を女の子にしてしまった話。 第1話

公園の女の子│【怖い話】心霊・都市伝説・恐怖の実話怪談

を女の子にしてしまった話

「女の子には女の子らしくしてほしい願望があるんですよ、僕は」 タクシー代を払いながらその人は言った。 財布から1500円を出そうとしている私を制して。 そのAさんとは既婚者で、互いになんの利害もない相手であり、人と人の間柄でしかない。 たまたま同じ時間に同じほうに向かう予定があり一緒にタクシーに乗った。 少ない額とはいえ、払ってもらう理由がなくて大変恐縮した。 でも、Aさんには理由があったわけだ。 「女の子には女の子らしくしてほしい」「僕は男が払いたいし、車道側を歩きたい」「最近はこういうことって男女差別みたくなって言いづらいですよね。 差別をするつもりはないけど、区別はあるというか。 性別で違いはあるから」と続けた。 お金を払ってくれるのも、車道側を歩いてくれるのも、優しい。 優しいと思う。 ありがたい。 でも、それだけで片付けてはいけない問題だと思って、ずっと考えている。 「どこからが差別になるのかの線引きは難しいですよね…」と私はそのときぎこちなく当たり障りのないことを答えるしかできなかった。 確かに性別の違いはあるが、それは例えば、めちゃくちゃ重い物を運ぶとか、高いところのものを取るとか、筋肉量や身長などで物理的に難しいことのみにしか言えないのではないか、とも思った。 「女の子らしく」というのは、物理的な話ではなく、精神的な話だ。 精神的な話は性別と紐付くものではなく、すべて個人の好みの話ではないだろうか。 私はどんな相手とでも、「人」と「人」でありたいと思っている。 「女の子らしく」である前に、「人」だからだ。 性別での区別がある前に、まず「人」だからだ。 同じホモサピエンスなのだ。 しかし、「人」である以上、相手の「こうしたい」を否定するのは私の流儀に反する。 そこはどうしても尊重したいのである。 人と人であることと、相手を尊重すること、この二つを両立させようと考えて、さっきから頭の中で詰んでいる。 両立できない。 Aさんは、自分はお金を支払うなど男らしく振る舞い、相手には女の子らしくしてほしいと考えている。 いわば互いがロールプレイ含みの振る舞いをすることを望んでいるのだ。 これが厄介で、じゃあAさんだけどうぞお一人で男らしいロールプレイをしてください、というわけにはいかない。 このロールプレイは受け手がないと成立しない。 ところが私は、その「受け手」を強要されることに釈然としない気持ちを抱いているわけだ。 ロールプレイなどしたくない。 ロールプレイという薄い膜ごしに接されても困る。 私は私だ。 詰んでる。 Aさんのようなタイプと、私のようなタイプが対峙するとき、どうやってもどちらかが何かしらを我慢しなければならない。 「男らしく」振る舞いたい男性もいれば、「女らしく」振る舞いたい女性もいて、本人がそうしたいならそうしていいに決まっている。 ただ、そうしたい人はその代わり、異なる考えを持つ人にロールプレイを強要しかねないことには自覚的であってほしいし、性自認と身体的性が一致しない人の存在も意識してほしい。 結局は、できるのはここまでなのかもしれない。 意識する、まで。 実際には、感性の合わない相手と接するのは避けられない。 ささいな日常会話で毎回いちいち相手の考えを確認するわけにもいかなかろう。 それに確認したところで、どちらかが譲るよりほかないわけだし。 難しいな…。 関わる人が多くなればなるほど、いろいろなことが両立できなくて詰む。 やっぱり出来る限り一人でいることが最強のストレス回避法だよなぁ… 結局そこに戻る.

