生後9ヶ月 離乳食。 生後9ヶ月の赤ちゃんの生活リズムと体重増加・離乳食の進め方

月齢9ヶ月の離乳食【1カ月間献立表・カミカミ期前半】

生後9ヶ月 離乳食

ママのトイレにもついてきます ママへの愛着が強まり、後追いが始まる子も。 はいはいが上達し、つかまり立ちをする子も はいはいが上達し、めざす方向に素早く移動できるようになります。 つかまり立ちを始める赤ちゃんもいます。 ほとんどの赤ちゃんが午前と午後の各1回に昼寝がまとまります。 離乳食は完熟バナナくらいのかたさの食べ物を上下の歯茎でつぶして食べられるようになると、3回食に進められます。 昼寝や食事時間などを通して生活リズムが整えやすくなります。 ママへの愛着がいっそう強くなり、後追いする赤ちゃんが増えてきます。 情緒の発達も目覚ましく、ママの声や表情から喜んでいる、怒っているなどがわかるようになってきます。 自我が芽生え始めて、おむつ替えを嫌がったり、両手を上げて「抱っこして」と訴えるなど、はっきり意思表示する赤ちゃんもいます。 すると、離乳食の1回目、2回目の時間、お昼寝などもずれ込み、3回目のスタートが20時を過ぎてしまう可能性も。 離乳食と離乳食の間は4時間以上あけ、3回目の食事はできるだけ19時までには食べ終わるよう、生活リズム全体を見直しましょう。 朝、しっかり起こして朝日を浴びさせるのが、早起きリズムに戻すコツです。 コップの練習は、ママがサポートしながら、少しずつ進めて そろそろコップで飲む練習を始めてもよいころです。 最初はママが手を添えて、赤ちゃんののどの動きを見ながら、コップをそっと傾けてあげましょう。 コツをつかめば、そのうち赤ちゃんは自分でコップを持って「ゴックン」と飲めるようになります。 必要なら、牛乳の代わりとして、この時期に不足しがちな鉄分が強化されたフォローアップミルクを与えてもよいでしょう。 人との関わりを楽しみながら言葉の力をつけさせたい時期 ママがいることがわかっていれば、一人でおもちゃ遊びができる赤ちゃんもいますが、長時間ほうっておくのは考えものです。 というのは、この時期は物よりも人に興味を持ち始めるため、「バンザイ」や「おててパチパチ」、まねっこ遊びなど相手の反応が見える遊びが楽しい時期だからです。 話しかけながら、やりとりを楽しむことで、コミュニケーション力や言葉の発達が促されるので、たっぷり関わってあげましょう。 9~10カ月健診 体もしっかりしてきて、はいはいやつかまり立ちができるかどうかが発達の目安。 また、「イヤイヤ」「バイバイ」など、大人のまねをする様子から精神面の発達もチェックします。 つかまり立ちや立っちの様子がポイントとなりますが、「バンザイ」や「バイバイ」の様子も診ていきます。 ただし、人見知りがピークの時期なので、健診中ぐずってできないことも。 前回の健診の様子や、ママの話からでも医師はだいたい発達具合を把握できるので心配はいりません。 一方、好き嫌いや食べむらも出てきますが、あまり神経質にならないで。 生活リズムを見直して、3回の離乳食をなるべく家族と一緒に食べさせましょう。 9カ月ごろになり、口がモグモグ動く、食べ物に手を伸ばすなど食べる意欲がある、手づかみ食べをする、ある程度かたさのあるものを歯ぐきでかめる、おすわりが安定してきている、といった様子が見られたら、離乳食を1日3回に増やします。 離乳食と離乳食は3~4時間以上あけます。 大人が食べる様子を見ることも大切なので、大人と同じ食事時間になるよう調整を。 ただし3回目は19時までに食べさせて。 1日の授乳回数は、食後を含めて5回くらいで、1日のミルクの総量は500ml程度を目安にします。 そろそろ哺乳びんからコップに切り替えて、少しずつ飲む練習を始めるといいでしょう。 「上手、上手」とほめてあげましょう。 うれしいときなど一緒に拍手を ママ・パパがうれしくて拍手をすると、赤ちゃんもまねして拍手するというかわいいしぐさが見られます。 一緒に喜び合いましょう。 生活の中でのちょっとした動作をまねっこ遊びにして バイバイやバンザイなど、よくする動作を取り上げて、それを赤ちゃんに楽しそうに見せると、赤ちゃんも楽しそうにまねをします。 まさにまねっこから習慣に。 ママやパパが日ごろからよその人に楽しそうにあいさつしている姿を見せていれば、まねし始めます。 