納豆屋 詐欺。 【令和納豆】無料パスポートを没収された人に1万円を返金「毎日足蹴良く通ってくださっている皆さまに本当に申し訳なく思います」 ★4 [1号★]│エンがちょブログ

令和納豆:没収相次ぐ?1万円の「納豆定食生涯無料パスポート」適正価格は何円? 無謀な利回り「見えている地雷」で避けるべき案件★8 [特選八丁味噌石狩鍋★]

納豆屋 詐欺

ちょうど1年前、茨城県の納豆ご飯専門店「令和納豆」がクラウドファンディングを通して1000万円以上の資金調達に成功した。 その立役者は、何といっても1万円以上の支援で配布された「納豆定食生涯無料パスポート」にあるだろう。 しかし先月から、「無料パスが没収された」という旨の苦情がSNS上で炎上し、店舗側がその対応に追われている状況だ。 確かに、クラウドファンディングに際して、令和納豆側は「無料パスで経営が傾くことはない」という趣旨の投稿をしていた事情もある。 しかし、コストとリターンのバランスを考えると、無料パスは「見えている地雷」であり、避けるべき案件であることが明白であった案件であると筆者は考える。 そこで、今回は無料パスにおけるコストとリターンの適性バランスを分析し、その適性価格はいくらだったのかを検討していきたい。 HYIPとは、「High Yield Investment Program」という詐欺のひとつだ。 無料パス取得に必要な支援額は1万円だ。 そして、この無料パスを使えば500円の納豆定食を1日1食、生涯無料で食べられる。 ただし、納豆定食は「複利」ではなく、同額のリターンを継続的に得られる「単利」となる。 これがお金の貸し借りの話であれば、そのような話に応じる者はいないだろう。 「1万円貸してくれたら来年から毎年20万円振り込む」という言葉を信じてお金をだまし取られた場合、大抵は「そんな言い分を信じる方が愚かだ」と言われるはずだ。 ただし、令和納豆が詐欺行為を働いたかといえば、それはまた別の話になる。 事業を開始してから冷静に再考した結果、 「1万円で1099人に納豆定食を生涯提供し続けることはそもそも難しい」と気づいたのかもしれない。 無料パスによる経営破綻を避けたいがために、一部の顧客から無料パスを没収したことが今回のトラブルにつながってしまった可能性がある。 それでは、リターンを継続的に得られる性質のクラウドファンディングにおいて、安全なリターンの目安はどのように見極めるべきだろうか。 次に、パス保有者が平均して何日に1回利用するかを想定すべきであった。 最後に、パス保有者の平均利用年数を想定すべきだ。 具体的な数値を仮定しつつ当てはめてみよう。 平均して、無料パスが「7日に1回」利用されると仮定すると、顧客が年間に享受する納豆定食の累計は2万6071円相当となる。 最後に平均利用年数を「30年」と仮定する。 その結果、「納豆定食生涯無料パスポート」の適正価格は48万6030円となる。 パラメーターとなる数字の置き方にもよるが、ある程度保守的に見積もっても無料パスは数十万円を下らないだろう。 そんなパスポートを1万円で提供している時点で、やはり「没収」抜きで持続可能な制度にすることは不可能だったといっても過言ではない。 納豆スタンド「令和納豆」の納豆ご飯セット 梅コース が一生涯無料で楽しめる永久会員パスポート。 クラウドファンディング限定の会員パスポートとなりますので、今だけのプレゼントです。 ・ご本人様のみ有効。 ・1日1回限り。 ・譲渡禁止。 私たちは、いつでも、みなさんのご来店をお待ちしています。 スタッフ一同、毎日、みなさんの素敵な笑顔に会えることを思い浮かべながら、お店でお料理の仕込みをします。 ご来店いただいた際は、元気な挨拶と、満面の笑顔でお迎えし、最高のおもてなしをお約束致します。 お一人でも、大切な人と一緒にでも、納豆ご飯を食べに来てください。 あったかいご飯、ほっかほかのお味噌汁、新鮮なトッピング、そして、食べ応えのあるおいしい納豆を、皆さんにご提供致します。 当店は納豆ご飯専門店ですが、いろんな人の想いや時代のカルチャーが交差する場所でもあります。 心がほころび、頬が微笑む、ひとときを、お過ごしいただけます。

