千と千尋の神隠し リン。 千と千尋の神隠しでリンが優しいのは秘密がある?モデルの正体や設定についても

千と千尋の神隠しのリンがやさしいし可愛いと話題!感想から考察! | マジマジ情報局

千と千尋の神隠し リン

タグ Chara Free! 『千と千尋の神隠し』のあまり知られてない秘密 まずは『千と千尋の神隠し』の謎に迫る前に知っておきたいトリビアをご紹介します。 「何度も鑑賞している」という人も情報を目にすると 新たな発見があるかもしれません! 『千と千尋の神隠し』の誕生秘話 宮崎駿監督は、普段の生活においても知人のお子さんたちを「小さな友人」と慕って交流を大切にしているそうです。 そんな背景から、本作品は主人公である千尋と同世代の「小さな友人」たちに贈るために制作されました。 作品には 「大丈夫、あなたはちゃんとやっていけるよ」という本気のメッセージが込められていると監督も説明しています。 他にも監督は厳しさの中にも美しさが広がる描写とともに 「この世界がどれほど豊かで、多くの可能性があるかを描きたかった」と作品誕生の背景を語っています。 「小さな友人」たちのための作品 宮崎駿監督は『千と千尋の神隠し』を「小さな友人」に喜んでもらえるように、主人公である千尋を彼らと同世代の どこにでもいるようなごく普通の女の子としてデザインしています。 そのため作品では、よりリアルな子どもの反応や思想が伝わり、臨場感あふれる描写で千尋をはじめとするキャラクターに親近感がわいてきます。 油屋のデザインモデル 千尋の冒険の舞台の1つとして日本文化を分かりやすく凝縮したようなデザインの湯屋である「油屋」が描かれています。 実はこの 「油屋」は、道後温泉本館、渋温泉金具屋、四万温泉積善館(群馬県)、旅館・鬼怒川「あさや」など日本に実在する温泉宿、日光東照宮など宮崎駿監督が訪れた建築物がモデルとされているのです。 そのため、作品中では 油屋は独創的かつ印象的なデザインに仕上げられ、 温泉や日本の建築物・美術の美しさだけでなく、おもてなしや食事までもリアルに描かれています。 湯屋は風俗店? 作品の中で千尋は「湯女」として「油屋」で働くことになります。 しかし、この「湯女」というのは実は遊女という意味があるのです。 「小さな友人」たちのための作品は、 風俗産業を舞台に描かれているという衝撃的な秘密が含まれています! しかし、宮崎駿監督が「小さな友人」たちのための作品にあえてこの舞台を選んだ理由を探ってみると 非常に難題な現実問題を訴えていることに気付きます。 悲しいことに世界中で学校に行けずに 就労している子どもたちもいれば、 貧困問題から逃れらずに生きる手段として誤った道へと進むしかない子どもたちもいます。 厳しくも美しく愛のあふれるかたちで千尋が成長していくストーリーの背景には、 大人たちが取り組まなければならない世界的な社会問題が訴えられているのです。 トンネルの正体は? 千尋たちは森の中にあるトンネルを抜けたことにより油屋の世界に辿り着きました。 トンネルというと子供の時には結構怖いイメージを持っていた方も多いのではないでしょうか? 現実世界と銭湯にゆっくりしている八百万の神々の世界をつなぐトンネルですが、千尋がくぐる時の 行きと帰りでトンネルの色が違っています。 冒頭で建築関係の仕事をしている千尋の父が、トンネルは「モルタル製」だと話すシーンがありましたが、帰りのトンネルを見ると石造りになっていることが分かります。 トンネルが変わってしまったのでしょうか。 このトンネルには行きは特別な魔法がかけられており、違う見え方をしていたのだと考えられます。 つまり帰りは元のトンネルに戻っており、戻ろうとしても戻れない状態にあったということです。 ハクが千尋に言ったようにトンネルを抜けるまでは振り向いてはいけないというのは、この魔法が関係しているわけではなく、純粋に千尋には自分を信じてこれからの人生を歩んでいってほしいというメッセージと解釈できます。 物語に潜む多数の謎 この物語は主人公は10歳のどこにでもいる「ごく普通の女の子」である「千尋」が引っ越しの途中で、不思議な世界に迷い込んでしまうことからはじまります。 『千と千尋の神隠し』のストーリーは神々を癒す湯屋が舞台で、さまざまな出来事や仲間との関わりを通して頼りなかった千尋が大きく成長していくストーリーです。 現代っ子の「千尋」をヒロインとして、ハク、釜爺、湯婆婆、リン、カオナシ、銭婆婆をはじめとする個性豊かなキャラクターが登場しています。 この映画を鑑賞すると「あれ(表現)はどういう意味?」「どうしてこのように描写されたの?」と疑問に感じる場面も多くあります。 こちらでは数ある「物語に潜む多数の謎」の中から、今回は 「ハク」と 「カオナシ」に焦点を絞って謎と込められたメッセージについて迫っていきましょう。 きっとこれを 理解できれば作品をより深く楽しめるに違いありません! 「ハク」 ハクは千尋が不思議な世界に迷い込んでしまう 作品の冒頭から、何も分からずに怯える千尋の力になる謎めいた少年です。 こちらでは、謎に包まれた少年「ハク」に込められたメッセージについての考察をご紹介しましょう! 「ハク」のキャラクター 魔法使いの見習いとして 湯婆婆の弟子という立場で湯屋の番頭として帳場を預かって油屋で働き、湯婆場にとっても重要な存在として描かれています。 対照的な顔をもつ ハクは 「千尋を助ける心優しい少年」と 「湯婆婆の手先として人を寄せつけない冷淡な番頭」として 対照的な顔をもつのが大きな特徴です。 そんなハクは作品の中盤からは 「白龍の姿」でも登場し、作品を通して 多くの謎を秘めながら重要な役割を担う存在として描かれています。 次章では、その謎に迫ってみましょう! 「ハク」も名前を取り上げられていた 白龍としての姿ももつ「ハク」も実は千尋と同様に湯婆婆との契約で名前を取り上げられ、自分の名前もすっかり忘れてしまったことが作品の中でも明らかになっています。 「ハク」の正体 千尋は小さな頃、川に落ちた時に助けられたという出来事を母から聞いたことを思い出します。

