カラオケ100点おじさん。 カラオケ100点おじさん 実際『ハナミズキ』で100点達成(NEWSポストセブン)

カラオケ100点おじさん(佐々木 淳平JP)シンガーYouTuberのプロフィールを解説!

カラオケ100点おじさん

この記事ではオーディションへの挑戦や、バスケへの情熱、ゲーム好きの一面など過去の経歴から現在の活動を紹介します。 *時系列が把握できませんでしたので、それぞれの時期については間違っている可能性が高いです。 アレンジや演奏、編集は音楽プロデューサー さんが担当しています。 2018年9月から動画配信を開始して、現在までに147本の動画を投稿、 チャンネル登録者数10万人と、総視聴回数2083万回を誇っています。 株式会社メーア所属? カラオケ100点おじさんの経歴や現在の活動は? カラオケ100点おじさんこと 佐々木 淳平さんは、1980年6月生まれ、山梨県南都留郡育ちです。 品川区に生まれるも、幼少期に自然豊かな山梨県に引っ越しました。 本栖湖近くの実家はペンションを経営しており、帰省の際はお手伝いをしています。 学生時代はスポーツに一生懸命取り組み、 小学校時代は水泳を、中学時代はカヌーで汗を流しました。 中でもスーパーロボット大戦や、徹夜でときメモをプレーすることもあったそうです。 高校では人気スポーツ漫画 『スラムダンク』に憧れてバスケ部へ入部。 マイケル・ジョーダンが好きで、 スニーカー 特にNIKE にも現在にも続くほど深くハマりました。 またもバスケ漫画『I'll アイル 』の影響で、主人公が履いていた「NIKE AIR FORCE 1 mid」を当時は愛用しており、引退試合では履き潰ししてしまうほどでした。 地元では、クリーニング屋やスキー場でアルバイトをしました。 時は進み東京へ上京。 転機が訪れ、テレビ東京の音楽バラエティ番組 「音楽ば~か」シーズン3のオーディションに勝ち残り、坪木菜果さんと共に「テクマクジャンクション」というアニソンデュオを結成し、秋元康が作詞を手掛け 20019年10月にメジャーデビューを果たしました。 残念ながら2011年6月に解散されていますが、音楽番組を盛り上げました。 また、服屋やコンビニで働いたり、バーで働きながらコーラスなど歌の仕事に取り組んでいました。 この時のテンションは明るくはなかったそうで、 オリジナル曲「心の旅」は当時の心境をリアルに物語っています。 その後は DivA effect project 2ndにオーディションを審査員特別賞の『魂のルフラン賞』で合格を掴み取り台湾の海外公演などを含めグループ活動をしたり、高井戸運送株式会社の社歌を歌ったり、 俳優として舞台に出演するなど多方面で活躍しました。 2018年10月には人気番組 『カラオケバトル』に出演して圧倒的な歌唱力を披露、お茶の間で話題となりました。 2018年9月にはカラオケ100点おじさんとし てYouTubeにてカバー曲を中心に歌ってみた動画を投稿しています。 また、2016年に ARテクノスポーツ「HADO」のチーム「SLAMDivA」を結成。 東京タワーで開催された『超人スポーツゲームズ』にて優勝を飾りテレ東『W. S』で取り上げられた李、2017年12月に開催された 世界大会では準優勝に輝くなど実績を残しています。 新旧問わず数々の名曲を自分なりのアレンジを加えた カバー曲を取り扱っています。 ほとんどが視聴者からのリクエストに応える選曲となっています。 機材や撮影がプロならではの仕様となっており、素人とは一線も二線も画す内容となっています。 カラオケ100点おじさんのオススメ動画は? 夢ならばどれほどよかったでしょう... 米津玄師さんの名曲「Lemon」を歌った動画です。 多くの歌ってみたYouTube動画が投稿される中、佐々木さんのオリジナリティもはっきりと表現しつつクオリティの高い仕上がりに。 Twitterの報告ではまだ100点は取れておらず、 96. 168点とのこと 2018年4月30日時点。 女性シンガーのカバーに挑戦! 人気ドラマの主題歌でもある misiaさんの「逢いたくていま」に挑戦!女性の実力歌手の曲目にも関わらず、素晴らしい歌声を聞かせてくれています。 外国からの視聴者も多くコメントには英語やスペイン語で称賛の声が。 こちらも ミリオン再生突破! カラオケ100点おじさんのまとめ カラオケ100点おじさんはこんな方にオススメ!• YouTubeは現時点では歌のみですが、ブログやTwitterなどの更新率は高いのでプロフィールに興味がある方はそちらをご覧ください。 佐々木 淳平Twitteryより 以上、カラオケ100点おじさんの紹介でした。 チャンネル名でこれほどワクワクするYouTuberはあまりいないのではないでしょうか、そしてどの動画を開いてみても大納得の魂震える美声。 いいチャンネルに出会えたと心から思いました。 音楽家としてのこれからの益々の活躍を期待したいです。 Audience091.

