魔法 の やかん。 ラグビーの試合なく暇なので調べた。「魔法のやかん」はいつ消えた?

【楽天市場】やかん 大容量 おしゃれ 日本製 かわいい アカオアルミ しゅう酸湯沸 10L 魔法の水 ラクビー ケトル YOUNG zone:やかん・ケトルの専門店 やかん屋

魔法 の やかん

今は見なくなりましたが、1990年代までは日本のラグビーの試合におおきな黄金色のやかんはつきものでした。 倒れた選手にやかんの水をかけると選手はすくっと立ち上がりまたプレーに戻っていきました。 中身はただの水なのに。 現在は頭を打って倒れた選手は一旦グランドを出てドクターチェックを受けるようになりました。 その間プレーは代わりの選手によって続行されます。 やかんの水を顔にかけるだけのような乱暴な対応は姿を消しました。 これは選手の安全面への考慮から行われるようになったものですが、そもそも以前はラグビーの選手交代は選手が怪我をしてプレーの続行が無理と判断された場合に限り認められていました。 そのためリザーブ選手はいましたがめったに試合には出られませんでした。 出場した選手は80分間戦い抜く気持ちをもって試合に臨んでいました。 なので脳震盪を起こして意識を失っても、やかんの水をかけられて意識が戻れば何も疑問を持たず戦列に復帰していました。 この行為は現在では危険なものであり、もし脳震盪であれば軽度でもすぐにまた繰り返してしまうと命にもかかわることがあります。

次の

ラグビー名物「魔法のやかん」どこへ? 実は…脳振とうの選手に「水かける」は危険な行為 (1/2ページ)

魔法 の やかん

アルミニウム製のやかんや鍋が黒くなる。 なぜでしょうか? お答え アルミニウムは、鉄などと同様に腐食されます。 このため製造時にアルマイト処理(アルミニウムの表面に腐食防止用の被膜を作る)を行い腐食を防いでいます。 この被膜が劣化するとアルミニウムと水が反応を起こし、ベ-マイトという薄い水酸化アルミニウムの皮膜ができ、水に含まれるミネラル分や鉄などと反応し黒く見えることが主な原因です。 一般に「アルミニウムの黒変化現象」と言われます。 なお、人体に影響はなく、鍋の使用にも差し支えありません。 魔法瓶の内側が黒くなる。 なぜでしょうか? お答え 湯沸かし器などの給湯設備から直接お湯を魔法瓶に注いでいると、給湯設備に使用されている銅管から微量の銅が溶け出し、徐々に魔法瓶の内側などに付着して黒く見えることが主な原因です。 このような場合、一旦水道水等をやかんやポットで沸かした後、魔法瓶に移すことで黒くなるのを防ぐことができます。 水きりかご、お風呂のタイルの目地等が黒くなる。 なぜでしょうか? お答え 水きりかごやお風呂のタイルの目地など、常に湿った状態にある場所では、空気中の細菌やカビなどが繁殖することが主な原因です。 日常の掃除や換気を十分に行うことで予防することができます。 また、付いてしまった黒色の色素は塩素系漂白剤で落とすことができます。 なお、漂白剤の使用にあたっては、取扱い上の注意事項等を良くお読みになったうえでご使用ください。 蛇口から黒い水や異物が出てくる。 なぜでしょうか? お答え 蛇口などに使われているゴム製のパッキンが劣化し、開閉操作をしたときに砕けて出てくるのが主な原因です。 マンションなどで、給水用のポンプに使われているゴムが原因の場合は、さらに細かく砕けて墨汁のように見えるときがあります。 関連リンク.

次の

ラグビーの「やかんの水」は、いつ頃無くなったのでしょうか?また、こ...

魔法 の やかん

飲んでいるのはアイルランドサポーター。 昨年のラグビーW杯で久しぶりにラグビーを観た中高年以上の世代は、あることを不思議に思ったのではないか。 早大ラグビー部チームドクターの解説。 試合中や練習中の「給水方法の変化」がまずあるという。 「そもそもあの水は給水のために用意されている水で、顔にかけることが目的ではない。 やかんを使っていた時代は、やかんの口から直接水を飲むことが多く、衛生的ではなかった。 近年は選手の人数分のスクイズボトルを持ち込むようになったので、やかんの必要性がなくなったのです」 脳震盪に対する医学的な介入が進んだ。 鈴木医師によると他にも、試合中に交代できる選手の人数が「3人」から「8人」に増えたことで、倒れた選手を無理に試合に戻す必要性が減ったこともあるという。 ただ、一番大きな理由は、脳震盪に対する医学的な介入が進んだことだと指摘する。 「2000年代に入って、HIA(Head Injury Assessment)が導入されました。 これは試合中に脳震盪の疑いが出た選手には、マッチドクターやチームドクターが脳震盪か否かの医学的判断を下すため、一時退場(10分間)して別室で医学的な簡易検査を行わなければならない、という取り決めです。 これにより、顔に水をかけて無理やり意識を取り戻させるようなことはしなくなったのです」 脳震盪を起こした選手が試合継続することに対する医学的な危険性が認識され、試合現場にマッチドクターやチームドクター、アスレチックトレーナーなどの帯同が義務付けられた現在、魔法でも何でもないやかんの出番はなくなったということだ。 鈴木医師は「2000年代前半には行われなくなっていたはず」と指摘する。 めまいや頭痛、時に吐き気を催す。 ところで、そもそも「脳震盪」とは、どんな状態なのだろう。 アジアリーグアイスホッケー・東北フリーブレイズのチームドクターで脳神経外科の朝本俊司医師が解説する。 「頭蓋骨の内部は脳脊髄液という液体で満たされていて、脳はその液体に浮いている状態で存在する。 CTやMRIなどの画像診断では異常はないものの、めまいや頭痛、時に吐き気を催すことや、一時的に意識が朦朧とするなどの症状が見られる外傷性の病態です」 「脳挫傷」との鑑別が重要。 ラグビーなどの競技ではなくても、たとえば転倒などで頭を強打しても脳震盪は起きる。 しかし朝本医師によれば、画像診断の結果「脳震盪」と診断が下りれば、基本的に入院の必要はなく、症状が消えるまで安静にするだけでいいとのこと。 「特に薬を使う必要もありません。 多くは24時間以内、長くても2日程度で症状は治まります。 同じように頭部を強打して起きる疾患に脳挫傷がありますが、こちらは緊急性が高いので、その鑑別が重要。 ただ、脳挫傷なら意識の喪失や嘔吐などの症状を頻繁に伴うので、脳の疾患に詳しい医師が診れば見分けがつきます。 では、「脳震盪の状態の選手にやかんの水をかける」という行為は、医学的に見るとどういうことだったのか。 「ボーッとした状態のところに突然冷たい水をかけられれば誰だって驚きます。 本来ボーッとしている状態の人間をびっくりさせることで意識を呼び覚ましているだけのことなのです。 そんな状況で競技に復帰させれば、体幹のバランスが崩れている上に集中力も下がっているので、パフォーマンスが下がって、ケガの温床となる。 安全面から見て決して勧められる行為ではないことは明らかです」(朝本医師) 根性や精神論からサイエンスへ。 スポーツはつねに進化する。 マラソンにおける「厚底シューズ」のように、用具や装具の機能向上が競技レベルをアシストする進化もあるが、一方では医療の力で、安全性の面からの進化もある。 ラグビーの試合から「魔法のやかん」が消滅したのも、その一環と言えるのかもしれない。

次の