送付いただけますでしょうか。 「送付させていただきました」は間違い?

例文あり・うまい催促メールの書き方【ビジネスメール】

送付いただけますでしょうか

「送ってください」は失礼な表現? アンケートや見積書、請求書、パンフレット、契約書など、お客様に何かを「送ってください」とお願いすることは、そう珍しいことではないでしょう。 ところが、よくあることだからこそ、知らず知らずのうちに失礼な言い回しをしてしまっているということもあります。 送ってほしい物があったとき、日頃どのようなメールを書いているか、思い出してみてください。 その文面は、本当にビジネスマナーに則ったものでしょうか? ここでは、何かを「送ってください」とメールでお願いする場面での表現についてご説明します。 この機会に、改めて自分のメールを見直してみましょう。 「送ってください」という表現が失礼だとされる理由 ビジネスメールは敬語で書くのが基本です。 その点、「送ってください」というのは、一見丁寧な言葉遣いに見えます。 よろしくお願いします」というようなメールを書いたことがあるという方もいるかもしれません。 ところが、この「送ってください」も、実はビジネスメールとしては良くない書き方なのです。 「してください」というのは、お願いしているようにも聞こえますが、実は「命令」のニュアンスを含んだ言葉です。 例えば、「笑ってください」と「笑っていただけませんか」では、後者のほうが丁寧に感じるのではないでしょうか? 「ペンを取ってください」と取引先の方に言うのは失礼だというのは、多くの方の共通認識でしょう。 「送ってください」も、これと同じニュアンスの言い回しなのです。 どういう表現が失礼ではないのか それでは、「送ってください」を失礼でないように伝えるためには、どうすればいいのでしょうか。 3つのポイントをご紹介します。 1 言い回しを変える 日本語には、「尊敬語」「謙譲語」「丁重語」「丁寧語」「美化語」の5つの敬語があります。 このうち、謙譲語は自分の行動に対してへりくだった言葉を使うことで、相手を相対的に上げる敬語です。 また、丁重語も自分の行動をへりくだった表現ですが、謙譲語とは違い相対的に上げる相手はいない敬語です。 「送ってください」の場合、「送る」という行動は相手がすることですから、謙譲語、丁重語はあてはまりません。 「送ってください」という表現は丁寧語にあたりますが、「お」をつけて「お送りください」とすることで、より丁寧な姿勢を表現することができます。 ただし、丁寧語はあくまでも丁寧な言い回しであるというだけで、相手へ敬意を払う言い方ではありません。 「送ってください」を「尊敬語」で表現する場合は、「ご送付ください」となります。 口語や友人同士などの間柄ではあまり使われることのない言葉ですが、ビジネスパーソンとして「ご送付ください」という言い回しが自然に出るよう、普段から意識して使うようにしたいものです。 2 尊敬語や謙譲語と組み合わせる 日本語は、複数の言葉を組み合わせることで丁寧さを演出することができる言語です。 「ご送付ください」に、さらに「お願い申し上げます」を組み合わせて、「ご送付くださいますよう、お願い申し上げます」とすると、より丁寧になるでしょう。 3 クッションになる言葉と組み合わせる クッションになる言葉とは、「ご送付ください」の前にプラスすることで表現をやわらげるための言葉のことです。 例えば、「ご多忙中のところ大変恐縮ですが」「お手数をおかけいたしますが」といった言葉がこれにあたります。 このようなクッション言葉(ビジネス枕詞)には、いくつものバリエーションがありますが、どれも「相手を気遣い、申し訳なさを演出する」という共通点があります。 相手の立場・状況を考えて依頼メールを書く それでは、依頼メールの文例を見てみましょう。 ここでは、3つのパターンをご紹介します。 御社のウェブサイトを拝見してご連絡いたしました。 また、価格表がございましたら、参考までに同封いただければ幸いです。 書類の送付をお願いするメールのポイントは、送付先の住所をわかりやすく明記することです。 文面に気を配ることも大切ですが、「どこに送ればいいのか」をはっきり書いておくことで、相手の負担を軽減させるよう心掛けましょう。 お手元に届いていらっしゃるでしょうか。 何らかの手違いで、メールをお届けできていない可能性もあるかと思い、 再度ご連絡を差し上げた次第です。 お忙しいところ大変申し訳ありませんが、ご確認いただければ幸甚です。 念のため、再度送付先住所をお知らせいたします。 どうぞよろしくお願いいたします。 すでにお願いしている書類や物が届いていない場合は、相手を責める口調にならないよう、十分注意する必要があります。 メールが届いていなかった可能性や、相手の忙しさを配慮する内容を織り込みながら、慎重に連絡しましょう。 ただし、これは最初に送ったメールの返信がなかった場合の書き方です。 「すぐにお送りします」といったメールがもらえていたのに資料が届かないという場合は、「いつ、どのような返答をもらったか」という内容に加えて、「製品が手元に届いていないこと」「発送時のトラブルなどについて危惧していること」「状況を確認してほしいということ」などを文面に盛り込みます。 どちらの場合も、基本的な書き方は、「依頼内容の再確認」「現状の説明」「相手への気遣い」「再度の依頼」という構成になります。 また、メールの返信がなかった場合は、最初に送ったメールを引用して連絡するのもおすすめです。 いつも弊社のサービスをご利用いただき、誠にありがとうございます。 この度、弊社ではお客様満足度向上のためにアンケートを実施することとなりました。 ご回答いただきました方には、 もれなく弊社サービスで利用できるポイントを500pt進呈いたします。 所要時間は15分ほどとなっておりますので、ご協力いただければ幸甚です。 ご協力いただける方は、下記URLから回答画面に進んでください。 お忙しいところ恐縮ですが、貴重なご意見をお待ちしております。 アンケートの依頼をする際は、アンケートの目的や回答期限、方法などを明記しましょう。 また、アンケートの回答をどのように扱うかについてや、アンケートに答えるメリットなどを併記することで、回答率の上昇が期待できます。 シーンに合わせた表現を使って送付依頼メールを送ろう 一言で「送付依頼」といっても、さまざまな内容が考えられます。 それぞれのシーンに合わせて、受け取った人が不快感を抱かない表現を心掛けましょう。 それと同時に、こちらが求めていることや、相手が受けるメリット・デメリットについて明確に説明し、不安を払拭することも大切です。

