野鳥 情報 2020。 関東界隈の野鳥達2020年5月〜 現在

野鳥調査情報(2020年5月18日)

野鳥 情報 2020

2020年6月30日(旧暦では2020年5月10日) 子育て中にもかかわらず、昼間の見張りが見つからない不思議なリュウキュウアオバズクが今夜は、雌雄そろって夜の見張りをしていました。 どちらがオスでどちらがメスなのか分かりにくいペアなので今後、検討してみます。 アオバズクを確認した後、リュウキュウコノハズクのポイントへ到着すると早速コノハズクを発見したのですが、何か闇の方から聴き慣れない叫び声がします。 懐中電灯片手に車を降りて声のする方へ行ってもると高さ3メートルほどの木の根本から「ギャーギャー」という声。 よくよく調べてみるとヤエヤマオオコウモリの幼獣が草の中に落ちていました。 親も近くにいるのですが、地面に降りることができないようで木にぶら下がって心配そうに妖獣を眺めているばかり。 仕方がないので親指にあたる翼から飛び出た爪をつまんで草むらから引っ張り出した上で三脚を使い、木の枝へぶら下げることに成功しました。 しばらく見ていると親がやってきて感動の再会を果たし、暗闇へ消えていきました。 オオコウモリの子は幼いながらも親指は足の爪はゴツくて鋭く、すくい上げた三脚へかみつくなどかなり元気でした。 何より怖しかったのは、救出中に私の頭上を「バッサ、バッサ」と飛び回る母親オオコウモリでした…。 おすすめツアーガイド 石垣島で素晴らしい野鳥写真を撮りたいならここしかありません!! 誰もが知っている世界的なカメラメイカーから試作機のテストを依頼されるほどの腕前なんです。 石垣島時代の鳥先輩がサラリーマンやめてツアーガイド始めました。 野鳥撮影を私に教えてくれた方です。 真面目一徹です。 日本自然保護協会公認自然観察指導員。 バードウオッチング 私の師匠です。 日本初記録種や石垣初記録を見つけまくっています。 世界中の鳥の鳴き声が聞けるサイト。 バーダーなミュージシャン 渡り鳥のように日本中をライブで飛び回るiora。 ライブはもちろん、周くんの衣装に桃ちゃんが施した刺繍もすごい!! バードウオッチャーならニヤリとする楽曲多し。 北海道在住。 ジャズボーカリスト。 上のioraにバードウオッチングの楽しさを教えたのはこの方。 一緒にバードウオッチングに行くとふつーの兄ちゃんだけど、舞台に上がるとすごいオーラ。 上で紹介した大ちゃんと「いぶきさらさ」にてトランペット、鍵盤ハーモニカで活動。 上の2組に感化されてバードウオッチングを始めたそう。 無類の酒好き、だだちゃ豆好き。 アウトドアショップ 真冬の北海道装備はほとんどモンベルで揃えています。 写真/出版 写真家集団「七雲」による日本全国の旅本。 お勧め! 友人が代表を務める石垣島初の写真美術館。 さまざまな催しがあるので島を訪れた際には行ってみて。 関連サイト ドメインをとっただけ。 ドメインをとっただけ。 ドメインをとっただけ。 石垣島・沖縄本島の飲食店 石垣島で最高に飽きがこないBar・マスターとその奥さんの人柄がいい。 私の第二の我が家。 ガラス張りのおしゃれなカフェBAR。 酒も料理も本格派・値段は島価格なので気楽にGo! 石垣島で一番旨いカレーが食える。 めちゃうちゃうまいメキシコ料理屋。 沖縄離島でこんなにうまいメキシカンが食えるなんて幸せ。 福岡出身の女将のつくる料理は最高。 お上品な味で飽きが来ません。 石垣島で唯一の餃子専門店。 オーナーは私と同郷の名古屋出身。 奥さんはお隣の岐阜出身。 月に2回は食いに行っちゃいます。 北海道の食材をふんだんに使った料理はたまらん。 あー、また道東に行きたいなー。 こざっぱりした店内で料理もうまい。 ワインに合う。 自宅から数十メートルのお気に入りの店。 生じゃないが、ヒューガルデンも飲める。 オーナーはサーファー。 日本酒がうまい。 二人で行くとほとんどのメニューで2皿に盛られて出てくる。 細かいところまで「本当の」接客が行き届いている。 いつも混んでるので予約を入れた方がいい。 一番通ってる店。 ほぼビール専門店。 ビール好きのマスターがセレクトした美味しいクラフトビールが飲めます。 マスターは宿も経営していて、そこに泊まった外国人も来店し国際交流ができます。 沖縄本島で一番うまいそば屋。 鰹だしのきいたスープとつるつるした麺がやめられない。 昼時は混むので時間をずらして行った方がいいかも。 山城さんがやってるから「やまぐすく」。 ビールはクラフトビールが2種類週替わりで樽で飲める。 ウイスキーはほとんどジャパニーズ。 でも TALISKER PORT RUIGHE が置いてあって飲ませてくれた。 タイ料理屋。 飲み物はふつーだけど、料理がうまい。 オーナーは若いけど腕は確か。 あと、アルバイトの女の子が愛想のいい子だった。 2018年4月8日に惜しまれながら一旦閉店しましたが、同年8月4日に再開しました!! 焦がし醤油ラーメンと白醤油ラーメンがメイン。 角がない甘みのあるスープとストレート細麺がベストマッチ。 サイドメニューのロース飯も絶品。 一番のお気に入りラーメン。 本格派とんこつラーメン。 見つけた時はたまたま入れたけど、人気店でかなり混み合う。 混むので時間をずらして行くと売り切れてる。 オーナーは見た目サーファーっぽくて、接客は感じのいい方です。 ここも仕事中に偶然入った店。 鶏ガラ醤油で京都ラーメンというジャンルらしい。 普通の中華そばに九条ネギとニラキムチを入れると最高。 商売っ気はあまりないがうまい。

