サンダーバード アドレス 帳 エクスポート。 Thunderbird からインポートしたアドレス帳が文字化けする場合

Windows liveメールからThunderbirdへアドレス帳の移動方法

サンダーバード アドレス 帳 エクスポート

MailStoreのインストール完了して 「終了」をクリックします。 MailStoreを起動します。 左側のリストの中から 「Eメールのアーカイブ」をクリックします。 「プロファイルの作成」の中から、 「Mozilla Thunderbird」をクリックします。 設定の画面が表示されます。 プロファイル名がdefaultとなっているのを確認して 「次へ」をクリックします。 メールの中のフォルダや受信日時で移行するメールをクリックします。 (全てのメールを移行する場合は設定変更は不要です。 プロファイルが作成されたら、中央リストに追加されているのを確認します。 追加されたプロファイルをクリックします。 アーカイブが開始されます。 終了後に、左リストにある 「マイアーカイブ」に取り込んだメールを確認します。 Thunderbird のメイン画面を開きます。 タブの中からアドレス帳をクリックします。 Thunderbirdのアドレス帳からエクスポート(取り出し)したいアドレス帳を選びます。 (アドレス帳は一括でエクスポートできません)• 「個人用」「仕事用」など分けてアドレス帳を作成している場合でも一つずつエクスポートします。 タブから 「ツール」の中から 「エクスポート」をクリックします。 保存先を選択します。 ファイル名は分かりやすい名前を設定します。 csv 」を選びます。 「保存」をクリックします。 Thunderbirdからアドレス帳をエクスポートが完了です。 Outlookのメイン画面の左下の「連絡先」をクリックします。 左のリストの「連絡先」を右クリックして、さらに「新しいフォルダー」をクリックします。 「名前」に「移行するアドレス帳のフォルダ名」を入力して「OK」をクリックします。 左上のタブから「ファイル」をクリックします。 左のリストから「オプション」をクリックします。 左のリストから「詳細設定」をクリックします。 エクスポートの欄から「エクスポート」をクリックします。 実行する処理を選択する欄で「他のプログラムまたはファイルからのインポート」を選択して「次へ」をクリックします。 インポートするファイルの種類選択する欄で「テキストファイル(Windows、カンマ区切り)」を選択して「次へ」をクリックします。 インポートするファイル欄の横にある「参照(R)」をクリックします。 Thunderbird からエクスポートしたアドレス帳を選択して「OK」をクリックして「次へ」をクリックします。 インポート先のフォルダの欄から作成したファイルを選択して「次へ」をクリックします。 右にある「フィールドの一致」をクリックします。 Thunderbirdのアドレス帳とOutlookのアドレス帳の項目を合わせます。 (初期状態ではメールアドレスの項目が一致してません)• 左のリストの「メールアドレス」を右リストの「電子メール」ドラッグ&ドロップして「OK」をクリックして完了です。 最後に移行が完了しているか確認しましょう。 Outlookのタブから「ファイル」をクリックします。 左のリストから「オプション」をクリックします。 左のリストから「詳細設定」をクリックします。 エクスポート欄から「エクスポート」をクリックします。 実行する処理欄から「ファイルにエクスポート」を選択して「次へ」をクリック• エクスポートするファイル種類欄から「テキストファイル(Windows、カンマ区切り)」を選択して「次へ」をクリックします。 エクスポートするフォルダの選択欄から、移行したいアドレス帳のフォルダを選択して「次へ」をクリックします。 エクスポート先のファイル名の横の「参照」をクリックします。 (分かります保存先を選択して、分かりやすいファイル名を入力)• 「OK」を選択して「次へ」をクリックして「完了」します。 Thunderbirdのメイン画面のタブから「ツール」を選択して「設定とデータのインポート」をクリックします。 表示された画面から「アドレス帳」を選択して「次へ」をクリックします。 「テキストファイル」を選択して「次へ」をクリックします。 csv 」に変更して「Outlookからエクスポートしたアドレス帳」を選択して「開く」をクリックします。 Outlookのエクスポートしたアドレス帳とThunderbirdのアドレス帳が違っている可能性があるので項目あわせをします。 項目が一致しない場合は「上へ」「下へ」を移動させて一致させます。 一致していたら「OK」をクリックして、インポートが終わったら「完了」をクリックします。 インポートされているか確認しましょう。

次の

Thunderbirdでアドレス帳をエクスポート!csvファイルを作成しよう!