次の

「ご送付」という敬語の正しい使い方について

送付いただけますでしょうか

「催促メール」書き方のポイント まずはじめに「催促メール」の書き方のポイントを紹介します。 「件名」は「確認」や「お伺い」の表現にする 催促メールの件名は「〇〇のご確認」「〇〇のお伺い」などとし、確認したいということを示す件名にします。 あからさまに催促しているような件名は避けます。 本文は「催促」を感じさせない言葉で たとえ自分に非があったとしても、一方的に催促されるメールは不愉快な気持ちになるものです。 相手を責めるような催促の表現ではなく、どうなっていますか?という確認の表現や、確認をお願いします、というお願いの表現にします。 本日までとお願いしておりました〇〇の件、どのようなご状況でしょうか?• 〇〇の件につきまして、ご確認をお願いしたく、メールを差し上げます。 〇〇の件ですが、その後の進み具合はいかがでしょうか?• 先日お送りしたメールはご確認いただけましたでしょうか?• 本日までにご回答をお願いした件、いかがなりましたでしょうか?• 現時点でお返事が確認できないのですが、状況をお知らせいただけますでしょうか。 やんわりと伝える「クッション言葉」を加える 直接的な表現を和らげるため、クッション言葉を添えます。 お忙しいご事情があるかとは存じますが、• 何かの手違いかと拝察いたしますが、• 行き違いでご返答いただいているかもしれないのですが、• 催促しているようで恐縮ではございますが、• お忙しいところ恐れ入りますが 締切の「日付」とその「理由」を明記する このような理由のため、いつまでに返事が欲しい、という理由と締切の日付を簡潔に明記するようにします。 この時の理由は、個人的な事情に焦点をあてずに、第三者や行事の都合など、やむにやまれぬ事情であることを伝えます。 会議が明日に迫っておりますため、本日中のご連絡をお待ちしております。 弊社の生産ラインの都合上、〇月〇日までに納入をいただく必要がございます。 「行き違い」を考慮する 返事を郵送や社内便で受け取る予定だったり、振込の催促などの場合は行き違いが発生する可能性があります。 状況により、行き違いを考慮した文言を状況により添えるとよいでしょう。 なお、本メールと行き違いになり、すでにご対応を頂いておりましたら何卒ご容赦くださいませ。 これとは別に、実は返信メールがきていたのに気が付かなかったなど、メールの確認不足で行き違いが発生することは問題です。 そのようなミスがないよう、催促メールを送る時は事前の確認を怠らないようにしましょう。 「お願い」の結びの言葉で締めくくる 最後は、「お願い」の結びの言葉で締めくくるとよいでしょう。 お忙しいところお手数ですが、以上ご確認いただけますようお願いいたします。 内容や相手との関係性によっては、催促してすみません、という気持ちをあえて書くこともできます。 催促のようなメールを何卒ご容赦いただき、ご確認のほどお願いいたします。 せかすようで申し訳ございませんが、ご対応のほどよろしくお願い申し上げます。 「催促メール」の例文 次に催促メールの例文を紹介します。 〇月〇日にご依頼いたしました〇〇のお見積もりの件ですが、本日時点でご回答をまだいただいていないようでございます。 〇月〇日に社内会議で検討を行う予定のため、お忙しいところ大変恐縮ですが、〇日までにご送付いただけますよう、お願いいたします。 なお、本メールと行き違いですでにご対応いただいておりましたら、失礼のほどご容赦くださいませ。 