次の

野鳥リスト(2020年6月24〜29日): アカコッコからの手紙

野鳥 情報 2020

仕事が続きと雨で探鳥に出られず。 気になる江戸川のチョウゲンボウに13日振りで、昨日は巣立ちしているとの情報を頂き早朝から出掛けました。 到着すると4番目の幼鳥はまだ飛べず、小さな小枝に乗って隣の枝に飛び移っていました。 その後間隔の広い小枝に移ろうとしたが、地上に落下し藪の中でその後見えず。 その後幼鳥3番目が手摺に居るとバランスを崩し水の中に落下、バラフライで泳ぎ岸にたどり着き難を逃れたが、その後岸の横で止まって動かず。 午後から野球で早めに撤収準備をして居ると、後方でハクレンが大群で飛び跳ねていました。 利根川に撮りに行こうと思っていたが、近くで撮れてラッキーでした。 9時半に撤収。 最近仕事続きで探鳥に出られず。 水元はこの時期何も居ないので、6日振りに江戸川に行ってみました。 巣立ちしたコチドリの姿は見られず、立派に育ってくれたと思います。 ホオジロは夏羽で退色が目立って一瞬別物と思いました。 セッカは珍しく野球ネットで鳴いていました。 キジも居ましたが繁殖期は終了で珍光景は見られず。 雛は大きくなり手間は掛からない様子で巣立ちは近い感じです。 帰りに水元の森を一周するが、やはりオオタカ以外は居ない様でカメラマンは引き上げた後の様です。 カルガモの雛が親と移動している話で探すが見付からず。 昨日はオオタカの巣の真下に入り込んだ方が居たと耳にしましたが、絶対に止めて欲しいです。

次の

野鳥調査情報(2020年5月18日)

