花 と 奥 たん 最終 回。 『最終兵器彼女 愛蔵版』、『花と奥たん』第5集の同時発売記念! 期間限定無料試し読み+記念QUOカードプレゼントも!

花と奥たん(5)(最終巻)

花 と 奥 たん 最終 回

「最終兵器彼女」の高橋しんによる「花と奥たん」3巻が、本日7月30日に刊行された。 「花と奥たん」は超巨大植物が出現し、都市機能が破壊された町で旦那の帰りを待つ若奥さんの日常を描いたSF作品。 6年ぶりに発売された3巻では「愛情自家製ピーナツで4品」「クリームシチューとこたつパン(と、ごはん)」「里芋と牛肉と醤油味のアレ」「季節外れのあったかご飯」の4編が収録されている。 なお紙版と電子版は異なるバージョンが登場。 紙版は多数の加筆が行われており、電子版は雑誌掲載時には公開されなかったカラーページが多数収められた。 また「花と奥たん」4巻は8月末、5巻は9月末に発売予定。 同作は5巻をもって完結となる。 本記事は「」から提供を受けております。 著作権は提供各社に帰属します。 予めご了承ください。

次の

花と奥たん

花 と 奥 たん 最終 回

「最終兵器彼女」の高橋しんによる「花と奥たん」3巻が、本日7月30日に刊行された。 「花と奥たん」は超巨大植物が出現し、都市機能が破壊された町で旦那の帰りを待つ若奥さんの日常を描いたSF作品。 6年ぶりに発売された3巻では「愛情自家製ピーナツで4品」「クリームシチューとこたつパン(と、ごはん)」「里芋と牛肉と醤油味のアレ」「季節外れのあったかご飯」の4編が収録されている。 なお紙版と電子版は異なるバージョンが登場。 紙版は多数の加筆が行われており、電子版は雑誌掲載時には公開されなかったカラーページが多数収められた。 また「花と奥たん」4巻は8月末、5巻は9月末に発売予定。 同作は5巻をもって完結となる。 本記事は「」から提供を受けております。 著作権は提供各社に帰属します。 予めご了承ください。

次の

花と奥たん

花 と 奥 たん 最終 回

草花を育てることや庭仕事の楽しみについて、これまでいろいろ語ってきた。 だが、いつも高いモチベーションを保ち続けてきたわけではない。 忙しくて庭に出られないときもあるし、暑くて外に出るのがおっくうなこともある。 なんとなくやる気が出ないときだってある。 一歩踏み出せば庭はそこにあるのに、ずいぶん遠くに感じられる。 そんなことがたびたびあった。 高床式の住宅では部屋と庭に段差があって、庭は住居面よりかなり低い位置にある。 庭に出るときは、よいしょと下へ足を踏み出さないといけない。 庭へのアクセスを考えたときに、これが一番のネックになる。 そう思った私は、居間兼ダイニングにつながる庭にデッキを設置することにした。 今から9年前のことだ。 小さな庭でタネまきからたくさんの苗を育ててきた私には、植える土のスペースが何より貴重だ。 そんな私が庭の半分ものスペースをデッキに割くなど、途方もない考えにも思えた。 だが思い付いたらなんでもやってみたい方だ。 いろいろ悩んだ末にウッドデッキ専門の業者に、イペというハードウッド材を使ってデッキを作ってもらった。 デッキ奥の奥行き15cmの花壇とフェンス、パーゴラにつる性の植物をはわせ、より豊かな植栽を実現。 花壇には冬はハボタンを、春から夏は高性種のキンギョソウのような草丈の伸びる植物を植えます さらにライティング計画も念入りにやった。 デッキのフェンスにはマリンライトを2個配置し、さらに光量の強いライトで家屋側の上部からデッキの床を照らすようにした。 ライトがあれば、夜も庭を楽しめる。 こうして庭とより親密になるための条件をだんだん整えていった。 庭にはデッキの他にも、玄関のドアまで続くレンガ敷きのスペースなど、土のない場所がある。 こういうスペースを持て余してしまう人も多いが、上手に緑化できればすてきな庭空間になる。 小さなコンテナをたくさん並べるとごちゃごちゃするので、大型のコンテナを中心に用い、少し大小の差をつけて美しく見えるように飾る。 広ければ人が通る動線をコンテナの間に確保する。 庭は元々より自然らしくが理想だろうが、デッキのような構造物は住宅の庭らしい風情をつくるのに一役買ってくれる。 美しくしつらえることができれば、庭の完成度は増す。 デッキなどの人工的なスペースには、ガーデンテーブルや置物などを配置すると、庭らしい風情になります。 特に室内から見える場所をフォーカルポイントにしています デッキを作ってからは、室内から見る庭の景色にも気を使っている。 窓から見える正面の位置に花のコンテナを配置したり、オーナメントを飾ったり。 うちの庭は外の通りからは見えないけれど、花のあふれる空間になっている。 それも自分が楽しむためだ。 そんなぜいたくもしている。 わが家でもう一つ、庭を作り庭を楽しむ大きな原動力になっているのが猫の存在だ。 猫と庭の相性は抜群。 イギリスでも猫は庭の大切な守り神で、どこの庭にもその庭らしい風貌の猫がいる。 うちでは8歳になる猫と暮らしていて、室内飼いだが気候のよい時季はリードを付けて一緒に庭に出る。 それでわが家の庭には、「めいちゃんの庭」という愛称が付いている。 猫がいると庭はより輝いて見える。 そこで一緒に過ごすのも私にとって大切な時間だ。

次の