爪 剥がれそう。 足の爪が剥がれそうな時の処置は?生える?病院にいくべき?

足の爪が剥がれそうな時の処置は?生える?病院にいくべき?

爪 剥がれそう

原因 原因は多岐に渡りますが、多いものとしては慢性的な爪への外力(キーボードやピアノを打つなど)やマニキュアの慢性的な使用などです。 また、爪甲剥離症は何かしらの病気を原因として発症することもあります。 具体的には、以下を例に挙げることができます。 全身性疾患に伴う 、循環障害、甲状腺機能異常、、、ペラグラ、、、、、、など 皮膚疾患に伴う じんじょうせいかんせん 、 へんぺいたいせん 、 しっしん ・、、爪の先天異常など 局所性 外力(機械的刺激)や、真菌性(カンジダ、 白癬 はくせん 、マラセチア)、、爪の(マニキュアやネイルポリッシュ、ヘアスプレーなど)、爪甲下腫瘍( 疣贅 ゆうぜい 、 有棘 ゆうきょく 細胞がんなど)、光線性爪甲剥離など そのほか、テトラサイクリン系などの薬剤を内服中に日光照射を受けて爪甲剥離症が発症することもあります(光線性爪甲剥離)。 このように原因が多岐に渡る爪甲剥離症ですが、明らかな原因を同定できないこともあります。 症状 爪は本来、指にしっかりとくっついており、はがれることはありません。 しかし、爪甲剥離症を発症すると爪の先端から徐々に爪がはがれてしまい、指と爪の付着が弱くなってしまいます。 爪がはがれた場所は、全体的に白色や黄色っぽく変色します。 ただし、細菌感染症が関与している場合には緑色に変色することもあります。 なお、爪甲剥離症では、1本の指が影響を受けるのみではなく、複数の指が同時に影響を受けることがあります。 原因疾患によっては 、その病気に応じた症状を伴うことになります。 たとえば、に関連した爪甲剥離症では、爪がはがれる数日から数週間前に手足口病の症状(手足や口の中の水ぶくれ、発熱、喉の痛みなど)がみられます。 また、甲状腺機能の異常を原因とする場合には、動悸や疲れやすさ、寒がりなどの症状がみられます。 治療 治療は、原因となっている状況に対してのアプローチをとることがとても大切です。 たとえば、マニキュアの使用が原因となっている場合には、マニキュアを控えることが重要となります。 甲状腺機能の異常が原因となっている場合には、甲状腺機能を是正するための治療方法(甲状腺ホルモン補充療法や手術など)がとられます。 また、状況に応じて、抗生物質や抗真菌薬、ステロイド、免疫抑制剤などの使用も検討されます。 爪甲剥離症では、一度はがれた爪が再度指にくっつくことはありません。 ただし、爪が伸びていく過程で問題となっている爪の部分が先端へと移動し、最終的には指から除去することが可能となります。 原因対策を行うことで新しく生じる爪はしっかりと指にくっつくことが期待できるため、時間と共に問題となっている爪が健康な爪に置き換わるのを待ちます。

次の

爪が剥がれてめっちゃ痛い!対処法はどうする?行くべき病院って?

爪 剥がれそう

原因 原因は多岐に渡りますが、多いものとしては慢性的な爪への外力(キーボードやピアノを打つなど)やマニキュアの慢性的な使用などです。 また、爪甲剥離症は何かしらの病気を原因として発症することもあります。 具体的には、以下を例に挙げることができます。 全身性疾患に伴う 、循環障害、甲状腺機能異常、、、ペラグラ、、、、、、など 皮膚疾患に伴う じんじょうせいかんせん 、 へんぺいたいせん 、 しっしん ・、、爪の先天異常など 局所性 外力(機械的刺激)や、真菌性(カンジダ、 白癬 はくせん 、マラセチア)、、爪の(マニキュアやネイルポリッシュ、ヘアスプレーなど)、爪甲下腫瘍( 疣贅 ゆうぜい 、 有棘 ゆうきょく 細胞がんなど)、光線性爪甲剥離など そのほか、テトラサイクリン系などの薬剤を内服中に日光照射を受けて爪甲剥離症が発症することもあります(光線性爪甲剥離)。 このように原因が多岐に渡る爪甲剥離症ですが、明らかな原因を同定できないこともあります。 症状 爪は本来、指にしっかりとくっついており、はがれることはありません。 しかし、爪甲剥離症を発症すると爪の先端から徐々に爪がはがれてしまい、指と爪の付着が弱くなってしまいます。 爪がはがれた場所は、全体的に白色や黄色っぽく変色します。 ただし、細菌感染症が関与している場合には緑色に変色することもあります。 なお、爪甲剥離症では、1本の指が影響を受けるのみではなく、複数の指が同時に影響を受けることがあります。 原因疾患によっては 、その病気に応じた症状を伴うことになります。 たとえば、に関連した爪甲剥離症では、爪がはがれる数日から数週間前に手足口病の症状(手足や口の中の水ぶくれ、発熱、喉の痛みなど)がみられます。 また、甲状腺機能の異常を原因とする場合には、動悸や疲れやすさ、寒がりなどの症状がみられます。 治療 治療は、原因となっている状況に対してのアプローチをとることがとても大切です。 たとえば、マニキュアの使用が原因となっている場合には、マニキュアを控えることが重要となります。 甲状腺機能の異常が原因となっている場合には、甲状腺機能を是正するための治療方法(甲状腺ホルモン補充療法や手術など)がとられます。 また、状況に応じて、抗生物質や抗真菌薬、ステロイド、免疫抑制剤などの使用も検討されます。 爪甲剥離症では、一度はがれた爪が再度指にくっつくことはありません。 ただし、爪が伸びていく過程で問題となっている爪の部分が先端へと移動し、最終的には指から除去することが可能となります。 原因対策を行うことで新しく生じる爪はしっかりと指にくっつくことが期待できるため、時間と共に問題となっている爪が健康な爪に置き換わるのを待ちます。