サンダーバード アドレス 帳 エクスポート

メールデータの移行 受信済みのメールを別のパソコンにコピー エクスポート&インポート する方法です。 Thunderbirdのアドオン ImportExportToolsを使います。 ImportExportToolsのインストール ひと昔前まではアドオンをサイトからダウンロードしてきてインストールするという方法でしたが、今はThunderbird上からアドオンを検索できるようになっています。 ウインドウ上部で右クリック• メニューバー• 拡張機能• ImportExportToolsを検索• Thunderbird へ追加ボタン• 今すぐインストールボタン• 今すぐ再起動ボタン メールデータのエクスポート アカウント毎に受信済みのメールを出力します。 メールデータのバックアップとしても使えます。 アカウントを右クリック• 任意のフォルダを選択 空のフォルダを指定しましょう• しばらくしてタスクバーにメッセージが表示されたら完了です エクスポートファイル メールデータのインポート 新しいパソコンにThunderbirdをインストール後、アカウントを作成します。 アカウントを右クリック• サブフォルダを含む単一または複数の mbox ファイルをインポートを選択して、 OKボタン• インポートするファイル エクスポートの出力ファイル を全て選択• 開くボタン• メールデータがアカウントに展開されます インポートした 受信トレイや 送信済みトレイは別の名前でフォルダ扱いとなります。 インポート後に移動などを行い調整してください アドレス帳の移行 Thunderbirdのアドレス帳は標準でエクスポート・インポートが用意されているため、簡単に移行できます。 エクスポート アドレス帳を出力したいThunderbirdで作業を行います。 エクスポートしたいアドレス帳を選択• 任意の保存先を選択 CSVファイルで保存されます インポート アドレス帳を取り込みたいThunderbirdで作業を行います。 アドレス帳を選択して、 次へボタン• テキストファイル LDIF,. tab,. csv,. txt を選択して、 次へボタン• カンマ区切りを選択し、取り込みたい エクスポートした ファイルを選択する• 開くボタン• 何も変えずに OKボタン• 完了ボタン• アドレス帳が取り込まれました メッセージフィルターの移行 Thunderbirdのメッセージフィルターは msgFilterRules. datというファイルにアカウント毎に保存してあります。 このファイルをコピーすれば移行できます。 なお作業はThunderbirdを終了した状態で行ってください。 また、メッセージフィルターが使用するフォルダー メッセージ移動先など が移行先のThunderbirdに存在しない場合、フィルターの設定がクリアされてしまうので注意してください。 msgFilterRules. datの保存先は以下の場所になります。

次の

Thunderbirdでアドレス帳をエクスポート!csvファイルを作成しよう!

サンダーバード アドレス 帳 エクスポート

MailStoreのインストール完了して 「終了」をクリックします。 MailStoreを起動します。 左側のリストの中から 「Eメールのアーカイブ」をクリックします。 「プロファイルの作成」の中から、 「Mozilla Thunderbird」をクリックします。 設定の画面が表示されます。 プロファイル名がdefaultとなっているのを確認して 「次へ」をクリックします。 メールの中のフォルダや受信日時で移行するメールをクリックします。 (全てのメールを移行する場合は設定変更は不要です。 プロファイルが作成されたら、中央リストに追加されているのを確認します。 追加されたプロファイルをクリックします。 アーカイブが開始されます。 終了後に、左リストにある 「マイアーカイブ」に取り込んだメールを確認します。 Thunderbird のメイン画面を開きます。 タブの中からアドレス帳をクリックします。 Thunderbirdのアドレス帳からエクスポート(取り出し)したいアドレス帳を選びます。 (アドレス帳は一括でエクスポートできません)• 「個人用」「仕事用」など分けてアドレス帳を作成している場合でも一つずつエクスポートします。 タブから 「ツール」の中から 「エクスポート」をクリックします。 保存先を選択します。 ファイル名は分かりやすい名前を設定します。 csv 」を選びます。 「保存」をクリックします。 Thunderbirdからアドレス帳をエクスポートが完了です。 Outlookのメイン画面の左下の「連絡先」をクリックします。 左のリストの「連絡先」を右クリックして、さらに「新しいフォルダー」をクリックします。 「名前」に「移行するアドレス帳のフォルダ名」を入力して「OK」をクリックします。 左上のタブから「ファイル」をクリックします。 左のリストから「オプション」をクリックします。 左のリストから「詳細設定」をクリックします。 エクスポートの欄から「エクスポート」をクリックします。 実行する処理を選択する欄で「他のプログラムまたはファイルからのインポート」を選択して「次へ」をクリックします。 インポートするファイルの種類選択する欄で「テキストファイル(Windows、カンマ区切り)」を選択して「次へ」をクリックします。 インポートするファイル欄の横にある「参照(R)」をクリックします。 Thunderbird からエクスポートしたアドレス帳を選択して「OK」をクリックして「次へ」をクリックします。 インポート先のフォルダの欄から作成したファイルを選択して「次へ」をクリックします。 右にある「フィールドの一致」をクリックします。 Thunderbirdのアドレス帳とOutlookのアドレス帳の項目を合わせます。 (初期状態ではメールアドレスの項目が一致してません)• 左のリストの「メールアドレス」を右リストの「電子メール」ドラッグ&ドロップして「OK」をクリックして完了です。 最後に移行が完了しているか確認しましょう。 Outlookのタブから「ファイル」をクリックします。 左のリストから「オプション」をクリックします。 左のリストから「詳細設定」をクリックします。 エクスポート欄から「エクスポート」をクリックします。 実行する処理欄から「ファイルにエクスポート」を選択して「次へ」をクリック• エクスポートするファイル種類欄から「テキストファイル(Windows、カンマ区切り)」を選択して「次へ」をクリックします。 エクスポートするフォルダの選択欄から、移行したいアドレス帳のフォルダを選択して「次へ」をクリックします。 エクスポート先のファイル名の横の「参照」をクリックします。 (分かります保存先を選択して、分かりやすいファイル名を入力)• 「OK」を選択して「次へ」をクリックして「完了」します。 Thunderbirdのメイン画面のタブから「ツール」を選択して「設定とデータのインポート」をクリックします。 表示された画面から「アドレス帳」を選択して「次へ」をクリックします。 「テキストファイル」を選択して「次へ」をクリックします。 csv 」に変更して「Outlookからエクスポートしたアドレス帳」を選択して「開く」をクリックします。 Outlookのエクスポートしたアドレス帳とThunderbirdのアドレス帳が違っている可能性があるので項目あわせをします。 項目が一致しない場合は「上へ」「下へ」を移動させて一致させます。 一致していたら「OK」をクリックして、インポートが終わったら「完了」をクリックします。 インポートされているか確認しましょう。

次の