ご り けん コロナ。 ゴリけん、新型コロナウイルスに感染 所属事務所が報告

志村けん、コロナ陽性と事務所が発表…現在ICUで治療受け意識混濁との情報も:イザ!

ご り けん コロナ

新型コロナウイルス感染が発覚したタレント、志村けん(70)が重度の肺炎で入院していることを所属事務所が25日、正式に発表した。 17日に発症し、20日に訪れた主治医の判断で東京都内の病院に緊急入院。 23日にウイルス検査の陽性反応が判明した。 現在、意識が混濁状態との情報もある。 交友関係が広く、NHK朝ドラを含む3本のレギュラー番組に出演中だっただけに、芸能界に衝撃が走っている。 世界中を震撼させる新型コロナウイルスの魔の手が、お笑い界の大御所に襲いかかった。 志村は現在、集中治療室で重度の肺炎と闘っている。 この日午前11時半、所属事務所のイザワオフィスが報道各社に書面で感染の事実を公表。 志村は17日に倦怠感をおぼえ、自宅で静養していたが、19日に発熱や呼吸困難の症状が現れ、翌20日に主治医の診断を受けた。 一刻を争うとの医師の判断で都内の病院に搬送され、緊急入院。 重度の肺炎と診断された。 その際、新型コロナウイルスの感染疑いがあるとして検査を受け、23日に陽性と判明した。

次の

タレントの志村けんさん死去 70歳 コロナ感染で入院 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

ご り けん コロナ

志村けん 新型コロナウイルスに感染したタレント・志村けんが深刻な状態に陥っている。 所属事務所イザワオフィスによると、志村は今月17日に発症。 肺炎の症状を訴え入院し、23日に陽性反応が出た。 症状は重く、24日には人工心肺装置のある新宿の病院に転院。 現在も懸命の治療が行われている。 「人工心肺を求めて転院するのだから、人工呼吸器では厳しいという判断なのでしょう。 人工心肺をつければ安心というわけではく、高齢で体力なく免疫力が落ちている人は、やはり予後は悪い。 この1週間がヤマになる」(医療関係者) コロナ対策に手を焼く国にとっても、志村は特別な存在だ。 知名度があるがゆえに、国民の暮らしにも強い影響を与えるからだ。 イギリスでは王室のチャールズ皇太子が新型コロナウイルスに感染し、国全体が衝撃に包まれた。 幸いにも症状は軽いそうだが、こうしたシンボル的な人物の感染が国民に与える心理面の影響は大きい。 「志村さんもそう。 毎晩飲み歩いていた人が感染したのだから、誰もが『やっぱり飲みに行くのは危険なんだ』となったはず。 そういった面では、世間に対する啓蒙になった。 転院先の病院はナショナルセンターで、最先端医療が可能。 現在は専門チームを組んで24時間体制で治療に当たっている。 1日も早い回復を祈るしかない。

次の

【志村けんさん死去】《実兄が告白》新型コロナ入院の志村けん「会話はできてないんじゃないか」

ご り けん コロナ

タレントの志村けんさんが新型コロナウイルス肺炎で逝去してから数日、芸能界からは多くの追悼コメントが届いた。 親友の研ナオコやダウンタウンの松本人志ら錚々(そうそう)たる面々がSNSで惜別の思いを綴ったのだが、そのなかにあって炎上しているのが、女優の足立梨花だ。 そもそもの始まりは、志村さんが新型コロナウイルスの発症を公表した3月25日にツイッターに投稿された文言だった。 《 ええっと、、、とりあえず。 しかし、その後もこの投稿に対して降り注ぐアンチのコメントに対し、足立は《 毎日いろんな方と仕事している私は人と接触する機会も多い、安全第一でこれ以上コロナを広げないようにしないといけないんです。 いろんな方が危機感を持つべきなんです》と姿勢を崩すことはなかった。 「嫌なら私のツイート見るなよ」の強気に それから4日後、志村さんが亡くなったことが発表されると、所属事務所は改めて足立の公式追悼コメントを長文で発表。 《 お父さんとのコントまだやりたかった。 悔しいです。 寂しいです。 ご冥福をお祈り申し上げます》と締めたのだが……。 現在、芸能界全体がパニック状態に陥っている。 先日も特撮ドラマ『魔進戦隊キラメイジャー』の主演俳優が新型コロナに感染し、東映撮影所が運営をストップ。 脚本家の宮藤官九郎も感染が発覚し、直近まで舞台の稽古をしていた俳優たちも濃厚接触を疑われていたりと、連日ニュースが尽きない。 「 タレントも仕事がストップし、自宅にいることを命じられているケースも多いですね。 このタイミングで外を出歩き、遊んでいるところなどを週刊誌などに撮られてしまうのは事務所としては絶対に避けたいところですから。 それに対して非難のコメントが増えると、また怒りをむき出しにし、《 なんなの? 好きなこと呟かせてよ 嫌なら私のツイート見るなよ 返事するなよ いろんな人のいろんな見方があっていいじゃんか。 めんどくさいな》と意見を発信した。 「当時の炎上で本人に直接苦言を漏らした事務所関係者もいたらしいのですが、もともと強気の性格の彼女、いまも変わらずSNSで好きなことを発信しています。 〈取材・文 野口侑弥〉.

次の