須川温泉。 栗駒山の紅葉が絶景!秋田・須川温泉「栗駒山荘」で紅葉狩り

須川温泉

須川温泉

須川野営場(岩手県) 2011年 10月 所在地: 料金:¥200/1泊 自分の知っている数ある野営場でも、何故かまだ利用してない場所が多くあります。 今回向かった、岩手・一関市にある「須川野営場」もその一つです。 ここは、岩手県と秋田県との県境の、標高1,000mを超えた須川温泉に位置する野営場です。 かなーり昔に覗いたときは、そのワイルドさにファミリーでの安楽な利用には考えられなかったものだ。 須川に上ってくる手前にある「真湯野営場」か、または、お隣・秋田側の「須川湖キャンプ場」などが定番だとおもう。 こうしてその頃から何年も過ぎ、このような野営場もきちんと利用したいもの・・・との思いを、ようやく今回成す事になったのです。 つまり、翌日は目前の栗駒山への登山をすることにして、この野営場で幕営する理由付けとしたのでした^^) 出立は昼頃・・・いつもよりかなり遅い。 一関よりR342へ分岐し、須川温泉を目指します。 一関市街を離れると、景勝地・厳美渓。 ここは、で有名ですね。 その後更に進んで、。 温泉の国道を挟んだ向かい側、道路沿いにあるブナ林には「真湯野営場」があって、ここは利用料は無料だ。 横目で眺めたが、林の奥側の斜面はコンクリートの法面補強がされており、以前のシダ類などの生茂った景観が崩れてしまっていて残念です。 さて、ずっと上り道を辿り、やがて目的地の須川温泉へ到着。 もう夕方になってしまった・・・。 広い駐車場の端、トイレの隣に野営場を示す案内看板。 駐車場端のところから上がっていく。 すぐに炊事棟(水場)ですが、蛇口を捻っても水が出ない・・・もう止められているようです。 笹薮の間の小道を上がっていく。 迷子になりそうな小道です。 小道の先の一つの場所・・・何箇所にこのような板張りのサイトが点在。 別な所にはこんな場所も。 笹薮のおかげで全体像が把握しにくいのですが、もう、夕暮れが迫るので散策が出来ません。 先の板張りのサイトの先に作業小屋。 周りを見て回っていると人影。 管理人のようなので、話を聞き受付をお願いする。 もう、冬仕舞いの作業始めているのだという。 さて、夕陽が翳ってきています。 早々に幕営にかかりましょう。 板張りの上に張るのは難しいですなぁ〜(汗 板の隙間にペグを差込み、なんとかテントを固定します。 テントを張り終えると目の前の温泉へ・・・。 旅館の脇にある。 ¥600と高いが、まぁしょうがないな。 大日岩を眺めながらの広い露天風呂、ツンと硫黄臭が漂って気分がイイです。 