次の

熟女がカラオケ100点おじさんに弟子入り、どれだけ上手くなる?(NEWSポストセブン)『女性セブン』での体験取材などでおなじみ…|dメニューニュース(NTTドコモ)

カラオケ100点おじさん

どうすれば高得点を出せるのか、「カラオケ100点おじさん」としてYouTubeチャンネル登録者数9万人を超えるシンガーソングライター・佐々木淳平さん(39才)に指導してもらいました。 * * * 「カラオケ? 行かない、ヘタだし」。 ここ数年、すっかり歌を忘れていたオバが、何十年ぶりかで魂の揺さぶられる歌声にビビビッ! そしたら何、急にキャラ変しちゃって「私も、歌いた〜い」だって。 で、逃げる編集Mちゃんを道連れに、憧れの先生から歌うまの秘伝を伝授されたら、あらま不思議。 グッと点数アップ。 そればかりか、女ふたりの人生の大穴まであらわに! 歌は人なり、だったのね。 「カラオケで高点数を取ることと、人の心に響く歌を歌うのは基本、別。 でも歌がうまくなるにはコイツ(カラオケAI採点機)を先生に練習するのが、結果的に早道なんですよ」 そう語るのは、歌手であると同時に、カラオケバーの店長でもある佐々木淳平さんだ。 アラカンの私と、アラフィフの編集Mちゃんが、歌がうまくなりたいと志を立てて入門したのには、ちょっとしたワケがある。 「私、あいみょんの『マリーゴールド』」「じゃあ、米津玄師の『パプリカ』、歌っちゃう」「私、振り付けできるよ」。 娘や孫のいる人は、最新の曲を覚えられるのよね。 一方、私たち独り者は昭和のまんま。 分が悪いったらありゃしない。 去年の暮れ、オバはとうとう紅白を見なかったもんね。 ちっとも胸に届かないのよ。 「愛している」の、「会いたい」のって、何言ってんの。 だんだん腹が立ってきたりして。 こうして時代から遅れていくのは、まあ、いいとしよう。 けど、せめて「これ」という私の1曲を持ちたいではないの。 カラオケから、歌から逃げない女でいたいのよ。 そんなわけで、「まず曲選びから教えてください」と私。 すると淳平先生、思わぬことを言うんだわ。 「点数を出すには、歌に感情を込めないこと。 たんたんと音通りに歌うこと。 「曲が決まったら練習、練習、また練習。 1000本ノックですか?」と編集Mちゃんが不安げに淳平先生を見上げれば、「いやいや、ただ歌えばいいわけではありません」(淳平先生・以下同)。 ひとつずつ課題をクリアして歌うことが大事なんだって。 たとえば…。 息はいっぱい吸って、意識してちょっとずつ吐く練習。 マイクを離したり近づけたりして、抑揚をつける練習。 大げさなくらいでちょうどいいんだそう。 「AIの基準で歌うと最初はすごく窮屈だけど、必ず結果は出ます。 頑張りましょう」 それともうひとつ。 淳平先生は言わなかったけど、私は決定的な方法を見つけちゃった。 それは、歌のうまい人と一緒に歌うこと。 息の継ぎ方、声の出し方、張り方まで、たった1曲でかなり習得できるよ。 歌うって、なんて楽しいんでしょ。 オバにしては高得点の82. 698点で全国平均をちょい上回った。 Mちゃんは、柏原芳恵の『春なのに』で、85. 261点。 カラオケで30曲以上100点を出したのをきっかけに、YouTubeで『カラオケ100点おじさんチャンネル』を開設。 2年足らずで登録者数9万人超え。 ガイドメロディーをオンにすると、バーの長さや位置で音の高さ、長さがわかります。 Aメロは小さめの声で、Bメロはやや大きめ。 そしてサビでめいっぱい声を出す。 曲がどうできているか。 そしてどこで息継ぎをしているか。 音程は高得点を出す重要なカギです。 音の上がり下がりは手で指し示して、音を見える化すると、音程がグッと安定しますよ。 ちゃんと歌えたら高得点につながります。 最後まで歌い切れたら最高に気持ちいいよ。 582点(+2. 884点) 62年の人生で最高得点。 AIくんってば、「さらなる向上が期待できます」って励ましてくれちゃって、もう〜。 「ちょっと遅れる歌い出し。 これはクセになっているので抜けるまで大変かも。 でも意識していれば必ず直ります」。 オバ、90点を出す日も近い!? てか、それより淳平先生と一緒に『赤いスイートピー』を歌ったのが、ふふふ、最高の思い出だわ。 826点(+6. 565点) ン十年ぶりの『春なのに』で、いきなり85点も出て驚きましたが、淳平先生の指導でまさかの90点超え! 実は若かりし頃、某ボーカルスクールに通っていたので音程には少々自信がありましたが、なんと! 当時の先生に言われてた課題と同じことをAI先生に指摘されるとは!? AIって、心ないんじゃないの!? いつか、アンタの心も揺さぶってやる〜。 関連記事.

