全国 福利 厚生 共済 会。 全国福利厚生共済会プライム倶楽部は詐欺か?

全国福利厚生共済会がやばい?評判を調べてみた結果!

全国 福利 厚生 共済 会

全国福利厚生共済会(プライム共済)などのネットワークビジネスと聞くと、なんだか怪しいネズミ講やマルチ商法のことだと思われがちです。 実際、私もそう思っていた一人です。 全国福利厚生共済会(プライム共済)などのネットワークビジネスって、自分が勧めた人が購入したら自分に報酬が入る。 ネズミ講と似たようなシステムだと思いますよね?更に、マルチ商法という言葉もよく聞きますが具体的にどういうことなのかわからない方も多いのではないでしょうか・。 そこで、全国福利厚生共済会(プライム共済)などのネットワークビジネスとネズミ講、全国福利厚生共済会(プライム共済)などのネットワークビジネスとマルチ商法について調査してみました。 Contents• 全国福利厚生共済会(プライム共済)などのネットワークビジネスとネズミ講の違いって? 全国福利厚生共済会(プライム共済)などのネットワークビジネスの特徴• 商品愛用者からの口コミ宣伝が原則(商品販売)• 報酬は誰もが平等に受け取れる (先に始めた方が有利ということはない)• 販売および勧誘にノルマがない• 商品の解約や返品(クーリングオフ)に応じる• 必要在庫は自己の判断と責任で持つ• 最近は会社と直接取引(購買型)が主流 そのため在庫を抱える必要がない ネズミ講の特徴• 商材がない金銭配当組織(マネーゲーム)• 会員が複数の子、さらに孫へと会員をネズミ算式に増殖させ、上位の会員の一部が優位に配当を受け取れる• 全国福利厚生共済会(プライム共済)などのネットワークビジネスとマルチ商法の違いとは? 今度は、 全国福利厚生共済会(プライム共済)などのネットワークビジネス の元となった マルチ商法 Multi-Level Marketing )についてご説明します。 マルチ商法の販売形態は、加盟者が新規加盟者を誘い、その加盟者がさらに別の加盟者を誘引するという連鎖により、階層組織を拡大する仕組みです。 このようにピラミッド型を形成することや、新たな参加者の勧誘などの販売展開の方法がねずみ講と類似していますが、マルチ商法は、連鎖販売取引あるいはそれに類似した販売形態の通称で、特定商取引に関する法律その他関係する法律を遵守する限り、違法なものではありません。 マルチ商法は特定商取引法の中で連鎖販売取引と定義されており、一応合法とされています。 1 特定商取引法の規制対象となる「連鎖販売取引」 (法第33条) 特定商取引法は、「連鎖販売業」を次のように規定しています。 物品の販売(または役務の提供など)の事業であって 2. 再販売、受託販売もしくは販売のあっせん(または役務の提供もしくはそのあっせん)をする者を 3. 特定利益が得られると誘引し 4. 特定負担を伴う取引(取引条件の変更を含む。 )をするもの 引用元: わかりやすく言うのであれば、「このサプリは質がいいですよ。 」と商品を販売したり、 「権利収入を得られますよ。 」と、組織に勧誘したりすることを連鎖販売取引といいます。 全国福利厚生共済会(プライム共済)などのネットワークビジネス マルチ商法 断り方 今に時代、収入の柱を増やそうと必死な方が多いですから、あなたもいつ信頼していた友人からマルチ商法やネズミ講に勧誘されるかわかりません。 まるで誰でも不労所得を得られるような勧誘をしますが、実際は夢を叶えられていない人の方が多数です。 さらに、成果を出すまでには自分で商品を購入したり、セミナーに参加したり、知り合いを食事に誘ったりと今までの生活にプラスのコストもかかります。 詳しい実態は会員になるまで教えてもらえないことが現状でしょう。 ここでは、被害を未然に防ぐために知っておきたいことについて見ていきましょう。 楽に簡単に儲けられる仕事はない 勧誘時に『誰でも簡単に儲けられる』と言われることもあります。 しかし、よく考えてみてください。 本当に儲けられる話があるならわざわざ人に教えず自分でやっているはずです。 本当に儲けられるなら、頭がよくお金もある人がすでに取り組んでいるはずです。 上記でも述べたように誰でも儲けられるわけではありませんし、コストもかかります。 楽に儲けたい人は、自分で努力しないで誰かになんとかしてもらいたい気持ちがどこかにあるのではないでしょうか。 誘ってきた人が以前と違う行動をしていないか観察する 例えば、以前はそんなに親密な関係ではなかったのに、食事にいきなり誘われるのは不自然です。 その人が以前と違った行動を取っていないかを観察しましょう。 他にもマルチ商法やネズミ講にハマっている人には以下のような兆候があります。 夢や将来について話すようになった• ビジネスの話をするようになった• 変にポジティブになった• 「感謝」や「ご縁」という言葉をよく使うようになった• 以前よりも人に合うようになった• なぜか自信を持つようになった• 権利収入という言葉を使う あなたに声をかけていきた人がこれまでと様子が違っており、なおかつ上記に複数当てはまるのであれば警戒した方がいいでしょう。 まとめ 収入の柱を増やしたい方はたくさんいますよね。 本当に権利収入を構築していけるのか、先見の明を磨いて見つけていけるようになることが大切ですね。 誘う友人知人、リストアップした人脈が尽きてしまたら・・・ そこであなたの収入もストップ!するのです! でももし、その人脈リストが無限に増え、しかも相手の方から 「その話聞かせて!」という方法があるとしたら あなたは興味ありますか??.