次の

子供の爪が剥がれた時に真っ先にすべき処置は消毒!その後は

爪 剥がれそう

爪が剥がれの原因と対処方法 生まれて初めて爪が剥がれてしまったので、どうしたらいいのか全く分かりません。 爪が剥がれたらどうしたらいいのか?ネットでいろいろと検索してみたんです。 爪が剥がれる原因って、人それぞれで違うもんだな~と見ていて思いましたよ。 ぶつけて爪が剥がれた! 一番原因のわかりやすい爪の剥がれ方ですね。 ぶつけたり物を落としたり引っ掛けたり、爪に強い衝撃が加わることで割れたり剥がれたりしちゃいます。 私の爪が剥がれたのも柱に足の小指をぶつけたのが原因です。 強い衝撃で爪が剥がれかけた場合、 無理に爪を取ってしまわずに絆創膏やテープで爪を固定するのが良いようです。 完全に剥がれてしまった場合にも、 爪を剥がれたところに戻してあげて同じく固定するのが良いようですよ。 其の後、病院で診察してもらうのが一番安心です。 「病院の何科に行ったら良いのかわからない・・・」 ぶつけたり指に物を落として剥がれた場合、 打撲や骨折の可能性もあるので「整形外科」が良いと思います。 爪剥がれは 「皮膚科」でも診察してくれるので、病院に状況を電話で伝えて、診察できるかどうかを確認してから向かうのがオススメです。 タンスの角に小指をぶつける想像だけで痛い。 病気で爪が剥がれた! 爪をぶつけたわけでもないのに、 爪の形や色などが変化して剥がれてしまうということもあるようです。 「菌」が悪さしていることもあるし、「ストレス」や「栄養不足」で爪が剥がれることもあるそうですよ。 さらにはもっとヤバイ病気の可能性・・・なんてこともあるので 病院で診察してもらうことをオススメしますよ。 このような場合は 「皮膚科」で診察してもらう場合が多いようです。 この場合も剥がれた爪を元の位置に戻し、絆創膏やテープで固定して診察に向かいましょう。 いつの間にか剥がれた! 「爪でガリガリ擦ってたら」とか「走ってたら」なんて時にも、爪が剥がれることがあります。 知らないうちに「あれ?いつの間にか剥がれてた・・・」なんてことも。 爪に負担がかかりすぎたというのもあるでしょうし、ぶつけたり病気などで剥がれかけていたなど、 原因が特定しづらい爪の剥がれ方です。 剥がれた爪を元に戻し、 固定して病院で診察してもらうのが一番ですが、「これくらいなら大丈夫じゃないか?」と言う場合には、 そのまま様子を見るというのも方法の1つです。 ですが、 勝手な自己診断で対処法を間違えると、更なる病気に繋がる可能性があります。 「自己責任での判断」と言う形になってしまい、他の誰も責任がとれないので注意してください。 病院で診察してもらうのが一番安全です。 爪が剥がれたら 「整形外科」または 「皮膚科」に連絡して、どうしたらいいか?診察してもらえるか?を確認することをオススメします。 爪が剥がれたときの消毒について 爪剥がれに限らず、擦り傷や切り傷など軽い創傷の場合、 傷口の消毒に関してはいろんな意見があるようです。 昔は転んだりして怪我したときには化膿しないように消毒して、絆創膏やガーゼで傷口を押さえておくというのが定番でしたね。 絆創膏などは使わずに、「傷口を乾かしてカサブタを作っておけば治りが早い!」なんて教わったこともありました。 最近では傷口を消毒せずに、 傷口から出る透明の液で湿らせておく「湿潤療法」なんていう治療方法もあるようです。 消毒と言うのは悪い菌を倒してくれるけど、良い菌の「常在菌」にまで殺菌してしまう、傷口の細胞に対して刺激が強くて治りを遅くしてしまう、というお話もあります。 傷口から出る透明の液 「滲出液」には、傷を治してくれる成分が豊富です。 滲出液で満たすように傷口を押さえてあげるのが早く、そして綺麗に治すコツのようですよ。 ただし、 滲出液でジュクジュクした状態は菌が繁殖しやすく化膿する危険性もあるので、どんな治療方法にするのかは病院の先生との相談してから決定するのをオススメします。 爪が剥がれたと思ったけど、実は治りかけだったみたい。 爪が綺麗に生えてくるようにタンパク質を取る 爪の主成分って ケラチンというタンパク質だそうです。 タンパク質を多く含む食品と言えば 肉、魚、卵、大豆、乳製品です。 低カロリー高タンパクで人気の「サラダチキン」とか、定番の「納豆」や「牛乳」など、お手軽に摂取できる食材や飲料が身近にありますね。 タンパク質って爪だけじゃなく髪や皮膚、筋肉などを生成するなど、体全体に必要な栄養素だから、 他の栄養素もバランスよく摂取できるプロテインがオススメ。 Amazonなどのネットショッピングでも購入できるし、近くのコンビニでゼリータイプやバータイプのプロテインが気軽に買えるからありがたいね。 私はSAVASのプロテインを飲んでみました。 実はプロテインって初めて飲んだんだけど・・・なかなか水に溶けにくいんだね。 溶けないからお湯に溶かしてみようとしたら、今度は固まっちゃって飲みづらくなっちゃいましたよ・・・.

次の