次の

【2chまとめ】令和納豆が詐欺!?パスポートを店員に没収されたとの口コミも・・

納豆屋 詐欺

令和納豆「納豆ご飯一生涯無料パスポート」没収経緯 ・納豆ご飯専門店「令和納豆」は2019年4月~6月にクラウドファンディングサイト「FAAVO(ファーボ)」で支援を募り、目標300万円の4倍となる1200万円超が集まりました。 ・支援金の大半は、1万円支援すれば得られる、「納豆ご飯セット一生涯無料パスポート」。 ・順調そうに見えた「令和納豆」ですが、Googleに投稿されたある一件の口コミがきっかけで問題が明るみになります。 その内容とは、1万円を支援し、無料パスを受け取り利用していたのですが、15回利用したところで店員に無料パスを没収されてしまったということ。 ・没収された理由は、「毎回、無料の納豆定食しか頼んでいない」「メールでのアンケートの回答が不誠実」という2点から、「規約にある『当店と会員の信頼関係が損なわれたと認めた場合』に該当する」と判断されたとのこと。 ・パスポートを没収された方は店側の対応に対し憤りを感じているとのこと。 ・この投稿がきっかけで、他にも無料パスを取り上げられた人がいたことが発覚。 ネット上で大炎上となりました。 ・令和納豆は6月1日、納豆社の宮下裕任社長により、「当店で当時対応した従業員に事実確認を行いました」と発表し、無料パス剥奪の件を認めた。 しかし謝罪はなく、あくまで利用者側の規約違反があったことを主張。 令和納豆は現在閉店しているのか?実際行ってみた人の感想 5月に令和納豆の無料パスポートの剥奪事件が発覚以来、令和納豆はネット上で大炎上し、世の中の令和納豆に対する不信感が一気に高まりました。 このような状態でまだ営業しているのか気になりますよね? もしかして臨時休業という名の閉店でもしているのかと思えば、実際に行ったという人のTwitter投稿があり、営業はしているようです。 令和納豆に行ってきました(ニカッ) まずみんなが1番興味あるお話。 HYIPとは、「High Yield Investment Program」という詐欺のひとつで、詐欺の勧誘文句としてよく用いられる。 ・HYIPでは他の投資家から預かった資金を配当に充て、隙をみて夜逃げするのが常とう手段となっている。 仮に平均して、無料パスが「7日に1回」利用されるすると、年間の納豆定食の累計は2万6071円相当になります。 そして平均利用年数を「30年」と仮定したときに結果的に「納豆定食無料生涯パスポート」の適正価格は48万6030円となるという話。 むしろ没収ありきでないと成り立たなかったのでは? 令和納豆経営者宮下社長は謝罪なし 今回大炎上した「納豆定食生涯無料パスポート」剥奪に関して、経営者である宮下社長のコメントは、6月1日に「無料パスポートの権利失効に関する一部報道につきまして」と、6月6日に投稿されたJCASTニュースの中でコメントしています。 積み重ねです。 今回の支援を『無料で定食を食べられる権利』としか思っていないような方がいます。 無料対象の食事だけをして、スタッフが話しかけてもコミュニケーションを取っていただけない方がいます。 私たちを飲食店スタッフとしか見ていないのでしょうか。 ネットで『こんな不味い店に価値はない。 返金だ。 ダメなら裁判だ』と書いた方、『詐欺やってるんじゃない』とクレームした方もいました。 そのような方々には、CFの募集ページに書いた我々の思い、初回来店時に説明した『末長くお付き合いをしたい』という思いが伝わっておらず、『支援者』ではないだろうと思いました。 ただ、もちろんコミュニケーションを取りたくない方もいらっしゃいますので、別のやり方はあったかもしれません。 説明不足があれば申し訳ないと思っています」(宮下氏) 「そもそもこのCFは飲食店をオープンするためだけでなく、水戸に納豆ご飯専門店をつくって一緒に地方創生を目指すと募集ページに書きました。 CFは地方創生のプロジェクトに活用できるプラットフォームでもあります。 このように述べており、利用者に対して煽るようなコメントをしています。 SNSでは、令和納豆のTwitterは6月1日からの更新なく、納豆男子のFacebookも7月17日から更新なしの状態。 誰が見ても、無料パスによる経営破綻を避けたいがために、一部の顧客から無料パスを没収したようにしかみえないのですが、宮下社長はあくまで利用者の規約違反という主張で、経営側の失敗を認めてはいないのです。 飲食店を経営するAさんは、「経営の見通しの甘さがこのような結果を生んでるのに、認めてないし、謝ってないのが大炎上を招くことになった。 」 「もともとCFで応援してくれた人たちが出した1万円。 素直に謝ればここまで問題が大きくならなかった。 」と語ります。 「こんなことを言っていては、『お客さんの責任にする経営者』というイメージが今後ついてしまう。 」 お客さんがあっての商売。 「ごめんなさい」という言葉を聞ける日はくるのだろうか? 令和納豆に新たな展開!ついに経営者が謝罪へ 追記です。 令和納豆の無料パスについて、公式Twitterで新たな展開がみられました。 【無料パスポート権利を失効させていただいたお客様への今後の対応について】 — 令和納豆 reiwanatto 2020年6月21日 無料パスポート権利を失効させていただいたお客様への今後の対応について 令和納豆 いつも当店を応援し、ご利用くださりありがとうございます。 「無料パスポートの権利失効に関する一部報道」につきまして、ご迷惑とご心配をおかけしております。 無料パスポートの権利失効に関する当店の一連の対応を振り返り、お客様のご理解と納得を十分に得られないまま、一方的に権利を失効する対応をとってしまったことを深くお詫び申し上げます。 該当するお客様につきましては、ご支援いただいた金額10,000円を全額返金させていただきます。 昨年実施したクラウドファンディングは、水戸で納豆ごはん専門店を開店することが地方創生に繋がるのではないか、という挑戦をするために、日本では類を見ないビジネスモデルを多くの方と一緒に創り上げたいと思い、クラウドファンディングに取り組みました。 これまで、支援者の皆さま全員と真摯に向き合ってきたつもりでした。 しかし、今回の件でそれが出来ていないことがわかりました。 素直に力不足を認め、新たな姿勢で支援者の皆さまとのお付き合いと今後の店舗運営をしてまいりたいと思います。 毎日足繁く通ってくださっている皆さまにご心配とご迷惑をお掛けしたことは、本当に申し訳なく思います。 心からお詫び申し上げます。

