看護師 ボーナスカット。 コロナにより国立病院機構の看護師ボーナス・給料削減は絶対に避けたい【医療崩壊の始まり】|婚活スナイパー

東京女子医大「看護師は使い捨ての駒か」ボーナスカット、看護師400人が退職希望 医療機関の経営悪化へ政府の対応は

看護師 ボーナスカット

看護師にとっての給料・ボーナス 看護師として働く人たちの動機は人それぞれです。 給料なんか関係ないって言って看護をしたい白衣の天使もいるでしょう。 看護が好きではないけど母子家庭で家庭支えるために働く人もいるでしょう。 看護師は日々自分を殺しています。 医療チームの中で調整役を担う看護師は、自分の意見を横に置き、 患者の意思や、医者の指示、もしくは他職種の専門的見解を優先し、 よりよき選択を判断するために神経を使っています。 そう、日々自分を削って働いているのです。 「あんな言い方されて」 「上から目線で言いやがって」 「セクハラやろーが」 「パワハラやろーが」 いろんな葛藤を押し殺して、患者にとって一番いい選択を選んですすんでいくことに神経を集中しています。 そんな大変な仕事の中で、 「給料をもらえることが精神的な支え」になっている人は少なくないはずです。 看護師の給料は多い?少ない? 看護師の給料を多いとみる人もいれば少ないとみる人もいるでしょう。 本職で働く看護師からすれば、たいがいの人は「 割に合わない」と思っています。 離職率の多さにもその思いが反映されているのではないでしょうか。 なぜ看護師の仕事は割に合わないのか それは、看護師の仕事のたいはんが「 決められた仕事ではない」からです。 仕事を探そうと思えば永遠に見つかるのです。 だって 相手は人なのですから。 欲求は次から次へと湧いてくるのです。 看護師の仕事はニードを満たすこと。 基本的な欲求から社会的な欲求まで、 しかもそれを人によって違うことを前提として 「個別性」にまで配慮して。 しかも個人情報を取り扱っているのでグチも言えずに たまるストレス。 自分を削って人を看る そんな看護師の心の支えが多少なりとも給料であったりボーナスなのです。 精神的な支えにもなっている給料・ボーナスを削るということ=働く意欲を削ぐ それを削るなんて 看護師の人生をなんだと思っているのか? と病院側に言いたいですね。 コロナで経営が困難な事情も察します。 でも、働く人あっての病院でしょう。 みんなでこの苦境を乗り越えましょう ということも理解はできます。 しかし、心身ともに頑張って 自分や自分の家族を犠牲にしてまで働いて その報酬やねぎらいの形までも奪い去る コロナを広げないために家庭に戻らずに仮眠する人もいるでしょう。 大切な人生を削って対応しているのです。 給料がでないなら働かずに大切な家族との時間を過ごしていたほうがよっぽど満たされるでしょう。 看護師は現実的な方が多い 言葉でねぎらってもあんまり効果ないですよ。 現実にあるものが全てです。 どっちが自分にとってメリットがあるか? そう選んで動いています。 日々そういう思考で働いているからです。 常に変わる状況の中でよりよい選択肢を考え、一刻の猶予も許さない状況でそれを選択する この繰り返しなのですから、 架空のものに興味はないのです。 「患者を救いたい」と思って働いて、お金には困っていない医師とは状況も心境も全く違うということを、病院経営をしている医師たちに理解してほしいものですね。 看護師はコマじゃありませんからね。 拝啓にはそれぞれの人生をかかえているのです。 *そこを配慮してくださっている病院がたくさんあることも理解しています。 頑張った看護師、医療従事者に感謝を伝えつつ、一丸となってこの困難を乗り越えようと頑張っている病院経営者・医師・医療従事者・関係スタッフがいることも理解しています。 これはニュース・報道に関する私の感想ですので、ご理解ください。 以上!•

