アダプティブ トリガー。 【PS5】2020年の年末に発売!!「今から購入計画を立てるべし!」〜エンジョイ向け〜

【西川善司】鍵は「磁性流体」にあり? 西川善司,「PS5」のゲームパッドを予想してみる

アダプティブ トリガー

【目次】 クリックでジャンプ• ソニーがPS5用のコントローラー 「デュアルセンス」を発表! ソニー・インタラクティブエンタテインメントは2020年に発売予定の PS5(PlayStation5)のコントローラー、 デュアルセンス(DualSence)を発表しました! これは衝撃です!! PlayStationのコントローラーといえば初代PlayStationの DUALSHCOKに始まり、PlayStation4の DUALSHCOK4となるまで、振動付コントローラーの DUALSHCOKシリーズが主流でしたが、 PS5では新しい DualSenceになるという事なんです。 PS4のコントローラー「DUALSHOCK 4」 何が新しくなったかというと、まずデュアルショックシリーズからデザインが一新され、目玉の新機能として「 ハプティックフィードバック」と「 アダプティックトリガー」を搭載し、 「触覚」の体感を可能とします! またコントローラーにマイクを内蔵し、ヘッドセット無しでもボイスチャットが出来るようになるそうです。 そこで今回はPS5のコントローラー、デュアルセンス(DualSence)の新機能などについて詳しく紹介したいと思います! うぉーーー!! PS5のコントローラーがいきなり発表! なんか未来的でカッコイイ! 一体どんな機能が!? PS5新コントローラー『デュアルセンス』の特徴 新機能その1「ハプティックフィードバック」 ハプティックフィードバックの搭載により、車が車道をはずれた場合には、ハンドルが重くなるかのように、 ズッシリとした感触を表現できるとの事です。 詳細は発表されていませんが、もしかしたらアナログスティックがモーター制御などで、多少勝手に動いたり、操作が重くなるのかもしれません。 ゲームセンターのレーシングゲームなどではよくみる機能ですが、それをコントローラーに落とし込んだというのは驚き。 レースゲームだけでなく、例えば剣と剣の鍔迫り合いなどがあるゲームでも活躍しそうです。 ハプティックフィードバック、すごそう! ゲーセンのハンドルのような感覚かな? 早く体験してぇーーー! 新機能その2「アダプティブトリガー」 新コントローラーのL2とR2ボタンには アダプティブトリガーというボダンを採用するそうです! 弓矢を引き絞るような感覚を実感できるように、トリガーの角度やグリップを細かく調整したとのことです。 プレイステーションのコントローラーは昔からL2とR2の感触にかんしては、ストロークの長いXBOX系のほうが良いとゲーマーの間でたびたび言われていましたが、 ついにトリガー式を採用したということですね。 発表だけではどのような感触になるかわかりませんが、もしかしたら XBOX系のコントローラーの上をゆくトリガーボタンなのかもしれません。 DualSenseのまとめ• PS5のコントローラーは、デュアルショックではない• 「ハプティックフィードバック」という繊細で体感性の高い新機能搭載• L2とR2ボタンが「アダプティブトリガー」という引き絞る感覚を味わえるボタンになる 今から待ち遠しいPS5の発売。 コントローラーの新機能を発表するなんてソニーはにくいことをしますね! ちなみに先日は「 Tempest 3Dオーディオ技術」という3Dオーディオ(立体感のあるサウンドシステム)を発表しました。 これにより全てのプレイヤーがDolby Atmosなどの規格に対応するスピーカーを持っていなくても3Dオーディオを楽しめるようになると発表していました! 今回の 新コントローラーと Tempest 3Dオーディオ技術、 美しい映像体験などを踏まえると、とんでもないゲーム機が登場しそうです!.

