この 声 を きみ に。 『この声をきみに』最終回の感想・評価。素晴らしい作品、超高評価に

「この声をきみに」ロケ地 カフェ、立体交差点など人気のスポットまとめ

この 声 を きみ に

Contents• 『この声をきみに』の概要・あらすじ 『この声をきみに』は NHKドラマ10の枠で放送されている 全8回のテレビドラマです。 毎週金曜の22:00から 48分間の放送です。 脚本は、大森美香さん。 朝ドラ「あさが来た」で脚本を 担当された方です。 主題歌はJUJUさんが担当 タイトルは「いいわけ」 ネットでの配信は2017年10月6日から。 CDは2017年10月11日に発売予定だそうです。 エンディングの映像も凝っているので必見。 あらすじは… 偏屈でさえない大学の数学講師・穂波孝は話すことが苦手で、妻・奈緒も愛想をつかして子供を連れ家を出て行く。 聞き手の気持ちを考えずに講義をする孝は学部長から勧められて「話し方教室(ビジネスマン向け)」を訪れるものの、講師の江崎京子と互いに言い争いとなり、険悪な雰囲気で教室を去る。 後日、孝は町はずれにある小さな朗読教室で京子と再会することとなる 引用元:ウィキペディア シンプルなヒューマンドラマですが、 なぜか心に響いてくる 安心して見られる丁寧なドラマです。 麻生久美子さんをはじめ、 若手からベテランの俳優さんまで 出演しており、朗読パートの空想シーンは なんだか可愛らしくて、ほっこりさせてくれます。 朗読の空想パートと 主人公の離婚危機をめぐる つらい現実とのギャップが このドラマの面白さでもあります。 『この声をきみに』の原作はあるの? さて、ネタバレとなる原作は あるのでしょうか。 調べてみたところ、 原作はないドラマのようです。 脚本家の大森美香さんの オリジナルのドラマだそうです。 大森美香さんご自身の体験を 元にしている部分もあるそうです。 『この声をきみに』の最終回ネタバレは? 原作がないドラマということなので、 ネタバレになるような情報を探してみました。 脚本家の大森美香さんは ドラマを見てくださる方が、 それぞれに答えを見つけたり、 大切なことを感じとれるような 本づくりをされています。 引用:放送直前インタビューより これは竹野内豊さんが 『この声をきみに』の公式サイト のインタビューで答えていることです。 普通はドラマの答えは作る側が用意するけど、 見る側のなかに答えが生まれる、 そういうドラマになっているんだそうです。 穂波孝(竹野内豊)の抱える問題 ・独りよがりで周囲とうまくやれない ・講義、授業がつまらないという職場の評価 ・妻の奈緒との離婚問題 ・家族との溝 etc こうした問題は、解決しないまま ドラマが終わってしまうということも あるかもですね。 きっと主人公・穂波孝は、 朗読を通じて、孝は何かを見つけて、 本人なりに努力を続けていく、 そんな終わり方のような気がします。 奈緒との離婚問題はきっと未解決で、 京子とも接近はするけれど、 それ以上の関係にはならないのではないかな。 ラストは視聴者を納得させるような 安易な結末ではなく、 「悩みながら生きていくこと」 の大変さや幸せを表現してくれるのではないでしょうか。 ともかく、 最後まで『この声をきみに』を見て 私も、私なりの答えを見つけてみたいと思います。 最後まで読んでいただき。 ありがとうございました。

次の

この声をきみに(1):大森美香さんチョイスの詩・絵本・物語.これを朗読する俳優さん(竹野内豊さん麻生久美子さん

この 声 を きみ に

「手袋を買いに」作:新見南吉 発表会で、柏原さんと河合くんが朗読していた作品です。 手袋を買いに人間の町に行く子狐の物語。 ラストの母狐の独り言がとても印象に残っています。 新美南吉は、1913年愛知県生まれの児童文学作家です。 中学生から創作を始め、18歳の時に「ごんぎつね」が文芸誌『赤い鳥』に掲載されます。 その後「手袋を買いに」「おじいさんのランプ」「花のき村と盗人たち」などの作品を生みましたが、結核により29歳で世を去りました。 地方で教師を務め若くして亡くなった、という共通点から宮沢賢治と比較されることも多く、「北の賢治、南の南吉」と呼ばれています。 黒井健さんのイラストによる絵本 「手ぶくろを買いに」は、私が10代の頃に購入し、今も大好きな絵本です。 おまけ 灯火親しむべし 朗読教室「灯火親」の名前の由来にもなった言葉です。 「長い秋の夜は、灯火の下で読書をするのにふさわしい」という意味。 もともとは、8世紀に中国の韓愈(かんゆ)という人が書いた 「符読書城南詩」という漢詩の中の一節がもとになっています。 時秋 ときあきにして 積雨 せきう 霽 はれ、 新涼 しんりょう 郊墟 こうきょに 入 いる。 灯火 とうか 稍 ようやく 親 したしむ 可 べく、 簡編 かんぺん 巻舒 けんじょす 可 べし。 (降り続く長雨がやみ、空が晴れ渡り、郊外の村では秋の涼しさを感じられる。 そんな秋の夜長は、灯りのもとで読書をするのに適している) 「読書の秋」のイメージは、ここから来ているんですね^^.

次の

この声をきみに(1):大森美香さんチョイスの詩・絵本・物語.これを朗読する俳優さん(竹野内豊さん麻生久美子さん

この 声 を きみ に

「手袋を買いに」作:新見南吉 発表会で、柏原さんと河合くんが朗読していた作品です。 手袋を買いに人間の町に行く子狐の物語。 ラストの母狐の独り言がとても印象に残っています。 新美南吉は、1913年愛知県生まれの児童文学作家です。 中学生から創作を始め、18歳の時に「ごんぎつね」が文芸誌『赤い鳥』に掲載されます。 その後「手袋を買いに」「おじいさんのランプ」「花のき村と盗人たち」などの作品を生みましたが、結核により29歳で世を去りました。 地方で教師を務め若くして亡くなった、という共通点から宮沢賢治と比較されることも多く、「北の賢治、南の南吉」と呼ばれています。 黒井健さんのイラストによる絵本 「手ぶくろを買いに」は、私が10代の頃に購入し、今も大好きな絵本です。 おまけ 灯火親しむべし 朗読教室「灯火親」の名前の由来にもなった言葉です。 「長い秋の夜は、灯火の下で読書をするのにふさわしい」という意味。 もともとは、8世紀に中国の韓愈(かんゆ)という人が書いた 「符読書城南詩」という漢詩の中の一節がもとになっています。 時秋 ときあきにして 積雨 せきう 霽 はれ、 新涼 しんりょう 郊墟 こうきょに 入 いる。 灯火 とうか 稍 ようやく 親 したしむ 可 べく、 簡編 かんぺん 巻舒 けんじょす 可 べし。 (降り続く長雨がやみ、空が晴れ渡り、郊外の村では秋の涼しさを感じられる。 そんな秋の夜長は、灯りのもとで読書をするのに適している) 「読書の秋」のイメージは、ここから来ているんですね^^.

次の