次の

ECナビ

看護師 ボーナスカット

あなたの病院は赤字ですか? 病院によっては、働いている病院の資金繰りが苦しくて赤字状態ということもあるでしょう。 特に、現在はコロナウィルス感染症の影響から多くの医療機関で外来や入院患者の人数が減り、病院の収益が大幅に悪化しています。 例年以上に大幅なボーナスカットを受けた…という方も少なくはないのではないでしょうか。 大学病院でも赤字病院は多い 全国的にも赤字病院の数は、患者数の減少に伴い増えているのではないでしょうか? 今や東京の大学病院、一流病院と言われているところでも経営難で赤字となっていると聞くと、本当に将来不安になってしまいますよね。 一流病院といえども病院の不祥事などによってニュースなどに取り上げられた病院は、信用を失って患者数が減っているようで、看護師の離職も続いているみたいです。 また、数年前の消費税アップも病院に与えた影響は大きいのではないでしょうか? 病院は消費税アップされたところで医療費の購入にあたって、増額分を患者に負担させることはできないためにその分を負担している形になっているのでしょう。 本当に病院だから一生安全か…というと疑問も出てくる時代になってしまいましたね。 赤字病院の看護師のボーナスカットはどんどん進む 病院の赤字が続けば、当然ながら看護師のボーナスにも影響を与えてしまいます。 私も働いていた病院が赤字になった時に、ボーナスが大幅に減額されたことがありました。 必至に働いて頑張っていたのに、やっぱりボーナスが減るとやる気がなくなってしまいます…。 病院で大きなコストとなっているのが、病院の中でも最も人数が多い看護職の人件費なので、まずはメスを入れられるのでしょうね。 もし、そのまま働いていてもボーナスカットがいつまで続くのかも不透明で、給料に対して不満が続くようであれば転職する必要性も出てくることでしょう。 今は特に、コロナの影響もあって退職を申し出ても引き止めに合わないと今までにないことも起きていたりする病院もあります。 病院の経営状態の見分ける方法 もしボーナスカットが続いている現状を変えるなら、転職をする必要がありますが、転職をして同じように経営難の病院には入職したくはないですよね。 では、どうやって転職先の病院の経営状況を調べればいいのでしょうか? 求人情報を見ても病院の経営状態については載っていないし、ネットで検索をかけても2ちゃんねるの噂が出てくるくらいでよくわからないのが本当のところだと思います。 そんな時は、看護師の 転職サイトを使っての転職がオススメです。 やはり業界に精通している地域の専任のコンサルタントなら、病院の経営状態をよく知っています。 どこの病院が今は赤字でやばいですよ…とか、どこどこ病院は、看護師の離職が相次いでいるところです…、あの病院は黒字に転換した…とかいった情報をリアルに教えてもらうことができるので参考になりますよ。 コンサルタントとの相談時には、あなたが気になる病院の過去のボーナス実績を3年くらい前からさかのぼって教えてもらうと、大幅なボーナスカットはあったのかなかったのかどうかも分かります。 だいたい前年度のボーナスは求人にも書かれてありますが、それ以前については調べないことが多いですよね。 できるだけ、過去に3年くらいにさかのぼってボーナスについてもチェックしてもらうようにしましょう。 面接時にはお金のことは聞きにくいという方がほとんどだと思うので、間に入っているコンサルタントに聞くことで解決ができますよ。 健全な経営状態にある病院は、看護師の体制が整っているのでスタッフの質が保たれているので医療事故などのミスも少なくなります。 給料カットなどの影響も受けないことから、長く働き続けられる働きやすい環境がありますよ。 看護師の転職サイトもたくさんあってどこを使っていいのか分からないという方のために、私が過去に実際に使って良かったところをご紹介しています。 関連ページ 看護師が先輩、師長、医師などからパワハラを受けて辞めたい時はどうする?我慢して耐える?訴える?辞めて転職する?あなたにとってのベストな選択は何か?パワハラの対処の仕方について。 残業代が出ない看護師の職場では、働き続ければ続けるほど損をしてしまっている状態です。 何でこなに働いてタダ働きしなくちゃいけないんだろう?と不満に思っているあなたは、すぐにでも職場環境を変えるべきです。 深刻な病棟の人手不足で悩んでいませんか?負担が大きくて疲弊してしまわないうちに、状況を改善する為に何をすべきか?今できることについてまとめています。 状況をそのままにしていても、何も変わりません。 休みが少なくてうんざり…6連勤でへとへとという看護師もいるのでは?休みが少ないと、健康面や精神面、友人、家族、恋人、自分の時間が奪われてしまいます。 休みが少なくてウンザリな看護師は、休みが多い職場へ転職するしか方法はありません。 元看護師のコンサルタントが教える!受け持ち人数が多すぎ・・・と悩む看護師のための解決策!受け持ち患者が多い職場では、キャパオーバーになりやすく、私自身も心身ともに壊してしまった経験があります。 看護研究なんてやりたくない!自分の時間を削ってまで研究発表する意味ってどこにあるの?患者さんのための勉強や研修はできても、看護研究がやりたくない看護師が大半です。 看護研究を逃れて、研究のない病院を探している看護師へ。 年々仕事量も責任も増えるばかりで給料が上がらない・・・看護師の仕事が割りに合わない!と感じた時はどうすればいいのでしょう?あなたの人生にとっての優先順位は何かを考えて結論を出してみよう。 最近増えているのが、病院から離れたくて訪問看護ステーションへ飛び込んでみたものの、結局辞めたいという看護師からの相談です。 あなたも訪問看護の仕事が合わないと感じているのですか? 精神科看護師は合う合わないがはっきり分かれるところ?精神科看護師を辞める理由とは!?合わなくて辞めたいなら、すぐに辞めてはいけません。 あなたが本当に優先したいことは何? 看護師は有給休暇が取れなくて当たり前と思っていませんか?最近になって、有給の消化率80%以上の病院も増えてきていました!有給が取れない病院なんて、辞めてしまった方がいいのかも!? 看護師が試用期間中だけど今すぐに退職したいと思ったらどうする?大きなギャップを感じて試用期間でも即日退職する看護師もいるほどです。 あなたが辞めたい理由は?早期に見切りをつけて辞めるべき? 看護師が辞めて地元に帰りたい・・・と思う時には、根本的な理由があることがほとんど。 あなた自身、現状に満足できていない事があるのではないでしょうか?地元に帰りたい看護師が考えるべきこと。