引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。 先日は、〇〇のお見積もりにつきましてお時間をいただき、誠にありがとうございました。 その後ご検討の状況はいかがでしょうか。 何かご要望やご不明な点などございましたら、ご遠慮なくお申しつけ下さい。 なお、お見積の有効期限は〇月〇日となっており、期限を過ぎますと同内容でのご提供が難しくなる可能性がございます。 お忙しいところ大変恐縮ですが、ご検討状況をお知らせいただけますと幸いです。 何卒よろしくお願いいたします。 (メール署名) 日程調整の催促(上司へ) 件名:〇〇会議日程ご確認のお願い(再送) 〇〇部長 お疲れ様です。 〇日にメールでお伺いしておりました「〇〇会議」日程調整の件ですが、その後いかがなりましたでしょうか? 会議室の予約を間に合わせたいため、お忙しいところ誠に恐縮ですが、本日中にご回答をいただきたく、お願いいたします。 前回のメールでお伺いした内容は下記の通りでございます。 ————————————————————— 〇〇会議の開催日時につきまして、下記の日時でご都合の良い日時はございますでしょうか。 ・〇月〇日(〇)〇時以降 ・〇月〇日(〇)〇時以降 ・〇月〇日(〇)〇時~〇時まで ————————————————————— 上記日時でご都合がつかない場合はお手数ですが候補日時のご連絡をお願いいたします。 お忙しいところ大変恐縮ですが、ご確認をいただきますよう何卒宜しくお願い申し上げます。 (メール署名) 「催促メール」返信の書き方とポイント 催促メールをもらった時の対応の仕方を説明します。 「催促メール」の返信は素早い対応を 自分が「催促メール」をもらったら、素早い対応を心がけましょう。 すぐに回答できない場合でも、いつまでに回答するということをとり急ぎ返信します。 催促メールの返信は、まず謝罪の言葉から始め、現状の報告を簡潔に述べます。 「催促メール」への返信の例文 見積もりの検討状況ついて催促メールが来た時の返信例文です。 いつもお世話になっております。 〇〇のお見積もりへのご連絡が遅れまして大変申し訳ございません。 ご確認のメールまで頂戴してしまいまして、恐縮に存じます。 実は〇〇の件につきまして、〇日の営業会議で検討を行う予定でおります。 結果につきましては、会議が終了次第、〇日までにご連絡させていただく予定です。 ご心配をおかけして申し訳ございませんが、何卒よろしくお願いいたします。 とりいそぎ、お詫びとご連絡まで申し上げます。 「催促メール」の「返信の返信」も素早い対応を 催促メールを送付して、それに返信が来た場合は、対応してくれたことへの感謝と、確かに返事を受け取ったことを簡潔に伝えるメールを素早く返信しましょう。 「催促メール」への「返信の返信」の例文 催促メールを送ってその返信を受け取った場合の例文です。 いつもお世話になっております。 〇〇の件につきまして、お忙しい中さっそくご連絡をいただきましてありがとうございます。 〇日までにご回答いただけるとのことで承知いたしました。 何卒よろしくお願いいたします。 まとめ ビジネスの「催促メール」の目的は、こちらの要望通りの行動を気持ちよく起こしてもらうことです。 相手が上司や取引先であっても同僚であっても、不愉快な気持ちにさせないようにお願いの姿勢で丁寧に書き、その返信に対してはお礼のメールを迅速に送るように心掛けましょう。

