トラネキサム 酸 喉 の 痛み。 インフルエンザで喉が痛い!喉の痛みの緩和に薬は効果的?

トラネキサム酸の効果は?喉の痛みに効く成分が肝斑にも??

トラネキサム 酸 喉 の 痛み

もくじ• トラネキサム酸だけじゃない!喉に良い成分とその効果 僕が行ったドラッグストアには、「ペラックT錠」の他にも、トローチや喉に直接スプレーするタイプの薬もあり、「この中で一番効果があるのがペラックなのか…?」という疑問が湧きました。 そこで「このペラックT錠が他の喉の薬と違う点はなんでしょうか?」ということをいきなり質問してしまったのですが、声をかけた店員さんがとても薬に詳しい上のとても快くお返事をいただきました。 ペラックTは喉の痛みを緩和させる「抗炎症」成分として「トラネキサム酸」が配合されていますが、他にも喉の炎症を抑える成分はあるそうで、その中で有名なのが「アズレンスルホン酸ナトリウム」という成分なんだそうです。 アズレンスルホン酸とトラネキサム酸の違いとは? この「アズレンスルホン酸ナトリウム」という成分と「トラネキサム酸」の違いも、ドラッグストアの店員さんはわかりやすく教えてくださいました。 端的に言うと、「トラネキサム酸は体の中から、アズレンスルホン酸は体の外から」効くようです。 ちょっと成分の名前が長いので、ここからは「トラネキサム酸」と「トラ酸(トラさん)」、「アズレンスルホン酸ナトリウム」を「アズ酸(アズさん)」と呼称していきます笑 上記リンクに「トラ酸」と「アズ酸」の違いがイラストで分かりやすく記載されていますが、「トラ酸」は異常を起こした部分に炎症を起こす成分を呼び寄せる「プラスミン」の働きを抑える役割で、「アズ酸」は炎症した部位の表面に覆いかぶさることで、炎症を抑える働きがありそうです。 「プラスミン」というのは、いわば「偵察」のような役割で、「プラスミン」が炎症前の損傷した部分を見つけ「ここが異常を起こしてるぞー!」と合図を送ると、炎症させるための「ヒスタミン」や「ブラジキニン」が血管から送られてきます。 「トラ酸」はこのプラスミンの働きを抑えるため、炎症を起こすための成分も少なくすることができるわけですね。 いわば「先に手を打つ」タイプの「トラ酸」とは逆に、「アズ酸」はすでに炎症した部分に覆いかぶさることで炎症を徐々に和らげていきます。 同じ炎症を抑える役割を持っていても作用の仕方が全く違うんですね! 「アズレンスルホン酸」を含む喉の薬 そのアズレンスルホン酸ナトリウムを含む喉の薬もご紹介いただきましたので、ご紹介します!.

次の

風邪で喉の痛みが!治し方を紹介!薬は何がおすすめ?

