マカオ カジノ ブログ。 マカオ旅行 人気ブログランキング OUTポイント順

マカオ旅行 人気ブログランキングとブログ検索

マカオ カジノ ブログ

ニーハオ。 からフェリーに乗ってにやってきました。 に入るときって、パスポートにスタンプ押されないんだね。 なんかスタンプの代わりに、ペラペラの紙を渡されました。 まあどうでもいいか。 というかのホテル高すぎませんかね? 俺が行った時は、一番安くても8000円くらいしたので、仕方なしにでとりました。 も5000円はしましたが。 金持ち以外は来るなってことかな? 予算的に一泊しかできないので、到着してからすぐに観光することに。 街並みは、中国の建物を無理やり西洋風にした感じ。 カジノが乱立している地域は小奇麗にされてるけど、旧市街のほうは結構汚くて古い建物が多いです。 歩いているとあっという間に、で一番有名なに到着。 もちろん観光客で溢れかえってます。 8秒くらい見たら飽きました。 なので近くの高台に登りに行きます。 そこからの風景の方が壮観だったなー。 帰り道に、が飲めるお店があったので入って見ることに。 椅子が畳で作られていて、それを見たら、もはや日本に早く帰りたくなりました。 さて、私はこんなまったり観光をしにに来た訳ではありません。 といえばカジノ、カジノといえばです。 ということで色々なカジノを巡ることに。 そういえば、俺がに来る2日前にMGMという有名なカジノホテルの一室で中国人が自殺していたそうです。 きっと大負けしてしまったのでしょう。 私も賭けるなら、少しにしておこうと思いました。 カジノ自体、人生で初めて入ったのですが、何しろ色んなゲームがある。 スロット、、ポーカー、、大小博打など色々あります。 その中でも、まず最初にやりたいと思っていたのが、テキサスという名前のポーカーです。 このゲームは、客vsカジノではなく、客vs客です。 しかも8人ほどでプレイして、勝てれば一人で総取りできるゲームなのですが、どちらかと言うと運ではなく実力がものをいうゲームなので、本当に強い人に当たってしまうと勝てません。 私はのアプリでしかやったことがないですが、結構勝てる自信はありました。 しかし、実際にテキサスをプレイしているテーブルに行ってみると、全員人を殺しそうな目つきでゲームをしています。 後ろから見ていたら、ボーイの人に「プレイしないなら出てけ」と言われました。 そこで怖気づいてしまい、結局プレイできず。 なんだか情けないです。 でも絶対リベンジしに来ようと思います。 もちろんこのままカジノで博打をせずに帰るのは嫌なので、別をあたることに。 次は、という本でがやっていた、大小博打をやろうと思いました。 実際にが行ったであろうアホテルに行き大小博打のテーブルに向かいます。 すると、大勢のダメ人間がテーブルを囲み、雄叫びを上げています。 それを見ているだけでも面白いですが、やっぱり我慢できず、自分もダメ人間の仲間に入りました。 しかしここで驚きの事実が発覚します。 最初は3000円くらいだけやって帰ろうと思っていたけど、一回賭けるだけに最低2000円は必要とのこと。 ここは腹を決め、なけなしの8000円をチップに変えます。 この8000円で今夜は朝まで楽しんでやる、そう決めました。 まずはゲームの流れを掴むために、何ゲームか様子を見ます。 そして大、大、大、大、大と5回連続で「大」が続いたときに、次のゲームで「小」に賭けました。 カラカラカラ、ドン! 「大」 いきなり2000円もってかれました。 結構メンタルをえぐられます。 そして2回目、3回目も無事にはずし、あっという間に6000円を失いました。 ここまで、たった5分の間の出来事です。 ひゃー、カジノって怖いね。 こんなことならカジノなんて行かずに、この6000円でもっと良いホテル泊まっておけば良かった。 はい、誰もが思うことですね。 最後の2000円は絶対に外したくないので、ディーラーと客をじっくり観察します。 すると驚くべきことに気が付きます。 さっきから一度も外していないおっちゃんがいるんです。 しかも一回に3万円くらい賭けてる。 よし!最後はこのおっちゃんに託そうと決めました。 おっちゃんがチップを置いてから、しばらく時間を置き、時間ギリギリのところで、あたかも自分で考えたかの様な顔をして、おっちゃんと同じ「大」に置きます。 カラカラカラ、ドン! 「大」 よっしゃあああああ! 思わずおっちゃんにハイタッチしそうになりましたが、そこはグッとこらえ、心の中でガッツポーズをします。 よっしゃ、わしはどこまでもあんたに付いていくで! そんな気分でした。 そのまま、おっちゃんと同じ所に賭け続け、気がつけば1万円分のチップが手元にありました。 本当におっちゃん様様です。 しかし、そんな風に浮かれていると、俺がプレイしていたテーブルのディーラーが違う人に替わりました。 おいおい、これどこかで見たことある展開だぞ・・・ もディーラーが替わるまでは大勝ちしていた。 しかし、そこからは全然当たらなくなってしまう。 まさかな・・・と思いながらも、またおっちゃんと同じ所に賭けます。 すると案の定、外れ。 まあ一回はしゃーない、と思いもう一度同じとこに。 あっという間にチップは2000円になっていました。 もういい、おっちゃんは信用ならんから、俺が考えたとこに賭ける!!! カラカラカラ、ドン! 外れ。 はい、無事にすべてのチップを失いました。 完全に踊らされてましたね。 わしゃピエロか。 そして帰り道、「ここで負けておいて良かった、もし勝ってたらギャンブルにハマってしまったかもしれない」と、安定の負け惜しみを言いながら、宿へと帰りました。 みなさんもギャンブルはほどほどにしましょう。 そして勝ち続けてるおっちゃんを信じないこと! それでは。 himatabi.