野鳥 情報 2020

2020年6月30日(旧暦では2020年5月10日) 子育て中にもかかわらず、昼間の見張りが見つからない不思議なリュウキュウアオバズクが今夜は、雌雄そろって夜の見張りをしていました。 どちらがオスでどちらがメスなのか分かりにくいペアなので今後、検討してみます。 アオバズクを確認した後、リュウキュウコノハズクのポイントへ到着すると早速コノハズクを発見したのですが、何か闇の方から聴き慣れない叫び声がします。 懐中電灯片手に車を降りて声のする方へ行ってもると高さ3メートルほどの木の根本から「ギャーギャー」という声。 よくよく調べてみるとヤエヤマオオコウモリの幼獣が草の中に落ちていました。 親も近くにいるのですが、地面に降りることができないようで木にぶら下がって心配そうに妖獣を眺めているばかり。 仕方がないので親指にあたる翼から飛び出た爪をつまんで草むらから引っ張り出した上で三脚を使い、木の枝へぶら下げることに成功しました。 しばらく見ていると親がやってきて感動の再会を果たし、暗闇へ消えていきました。 オオコウモリの子は幼いながらも親指は足の爪はゴツくて鋭く、すくい上げた三脚へかみつくなどかなり元気でした。 何より怖しかったのは、救出中に私の頭上を「バッサ、バッサ」と飛び回る母親オオコウモリでした…。 おすすめツアーガイド 石垣島で素晴らしい野鳥写真を撮りたいならここしかありません!! 誰もが知っている世界的なカメラメイカーから試作機のテストを依頼されるほどの腕前なんです。 石垣島時代の鳥先輩がサラリーマンやめてツアーガイド始めました。 野鳥撮影を私に教えてくれた方です。 真面目一徹です。 日本自然保護協会公認自然観察指導員。 バードウオッチング 私の師匠です。 日本初記録種や石垣初記録を見つけまくっています。 世界中の鳥の鳴き声が聞けるサイト。 バーダーなミュージシャン 渡り鳥のように日本中をライブで飛び回るiora。 ライブはもちろん、周くんの衣装に桃ちゃんが施した刺繍もすごい!! バードウオッチャーならニヤリとする楽曲多し。 北海道在住。 ジャズボーカリスト。 上のioraにバードウオッチングの楽しさを教えたのはこの方。 一緒にバードウオッチングに行くとふつーの兄ちゃんだけど、舞台に上がるとすごいオーラ。 上で紹介した大ちゃんと「いぶきさらさ」にてトランペット、鍵盤ハーモニカで活動。 上の2組に感化されてバードウオッチングを始めたそう。 無類の酒好き、だだちゃ豆好き。 アウトドアショップ 真冬の北海道装備はほとんどモンベルで揃えています。 写真/出版 写真家集団「七雲」による日本全国の旅本。 お勧め! 友人が代表を務める石垣島初の写真美術館。 さまざまな催しがあるので島を訪れた際には行ってみて。 関連サイト ドメインをとっただけ。 ドメインをとっただけ。 ドメインをとっただけ。 石垣島・沖縄本島の飲食店 石垣島で最高に飽きがこないBar・マスターとその奥さんの人柄がいい。 私の第二の我が家。 ガラス張りのおしゃれなカフェBAR。 酒も料理も本格派・値段は島価格なので気楽にGo! 石垣島で一番旨いカレーが食える。 めちゃうちゃうまいメキシコ料理屋。 沖縄離島でこんなにうまいメキシカンが食えるなんて幸せ。 福岡出身の女将のつくる料理は最高。 お上品な味で飽きが来ません。 石垣島で唯一の餃子専門店。 オーナーは私と同郷の名古屋出身。 奥さんはお隣の岐阜出身。 月に2回は食いに行っちゃいます。 北海道の食材をふんだんに使った料理はたまらん。 あー、また道東に行きたいなー。 こざっぱりした店内で料理もうまい。 ワインに合う。 自宅から数十メートルのお気に入りの店。 生じゃないが、ヒューガルデンも飲める。 オーナーはサーファー。 日本酒がうまい。 二人で行くとほとんどのメニューで2皿に盛られて出てくる。 細かいところまで「本当の」接客が行き届いている。 いつも混んでるので予約を入れた方がいい。 一番通ってる店。 ほぼビール専門店。 ビール好きのマスターがセレクトした美味しいクラフトビールが飲めます。 マスターは宿も経営していて、そこに泊まった外国人も来店し国際交流ができます。 沖縄本島で一番うまいそば屋。 鰹だしのきいたスープとつるつるした麺がやめられない。 昼時は混むので時間をずらして行った方がいいかも。 山城さんがやってるから「やまぐすく」。 ビールはクラフトビールが2種類週替わりで樽で飲める。 ウイスキーはほとんどジャパニーズ。 でも TALISKER PORT RUIGHE が置いてあって飲ませてくれた。 タイ料理屋。 飲み物はふつーだけど、料理がうまい。 オーナーは若いけど腕は確か。 あと、アルバイトの女の子が愛想のいい子だった。 2018年4月8日に惜しまれながら一旦閉店しましたが、同年8月4日に再開しました!! 焦がし醤油ラーメンと白醤油ラーメンがメイン。 角がない甘みのあるスープとストレート細麺がベストマッチ。 サイドメニューのロース飯も絶品。 一番のお気に入りラーメン。 本格派とんこつラーメン。 見つけた時はたまたま入れたけど、人気店でかなり混み合う。 混むので時間をずらして行くと売り切れてる。 オーナーは見た目サーファーっぽくて、接客は感じのいい方です。 ここも仕事中に偶然入った店。 鶏ガラ醤油で京都ラーメンというジャンルらしい。 普通の中華そばに九条ネギとニラキムチを入れると最高。 商売っ気はあまりないがうまい。

次の