スマート マルチ リモコン。 スマートスピーカーとスマートリモコンで自宅のIoT化に挑戦!

普通の家電がスマホで操作できる! 『スマートリモコン』の選び方とおすすめを紹介|TIME&SPACE by KDDI

スマート マルチ リモコン

4Ghz帯のみなり、5Gは接続出来ません。 お間違いないようお願いいたします。 4GHz)が必要です。 JP」公式正規品。 だから、安心のORVIBO. JP」を運営する通信ネットワークで豊富な経験と実績がある「株式会社コヴィア」が運営しております。 jp」の国内サポートが受けられる製品は、当店「贅沢屋(運営:株式会社グローバルスタイル)」が販売するORVIBO製品のみとなります。 他店が販売する製品は、「ORVIBO. JP公式正規品ではない」ため、国内サポート対象外となります。 当店、もしくは、ORVIBO国内サポートへお問合せ頂いても、非公式品のため対応できませんので、ご購入先には、くれぐれもご注意下さい。 【日本公式モデル】【工事不要】【対応リモコン8000種類以上】 散らばるリモコンをスマホ1台で操作! 楽天市場で唯一 ORVIBO. 4Ghz帯のみなり、5Gは接続出来ません。 お間違いないようお願いいたします。 JP」公式正規品。 だから、安心のORVIBO. JP」を運営し 日本の通信ネットワークで豊富な経験と実績がある 「株式会社コヴィア」が運営しております。 jp」の国内サポートが受けられる製品は、 当店「贅沢屋(運営:株式会社グローバルスタイル)」が販売するORVIBO製品のみとなります。 当店以外が販売するORVIBO製品は、「ORVIBO. JP」の公式流通品ではないため、サポート対象外となります。 ご購入先にはくれぐれもご注意下さい。 ご要望にお応えさせて頂き、マジックキューブの「設定マニュアル PDF版 」を、作成させて頂きました。 お手数ですが、以下よりダウンロードしてご利用下さいませ。 あらかじめ、ご了承くださいませ。 管理番号 ORVIBO-MagicCube 販売期間 2020年06月23日18時00分〜2020年07月01日23時59分.

次の

【徹底比較】スマートリモコンおすすめランキング(2020年版)