次の

1 女の子にトイレ(小)我慢をさせたら、おもらししてしまった時の話|グローライト|note

を女の子にしてしまった話

さらにすごい能力がわかった。 あの能力がわかって3日たったときだった。 その後のトイレの様子も悪くはなかったけど、なんて言うんだろ、興奮できるものがなくなってきた。 それもそうだ。 普通、限界まで我慢してくるような子はほとんどいない。 かなり我慢している子も1日に1回見るか見ないかってくらいだ。 せめて尿意はそこまで強くなくても、背徳感の強い感じのやつ見たいっす。 あーもしも学校には女子トイレが無くて、代わりにタッパーとか携帯トイレとかでおしっこしているところとか見れないかなぁ。 と、思った次の日のことだった。 この日もとりあえず登校して、昼休みに女子トイレを観察しようと思っていた3時限目後のときだった。 何故か女子トイレに向かう女子達が小さなバッグを持ってトイレに向かっていたことに気づいたのだ。 まさかと思って、俺はすぐに男子トイレの個室に入り、女子トイレに視点を移動した。 マジでww?って思ったけど、そのまさかだった。 トイレの便器がなかったww。 代わりに昔の和式トイレにあるような個室内の段差があった。 1人の女子が個室に入ってきた。 それにしてもまさかだと思うが 彼女はバッグからあるものを取り出した。 タッパーだった。 1Lくらいの。 これは…… 彼女は段の上に上がってそのタッパーを床に置いた。 そしてパンツを下ろすと和式トイレに座るようにタッパーの上に跨った。 シュイーーーーーーー おっほwタッパートイレしてますねぇww ジョボボボボボ この彼女自身のおしっこが跳ね返ってふとももについてる感じがたまんねーww股と容器の距離が近いことならではだ。 チョロロロ カラカラカラ エッチというかニッチだわwwニチチチチチチチwwww どうやら専用のゴミ箱と排水口のようなものがあるようで、アソコを拭いてそのトイレットペーパーはゴミ箱に、そしてタッパーに溜まったおしっこは専用の排水口に流して、彼女はトイレを後にした それにしても、これはまさかだけど、見てみたいと思ったことが現実になってる?もしもボックスみたいな感じか。 この能力、まだすごい可能性のある能力なのではないか。 明日別のこと頼んでみよww お、また新しい子が入ってきた。 これくらいのものはもう見慣れてきてしまった。 けどな、俺はどんなもので放尿するのかが見たいんです。 彼女は小さなバッグからあるものを取り出した。 あれは、片手で使えるタイプの携帯トイレ! 最近の界隈では使っている人をよく見かけるけど、これを生?で見れる日が来るとわ。 シュァァァァァァァァァア この股を開いて立ったままおしっこするという背徳的な放尿もいいっすねwwwwこのやりにくそうに放尿する姿がまた見ててえっチッチww シャァァァォァァァ 袋におしっこが溜まる様子が見える見える。 シュァァァァ シュロロロ どうやら終わったようだ。 他の方法の子はまだいないかな。 …これすごいな、どんな容器にトイレするのかもわかるのか。 ほんと便利だなこれw お、あっちのトイレに今入ってきた子はまた別の方法のようだ。 視点を移動させる。 この子は確か、隣のクラスの本田さんか。 野球部のマネージャーのポニテの子。 ふとももが健康的。 楽しみですねえww 放尿方法:オムツ え? 一応彼女のスカートの下がどうなっているのか確認した。 普通にピンクのショーツだった。 じゃあこっちの黒ビニールの袋に入っているのが…… 彼女は袋からオムツを取り出した。 はいきましたwwオムツに放尿すんの?この子ww 彼女はパンツを脱ぐと、急いでそのパンツタイプのオムツを履いた。 よく見ると毛も薄めのおかげであそこがキュッと閉まって明らかに我慢してますということがわかる。 これは動画超えてますねww オムツを履き終わると彼女は段差になっている所に座った。 オムツを履いていても、アソコから放尿している様子を見る方法がある。 透過 これいいわww服が全て透けるのでアソコの様子どころか上半身も見える。 おっぱいもまあいいっすよねwwww それよりも俺が見たいのはこっちだよ。 彼女のアソコに集中する。 シィィィィィィィ…… 便器に当たるような大きな音はしないけど、アソコから放尿するときにでる音のみを聴けるのは凄くニッチぃwww そしてさらに彼女のオムツでのおしっこがどうなっているかもわかるからいい。 シィィィィィィ…… 手の置き場がないからアソコより少し上のところを軽く押さえているところがまたポイント高いww シュイイイ…… シュッ… シィィィィィィ シュイッ 「………はぁ……っ……」 いや〜またエチ過ぎてやばいwwこのおしっこし終わったあとに気持ちよさそうな顔してため息付いている所あざといwwwそしてまだ結構我慢してたせいかアソコがヒクヒクしているのがもうねwwww来ますよww 久しぶりにいいもの見せてもらいました。 彼女は放尿して少し経ったあと、オムツを脱いで専用のゴミ箱に捨てたあと、軽くあそこを拭いて、パンツを履いてトイレを後にした。 ちょっと、今日もう少し面白いもの見れるかもな……。 そう思いながらトイレを後にした。

次の

公園の女の子│【怖い話】心霊・都市伝説・恐怖の実話怪談

を女の子にしてしまった話

特徴: SS専門ブログ 管理人: 暇P 移転先URLはこちらになります。 以前から記事カテゴリが勝手に変更される不具合があります。 もし間違ったカテゴリがありましたらコメントにてご指摘お願いします。 minnanohimatubushi2chblog. blogher. ニュー速SSVIP. sc 上記のサイトは当サイトと一切関係ありません。 支援などもしておりません。 旧: minnanohimatubushi livedoor. com 新:minnanohimatubushi gmail. livedoor.

次の