青白い湯に浸かりながら、明日の秣岳-栗駒山への登山縦走に気合が入る(・・・果たして完歩できるのか??) ゆっくり温泉を楽しんで、風呂を上り野営場に戻るころには日が落ちて暗くなっていました。 一旦テントまで戻ると、さっきの露天風呂の脱衣カゴにケイタイを忘れてきてるじゃん!!(大汗 脱兎のように大日湯に引き返します・・・受付の所に届いてました、ヨカッタ! 日が暮れると刻々と冷え込んできています。 そりゃ、標高1,100mほどありますのでね〜。 でも、外が気持ちイイのですよ。 先のケイタイの忘れ物でチョッと焦りましたが^^、湯上りのイイ気分で晩酌の一杯。 先日キャンプ友のGさんに頂いた、NIKKAの「スナックモルト」がバックに残っていて、コレがとてもウィスキーに合う。 夜空に星が見えるようになり、東のほうにはひときわ明るい星・・・あれは木星?なのかな? 風が無くイイ感じ。 ただ、このテン場は小高い笹藪の中にあるような感じなので、熊が居やしないかと念のため熊鈴やラジオなどを鳴らすが、まぁ、気休め程度か。 しばらく外で飲んでいるが、気温が下がってきて周囲が露で濡れてきた。 そろそろ頃合でテントの中に篭ろう。 まるで真冬の幕営と一緒だね^^ テントに入ると極楽・・・ この極楽感、幸福感はえも言えないものです。 明日の登山に備え、酒は早々に切り上げ〆のラーメンにする。 寒さに備えようと辛いラーメンを煮る・・・具にはギョーザをトッピングで豪華な夕食! ラーメンを食べ終われば寝る準備。 小物は全て片付けておき、明日の撤収を楽にする。 久々の冬用スタイルで構えたが、ダウンシュラフはまだ過剰装備だった・・・チョッと暑くて寝苦しかった。 うむ、今日はイイ天気だ・・・登山日和。 やはり氷点下となっており、霜が降りた。 周囲もテントも凍っており、バリバリになっている。 そして危ないのはこの板の上・・・ツルツル滑って非常に危ない! 滑ってコケないように気をつけながら、サクッと撤収。 車に戻って登山準備。 トイレも済ませて体調万全。 さて行きましょう・・・。 今回は栗駒山の隣にある、秣岳(まぐさだけ)〜天馬尾根〜栗駒山〜須川温泉と巡る縦走コースです。 駐車場から歩いてすぐの秋田側の栗駒荘にある看板・・・これはイイよね(笑 正面にははるかに、雪を被った鳥海山が望めました。 さて、秣岳の登山口まで車道を歩かねばなりません。 これが結構かかる・・・歩いて約40分。 須川湖沿いに歩いて行きます。 秣岳登山口に到着。 なんだか、もう結構歩いたような気がしてきました・・・(汗 いやいや・・・ここからが縦走の本番、スタートですよ・・・。 がんばりましょ!! この縦走の様子は、こちらでご覧ください。 END 掲示板に、ご感想をお寄せくださると大変嬉しいです。