次の

「お願いできますでしょうか」は間違い?正しい敬語の使い方

送付いただけますでしょうか

まずは前半部分。 「送付いただける」の意味は… 「送付してもらえる」と解釈できます。 「いただける」の部分は謙譲語「いただく」の可能表現をつかっています。 可能の表現をつかっているので意味としては「〜してもらえる」となります。 どれも「〜できる」という意味になりますね。 余談ですが尊敬語にも「お(ご)」の使い方があり混同しがち。 たとえば、• 【例文】つまり、私をクビにするということ でしょうか?• ちなみに、 「送付いただけましたでしょうか?」と 過去形にすると「すでに送付してもらえただろうか?」という催促・確認のフレーズになります。 あわせると意味は「送付してもらえるだろうか?」• 送付 = 送付すること• お(ご)~いただける = 「〜してもらえる」の意味の敬語(謙譲語)• すると「送付いただけますでしょうか」の意味は… 「送付してもらえるだろうか」 「送付してもらえるでしょうか」 のように解釈できます。 ようするに「 送付してほしい!」「 送付してください!」というあなたの希望をあらわしているのですが、このままではあまりにストレート過ぎて目上や上司に使うにはイマイチです。 そこで遠まわしに「~してもらえますでしょうか?」として、とてもやわらか~いお願いの敬語フレーズにしています。 そんなに丁寧にお願いする必要あるの?って思うくらい。 目上・上司にはもちろんのこと社外取引先にもつかえる丁寧な敬語フレーズですね。 すでに見てきたとおり正しい敬語なのですが…その根拠についても解説しておきます。 ただし答えは「二重敬語ではない」です。 二重敬語とは「 ひとつの語におなじ種類の敬語を二回つかうこと」であり敬語のマナー違反です。 たとえば「お伺いいたします」「お伺いする」などが二重敬語の例。 「行く」の謙譲語「伺う」をつかっているのに、さらに「お〜いたす」「お〜する」という謙譲語をつかっているためです。 つまり敬語は以下のような構成です。 ちなみに、 「お・ご」には尊敬語としての使い方もあるため、 ややこしければ 「お(ご)〜いただく」セットで「〜してもらう」の謙譲語だと覚えておくと良いでしょう。 丁寧語「ますでしょうか」も二重敬語ではない あるいは「ます」は丁寧語であり、さらに「でしょうか」という丁寧語をくみあわせるから二重敬語だ、という意見もあります。 ただしこちらについても答えは「二重敬語ではない」です。 (二重敬語とは ひとつの語におなじ種類の敬語を二回つかうこと) よくよく考えてみると… 「ご送付いただけますでしょうか」が二重敬語になるのでしたら、ビジネスメールの結びで必ずといっていいほど使う「お願い致します」や「お願い申し上げます」も二重敬語になるはずですよね。 「送付してもらえるだろうか?」を敬語にしているため正しい 二重敬語かどうかをチェックする時はもともとの文章を考えるとすぐにわかります。 「ご送付いただけますでしょうか?」 のもとになる文章は… 「送付してもらえるだろうか?」です。 これまで見てきたように、それぞれの単語に敬語をつかっているため二重敬語にはならないのです。 そもそも二重敬語とは?よくある間違い敬語 で先ほど、 よくある二重敬語のたとえとして「お伺いする」「お伺いいたす」があるとしました。 なぜ二重敬語といえるのか?これらのもとになる文章を考えてみましょう。 「伺う」は「行く・聞く・たずねる」の謙譲語ですので、これらが原文となります。 「お伺いする」の元になる文章は 「行く・聞く・たずねる」• 謙譲語「伺う」• さらに 謙譲語「お~する」「お~いたす」 もとになる語「行く・聞く・たずねる」に謙譲語を2回つかっていますね。 ひとつの語に同じ種類の敬語を2回つかうことが二重敬語であり、敬語のマナー違反になります。 【使い方】送付してほしい!と伝えるビジネスシーン 「送付いただけますでしょうか」の使い方は… 意味のとおりで何かしら「 送付してほしい!」 と言いたいビジネスシーンに使います。 だからと言ってメールにつかったら失礼とかではなく、ビジネスメールでもまぁ違和感はありません。 ようするに 上司や目上・社外取引先に「送付してほしい!」と言いたいビジネスシーンであればたいていは使えます。 