次の

令和納豆は閉店してる?経営者は謝罪なし「無料パスは没収ありきで買う方がバカだった」

納豆屋 詐欺

27 ID:FVlk3GLz0 水戸市在住の宮下裕任(ひろただ)さんが1月から開始したサブスクリプション型のコーヒーサービス「PANGEA パンゲア 」を広めようと現在、クラウドファンディングを行っている。 「PANGEA パンゲア 」は、世界各国の人気ロースターで焙煎(ばいせん)された最高品質のコーヒー豆を毎月3種類ずつ配送する定期購入サービス。 宮下さんは「日本未進出で現地でしか飲めないこと」「現地メディアで評価が高く、人気店として現地を支えていること」「自分たちで焙煎していること」「味がおいしく独創的であること」を基準に、 アメリカ、オーストラリア、中国、香港、マカオ、台湾、フィリピン、日本の8カ国30都市程を周り10件と契約。 クレジットカードやビットコインで購入できる。 14 ID:FVlk3GLz0 同サービスを知ってもらい、世界と自宅をつなぐきっかけにしたいと今回のクラウドファンディングを企画。 30万円を目標に5月14日から行われている。 3,600円(2コース)・6,000円・1万円・4万3,200円・10万円の6コースを用意する。 「日本のコーヒービジネスは顧客の奪い合いのようになっているが、市場を奪い合うビジネスをする前に目の前の一杯のコーヒーが出来上がるまでに、 どれだけたくさんの人の愛情が注がれて私たちの元に届けられているのかということを少しでも伝えていくことができたら」と宮下さん。 「昨今は、経済とテクノロジーの発展により、ボーダーレスな世界をあらゆるところ体験することができる。 最先端のテクノロジーを駆使しながら、コーヒーを飲む消費者とコーヒー豆を育てる生産者をつなげたい」とも。 クラウドファンディングは6月29日まで。 71 ID:1xpp6oJS0 自家焙煎じゃないのかよ >焙煎は各ロースターが現地で行っています。 彼らが愛を込めて焙煎したコーヒー豆を、 >最高の状態でお届けするために、世界各国で焙煎された後すぐに輸入し、みなさんへお届け致します。

次の