次の

全国福利厚生共済会に入るメリットとデメリット

全国 福利 厚生 共済 会

全国福利厚生共済会などのネットワークビジネスは、マルチレベルマーケティング(MLM と言います。 日本では連鎖販売取引、マルチ商法と言われているようですね。 これに対して、マルチ商法とよく間違われているねずみ講とは無限連鎖講という名前で定義されていて、これはトップのみが儲かる詐欺です。 MLMは何らかの商品やサービスがありますが、ねずみ講は商品やサービスがありません。 ただ構造がよく似ているので、どちらも詐欺だと思っている方が多いですね。 海外では当たり前のビジネスですが、日本では全国福利厚生共済会などのネットワークビジネスも良いイメージがありません。 もちろん全国福利厚生共済会などのネットワークビジネスは詐欺ではなく立派な商法の一つです。 「マルチ商法=悪いこと!」みたいなイメージが強くて、始めたら警察に捕まる!なんて思っている人も多いみたいです。 コンテンツ• 全国福利厚生共済会の仕組みとは! 一般的な商品の流通は、メーカーから問屋、問屋から小売店や販売代理店に納品され、消費者の手に渡っていきますよね。 そして、主にTV、インターネット、広告、雑誌などを利用して、消費者への宣伝活動を行います。 一般的な商品の流通形態は、消費者までに複数の中間流通業者を介したり、TVや雑誌、インターネットでの宣伝活動を行ったりすることで莫大なコストがかかり、原価に対して小売価格が高くなる特徴があります。 一般的な商品の流通形態は、消費者までに複数の中間流通業者を介したり、TVや雑誌、インターネットでの宣伝活動を行ったりすることで莫大なコストがかかり、原価に対して小売価格が高くなる特徴があります。 これに対して、全国福利厚生共済会などのネットワークビジネスは、商品購入者が販売員(ディストリビューターと呼ばれる。 )となり、口コミで商品を宣伝していきます。 基本的に、インターネットやブログなど広告メディアを利用しての宣伝活動は禁止されています。 リアルな店舗の自営業では、商品を売らなければお金は入ってきませんし、もし体調を崩したりして休業をしてしまえば、収入は途絶えてしまいます。 つまり、一般的な収益システムでは、自分が労働した分のお金しか稼ぐことができません。 一方、全国福利厚生共済会などのネットワークビジネスの仕組みは、一般的な収益システムとは少し違います。 どこが違うのか? それは、働かなくても報酬が発生する仕組みがあることです。 あなたは、3人の友人に全国福利厚生共済会を伝えることにしました。 その結果、あなたの思いが通じて、3人の友人もあなたと同じように全国福利厚生共済会の商品を使い始めることになりました。 すると、それまであなたは、自分が全国福利厚生共済会から商品を購入することで得られるボーナスやあなた以外の人に小売りをして稼いだ収入を得ていたのに加えて、その友人が全国福利厚生共済会から購入した商品金額の一部もボーナスとして受け取ることができるようになります。 つまり、あなたが労働した分以外のお金を受け取ることができるようになるということです。 さらに、あなたの友人を、商品を売れるディストリビューター 販売員 に育て上げると、その功績に対してもボーナスが支払われるようになり、あなたは、友人が売り上げた金額の一部も自分の収益とすることができるようになります。 一度見直してみて欲しいのですが、実はここまでであなたが行ったことは、たったの3人の友人に全国福利厚生共済会を伝えただけです。 たったそれだけで、自分が労働した分以外の収入を得られるようになるのです。 このように、より少ない労力でより多くのお金を稼ぐことが出来るのが、ネットワークビジネスの仕組みの大きな特徴です。 全国福利厚生共済会ビジネスは凄い?! では、全国福利厚生共済会のようなネットワークビジネスの優れたビジネスモデルを利用して成功している人はどれぐらいいるでしょう? 多くの人が知っている通り、ほとんどいませんね。 これだけ優れたビジネスモデルなのに、なぜ、これほどまでに稼げないビジネスとなってしまっているのか不思議で仕方がないほどです。 では、なぜ全国福利厚生共済会などのネットワークビジネスで稼ぐことは難しいのでしょう? 実は、多くの人が見落としてしまっていることがあります。 その大きな原因が、全国福利厚生共済会などのネットワークビジネスでの成功を妨げているのです。 では、その原因とは何でしょう? ネットワークビジネスとは人から人へ商品を紹介し、人間関係の中で行っていくビジネスです。 会社から購入するので、在庫などは持つ必要がないわけですね。 紹介手数料が還元されるイメージですね。 どんどん紹介者が増えれば、さらに還元されていくというイメージですね。 まとめ ビジネスの可能性や凄さに気付いてしまうと、たちまちヤル気に満ちあふれて視界が明瞭になるような感覚がします。 そして友人知人に伝えるのですが、「稼ぎたい」が伝わってしまい、うまくいかない。 勧誘された側は、「あ、私で金儲けしようとしてる」と感じてしまう。 勧誘する側と勧誘される側には温度差があるのに、それに気づかず、必死で話してしまう。 全国福利厚生共済会などのネットワークビジネスで成功したいと思うのなら、まずは勧誘する人を幸せにしたいと、心から思うことですね。 勧誘することをやめて、相手からその話聞きたい!と思ってもらうことが一番大事なんです。 声をかける人がいなくなって、困っていませんか!? ネットワークビジネスで一番怖いこと・・世の悪いイメージ「友達の信用すら失ってしまう」と言う事。 ビジネスを切り出せない。 勧誘する相手が友達以外に簡単に見つからない。 なら、もう稼ぐことをあきらめるしかありません。 でももし、その人脈が無限に増えていき、しかも相手の方から「話を聞かせてほしい」と言ってくる方法があるとしたら、あなたは興味ありますか?.

