雨雲 ズーム レーダー。 Digital Typhoon: Real

Digital Typhoon: Real

雨雲 ズーム レーダー

本エントリーの目次• ここ数年、さっきまで晴れていたのに、急に猛烈な雷雨に見舞われることが増えた。 こう感じているのは、きっとはるるだけではないはず。 いわゆる ゲリラ雷雨というやつですね。 ゲリラ豪雨とは 最近、テレビや新聞でよく見聞きするゲリラ豪雨という言葉。 名前からなんとなくイメージはできるのですが、正確にはどんなものなんでしょうか。 というわけで、早速調べてみたところ、Wikipediaの解説がとっても分かりやすかったので、以下に引用します。 ゲリラ豪雨(ゲリラごうう Guerrilla Rainstorm)は、予測が困難な、積乱雲の発生による突発的で局地的な豪雨を指す俗語である。 ゲリラ雨、ゲリラ雷雨などの呼び方もある。 ほぼ日本国内でのみ用いられる用語で、気象学的に明確な定義付けはない。 国際的にはこれに直接相当する言葉はなく、気象庁も予報用語として「ゲリラ豪雨」を用いてはいない。 2008年頃より「ゲリラ豪雨」という用語が頻出するようになり、2008年の新語・流行語大賞に選ばれるなどこの頃から一般語として盛んに用いられるようになった。 より引用 ふむふむ、なるほど。 ゲリラ豪雨とは、正式な予報用語ではなく、 事前の予測が困難な局地的突発的な豪雨や雷雨の総称のようなもの、というわけですね。 それは前触れもなく突然に このゲリラ豪雨、前振りもなく、突然どしゃ降りになるので、本当に困りもの。 普通の雨なら、パラ、パラ、ポタポタ、シトシト、サー、バシャバシャバシャ、ザーと段階を踏んで、激しくなっていきます。 ところがゲリラ豪雨は いきなりフルパワーで、バケツをひっくり返したような雨が降ってきます。 このゲリラ豪雨、事前に分かっていれば対策のしようもあるんですが、 ゲリラという名が示すように突発的に発生するのが、最大の特徴。 そのため事前の予測はなかなか難しいはず。 そこで今回は、このゲリラ豪雨の予測に大いに役立つ、 雨雲ズームレーダーをご紹介します! 雨雲ズームレーダーでゲリラ豪雨対策! 予測が困難なゲリラ豪雨に対して、私達の強い味方となってくれるのが、雨雲ズームレーダーです。 雨雲ズームレーダーとは 雨雲ズームレーダーは、Yahoo! JAPANさんが公開しているの一つで、webブラウザから利用可能です。 そのためハードやOSには依存せず、 ブラウザがあれば、いつでもどこでも、スマホでもPCでも、iPhoneでもAndroidスマホでも使えるので、とっても便利! まずはアクセス! スマホ・PCどちらでも共通で、以下からアクセス可能です。 使い方 雨雲ズームレーダーの使い方はとっても簡単。 雨雲ズームレーダーにアクセスし、状況を見たい場所の周辺を拡大します。 そして 拡大した場所に何らかの色がついていれば、雨が降っている、ということです。 スマホから見てみると はるるは外出中の電車の中で、雨雲ズームレーダーを利用することが多いため、スマホからアクセスすることがほとんど。 そしてスマホで雨雲ズームレーダーにアクセスすると、こんな感じです。 この日は全国的に雨模様ですね。 画面上部にある凡例を見ると分かりますが、 薄い水色であれば弱い雨、赤に近づくほど強い雨が降っている、というわけです。 この時点では、とりわけ名古屋周辺に激しい雨が降っている、ということが 一目瞭然ですね。 ちなみに、最大に拡大した際の富士山山頂付近の様子はこちら。 局所的に雨が強いところと、弱いところがあるのがよく分かります。 雨雲ズームレーダーのスゴイところ 雨雲ズームレーダーを使っていて、特に素晴らしいと感じるのは、以下の2点です。 更新は5分ごと! 雨雲ズームレーダーは、刻一刻と変わる全国の雨の様子を、 5分ごとに更新してくれます。 この更新頻度の高さが、ゲリラ豪雨の予測に役立ちます。 1時間先の未来の予想が見れる! 雨雲ズームレーダーでは、過去だけでなく、 1時間後の雨の様子がどうなっているかについても、5分間隔で閲覧可能です。 そのため外出先に到着するころには雨が降っているかな、といった確認を 事前に行っておくことが可能になります。 これは本当に便利! ちなみにはるるが試したかぎりでは、過去の情報はスマホ版だと1時間、PC版だと2時間分が見られるようです。 なぜスマホとPCで動作に違いがあるのか、ちょっと気になります。 また画面下部にある再生ボタンをタップすると、アニメーション形式で雨雲の動きが見ることができます。 そのためどのように雨雲が移動しているのか、といった把握も可能です。 この再生機能を頻繁に使っていると、段々とよく見る地点の雨雲の動きの傾向がつかめてきます。 はるるの場合、自宅と会社周辺については、未来予測を見なくても15分後には右上に雲が移動するから、そろそろ雨が降ってくるかも、と分かるようになりました。 営業マンの必須アイテムになるかも! 頻繁に外出する方や営業マンの方にとって、外出先で雨が降るかどうかはすごく重要ですよね! 荷物やプレゼン用の資料が濡れてしまったら困りますし、ずぶ濡れで商談の場に到着、なんてことになったら目も当てられません。 そのため営業マンの方の必須アイテムの一つに、この雨雲ズームレーダーを加えてみてはどうでしょうか。 自転車やバイクによる通勤、通学をしている方にもおすすめ! はるるは会社まで自転車で通勤しています。 念のため雨合羽を常備していますが、運転しづらくなるため、なるべく着たくはありません。 そこで天気予報が雨の日は、ちょくちょく雨雲ズームレーダーで雨の様子をチェックし、雨が降っていない時間を見計らって、出社・退社するようにしています。 皆さんも過去に何度かは経験があると思いますが、 もう少し待っていたら、雨が止んでいたのに! それを事前に把握できるのが、雨雲ズームレーダーのスゴイところ! そのため自転車やバイクによる通勤、通学をしている方にも、とってもおすすめなんです! ぜひご活用くださ~い!.