次の

海外カジノ必勝法ブログ・マカオ篇#4《カジノの会員カードをGETせよ!》~2016年1月~

マカオ カジノ ブログ

ベネチアンホテルに宿泊してるので、ホテルの下にカジノがあるんですが、、、 いわゆる街中の雰囲気も経験しておきたいなってことで、大冒険! まずは変換率のいい銀行が開いてない時間なので、Wynn Casinoで換金。 本当に変換率が良かった。 変換率がよかった記念で、デジタルスロットに挑戦し、いきなり大爆発! ここで試しにやったのが、あっさり1万円くらいプラス! 正直、これくらいはすぐに勝てます。 デジタルスロットなら知識がなくても、運だけなんで。 僕のこの1万円勝ちは、旅費とホテル代を相殺しての1万円勝ちです。 ただ、最後にも書きますが、ここでやめておけばいいんです(笑) この1万円でええもん食べて、楽しんだらいいんです。 えっとこの9月っていうのは、まだまだジメジメしています。 カメラを外に出しておかないと、レンズがくもります。 そして、室内は異常なほど冷房がかかってて寒いです! ですので、この時期に行かれる方は、上に羽織るものがあることをおすすめします。 グランドリスボア前です。 このリスボアだけちょっと別格の美しさがありますね。 MGMとかギャラクシーホテルも別格感がでてますが、、、 あと、余談ですが、僕、どのカジノに行っても入り口で年齢チェックが入ります。 「You!Passport please!」 と止められます。 そして、年齢を見たら、両手を挙げて 「わぉ!!!!」って言いはります(笑) 「奇跡的だな!わたしと君は同じ年だぜ!」ってニコニコしながら一瞬わぁーってなります。 そんなわけで、グランドリスボアにでも来た記念に、カジノへ(笑) さっき勝った分をそのままレトロタイプのスロットへ! そしたら500HK$でスタートしたのが、2000HK$まで膨れ上がる! 確実に今日は当たってる! カジノでの勝ち方は、僕的にはこう思ってる。 攻略法は負けないこと。 小さく勝つことは比較的すぐにできます。 特にスロットは波があるので、必ず、回転させておけばいい波にあたります。 当たればすぐにやめること!!! その小さな勝ちを積み重ねて、、、その中で負けない分だけ勝負する。 例えば、1万円くらい勝ったらすぐにやめる。 それが3万円とか5万円くらいになったら、2万円だけ勝負する! みたいな感覚です。 さて、ベネチアンに帰ってきました。 ちょいとホテルのカジノにも行きました。 ルーレットで爆勝ちしました。 ザッと計算すると、チップ1枚が12000〜13000円ってやつです。 それを5枚くらい積み上げてやるタイプのバカラです。 僕、基本的に盛り上がってるところ大好きですし、声も出さずにやるよりもワイワイやりたかったんで、、、 どなたか知りませんが、1口乗らせてもらいました(笑) すると激震の連敗! 想像してくだいね、、、 お金をディーラーに渡して意気揚々に勝負する僕が、いきなりの連敗ですよ! 顔色とか表情まで、僕のことを知ってくれてる人は想像できましたよね? 生放送でのミスも怖いですが、比にならないくらいいろんな気持ちになります。 はじめて足が膝から震える瞬間を体験できました(笑) カイジの気持ちがわかります。 藤原竜也ばりの演技ができそうな気がしました、、、気だけしました!! しかしながら、自問自答しました。 やるか、、、やらないのか、、、 あなたならどうする!? カジノからでた空は青空だった。 と思ったら、これはホテルの天井の模様でした! どんだけおしゃれやねん!!! マジで空かと思ったもん。 堅実に、確実に勝って行くタイプなのか? 計算して攻めるタイプなのか、守るタイプなのか? はたまた無防備で突進するタイプなのか? いろいろありますが、あなたはどんなタイプだと思ってますか? それがこういうカジノに来ると本性が見つかります! 勝負の時、自分はどうなるのか!? 思ってた自分とは違うかもしれませんよ! ぜひ、人生の中で一度くらい、本気の自分探しの旅にいかがでしょうか? 実は音楽もやっていて自分の音源を作りました。 こちらからダウンロードしていただけると嬉しいです。 よろしくお願いします。 気になるワードを入れてみて カテゴリー•