次の

全国福利厚生共済会(プライム共済)の実態を教えてください。

全国 福利 厚生 共済 会

zenko-sai. 会員及びその家族に向けた多様な事業提案を通じ、より安全で安定的な生活を送るための「ライフサポーター」として機能すると謳っていますね。 契約すると全国200,000か所以上の国内宿泊・レジャー・グルメ・スポーツなど、多彩なサービスを会員優待価格で楽しめるとの案内もあり、その名前も相まって「企業の福利厚生的なものなのかな?」という印象をまず受けました。 ただ、このような機能は全国福利厚生共済会の一側面に過ぎず、その実情はいろいろと複雑であることも分かってきましたよ。 スポンサーリンク? ネットワークビジネス的な側面も… 全国福利厚生共済会の会員には、「共済会会員」と「プライム会員」の2種が存在します。 共済会会員は、先ほど紹介したような福利厚生サービスのみを受けることができる会員ですね。 入会に際しては掛金2,800円と初回登録料2,000円の合計4,800円を支払うことになります。 一方のプライム会員は、事業の勧誘などを通して報酬を得ることができる特別な会員です。 入会時には掛金4,000円と初回登録料8,000円を合わせた12,000円が必要になりますね。 そしてプライム会員になってお金を稼ぐとなると、「直接紹介」でどんどん新たな会員を呼び込まなければなりません。 実質ノルマもあるので、自分からガンガン動くことができるタイプでないと儲けるのは厳しいでしょう。 逆を言えば、多くのネットワークビジネスがそうであるように、「向いている人はがっつり稼げる」仕組みではあるとの評判ですが…。 ただ、毎月支払われる報酬総額に応じて全国福利厚生共済会全厚済への寄付を義務付けられるといった様々な縛りもありますので、利用に当たっては子細な部分までリサーチしておく必要があるでしょうね。 実際、利用者の口コミに目を通すと、「強引な勧誘を受けて入会してはみたが、何もメリットが感じられない」とトラブルを訴える方たちが複数いるようですから、そのメリット・デメリットについて自身の尺度で検討しておかないと、痛い目を見ることになるかもしれません! スポンサーリンク?

次の