次の

Digital Typhoon: Real

雨雲 ズーム レーダー

Sponsored Link 天気アプリは、何を使っていますか? 天気系アプリは、とても沢山あるので何を利用するかつい悩んでしまいますよね!? 筆者がメインで利用しているのは、• iPhone純正の天気アプリ• LINE天気アプリ の2つでした。 この2つのアプリである程度の機能は網羅できていたのですが、時間ごとの短期予報はイマイチ満足できていませんでした。 どちらのアプリも1時間単位(LINE天気は3時間ごと)での予報しか出来ないためです。 通常の生活では特に困らないのですが…• 突然のゲリラ豪雨…すぐに止むのかな?• 電車を降りたら結構雨が…でもあっちの空は明るいけど… といった、すぐ先の予報を知りたい場合の使い勝手が良くないところが欠点です。 Contents• ヤフー天気の雨雲レーダーがすべてを解決 この「ちょっと先の正確な天気が知りたい」という要望に答えてくれたのが、Yahoo! 天気アプリの雨雲ズームレーダーという機能です。 雨雲ズームレーダーは、5分単位でこれから先の雨雲の動きを知ることができる大変便利な機能です。 5分単位での天気を知ることができるので、さっきのような場合も• 10分で止むならこのまま雨宿りしよう• 30分後も雨が降り続くなら傘を買おう といった判断を的確にすることができます。 この記事では、Yahoo! 天気アプリの 雨雲ズームレーダーという便利な機能についてご紹介しています。 Sponsored Link Yahoo! 天気アプリをダウンロードしよう PHOTO: iStock by Getty Images まずは、App Storeからアプリをダウンロードしましょう。 検索で「yahoo! 天気」や「yahoo」と入力するとすぐに見つけることができます。 (記事末のSourceNoteにアプリのリンクがあります) アプリをダウンロードしたら、早速ログインします。 yahooのIDを持っていれば、すぐにログインできます。 お持ちでなければ、新規作成してください。 アプリにログインすると、トップ画面が表示されます。 画面下にタブが5つ表示されており、真ん中に「雨雲」というタブがあります。 これが雨雲ズームレーダーです。 (雨雲ズームレーダー以外の機能の紹介は割愛します) yahoo! 天気雨雲ズームレーダーの使い方 PHOTO: iStock by Getty Images 雨雲ズームレーダーのアイコンをタップすると、地図と雨雲の情報が表示されます。 画面上部にあるとおり、赤になるほど強力な雨雲が上空にあることになります。 画面に下部には、タイムラインが表示されています。 左の再生アイコンをタップすると、これからの雨雲の動きを知ることができます。 丸いアイコンで操作もできます。 雨雲の様子を知りたい時間まで、一気に移動することができます。 雨雲の様子は1時間前〜最大6時間後まで確認ができます。 雨雲ズームレーダーの有効な使い方 しばらく使っていますが、短期的な予測ほど精度が高いように感じています。 5分後や30分後の雨の情報はかなりの確率で的中しています。 また、メニューから雨雲の接近情報の通知なども設定できるので、急な雨との遭遇も回避しやすいです。 (LINE天気のあめふるコールから、乗り換えてしまいました) 仕事で外出が多い方、徒歩や自転車での移動がメインの方にとっても、大変有効なアプリになると思います。 ぜひ使ってみてください。 SourceNote• ヤフー天気のダウンロード(無料)はこちらからどうぞ.

