フィギュアスケートブログランキング。 フィギュアスケート

フィギュアスケート

フィギュアスケートブログランキング

カテゴリー• 4,992• 2,524• 438• 100• 181• 1,308• 2,232• 463• 189• 257• 138• 113• 948• 144• 137• 2,987• 1,371• 1,282• 126• 114• 1,034• 244• 159• 570• 271• 170• 136• 103• 169• 223• 1,576• 516• 782• 117• 161• 734• 541• 180• 138• 261• 166• 227• 340• 721• 219• 354• 148• 236• 233• 758• 404• 222• 125• 140• 3,300• 1,100• 1,686• 293• 220• 323• 218• 103• 186• 2,374• 980• 289• 304• 676 月間アーカイブ 月間アーカイブ.

次の

フィギュア スケート 翻訳 ブログ: my blog のブログ

フィギュアスケートブログランキング

カテゴリー• 4,992• 2,524• 438• 100• 181• 1,308• 2,232• 463• 189• 257• 138• 113• 948• 144• 137• 2,987• 1,371• 1,282• 126• 114• 1,034• 244• 159• 570• 271• 170• 136• 103• 169• 223• 1,576• 516• 782• 117• 161• 734• 541• 180• 138• 261• 166• 227• 340• 721• 219• 354• 148• 236• 233• 758• 404• 222• 125• 140• 3,300• 1,100• 1,686• 293• 220• 323• 218• 103• 186• 2,374• 980• 289• 304• 676 月間アーカイブ 月間アーカイブ.

次の

フィギュア スケート 翻訳 ブログ: my blog のブログ

フィギュアスケートブログランキング

これはISU 国際スケート連盟 が随時発表しています。 世界ランキングには、ISU世界ランキングとISUシーズン世界ランキングの2つあります。 ここでは2020-2021最新版の世界ランキングを紹介します。 もちろん、世界選手権が一番ポイント付与の高い試合です。 しかし、ポイントの低い選手は積極的にB級試合に出場してポイントを稼いでいます。 ポイントを稼ぐことでグランプリシリーズの出場権などを獲得できるようになるからです。 そうした理由から、意外に「 実力によるランキング」とはなってなかったりします。 あれ?この選手がこんなに上位?と思う選手の場合、B級試合にたくさん出場している選手ですw この世界ランキングにジュニア選手が入ってくるのは、ジュニアの試合にもポイントが付与されるようになっているからです。 ジュニア時代にポイントを稼いでいると、シニアになってから出場できる試合が多くなり優位になります。 そんな見方も楽しかったりしますw ちなみに全日本フィギュアスケート選手権など国内限定の試合はISU認定の試合ではありませんのでポイントは稼げません。 ・・・ということを前提に世界ランキングをご覧ください! ISU世界ランキング一覧 フィギュアスケートISU世界ランキング(ワールドスタンディング)一覧です。 ポイントの比率は以下の通りです。 この理由を説明しますね。 ISUの世界ランキングのポイント表では以下が示されています。 1 世界選手権またはオリンピック・世界ジュニア・四大陸・欧州選手権の高い点数から2大会分(左側の列) 2 グランプリファイナルとグランプリシリーズの高い点数から4大会分(真ん中の列) 3 その他のISU公認国際試合の高い点数から4大会分(右側の列) しかし、世界ランキングの合計ポイントは以下で計算します。 1 は1シーズン上位1大会分のみ 2 3 は1シーズン上位2大会分のみ 1 + 2 + 3 =世界ランキングポイント となります。 大きな大会で表彰台に乗ってもポイントが増えないケースがあるのは、こういう計算によるためです。 男子シングル 2020. 見たい方は開いてご覧ください。 見たい方は開いてご覧ください。 シーズンランキングは重要なランキングではありませんので、今後はリンクのみ貼っていきます。 男子シングル 2020. シーズンランキングは重要なランキングではありませんので、今後はリンクのみ貼っていきます。 男子シングル 2019. 男子シングル 2018. 全体では5位まで、日本選手は50位まで記載しています。 男子シングル 2017. 全体では10位まで、日本選手は50位まで記載しています。 男子シングル 2016. 女子シングル 2016. いかがでしたか? フィギュアスケートの世界ランキングを見ると、へー!結構意外ー!って思いますよね? ジュニア選手もランキングに入ってくるのを見ると、期待が膨らみますね。

次の