次の

看護師の平均給料はいくら?手取り・ボーナス・年代別金額を紹介

看護師 ボーナスカット

の感染拡大による機関の減収が相次ぐ中で、千葉県船橋市内の病院の労働組合の1つが夏のボーナスカットに抗議してを行い、ツイッター上などで話題になっている。 病院側は、「労組からの要求は承知しているが、ボーナスへのコメントは差し控えたい」とJ-CASTニュースの取材に話した。 全国各地の医療機関では、ボーナスカットが相次いでいると報じられていることから、ネット上では、国などがもっと医療機関を支援すべきだとの声が上がっている。 「スト決行中」のゼッケンを着け、街中や電車内も歩く 白衣姿の医師や看護師らの組合員8人が、背中を向けてずらりと病院の玄関横に立っている。 背中には、赤字で「スト決行中」のゼッケンがあり、「ストライキ決行中」との横断幕も掲げられた。 これは、船橋二和病院の労組の1つが2020年7月10日に行ったストの様子だ。 労組のフェイスブックに7枚の写真が投稿され、そのうちの2枚がツイッター上で紹介されて、反響を集めている。 白衣の医師らがゼッケンを着けて、街中や電車内も歩いており、かなり目立っていたようだ。 フェイスブックなどの情報によると、この病院では、2019年冬のボーナスが過去最低の1. 0か月分になり、20年春までに70人もの医師や看護婦らが辞め、病棟も一部閉鎖された。 コロナへの対応が迫られる中でも、残った医師らは働き続けたが、夏のボーナスがさらに下がって0. 9か月分になった。 しかし、病院側は、診療報酬改定による減収や病院建て替え計画、さらにコロナ減収でつぶれてしまうと我慢を求めてきたという。 労組は、7月7日に団体交渉を行い、ボーナス1. 5か月分の支給や退職金の減額提案の撤回、安全を守るための増員などを求めた。 しかし、交渉は決裂してストの実施を決め、10日に実行に移された。 「労組の要求は承知しているが、ボーナスのことはコメントしない」 労組の執行委員長が組合員にあてたストの指示書では、「なぜ、『コロナ減収』の補填に労働者の賃金がつぎ込まれなければならないのか」と不満を訴え、「われわれは、もうこれ以上我慢し、『仕方ない』と受け入れることは出来ない! 」と決意をつづっている。 ストでは、20人ぐらいの支援者も集まって、船橋市や千葉県にも申し入れを行った。 県に対しては、病院労働者への一律10万円の独自給付や病院の減収補填などコロナ禍に対応できるような環境整備を求めている。 同時に、記者会見も行ったが、告知が遅かったこともあってか、1社だけしか参加しなかったという。 ストの様子を伝えるフェイスブックのコメント欄には、「応援します!頑張ってください」「国を動かす力にもなります!」などとエールが相次ぎ、労組側も、1つ1つお礼の返信をしていた。 船橋二和病院を運営する千葉県勤労者医療協会は7月13日、「労組から要求が出ていることは、承知しています。 しかし、ボーナスについては、コメントしていません」と担当者がJ-CASTニュースの取材に答えた。 ただ、70人退職とされたことについては、定年退職やグループ内での移籍も含まれていると説明した。 病棟閉鎖についても、複合的な理由があり、退職者が多かったからとは一概に言えないとしている。 労組は複数あり、ストをしたのはそのうちの1つという。 NHKなどの報道によると、コロナ禍で医療機関の受診控えが相次ぐなどしており、日本医療労働組合連合会の調べで、夏のボーナスを前年より引き下げた加盟医療機関が3割にも上った。 また、2つの医療機関でボーナスゼロの報告があり、そのうち東京女子医大病院は、看護師400人以上が退職を希望していたという。 こうした状況について、ツイッター上などでは、「医療スタッフの善意におんぶに抱っこで甘えていたら、いつかは先細る結果になる」「現場を離れる医療関係者が続出したら、それこそが医療崩壊につながりかねない」「国が何らかの補償をしないと、他の病院でもストが起きると思う」といった意見が出ている。 (J-CASTニュース編集部 野口博之) 外部サイト.

次の