次の

須川温泉 栗駒山荘 宿泊予約【楽天トラベル】

須川温泉

2019. 10月宿泊。 紅葉の栗駒登山目的であったが、あいにくの小雨で散策に留めた。 温泉は宿の敷地内にある地獄からの引湯で、新鮮そのものではあるが当然加水されている。 色がとても美しい。 館外にある露天風呂の湯は、晴れた日には鮮やかな濃いマットのブルーとなり、薄曇りの日には水色の絵の具を溶かしたようになっていた。 熱めなので浸かったり、湯船の淵に上がったりを繰り返し、綺麗なブルーの湯に癒される。 眼前には黒い大岩と紅葉のコントラスト、そして青く広がる湯は一枚の絵の様だ。 ところが、館内にある内湯に併設されている露天風呂と名付けられた風呂は、天井が全て簾で覆われ空が見えない。 周りは壁で景色も全く無い。 これは露天風呂とは言えないのではないか。 内湯もただのだだっ広い湯船が1つあるだけで、救いは木風呂でありそこに硫黄泉が掛け流されている事か。 隅にある1箇所から加水された源泉が投入されていた。 湯は酸性が強く顔を洗うと目に入って物凄く痛い。 ズラッと並ぶシャワーからはなかなか湯が出て来なかった。 露天も内湯も閉鎖的で薄暗く、泉質は良いのに残念な浴室だった。 加水禁なので、足を入れただけでも熱すぎてここには入らなかった。 温泉プールはやって無くて、外にもう1つおいらん風呂という岩盤浴小屋が在ったが、覗いただけで止めた。 部屋はトイレ付きだったがウォームレットも付いておらず、冷たくて不自由だった。 何年か前に宿泊した時もそうだったが、ヒーターからは風ばかり出て暖房が弱く、部屋が寒い。 おまけに布団は羽毛ではなく、1枚きりで寒くて寝にくかったので、毛布を引っ張り出さなければならなかった。 宿が古く、サッシが歪んでおりきちっと閉まらない。 冷蔵庫も無い。 窓からは、紅葉よりも屋根が見えていた。 テーブルにはお詫びとご理解をという事で、この不便な自然環境や、温泉により機械類の傷みが著しいが修理も来ない云々を書かれた紙が置かれていたが、同じ環境下にある隣の栗駒山荘は、トイレもウォシュレットで快適であったのにと思う。 更に酷かったのが朝食バイキング。 このメニューなら、ビジネスホテルの無料朝食サービスと差ほど変わらないのではないかと思ってしまった。 泉質だけは良いとして、他は悪い部分ばかりが目立ち、残念な限りであった。 これでも紅葉シーズンと言う事で、1人1泊2食15000円とはねえ・・。 アクセス例:JR一の関駅より1日2便の路線バス須川高原行き、終点下車しすぐ前。 3 温泉 5 温泉の雰囲気 4 また行きたい 3 部屋 2 食事 2 頃に訪問 2019. 10月宿泊。 紅葉の栗駒登山目的であったが、あいにくの小雨で散策に留めた。 温泉は宿の敷地内にある地獄からの引湯で、新鮮そのものではあるが当然加水されている。 色がとても美しい。 館外にある露天風呂の湯は、晴れた日には鮮やかな濃いマットのブルーとなり、薄曇りの日には水色の絵の具を溶かしたようになっていた。 熱めなので浸かったり、湯船の淵に上がったりを繰り返し、綺麗なブルーの湯に癒される。 眼前には黒い大岩と紅葉のコントラスト、そして青く広がる湯は一枚の絵の様だ。 ところが、館内にある内湯に併設されている露天風呂と名付けられた風呂は、天井が全て簾で覆われ空が見えない。 周りは壁で景色も全く無い。 これは露天風呂とは言えないのではないか。 内湯もただのだだっ広い湯船が1つあるだけで、救いは木風呂でありそこに硫黄泉が掛け流されている事か。 隅にある1箇所から加水された源泉が投入されていた。 湯は酸性が強く顔を洗うと目に入って物凄く痛い。 ズラッと並ぶシャワーからはなかなか湯が出て来なかった。 露天も内湯も閉鎖的で薄暗く、泉質は良いのに残念な浴室だった。 加水禁なので、足を入れただけでも熱すぎてここには入らなかった。 温泉プールはやって無くて、外にもう1つおいらん風呂という岩盤浴小屋が在ったが、覗いただけで止めた。 部屋はトイレ付きだったがウォームレットも付いておらず、冷たくて不自由だった。 何年か前に宿泊した時もそうだったが、ヒーターからは風ばかり出て暖房が弱く、部屋が寒い。 おまけに布団は羽毛ではなく、1枚きりで寒くて寝にくかったので、毛布を引っ張り出さなければならなかった。 宿が古く、サッシが歪んでおりきちっと閉まらない。 冷蔵庫も無い。 窓からは、紅葉よりも屋根が見えていた。 テーブルにはお詫びとご理解をという事で、この不便な自然環境や、温泉により機械類の傷みが著しいが修理も来ない云々を書かれた紙が置かれていたが、同じ環境下にある隣の栗駒山荘は、トイレもウォシュレットで快適であったのにと思う。 更に酷かったのが朝食バイキング。 このメニューなら、ビジネスホテルの無料朝食サービスと差ほど変わらないのではないかと思ってしまった。 泉質だけは良いとして、他は悪い部分ばかりが目立ち、残念な限りであった。 これでも紅葉シーズンと言う事で、1人1泊2食15000円とはねえ・・。 アクセス例:JR一の関駅より1日2便の路線バス須川高原行き、終点下車しすぐ前。