スマート マルチ リモコン

0以降 8. 0以降 5. 0以降 5. 0以降 Android 5. 0以降 4. 03以降 3. 0以降 3. 0以降 8. 4以降 5. 0以降 Android 4. 03以降 4. 4以降 4. 将来性を考えるならセンサー豊富な『Nature REMO』 Amazonの情報を掲載しています 『Nature REMO』の価格の理由は、センサーの種類にあるといえます。 これだけのセンサーが搭載されていてこの値段なのですから、むしろやすい方です。 「IFTTT イフト 」に対応しているので、「〇〇した時(きっかけ)、〇〇する(行動)」といったレシピを作成できます。 例えば、「ねぇGoogle、おはよう。 といったら照明とテレビがつく」とか、「朝7時になったら、暖房が自動的について部屋を温める。 」「家に半径100m以内に入ったら、エアコンが自動的について部屋を涼しくする。 」いった内容のレシピです。 」といったことも可能になります。 安くてコンパクトでスタイリッシュ『ORVIBO Magic Cube CT-10』 Amazonの情報を掲載しています 『ORVIBO Magic Cube CT-10』では、スマホまたはスマートスピーカー(Amazon EchoとGoogle Homeなど)で家中の赤外線リモコン付き家電を一括操作できるようにすること。 外出先からスマホにて赤外線リモコン付き家電を遠隔操作できるようにすること。 その他本体をダブルクリックすると全ての家電を一括して電源を落としたり、タイマーをセットできたりします。 別売りの「Wi-Fiスマートカメラ SC-10」があれば、玄関などの設置して、帰宅時に人感センサーに反応して自動で全ての電源が入るなどの連携もできます。 『eRemote』は後付け(別売「eSensor」)でセンサーによる自動制御可能なスマートリモコンに拡張できる Amazonの情報を掲載しています 『eRemote』は、他のスマートリモコンのように、センサーが搭載されていません。 『eRemote』には温度センサーだけ。 『eRemote mini』にいたってはセンサーが全くありません。 『eRemote』『eRemote mini』にできることは、他のスマートリモコン同様に、赤外線リモコン付き家電を一括操作可能にすること。 スマホにて赤外線リモコン付き家電を遠隔操作できるようにすること。 この2つです。 ただし『eRemote』と『eRemote mini』は、別売の「eSensor」と連携することが可能。 「eSensor」には、温度・湿度・照度・音・空気質、計5つのセンサーが搭載されており、環境を見守ってくれます。 『eRemote』と『eRemote mini』は、「eSensor」のセンサーを活用して、「温度が23度になったら、暖房をオンに。 」「明るくなったら、音楽を再生。 」といった自動制御が可能となります。 「eSensor」は別売りなので、あとあとそういった操作もやっぱり欲しいなと思ってから購入することができるのが嬉しいところ。 対応するスマートスピーカーは「Amazon Echo」シリーズだけでしたが、2018年2月14日「Google Home」にも対応しました。 「IFTTT イフト 」にてレシピを作らなくても、もともと様々なことができる『sRemo-R』 Amazonの情報を掲載しています 『sRemo-R』は、『Nature REMO』同様に「IFTTT イフト 」に対応しております。 そのため、「〇〇した時(きっかけ)、〇〇する(行動)」といったレシピを自由に作成することができて便利です。 それとは別に、『sRemo-R』はスマートスピーカーでの音声操作、スマホでの遠隔操作だけでなく、温度や時刻で『sRemo』を動作させたり、メールにてお知らせしてくれるなどの機能が搭載されているので、レシピを作る必要がありません。 また、『Nature REMO』同様に「Amazon Echo」シリーズだけでなく、「Google Home」シリーズに対応。 さらに、「朝8時に暖房オン。 2時間後に暖房オフと照明オフ。 」といった連続性のある動作設定も可能で、最大16ステップまで学習させることができます。 連続動作設定・オリジナルリモコンの作成までできる『RS-WFIREX3』 Amazonの情報を掲載しています 『RS-WFIREX3』は「Amazon Echo」シリーズにだけ対応していましたが、2018年2月5日「Google Home」シリーズにも対応しました。 他のスマートリモコン同様、スマートスピーカーでの音声操作とスマホでの遠隔操作ができます。 『RS-WFIREX3』の特徴は、オリジナルリモコンを作成できるところ。 そのため、照明、テレビ、エアコン3つの家電のよく使うボタンだけ集めたリモコンを作ったりできます。 『sRemo』同様に、連続操作のせっても可能。 また、温度・湿度・照度センサーが搭載されているので、外出先で確認してスマホにて遠隔操作も可能です。 Apple Watchからも操作できるのは『iRemocon』だけ Amazonの情報を掲載しています 『iRemocon』最大の特徴は、Apple Watchからも操作が可能なところです。 Apple Watch利用者には『iRemocon』がオススメ。 また、『iRemocon』はスマホだけでも音声操作が可能なので、スマートスピーカーがない人でも家電の音声操作ができます。 温度・湿度・照度を外出先から確認、遠隔操作。 自宅の近くに来たら照明が点灯、エアコンオン。 「Amazon Echo」シリーズでの音声操作、オリジナルリモコンの作成、連続動作の設定やタイマーの設定など、機能も充実しています。 ただし、外出先からの操作、音声、GPS、Amazon Echo連携はアプリ内課金による有料機能。 機能が充実しているためか、本体価格も他のスマートリモコンより高め。 そこだけが欠点といえます。

次の

既存家電とスマート家電をまとめて操作 +Styleスマートマルチリモコン

スマート マルチ リモコン

プラススタイルは10月31日、「スマートマルチリモコン」を発表した。 テレビやエアコンなど、赤外線リモコンで操作する家電製品をスマートフォンで遠隔制御できるスマートリモコン。 価格は6,480円(以下、税込)で、発売記念セールとして10月31日~11月14日までの期間は4,980円で販売する。 すでに販売中。 赤外線リモコンで操作する家電製品が対象で、操作できる500種類以上の家電の情報がプリセットされている。 プリセットにない家電も手動で登録可能で、アップデートにより対応製品も追加予定とのこと。 さまざまなジャンルの家電が制御できる• テレビの制御に切り替えたところ。 テレビから離れた場所や外出先からでも制御できる アプリからは、マルチリモコンが取得する温度や湿度などのデータを基に、各家電の動作が設定できる。 エアコンを制御する場合、室温に応じて暖房にしたり冷房にしたりなどの設定が行える。 自宅だけでなく、外出先からも家電が操作できる。 GoogleアシスタントやAmazon Alexaを搭載するスマートスピーカーとも連携でき、話しかけるだけで家電の操作ができる。 マルチリモコンは温度や湿度などのデータも取得でき、外出先からでも部屋の状況が確認できる• 市販のスマートスピーカーなどの機器とも連携できる 無線LANは、2. 4GHz帯のIEEE802. 本体サイズは直径約60. 8mm、重さは約53g。 電源はmicroUSB端子から確保する スマートマルチリモコンと各種スマートセンサーをセットにした製品も用意する。 ラインアップは以下の通り。

次の