次の

熟女がカラオケ100点おじさんに弟子入り、どれだけ上手くなる?

カラオケ100点おじさん

どうすれば高得点を出せるのか、「カラオケ100点おじさん」としてYouTubeチャンネル登録者数9万人を超えるシンガーソングライター・佐々木淳平さん(39才)に指導してもらいました。 * * * 「カラオケ? 行かない、ヘタだし」。 ここ数年、すっかり歌を忘れていたオバが、何十年ぶりかで魂の揺さぶられる歌声にビビビッ! そしたら何、急にキャラ変しちゃって「私も、歌いた~い」だって。 で、逃げる編集Mちゃんを道連れに、憧れの先生から歌うまの秘伝を伝授されたら、あらま不思議。 グッと点数アップ。 そればかりか、女ふたりの人生の大穴まであらわに! 歌は人なり、だったのね。 「カラオケで高点数を取ることと、人の心に響く歌を歌うのは基本、別。 でも歌がうまくなるにはコイツ(カラオケAI採点機)を先生に練習するのが、結果的に早道なんですよ」 そう語るのは、歌手であると同時に、カラオケバーの店長でもある佐々木淳平さんだ。 アラカンの私と、アラフィフの編集Mちゃんが、歌がうまくなりたいと志を立てて入門したのには、ちょっとしたワケがある。 「私、あいみょんの『マリーゴールド』」「じゃあ、米津玄師の『パプリカ』、歌っちゃう」「私、振り付けできるよ」。 娘や孫のいる人は、最新の曲を覚えられるのよね。 一方、私たち独り者は昭和のまんま。 分が悪いったらありゃしない。 去年の暮れ、オバはとうとう紅白を見なかったもんね。 ちっとも胸に届かないのよ。 「愛している」の、「会いたい」のって、何言ってんの。 だんだん腹が立ってきたりして。 こうして時代から遅れていくのは、まあ、いいとしよう。 けど、せめて「これ」という私の1曲を持ちたいではないの。 カラオケから、歌から逃げない女でいたいのよ。 そんなわけで、「まず曲選びから教えてください」と私。 すると淳平先生、思わぬことを言うんだわ。

次の