次の

須川温泉 栗駒山荘

須川温泉

須川野営場(岩手県) 2011年 10月 所在地: 料金:¥200/1泊 自分の知っている数ある野営場でも、何故かまだ利用してない場所が多くあります。 今回向かった、岩手・一関市にある「須川野営場」もその一つです。 ここは、岩手県と秋田県との県境の、標高1,000mを超えた須川温泉に位置する野営場です。 かなーり昔に覗いたときは、そのワイルドさにファミリーでの安楽な利用には考えられなかったものだ。 須川に上ってくる手前にある「真湯野営場」か、または、お隣・秋田側の「須川湖キャンプ場」などが定番だとおもう。 こうしてその頃から何年も過ぎ、このような野営場もきちんと利用したいもの・・・との思いを、ようやく今回成す事になったのです。 つまり、翌日は目前の栗駒山への登山をすることにして、この野営場で幕営する理由付けとしたのでした^^) 出立は昼頃・・・いつもよりかなり遅い。 一関よりR342へ分岐し、須川温泉を目指します。 一関市街を離れると、景勝地・厳美渓。 ここは、で有名ですね。 その後更に進んで、。 温泉の国道を挟んだ向かい側、道路沿いにあるブナ林には「真湯野営場」があって、ここは利用料は無料だ。 横目で眺めたが、林の奥側の斜面はコンクリートの法面補強がされており、以前のシダ類などの生茂った景観が崩れてしまっていて残念です。 さて、ずっと上り道を辿り、やがて目的地の須川温泉へ到着。 もう夕方になってしまった・・・。 広い駐車場の端、トイレの隣に野営場を示す案内看板。 駐車場端のところから上がっていく。 すぐに炊事棟(水場)ですが、蛇口を捻っても水が出ない・・・もう止められているようです。 笹薮の間の小道を上がっていく。 迷子になりそうな小道です。 小道の先の一つの場所・・・何箇所にこのような板張りのサイトが点在。 別な所にはこんな場所も。 笹薮のおかげで全体像が把握しにくいのですが、もう、夕暮れが迫るので散策が出来ません。 先の板張りのサイトの先に作業小屋。 周りを見て回っていると人影。 管理人のようなので、話を聞き受付をお願いする。 もう、冬仕舞いの作業始めているのだという。 さて、夕陽が翳ってきています。 早々に幕営にかかりましょう。 板張りの上に張るのは難しいですなぁ〜(汗 板の隙間にペグを差込み、なんとかテントを固定します。 テントを張り終えると目の前の温泉へ・・・。 旅館の脇にある。 ¥600と高いが、まぁしょうがないな。 大日岩を眺めながらの広い露天風呂、ツンと硫黄臭が漂って気分がイイです。 青白い湯に浸かりながら、明日の秣岳-栗駒山への登山縦走に気合が入る(・・・果たして完歩できるのか??) ゆっくり温泉を楽しんで、風呂を上り野営場に戻るころには日が落ちて暗くなっていました。 一旦テントまで戻ると、さっきの露天風呂の脱衣カゴにケイタイを忘れてきてるじゃん!!(大汗 脱兎のように大日湯に引き返します・・・受付の所に届いてました、ヨカッタ! 日が暮れると刻々と冷え込んできています。 そりゃ、標高1,100mほどありますのでね〜。 でも、外が気持ちイイのですよ。 先のケイタイの忘れ物でチョッと焦りましたが^^、湯上りのイイ気分で晩酌の一杯。 先日キャンプ友のGさんに頂いた、NIKKAの「スナックモルト」がバックに残っていて、コレがとてもウィスキーに合う。 夜空に星が見えるようになり、東のほうにはひときわ明るい星・・・あれは木星?なのかな? 風が無くイイ感じ。 ただ、このテン場は小高い笹藪の中にあるような感じなので、熊が居やしないかと念のため熊鈴やラジオなどを鳴らすが、まぁ、気休め程度か。 しばらく外で飲んでいるが、気温が下がってきて周囲が露で濡れてきた。 そろそろ頃合でテントの中に篭ろう。 まるで真冬の幕営と一緒だね^^ テントに入ると極楽・・・ この極楽感、幸福感はえも言えないものです。 明日の登山に備え、酒は早々に切り上げ〆のラーメンにする。 寒さに備えようと辛いラーメンを煮る・・・具にはギョーザをトッピングで豪華な夕食! ラーメンを食べ終われば寝る準備。 小物は全て片付けておき、明日の撤収を楽にする。 久々の冬用スタイルで構えたが、ダウンシュラフはまだ過剰装備だった・・・チョッと暑くて寝苦しかった。 うむ、今日はイイ天気だ・・・登山日和。 やはり氷点下となっており、霜が降りた。 周囲もテントも凍っており、バリバリになっている。 そして危ないのはこの板の上・・・ツルツル滑って非常に危ない! 滑ってコケないように気をつけながら、サクッと撤収。 車に戻って登山準備。 トイレも済ませて体調万全。 さて行きましょう・・・。 今回は栗駒山の隣にある、秣岳(まぐさだけ)〜天馬尾根〜栗駒山〜須川温泉と巡る縦走コースです。 駐車場から歩いてすぐの秋田側の栗駒荘にある看板・・・これはイイよね(笑 正面にははるかに、雪を被った鳥海山が望めました。 さて、秣岳の登山口まで車道を歩かねばなりません。 これが結構かかる・・・歩いて約40分。 須川湖沿いに歩いて行きます。 秣岳登山口に到着。 なんだか、もう結構歩いたような気がしてきました・・・(汗 いやいや・・・ここからが縦走の本番、スタートですよ・・・。 がんばりましょ!! この縦走の様子は、こちらでご覧ください。 END 掲示板に、ご感想をお寄せくださると大変嬉しいです。

次の