次の

マカオのカジノで勝ち続けるおっちゃんに出会う。沢木耕太郎の再来!

マカオ カジノ ブログ

Q&A回答 0件• 337,473アクセス• 昨今、野球賭博が騒がれているが、賭博賭博とニュースで聞くたびにサブリミナル効果なのかカジノへ行きたくなる。 今回は強行日程でカジノ天国と言われるマカオへ出陣。 今まで各国で負け続けていたカジノ、特にテキサスホールデム・ポーカーでは中華系の人たちにカモられるのが常であった。 テキサスホールデムでは運もあるがテクニック、勝負勘が重要であり、初心者では場の雰囲気に飲まれて平常心で勝負していくのが難しくなる。 いいハンドで負けたときなど、つい頭に血が上り冷静な判断ができず、いつのまにか悪いハンドでも参加していく展開になる。 何年か前の韓国遠征では挑発に乗りオールインに近いコールをした結果すべてを持って行かれている。 今回は戦略よりは運の要素がより強いブラックジャックを中心にプレイ。 ブラックジャックを腰を据えてまともに勝負したのはいつぞやのエクアドル旅行の時以来。 あの時は恥ずかしながらダブルダウンもスプリットも理解していなかった。 最近あまりいいことがないためか、ツキが味方してくれたようで、軍資金は倍増。 関空発ピーチ航空の夜便利用で行きやすいため、チャンスがあればまた行きたいところ。 金曜の夜に仕事場から直接関西空港に向かい、香港へ。 現地時間の午前2時に空港を出て、日本からagodaで予約したホテルはまさかの重慶大厦(チョンキンマンション)の中にあった。 住所までは確認せず、寝るだけだと思い安かったので予約していた。 海外旅行好きの人なら一度は聞いたことのあるいろいろと有名な建物である。 まずチョンキンマンションの入り口に陣取っている人たちをみてここは真夜中にくるべきところではないなとなんとなくわかる。 ゲストハウスの勧誘を振り切り、奥にすすみ、エレベーターを探す。 建物の構造がおかしくて、それぞれの棟が独立していて、同一階内での横移動はできない。 気づくのに時間がかかった。 苦労してだどり着くも深夜のため、D棟11Fにあるそのゲストハウスは閉まっていた。 深夜のチョンマンション1F、2Fは黒人と中東系の人たちがたむろしていてどこの国にいるのかもわからなくなってくる。 今回はカメラを持っていかなかったため携帯で撮影 (写真はチョンキンマンションD棟のテナント一覧) ピーチ航空はやや遅れて到着。 深夜午前2時をまわっている。 むむっ、チョンキンマンション 重慶大厦)、、昔聞いたことがあるような。。 そう、バックパッカーをしたことのある方には結構有名、香港の九龍・尖沙咀地区のネイザンロードに建つ複合ビルである。 多くのゲストハウスが入っており、中は人種のるつぼとなっている。 ほんとうに偶然にも予約したホテル すごく安かった)がこの昔聞いた犯罪の温床となっているチョンキンマンションの中にあるという。 タクシーで240香港$で到着。 10年前くらいに聞いた話では犯罪の温床(少なくとも自分はそのイメージのままでした であり、非常に恐ろしいところという印象。 帰国後調べてみると現在はそんなことはないらしいが、入口に着いたのは深夜午前2時。 その聞いた通りに入口には中東系や黒人たちがたむろして入っていく自分をじとっと見つめている。 中に入ると後ろから着いてきた。 はっと身構えたが、どうやらゲストハウスの勧誘をしているよう。 こんな深夜まで仕事熱心なことである。 しかし、自分は数日前にagodaですでにここの11Fにあるゲストハウスの予約を済ませている。 払いのけて必死に探す。 