焦らないで。 ハンカチにょろにょろ ママへの愛着がさらに強まるころで、ママが離れるのを感じると不安になり、後追いをする赤ちゃんが多くいます。 それを逆手に取って、遊びタイムに、追いかけっこで遊びましょう。 ハンカチをへびのように動かして誘って 大きめのハンカチやスカーフの1つの端を持って、「にょろにょろ」と楽しく言いながら、左右に揺らしてへびのように動かし、誘ってみましょう。 遊びながら言葉遊び 言葉はまだしゃべらなくても、赤ちゃんの中には、日ごろ聞いた言葉がだんだんたまっていっています。 言葉の意味もわかってくる時期。 これまでと同じように、遊びながら、いっぱい言葉をかけてあげましょう。 動作と一緒に言葉を添えてみよう いろいろな動きができるようになってくるのに合わせて、その動作を言葉にしてあげましょう。 自然と動詞がたくさん会話に入ってきます。 赤ちゃんの気持ちに共感する言葉を 赤ちゃんの気持ちをママ・パパが代弁すると言葉の意味がよりわかってきます。 また、共感が得られた喜びから伝えようとする意欲も育ちます。 ぱたぱたペンギン 足の上に赤ちゃんの足を乗せて歩こう ママ・パパの足の甲に赤ちゃんの足を乗せてあんよ体験! 腕のつけ根をしっかり持って、「おいっちに」とリズミカルに進みましょう。 ノリのいい曲、好きな曲をかけて、赤ちゃんの手を取って支え、一緒にノリノリで踊って。 9カ月になる息子です。 私が作る離乳食をあまり食べてくれません。 ベビーフードだとよく食べるのですが。 かたさが合っていないのでしょうか?一生懸命作って食べてくれないと、へこんでしまいます。 9カ月の娘です。 朝は8時ごろに起床して、午前と午後に1~2時間ずつお昼寝をします。 ただ夜は23時ごろまでなかなか寝てくれません。 夜更かしは乳幼児にどんな影響を与えるのでしょうか? 9カ月になる息子の母です。 実家の母が息子がやっと首がすわった4カ月半のときから歩行器を買ってきて、「乗せろ乗せろ」と本当にしつこいのです。 昔はよかったのかもしれませんが、母子センターやまわりのだれに聞いても「歩行器はあまりよくない」と聞きますし、私も基本、歩行器はいらないと思っていて、どうしてもと言われてもはいはいをしっかりするようになって、できれば立っちしだしてからたまに乗せるくらいにとどめたいところです。 しかし、あまりのしつこさに昨日の夜乗せてみることになりました。 これ幸い、これから母は息子を歩行器に乗せて一日中遊びだすと思います。 発育に支障がないものか心配です。 ちなみにずりばいはしますが、まだはいはいはしません。 9カ月の男の子のママです。 夜とお昼寝を合わせて1日15時間以上寝ます。 寝すぎではないかと心配です。 アデノイドを疑ったほうがいいのでしょうか?いびきはたまにかいています。 9カ月の娘がいます。 最近、自分が嫌だと思ったり気を引こうとすると、「オエッ」とわざとするようになりました。 ひどいと吐きもどしてしまいます。 どうしたらしなくなりますか?• 赤ちゃん・育児 月齢別基本情報 0~3才の乳幼児がよくかかる病気やなりやすい病気を、体の部位別や病気の種類に分けて解説します。 「主な症状」「なりやすい月齢・年齢」「なりやすい季節」「こんな病気」「治療法&ホームケア」を記載しています。 治療方法やホームケアのしかたは、症状や赤ちゃんの状態によって異なるので、診察をした医師の診断に従いましょう。 赤ちゃんが病気になったときの症状別に、ママ・パパが何をすればよいか、を受信の前後に分けてまとめました。 また、その症状の程度によって、夜間や休日でも受信したほうがいいのか、診療時間まで待って受診すればいいのか、などの判断の目安を示しました。 事故やケガが起こったときに、まず行うべき応急処置の方法も紹介しています。 予防接種は、その病気にかかると重い症状が出たり、思い後遺症が出たり、最悪の場合死に至ることもある病気を防ぐための唯一の予防手段です。 赤ちゃん、子どもの予防接種は種類がたくさんあり、スケジュールを立てるのが大変ですが、ママとパパは予防接種に対する知識を深め、赤ちゃん・子どもを病気から守りましょう。 医師は赤ちゃんの様子を見て、最善と判断した薬を処方します。 赤ちゃんに処方された薬の種類や効能についてしっかり理解して、病気が少しでも早く回復の向かうようにケアしてあげましょう。