次の

スマホやPCでゲリラ豪雨予測を見るなら雨雲ズームレーダー!

雨雲 ズーム レーダー

Sponsored Link 天気アプリは、何を使っていますか? 天気系アプリは、とても沢山あるので何を利用するかつい悩んでしまいますよね!? 筆者がメインで利用しているのは、• iPhone純正の天気アプリ• LINE天気アプリ の2つでした。 この2つのアプリである程度の機能は網羅できていたのですが、時間ごとの短期予報はイマイチ満足できていませんでした。 どちらのアプリも1時間単位(LINE天気は3時間ごと)での予報しか出来ないためです。 通常の生活では特に困らないのですが…• 突然のゲリラ豪雨…すぐに止むのかな?• 電車を降りたら結構雨が…でもあっちの空は明るいけど… といった、すぐ先の予報を知りたい場合の使い勝手が良くないところが欠点です。 Contents• ヤフー天気の雨雲レーダーがすべてを解決 この「ちょっと先の正確な天気が知りたい」という要望に答えてくれたのが、Yahoo! 天気アプリの雨雲ズームレーダーという機能です。 雨雲ズームレーダーは、5分単位でこれから先の雨雲の動きを知ることができる大変便利な機能です。 5分単位での天気を知ることができるので、さっきのような場合も• 10分で止むならこのまま雨宿りしよう• 30分後も雨が降り続くなら傘を買おう といった判断を的確にすることができます。 この記事では、Yahoo! 天気アプリの 雨雲ズームレーダーという便利な機能についてご紹介しています。 Sponsored Link Yahoo! 天気アプリをダウンロードしよう PHOTO: iStock by Getty Images まずは、App Storeからアプリをダウンロードしましょう。 検索で「yahoo! 天気」や「yahoo」と入力するとすぐに見つけることができます。 (記事末のSourceNoteにアプリのリンクがあります) アプリをダウンロードしたら、早速ログインします。 yahooのIDを持っていれば、すぐにログインできます。 お持ちでなければ、新規作成してください。 アプリにログインすると、トップ画面が表示されます。 画面下にタブが5つ表示されており、真ん中に「雨雲」というタブがあります。 これが雨雲ズームレーダーです。 (雨雲ズームレーダー以外の機能の紹介は割愛します) yahoo! 天気雨雲ズームレーダーの使い方 PHOTO: iStock by Getty Images 雨雲ズームレーダーのアイコンをタップすると、地図と雨雲の情報が表示されます。 画面上部にあるとおり、赤になるほど強力な雨雲が上空にあることになります。 画面に下部には、タイムラインが表示されています。 左の再生アイコンをタップすると、これからの雨雲の動きを知ることができます。 丸いアイコンで操作もできます。 雨雲の様子を知りたい時間まで、一気に移動することができます。 雨雲の様子は1時間前〜最大6時間後まで確認ができます。 雨雲ズームレーダーの有効な使い方 しばらく使っていますが、短期的な予測ほど精度が高いように感じています。 5分後や30分後の雨の情報はかなりの確率で的中しています。 また、メニューから雨雲の接近情報の通知なども設定できるので、急な雨との遭遇も回避しやすいです。 (LINE天気のあめふるコールから、乗り換えてしまいました) 仕事で外出が多い方、徒歩や自転車での移動がメインの方にとっても、大変有効なアプリになると思います。 ぜひ使ってみてください。 SourceNote• ヤフー天気のダウンロード(無料)はこちらからどうぞ.

次の