次の

アダプティブ休止状態の概要

アダプティブ トリガー

2020年の年末に発売予定される PS5のコントローラー DualSenseの概要が公表されましたね。 2013年に発売されたPS4から7年後、ついにPS5が登場します。 ひと足早くPS5コントローラーのDualSenseの新しい機能と特徴5つにまとめました。 PS5コントローラーのDualSenseの新しい機能と特徴をチェックして購入するか検討ください。 PS4コントローラーの機能を引き継ぎながらどのような概要になっているのでしょうかー。 車が泥道を走るときの重いずっしりとした感触など 引用: という風にゲーム画面との再現力をUPさせる振動をリアルに追求しています。 実際にゲームをしていて主人公やアクションシーンの体感がよりリアルに伝わるようにコントーラーに動きを与える触感は楽しみなポイントの1つですね。 アダプティブトリガー L2・R2ボタン アダプティブトリガーはPS4コントローラーから搭載していてさらに 「固さ」を追加。 弓矢を引き絞るときのような緊張感のある動作を実感できる 引用: 触感とも関連しているアダプティブトリガーはゲームのアクション性をより高め、ボタン操作だけでなく 弓を引く・銃のリロードなどの動作に対応したトリガーの固さを意識したコントローラーになっているようです。 まさにコントローラーがアクションの1つとなっているDualSens。 アダプティブトリガーによりゲームの再現性が上がる機能はどういった触感になっているか注目でしょう。 マイク内臓 DualSensでは マイク機能を搭載されていて、フレンドチャットがコントローラーから自由にできるようになります。 ヘッドセットを購入しなくてもオンラインで他プレイヤーとのコンタクトもやりやすくなる点は利用者にとって喜ばしいことでしょう。 またDualSensの特許から 「ユーザーを識別して、環境音の他の音を消す」ことができるのだそう。 同じ部屋で友達同士がしゃべっていても一人一人の声を認識し、拾うことができるのもすごい。 Createボタン DualSensでは 「Creatボタン」が新たに追加されています。 Createボタンはユーザー自身のゲームプレイを元に配信や コンテンツを作成できたり、仲間内で シェアができるようになったりコンテンツサービスがより拡充される模様。 仲間や世界のプレイヤーに向けた情報を届けたい人にはさらに使いやすくなるでしょう。 十字キーやボタン部分の配色は白、ステックバーやスピーカー部分は黒とツートンカラーは歴代 プレーステーションで初の試みです。 好みはいろいろあるがスタイリッシュな印象は受けますね。 また PS5の本体デザイン&カラーにも影響がありそう。 ただ個人的に汚れやキズが目立ちやすくなるかは心配。 しかし今後はカラーバリーエーションも増えていくことが予想され、好みの2色カラーデザインが出るかどうか注目です。 ・有線コードもUSB Type-Cに 従来のプレーステーションUSBケーブルは「mini USB」、「Micro USB」、「Type-B Type-A 」という感じでいろいろな種類がありましたー。 速度が遅かったり、充電できなかったりとトラブルも多々あるUSBケーブル。 DualSensでは見たところ USBType-Cになっている模様。 高速データ&高速充電にも対応できるType-Cで接続トラブルもさけられ、ケーブルが1本化することで余計な接続ケーブル問題の心配も減るでしょう。

次の

【ニュース】 ソニーがPLAY STATION 5を2020年末に発売を発表

アダプティブ トリガー

予想値段55000 税抜き ぐらいと予想する。 しかし……8Kは要らない気がする。 超高速アクセスが可能なカスタムSSD搭載• AMD社製カスタムチップ搭載• 3Dオーディオ処理専用ユニット• ゲームにおいて最大8K解像度出力まで対応• PlayStation 4タイトルとの互換性実現に向けた設計• ハプティック技術搭載• アダプティブトリガーを採用 ハプティック技術の意味とは プレイヤーに振動を与え、皮膚感覚にフィードバックを与える技術だよ 語源はハプティックスから来ていて、Switcのジョイコンには近いものが搭載されてるのでイメージしやすいね。 ハプティック技術とアダプティブトリガーのテクノロジーが融合する事でプレイヤーはゲームの世界に没感を抱くことになりそう。 PS5とPS4、PS3、PS2、PS1の互換性! 過去のハードとの互換性だよ PS4 互換性アリ PS3 互換性なし PS2 互換性なし PS1 互換性なし PS4のソフトとは互換性があるので、モンスターハンターワールドなどの人気作品もPS5のハードで問題なくプレイできるということになるね〜。 この互換性が故に、PS5を焦って買わなくても平気と安心感を抱くプレイヤーも多いはず。 逆にPS1〜PS3までの過去ハードとは互換性がない事で残念にも感じるとの声も・・・。 PS5専用ソフト、専用タイトルは?【プレステ5】 PS5はいつか購入すると思うけど、発売日に買うかどうかとしての決め手が無いと感じる人も多い気がする。 PS5専用ソフト次第になってくるはずなのです。 当然PS5専用タイトルがリリースされる訳ですが、2019年10月の段階では一作品も明かされて無いです。

次の