次の

生後9ヶ月の赤ちゃんの生活リズムと体重増加・離乳食の進め方

生後9ヶ月 離乳食

離乳食の献立を考えるときのポイント 生後8ヶ月の離乳食の献立を考えるとき、ママたちはどのようなことを意識しているのでしょうか。 自分で食べられる工夫をする 「スプーンをうまく使えなかったので、手づかみでも食べられるメニューを考えました。 8ヶ月でも食べられるフレンチトーストを作ると、手に持って自分で食べることができました」(30代ママ) 「うどんを自分で食べようとしたので、赤ちゃん用のフォークにからまりやすく、赤ちゃんの口に入りやすい長さになるように、いろいろ試してみました」(40代ママ) 生後8ヶ月になると、自分で食べようとする赤ちゃんもいるようです。 赤ちゃんが喜んで食べられるように、調理の仕方をいろいろ工夫していたママがいました。 使う食材を増やしていく iStock. 体調を見ながら食べさせようと思い、新しいメニューは午前中の離乳食に取り入れるようにしました」(40代ママ) 生後8ヶ月になると、離乳食後期に進めることを考えて、使う食材を増やしながら献立を立てることもあるようです。 新しい食材にアレルギーがあるかもしれないと考えて、初めてのメニューは午前の離乳食に取り入れたというママの声もありました。 冷凍した野菜を使う 「さつまいもやカボチャを裏ごししてキューブ状に冷凍し、グラタンやシチューなどのメニューにいつでも使えるよう準備していました」(30代ママ) 「ブロッコリーを蒸して小分けに冷凍しておきました。 赤ちゃんのお世話で忙しいときに、メニューに加えられて便利でした」(40代ママ) 下ごしらえした野菜を冷凍しておくと、離乳食の献立を考えるときに便利かもしれません。 生後8ヶ月の赤ちゃんのお世話で忙しいときに、冷凍したものをベースにすると離乳食のメニューを考えやすかったというママもいました。 com 「8ヶ月になってから、食材を粗つぶしにして離乳食を作るようにしました。 子育て支援センターの栄養士さんに、舌と上あごでもぐもぐしてつぶせるくらいの固さがよいと教えてもらいました」(30代ママ) 「8ヶ月になった頃はやわらかいべたべた状に調理していましたが、8ヶ月の終わり頃には歯ぐきで簡単につぶせるくらいの固さにしてみました」(40代ママ) 生後8ヶ月は離乳食中期から後期へと進む時期のようです。 8ヶ月後半の離乳食の献立を考えるときに、赤ちゃんがもぐもぐしながらつぶせるくらいの固さを意識していたママがいました。 子育て支援センターの栄養士さんが作った離乳食を見せてもらうのも分かりやすいかもしれませんね。 味つけを工夫して 「8ヶ月になって、赤ちゃんも食べ物の味が少しずつ分かってきたように感じたので、昆布出汁やかつお出汁などで味つけを工夫しました。 出汁の味だけでもおいしそうに食べていました」(40代ママ) 「実家の母に、味噌やしょう油を使った離乳食の味つけ方法を教えてもらいました。 味噌味のメニューにすると喜んで食べていました」(30代ママ) 生後8ヶ月は、薄く味をつける献立も考え始める頃のようです。 素材や出汁の他に、調味料を使うメニューも少しずつ取り入れて、赤ちゃんがさまざまな味のものを食べられるようにすると、離乳食後期に進めやすいかもしれません。 少しずつ量を増やす 「8ヶ月後半は離乳食で栄養を摂ることも考えて、食事の量をだんだん増やすようにしました。 ただ、赤ちゃんの様子を見ながら無理をしないように進めようと思いました」(40代ママ) 9ヶ月になると離乳食が3回に進み、1回当たりの食べる量も増えるので、8ヶ月の後半には少し量を増やしてみようと考えるママもいるようです。 赤ちゃんの体調などを意識しながら量を調節できるとよいかもしれません。 8カ月の離乳食は食べられるものを増やそう.

