情である。 幸いなのはここまでの追憶で多かった3回行動ではなく、全止まりな点か。 正攻法で戦うのならとにかく威のブやへの対抗策が必要。 特に耐性はのやを突き立てる対策にもなるためこちらを優先しよう。 幸いこの時点でブ・半減ののが2つ入手できるので、やにぜひとも装備させること。 前者はもはや焼け石にになっている。 やバもかけたいところだが、最優先でをかけ、を取れるようにしよう。 も頻繁に行うので溜め戦法は得策ではない。 …と、ここまで正攻法で戦った場合の法を書いたが、実はこいつには致命的な弱点がある。 そう、をしている人なら察しは付くと思うが、 が弱耐性止まりなのだ。 、と(マ)を使えるが複数いるためハメ倒十分可。 どうしても勝てないと思ったらこの戦法でジワジワとろう。 ただしなため割とあっさりとを覚ます。 油断は禁物である。 すれば初回は「の」を入手。 これは2倍という恐ろしい…なのだがもう使う相手は少ないためオマケのようなもの。 2回以降は規定数以内に倒すとが変化する。 以上のように歴代のの中でも屈の強さを誇るが、法がしたは(の装備が前提だが) 最短2で撃破可となった。 その他• ではエスターク自体は登場しないが、後の隠しに『エスターク』という彼によく似たが登場する 姿はエスタークを模したと色ののにの顔がくっ付いた感じ。 「」が発売されてしばらくしてからより出版された短編集的な書籍において、「エスタークが意外なことに元々はではなかったことはよく知られている。 だがでなければなんだったのかというと、人であったとかであったなどの諸説があり、はっきりしない」という要旨の短い記述があった。 ただし、たとえから出版された書籍の記述でも、そういった等での記述は基本的にはの設定ではない。 その書籍の記述にされたのかもしれないが、エスタークの「素性」「正体」について、で登場したである、と関係がある、などと噂したり、幾つかの根拠を元に様々にするもいる。 ただし、どれもこじつけや憶測の域は出ていない。 設定の範囲内では、彼の素性については「かつてのの王で、の秘法を使って強大な存在となった」というの作中でられたことが全てである。 なお、体色の違いからとVのエスタークは別人で、Vのエスタークは記憶を失ったではないかという推測もあるが、ズではエスタークの体色が色で統一されているし、でのの最期や6章の存在からその可性は否定されていると見ていい(一応6章はパラレルのようなものとでも説明されているが)。 前述どおり、の有名なで、「とあることをすればエスタークがになる」というものがあった。 これはエスタークを倒すと何で倒したかをわざわざ教えてくれること、Vはという新しいが出来たばかりの作品だったことがが出来た原因である。 なおの内容は地域によって違い、「規定以内に倒す」「とあるを使って規定以内に倒す」など多種にわたる。 Vの発売から数年経った後もまだ広まっていたため、ついにはが「エスタークがになるというのはです」と発表したほどであった。 このをが採用した結果できたのが、でのさんによる、Vでのプチタークである。 ズでも当然他のたちと同様に登場しており、1・2ではと(ともにの秘法つながりの)を配合することで誕生。 さらにと配合でが、2ではとの配合でが誕生する。 またからは後のとして登場しており、10以内に倒すとになる(はもちろん上記の、のみ限なし)。 2以降はボディの3の巨大として登場している。 ちなみに2では3中は最高ながらも、攻撃はという今までの見たと威厳を覆すような設定になっていたためにされていたが、()からは新たなの追加や値の強化により大幅に強くなった(その代り今度は素さがまで落ち込んだが)。 なおからは配合方法が変更され、作るのはかなり難しくなっている。 またでは版のエスタークもものすごく強化されており、は、各は味方版の上限の2倍近くまであり、特に 攻撃0という恐るべき攻撃でを屠るのとして君臨していた。 しかも「ウトウト」によって開幕時に寝ていることがあるが、さらに「ねがえり」があるため寝ている状態でも攻撃してくるため、「らなど眠っていても勝てる」という通りにやられることもしばしば。 の流れを受け継いだテリおよびでも登場。 テリでは200種類以上のを集めるとが解放されるため、頑れば前でも戦える。 では撃破後に貰える鍵ののを務めており、いずれも同様10以内に倒せばにすることが可(の場合はとあるからにすることは推奨されていないが)。 さすがによりはしているものの、相当な強さを誇る。 亜種一覧 デスピサロ の。 の王となりを根絶やしにすべく、エスタークと同じ「の秘法」を自身に使う。 その結果、ウンテンでが見たその姿はエスタークそっくりになっていた。 魔界に君臨するとされており、両手にを持ったずくめの姿をしている。 に「てっこうまじん」と「」がいる。 の部に顔があり、エスタークよりは頭部が再生する前のに近い姿をしている。 エスターク自身とは直接関係ないが、では「自分が善なのか悪なのか、そもそも何者なのかさえも分からない」と、エスタークのを言う。 とも言える高い攻撃を持ちながらを放ち、さらにや凍えるによる全体攻撃、挙句の果てにはまで使う強敵。 グランエスターク に登場した。 後の裏に登場する。 元々は「狭間の」に対抗すべくがたちの協を得て作らせた像。 最初はを持っていないエスタークのでしかないが、かつてののであり、のである「オリ」がに、「リアさま」が に、「マンモデウス」がとなり、最後に自身が像とすることで全体となる。 その姿は全身がくくのよう。 ボディのであり、「ひん死で会心」と「会心出やすい」のを持つことから、対戦においては新生配合で「亡者の執念」のを与え、時に自動復活する「オラル」とし、会心を連打するが流行した。 凶エスターク で登場した。 「」の一種で、かつてに敗れてになったエスタークが強なマ素ので繋ぎ直されたものであるという。 の例に漏れず、全身がマ素に浸食された禍々しい姿をしている。 「の遺伝子」と呼ばれるを集めることでこいつを出現させることができるように なる。 「」と配合するとエスタークになる。 災厄の王 に登場した。 世告げのが予言した災厄の正体で、覚めた直後にガケっ村を半壊させる。 で先行開されたその姿がエスタークそっくりであり、の度肝を抜いた。 もちろんエスタークそっくり。 全身がずんでおり、ところどころに色の装飾がある。 「の秘法」の「の霊」ので、王が最も栄えた時代の偉大な王であったが、同時に孤独な生涯を送った王でもあったと言う。 攻撃は高いがモーションが長い技が多く回避しやすい。 霊をし続けた実があれば倒すのはそう難しくない。 ちなみに当初は「・」という名前を付けられていたが、あまりにそのままなせいかからダメ出しを食らい、の名前になったという経緯がある(での)。 関連動画 左:版エスタークの。 右:でのエスターク。 エスタークの姿。 関連商品 関連項目•

次の