ユーロ ストック ス 50 の 終値。 大和証券/ダイワのオンライントレード

ダウジョーンズ ユーロストックス50指数とは? [外国株] All About

ユーロ ストック ス 50 の 終値

22,512. 312 -0. 076 -0. 47 -0. 23 -0. 96 -0. 23 -0. 33 -2. 88 -0. 08 -0. 14 -0. 6022 -0. 0346 -0. 61 -0. 19 -0. 72 -0. 35 -0. 5 -61. 5 -0. 0 0. 0 0.

次の

ダウユーロストックス50構成銘柄

ユーロ ストック ス 50 の 終値

ユーロ ストックス50(欧州株式50)とは ユーロ ストックス50とは、ヨーロッパのユーロ圏(ユーロを通貨として使っている経済圏)の12カ国の優良企業50社の株価を時価総額の加重平均で算出しているヨーロッパ渇部式市場全体をあらわす株価指数です。 ユーロ ストックス50は、ヨーロッパの市場全体といわれているので、イギリスが入っていると思われがちですが、ユーロ圏ということでイギリスとスイスは、入っていません。 (イギリス・スイスは、独自の通貨を使っています。 ) ユーロとあるようにヨーロッパでもなければ、EU加盟国でもない、ユーロを通貨として使っている国の株式インデックスとなります。 12カ国の中の50銘柄を選んでいますが、必ずしも12カ国全部が入っているわけではなく、現在の国は、 ベルギー 1銘柄 ドイツ 14銘柄 スペイン 5銘柄 フィンランド 1銘柄 フランス 20銘柄 イタリア 5銘柄 オランダ 4銘柄 と7カ国となっております。 STOXX社が算出しており、STOXX社は、ドイツ証券取引所とスイス証券取引所の合弁企業です。 ユーロ ストックス50 銘柄一覧 国 銘柄 セクター ドイツ ALLIANZ(アリアンツ) 保険 ドイツ BASF(ビーエーエスエフ) 化学 ドイツ BAYER(バイエル) 化学 ドイツ BMW(ビーエムダブル) 自動車&自動車部品 ドイツ DAIMLER(ダイムラー) 自動車&自動車部品 ドイツ DEUTSCHE BANK(ドイツ銀行) 銀行 ドイツ DEUTSCHE POST(ドイツ・ポスト) 製造&サービス ドイツ DEUTSCHE TELEKOM(ドイツ・テレコム) 通信 ドイツ E. 海外ETFだとiシェアードから発売されていますが、信託報酬が「 UBS ETF ユーロ圏大型株50<ユーロ・ストックス50>」が安いので、こちらがオススメです。 ETF UBS ETF ユーロ圏大型株50 証券コード 1385 信託報酬 0. 38 3ヶ月 -15. 62 6ヶ月 -25. 94 9ヶ月 -20. 63 1年 -31.

次の

ユーロストックス50リアルタイムチャート:欧州株式市場

ユーロ ストック ス 50 の 終値

ストックス600の推移 ストックス欧州600指数の算出は、基準日となる12月31日の時価総額を100として、9月16日より開始された。 通信・テクノロジー関連企業の占める割合が後半に高まり、の最中のに指数は一時400ポイントを超えた。 ITバブル崩壊後は代わって投資銀行の占める割合が高まり、6月に指数は再び400ポイントに達したが、に際しては銀行が下落を先導し、3月に150ポイント台まで低下した。 その後指数は再び上昇に転じたが、銀行の割合は低下し、には、ヘルスケア関連企業の占める割合が銀行・保険等の金融関連企業を上回り最大となった。 1998年以来の指数の推移を示す。 年 年末終値 対前年増減率 1998 279. 20 1999 379. 49 35. 92 2000 359. 79 -5. 19 2001 298. 73 -16. 97 2002 201. 72 -32. 47 2003 229. 31 13. 68 2004 251. 02 9. 47 2005 310. 03 23. 51 2006 365. 26 17. 81 2007 364. 64 -0. 17 2008 196. 90 -46. 00 2009 253. 16 28. 57 2010 275. 81 8. 95 2011 244. 54 -11. 34 2012 279. 68 14. 37 2013 328. 26 17. 37 2014 342. 54 4. 35 2015 365. 81 6. 79 2016 361. 42 -1. 20 2017 389. 18 7. 68 2018 337. 65 -13. 24 2019 415. 84 23. 16 最高値 終値 433. 90 2020年2月19日 最高値 433. 90 最安値 終値 157. 97 2009年3月9日 最安値 155. 38 構成銘柄 [ ]• 各セクター内は銘柄入替日時点のウェイト順 セクター別指数 [ ] 本指数と共に、業種別に19の指数が算出されており、各セクターの動向を測るベンチマークとして利用されている。 セクターの分類はに基づいている。 ストックス欧州600 ヘルスケア株指数( Health Care, SXDP)• ストックス欧州600 銀行株指数( Banks, SX7P)• ストックス欧州600 テクノロジー株指数( Technology, SX8P)• ストックス欧州600 保険株指数( Insurance, SXIP)• ストックス欧州600 化学株指数( Chemicals, SX4P)• ストックス欧州600 公益株指数( Utilities, SX6P)• ストックス欧州600 小売株指数( Retail, SXRP)• ストックス欧州600 通信株指数( Telecommunications, SXKP)• ストックス欧州600 金融サービス株指数( Financial Services, SXFP)• ストックス欧州600 不動産株指数( Real Estate, SX86P)• ストックス欧州600 基礎素材株指数( Basic Resources, SXPP)• ストックス欧州600 メディア株指数( Media, SXMP)• 、、、、、、、、、、、、、、、、(アルファベット順)の17か国。 対象の証券取引所は、STOXXによる先進国市場の定義に拠り、随時組み入れまたは除外が行われる。 近年から順に遡ると、2018年9月24日にポーランドの組み入れとの除外、2016年9月19日にの除外、2013年9月23日にチェコの組み入れと続き、また2008年3月25日以前はの企業が銘柄に含まれていた。 STOXX 2016年4月20日. 2018年9月28日閲覧。 STOXX 2008年2月19日. 2018年9月28日閲覧。 STOXX 2020年4月30日. 2020年5月23日閲覧。 STOXX. 2020年5月23日閲覧。 STOXX. 2017年2月4日閲覧。 関連項目 [ ] ヨーロッパ先進国全体を対象とするインデックスとしては、他に以下のものが知られている。 () - 本指数のブルーチップ版。 () - 構成銘柄数は約580。 対象とする証券取引所は本指数と同一である。 小型株も対象に含めた「FTSE 欧州先進国オールキャップ・インデックス」もある。 () - ワルシャワ証券取引所上場銘柄を対象外とする点が本指数と異なる。 MSCI Europe - 構成銘柄数は約440。 ワルシャワ証券取引所上場銘柄を対象外とする点が本指数と異なる。 外部リンク [ ]• (英語)• (英語)• (英語)• (英語).

次の