そこで、• 【例文】送付をお願い致します• 【例文】送付いただきたく存じます• 【例文】送付いただきたく、お願い致します• 【例文】送付いただければと存じます• 【例文】送付いただければ幸いです など、自分の意思や願望をつたえる敬語を代わりにえらびます(下の例文ほど丁寧な敬語になります) いっぽうで電話対応や会話では「〜いただけますでしょうか?」や「〜いただけますか?」を多用します。 これは好みで分かれるところ。 おっさん営業マンのたわ言だと思ってスルーしてもらっても構いません。 まぁとにかく、 「〜いただけますでしょうか?」はシーンをえらばずに使える、とても便利な敬語フレーズ。 上司や目上など社内に限らず、取引先など社外にも使える丁寧な敬語ですね。 きわめて初歩的なことですが… 「送付いただ きますでしょうか?」は使えません。 そう考えると「送付してもらうだろうか?」という 意味不明な敬語になってしまいます。 相手にお願いしたいのに「送付してもらう」ことを前提にして話を進めてしまっています… 敬語としては正しいのですが日本語としておかしなことになりますね。 そこで、 「送付いただ けますでしょうか?」というように「送付して もらえるだろうか」という意味の敬語にする必要があるのです。 ちなみに、 「お(ご)〜いただきます」をどうしても使いたいのでしたら「送付 いただきますようお願い致します」とすれば正しい敬語になります。 ここでは過去形にしたときの意味の違いについて簡単に。 送付いただけますでしょうか?は依頼・お願いフレーズ すでに見てきたとおり、• 「送付いただけ ますでしょうか?」は現在形であるため 「 送付してもらえるだろうか?」という お願い・依頼のフレーズになります。 なんども説明しているとおりで要するに「 送付してほしい」「 送付してください」と言いたいときにつかう丁寧な敬語フレーズですね。 送付いただけましたでしょうか?は確認・催促フレーズ いっぽうで、• 「送付いただけ ましたでしょうか?」と過去形をつかうと「 すでに送付してもらえただろうか?」「 もう送付しただろうか?」という 催促や確認の意味でつかわれます。 過去形にすると「 すでに送付したか?」「 送付したのか?」と言いたいときにつかう丁寧な敬語フレーズになります。 ということで、それぞれまったく違う意味になりますのでご留意ください。 「送付いただけますでしょうか」だけでなく… 「 送付いただけますか?」という敬語もよくつかいますね。 どちらも言いたいことは結局のところ「 送付してほしい!」なのですが… 敬語と意味の違いあり。 が、 結局のところ言いたいことはどちらも全く同じなわけです。 で、どちらを使うかは結局のところあなたの好み。 「〜いただけますでしょうか?」のほうが丁寧な表現ではありますが、バカ丁寧だという意見もあるため「〜いただけますか?」でも差し支えありません。 理由は意味を考えるとよくわかるのですが、• いっぽうで、• ビジネスでは回りくどい敬語であればあるほど丁寧だとみられる傾向にあります。 (本質的には間違っているのですが事実なので仕方ないですね…) ということでどちらが丁寧かは明白です。 ホントに些細なことなので誰も気にしないのでしょうけど… まぁ結論としては、 敬語の使い方や意味に違いはあれど、 どちらもひとしく丁寧な敬語であり目上・上司・社外取引先につかえるフレーズです。 可能形にして「送付いただける」• したがって上司・目上・社外取引先につかえる素晴らしい敬語、と言えるでしょう。 ビジネスメール例文(全文) こうして長々と読んでいてもイメージがつかみにくいかと思いますので、より実践的に。 ここでは「送付いただけますでしょうか?」の使い方をビジネスメール例文でご紹介。 どれも目上・上司・取引先にふさわしい丁寧な敬語にしています。 ご参考にどうぞ。 なお繰り返しにはなりますが… 「送付いただけますでしょうか?」だけでなくビジネスメールにおいては以下の敬語もオススメです。 さて標記の件、配布資料の作成にあたり、 9月度販売会議の資料を9月3日までに 送付いただけますでしょうか お忙しいところ恐れ入りますが、何卒よろしくお願い致します。 さて、先般お願いしておりましたカタログ送付の件、その後いかがでしょうか。 お忙しいところ大変恐れ入りますが少々急いでおり、 近日中に 送付いただければと存じます。 なお、行き違いでご手配いただいておりましたら申し訳ありません。 お取り計らいの程よろしくお願い申し上げます。 メール署名 参考記事• ︎︎︎• ︎ 他にもある丁寧な言い換え敬語.

次の