1Fは黒人と中東系の人がなぜかたむろしており異様な様相を呈している。 写真はチョンキンマンションの1F) このビル、初めての人にはわかりずらい5棟合体の構造となっている。 3F以上は横に移動できず、A棟、B棟、C棟、D棟それぞれのエレベーターをさがして乗らなければならない。 やや治安の悪い雰囲気の1Fからはやく抜けたいと 戸惑いながらも乗ったエレベーターはB棟、エレベーターは各棟2機併設しているものの、左右で停止階が奇数階と偶数階に振り分けられているらしい。 基本的に目的の部屋に直接たどり着くエレベータは1台しかかない。 運悪く偶数階しか止まらないエレベーターに乗ってしまい、そんなことは全くわからないので軽くパニック。 近い10Fでおりて、暗い非常階段を登ってやっとの思いで11Fにたどり着くも予約していたMabuhay 賓館は見当たらない。 しかしB棟からの移動はできない。 また1Fにおりる。 不思議と11Fのエレベーターから降りるときには1Fにつくことができ、ここで奇数階と偶数階に泊まるエレベーターが2台セットであることに気付く。 深夜だというのにエレベーターには黒人が2、3人乗っている。 ここは香港だよなと思いながら、D棟11Fにたどり着いたがなんと午前2時半をまわっておりそもそも玄関自体がロックされている。 迷惑承知で強く叩くも、宿泊客であろうか内から1発ドンっとされ、怖くなってやめる。 冷静に考えれば、閉まっていて当然である。 玄関についているパスワードもわかるはずもなく、はやく横になって休みたいので1Fの客引きに身を任せることにした。 緊張もしているせいか、眠くはないがとにかく疲れている。 BJはプレーヤーが敵対しないので、しばらく続けていると一体感が生まれる。 中国人が多く、1回数万単位でかけている。 自分もいつの間にか額を多くかけるときはテーブルを叩いている笑 勝ち続けているときは勝ち馬に乗るように後ろの見物人たちが自分のところにさらにチップをかけてきて、プレッシャーがかかるが、応援にも熱が入り気分がいい。 周りがどんどん高額のチップをかけていくので金銭感覚がマヒしてきて、つられてたまに1000$チップをおいてしまったりする。 よくよく考えると1回に1万5000円を出しており、冷静に考えると非常に怖いことをしている。 また勝ち続けたときに辞めればいいのだが、換金所までは道のりが遠く、なら他のところで勝った分を投資してしまおうという気にさせらてしまう。 去り際に1000$勝負して負けたのは余計だったが。。 ウィンカジノかスターワールドカジノだかにはポーカーテーブル卓がたくさんあったが、あっという間に負けた。 スマホをいじりながら、音楽を聴き、飲み物を飲んでプレーするくらいの余裕がないとゲームについていけない。 ここはそんな人たちばっかりで、初心者にはちょっとつらかった。 今回、ルーレットはしなかった。 写真は2日目に800$から3800$増やしたときの記念に。 4800$までいったが、席を立つときに1000$チップをかけて敗北 カジノは楽しむものだという認識でほどほどに遊ぶのが良いのだと思います。 今回は運がよくトータルでみても少し勝てました。 帰りはピーチ航空では、マカオから直接香港国際空港に乗り入れることができないのを知らなくて、香港の外環に向かいそこから電車で移動したため、着いたのはぎりぎりで、出発55分前であった。 帰りの飛行機は天候不良のため経験したことがないほど揺れがひどく、前の方で数人が嘔吐してスチュワーデスさんが大変そうでした。 大雨の中、関空から車で帰宅、午前1時をまわっているので実質2泊4日になりました。 楽しかったけど疲労困憊。

次の