次の

9〜11カ月ごろ(離乳食後期)の赤ちゃんが食べていいもの、ダメなもの|離乳食・離乳食レシピ(管理栄養士監修)|ベビーカレンダー

生後9ヶ月 離乳食

スポンサーリンク 卒乳のきっかけ 生後8ヶ月頃から息子の授乳時間が凄く長くなっていました。 長い時で1時間近くも満足しないような状況です。 くわえても飲んでいない、 飲んだと思ったらすぐ離す。 そんな感じで飲んでない時間の方が多いくらいでした。 そして生後9ヶ月になった当日に試しに朝の授乳を止めてみました。 するとなんとそのまま母乳を欲しがる事がなくなってしまいました。 あまりちゃんと飲まないとは言え、 さすがに止めたら泣くだろうと思っていたので、 ここまですんなり行くと逆に離乳食どうしようとなったのです。 卒乳までの離乳食の進め方 我が家の離乳食開始は生後5ヶ月からでした。 そこから生後9ヶ月を迎えるまでの離乳食の進め方は、 市販の離乳食のアドバイスブック通りに進めてきました。 我が家でお世話になった離乳食本はコチラです。 そこに母乳かミルクを満足するまで飲ませていました。 卒乳以降の離乳食 基本的には離乳食本通りの分量を基本として、 炭水化物10g位増やしてみたり、 野菜類を30gにしてみたり、 タンパク質には必ず豆腐を追加してみたり、 試行錯誤していました。 しかし、明確な指示が無いため、 これで息子がしっかり育つのか不安は抱えていました。 保育士さん、小児科医からのアドバイス 卒乳後しばらくしてから、 保育士さんと小児科医からもらったアドバイスをもらう機会があったのはとてもラッキーでした。 共通してたのはとにかく 食べるだけ与えて大丈夫 営養バランスよりも食べる事に慣れること でした。 単純なアドバイスでしたが、 離乳食の量や営養バランスに悩んでいたときでしたので非常に心が軽くなりました。 現在までの離乳食のメニュー 保育士さんや、小児科の先生に、 アドバイスをもらって以降は残してもいいので多目に離乳食を用意するスタイルになりました。 それまでは1回の離乳食毎に、 炭水化物を増やすか、野菜を増やすか、タンパク質を増やすかローテーションしていましたが、 アドバイス以降は全部を増やしてあげるようにしました。 卒乳から1歳まで 1食あたりのグラム• 5倍粥・・・120g• ベビーうどん・・・乾麺の状態で20g• パン・・・8枚切り食パン1枚• 野菜・・・40g• 肉・魚・・・20g を目安に組み合わせて食べさせていました。 野菜は基本的に、で紹介した野菜の煮込を冷凍しておいた物のみを使用していました。 肉は茹で鳥ササミ、炒めた鳥挽き肉、炒めた豚挽き肉の3種類を冷凍したもの、 魚はツナ缶、茹でたタラをローテーションしていました。 初めての食材の場合は、 離乳食とは別にそれだけを単品で準備してアレルギーに備えました。 ちなみに朝昼夕ともに完食は1日1回あれば多いほでした。 1歳から 5倍粥から普通に炊いたお米にして、120gから150gに増やしました。 野菜は40gから20gへ減らして、 その代わり牛乳50gにベビー野菜だし小さじ1と、トウモロコシとかカボチャの水で溶けるフレークを大さじ2溶かしたポタージュを毎食追加しました。 肉・魚は20gのまま豆腐20gを追加するようにしました。 1歳6ヶ月現在のご飯 今現在はメニューはなるべく固定して、 準備の負担をなるべく減らしています。 朝 基本的にパン食 スティックパン1本 チョコチップ味以外 バナナ1本 ヨーグルト100g ヨーグルトはジャムやハチミツ 1歳以下は厳禁 を加えたり、バナナと和えたりしています。 昼 肉、魚食 お米150gと、 炒めたみじん切りキャベツ、ニンジン、肉・魚を炒めた物を混ぜた簡単チャーハンとか。 レンチンオムレツを乗せたオムライスとか。 前述の牛乳ポタージュも出します。 初めての食材は昼にあげるようにしています。 夕 大豆食 冷凍野菜、豆腐、納豆を和えたおかず お米150g 牛乳ポタージュ でほぼ固定です。 毎日メニュー変えるのしんどいと奥さんと共通で認識しているので、 1日の内朝と夕のメニューがほぼ固定なので非常に準備が楽です。 おわりに ここまで色々な離乳食の状況を書いてきましたが、 ベビーフードめっちゃ使ってます! 笑 てかベビーフードない離乳食とか考えられません! みんな楽しようぜ!.

次の