トラネキサム 酸 喉 の 痛み

ペラックT錠の紹介 ぺラックT錠が喉の痛みに効く理由 ペラックT錠がなぜ喉の痛みに効くのかと言いますと2つの成分が関係しています。 それは 「トラネキサム酸」「グリチルリチン酸」の2つです。 喉の痛みは炎症を起こしている状態であるため、痛みを鎮めるには炎症を抑える効果が必須になってきます。 ただの痛み止めでは根本的な解決にはならないんですね。 しかしペラックT錠にはトラネキサム酸とグリチルリチン酸の2つの炎症を抑える効果により、 しっかり喉の痛みを根本的な所から抑えてくれる働きがあるんです。 またビタミンB2、B6、Cを配合しているため、風邪などの症状の際に必要なビタミンも補給してくれます。 ぺラックT錠の価格や飲み方 【効能効果】 咽頭炎・扁桃炎 のどのはれ、のどの痛み 、口内炎 【用法用量】 成人 15才以上 は1回2錠、7才-15才未満は1回1錠、1日3回、朝昼晩に服用してください。 7才未満は服用しないで下さい。 【価格】 1200円(18錠) 2200円(36錠) ちなみに ペラックT錠と全く同じ成分の薬があります。 それは「ハレナース」「トラフル錠」になります。 ただしこれらの薬は15歳未満は使用できないため、15歳未満が使用する場合にはぺラックT錠を選ぶようにしましょう。 ではここから具体的な薬を紹介していきます。 ロキソニンは解熱鎮痛薬として炎症をしっかり抑える効果があり、普段ロキソニンを使用している人などにもおすすめです。 ただしトラネキサム酸の量がペラックT錠と比較すると少ないです。 また第1類医薬品に分類されていますので、 薬剤師がいるお店やネットでのみ購入可能です。 15歳以上からの使用となります。 イブプロフェンはロキソニンと同様に炎症を抑える効果があります。 しかも配合量は1回150mgで 普通の頭痛・生理痛で使用されている量と同じになります。 そして胃への副作用を軽減するために水酸化アルミゲルも配合しています。 こちらは第2類医薬品なので薬剤師不在でも購入可能です。 15歳以上からの使用となります。 ネットではさらに安いです。 ぺラック+イブかロキソニン ペラックT錠+イブ錠(ロキソニン錠) こちらは市販の喉の痛みに効く薬の中で最強の組み合わせになります。 「ぺラックとロキソニンやイブを一緒に飲んでも大丈夫なの?」 と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、問題ありません。 この組み合わせは ・トラネキサム酸(最高量の1回250mg) ・イブやロキソニン ・グリチルリチン酸 を実現できる唯一の方法になります。 これ以上の効果は市販の薬で望めませんので、もしこの組み合わせでも痛みが続く場合は早めに病院を受診しましょう。 喉の痛みに風邪症状もある場合 喉の痛み以外に発熱や頭痛、関節痛がある風邪の症状の場合はペラックT錠や上記で紹介した薬で問題ありませんが、もし 咳や鼻症状も併せてある場合におすすすめの薬を紹介します。 ・ルルアタックEX ・コルゲンコーワIB錠TX ・ストナアイビージェルS この3種類は イブプロフェンを150mg配合し、トラネキサム酸も250mg配合している、喉にバッチリ効果のある薬になっています。 またそれ以外にも風邪症状全般に効果があるため、喉が中心の風邪にかなりおすすめの薬となっています。 この3種類の比較はこちらを参考にしてみてください。 ぺラックT錠と飲み合わせが悪い薬 ぺラックT錠と飲み合わせが悪い薬はそこまで多くありません。 例えば上で紹介した通り、イブやロキソニンなどの痛み止めと一緒に飲むことも可能ですし、胃薬や鼻炎の薬と一緒に飲んでも問題ありません。 ではそんな中でぺラックT錠と併用が良くない薬を紹介していきます。 グリチルレチン酸を配合している薬 グリチルレチン酸はぺラックT錠にカンゾウという名前の成分で配合されているものになります。 このグリチルレチン酸は炎症を抑える成分になりますが、この成分が配合されている薬は一緒に服用できません。 具体的な薬を挙げるとハレナースやトラフル錠などが挙げられます。 また風邪に効く漢方で有名な葛根湯にもカンゾウが配合されていますので一緒に飲むのは避ける様にしましょう。 トラネキサム酸を配合している薬 トラネキサム酸は喉の痛みに効果的な成分になりますが、この成分を配合している風邪薬もありますので、飲み合わせに注意が必要です。 例えばルルアタックEXや新ルルAゴールドDXなどはトラネキサム酸を配合している風邪薬になるため、一緒に飲むのは避けるようにしましょう。 またトラネキサム酸は美容としてトランシーノなどにも配合されているため注意が必要です。 ぺラックコールドとぺラックTの違い ぺラックには今回紹介してきたぺラックT錠とは別に 「ぺラックコールドTD」「ぺラックコールド3」と言う薬も発売されています。 ぺラックTが喉の痛みにかなり効果的な薬なのでこれらの薬もさぞかし喉の痛みに効果的なのだろうと思う人も多いでしょうが、 正直ぺラックコールドTDとぺラックコールド3はおすすめしません。 と言うのもぺラックコールド3とぺラックコールドTDは特に特徴のない普通の風邪薬です。 確かにぺラックコールドTDは「トラネキサム酸」「エテンザミド」を配合しているため、他の風邪薬と比べると喉の痛みに対して効果が高いです。 しかしそれならばエテンザミドよりも効果の高いイブプロフェンを配合しているルルアタックEXの方がおすすめです。 そしてぺラックコールド3は特にのどに対して効果的な風邪薬ではありません。 ですからぺラックT錠は喉の痛みに効果的でおすすめできる薬になりますが、他のぺラックコールドTDやぺラックコールド3は喉のへの効果を期待して選ばないようにしましょう。

次の

トラネキサム酸の効果は?喉の痛みに効く成分が肝斑にも??

トラネキサム 酸 喉 の 痛み

ペラックT錠の大人の一日量は、750mg(6錠)。 医療用のトラネキサム酸を喉の痛みに使う場合は、750mg~2000mgの範囲になります。 一般的に、市販薬は、医療用よりも成分量が少ないことが多いです。 (副作用が出にくいように) ですが、 ペラックT錠は、医療用で使われる範囲をカバーできているので、優秀な市販薬だと思います! ペラックT錠は子どもでも飲める? 医療用のトラネキサム酸は子どもにもよく処方されます。 ペラックT錠は、7歳以上から飲むことが可能ということになっています。 【ペラックT錠の用法用量】 ・成人(15歳以上 :1回2錠(トラネキサム酸として250mg) ・7歳以上15歳未満:1回1錠(トラネキサム酸として125mg) 1日3回服用する。 こちらは、小林製薬のハレナース。 錠剤を飲みこみにくい場合は、ハレナースの方がよいですね! トラネキサム酸の市販薬、ペラックT錠は授乳中に服用可能? 授乳中は赤ちゃんへの影響が心配で、薬を飲みたくないというママさんも多いですよね。 でも、喉の痛みが続くとつらいもの。 ペラックT錠は、授乳中に飲んでも問題ありません。 メインの有効成分のトラネキサム酸は、長い間使われているいわゆる古い薬です。 これまでの使用経験も豊富なので、安全性が高い薬です。 安心して服用してくださいね。 さいごに ということで、 風邪や扁桃炎の喉の痛みによく使われるトラネキサム酸の市販薬、ペラックT錠、ハレナースについてお話してきました。 ペラックT錠は、授乳中に飲んでも問題ありません。 喉の痛みや腫れがひどくて悩んでいる授乳中のママさんにとって、安心して使うことができます。

次の