次の

千と千尋の神隠し

千と千尋の神隠し リン

千尋役の柊瑠美さんは、ニャンちゅうのお姉さん 千尋役の柊瑠美さんは、『千と千尋の神隠し』でヒロインを務めた頃は中学生の頃で、その後も『崖の上のポニョ』、『コクリコ坂から』でジブリ作品に参加しています。 柊さんは声優の他に、2009年~2013年(歴代最長) NHK『ニャンちゅうワールド放送局』で3代目おねえさんを務めていたんですよ。 2018年には、学生時代よりお付き合いしていた男性とご結婚され幸せな生活を送っているそうです。 そんな入野さんは『千と千尋の神隠し』オーディション当時は、13歳で変声期の真っただ中でした。 変声期特有の少年と大人の間の微妙な声が、ハクにピッタリということで、宮崎駿監督の目にとまり大抜擢されました。 それゆえに、大人になった入野さんは、ハクの声を出そうにも、現在は残念ながら再現できないようです(笑)。 しかし、青蛙の役は我修院達也さんとなっているので、違いますよね。 こんな噂が出たのも、 高橋さんがドラマで青蛙のような独特のトーンでセリフを言っているシーンがあり、それをみた視聴者が勘違いしてしまった経緯があります。 私もそのドラマを見ていましたが、確かに似ていると言われれば、青蛙に聞こえる声でしたね(笑)。 内藤剛志さんの娘はスタジオジブリ社員 千尋の父親役の声を担当した 内藤剛さんの娘さんは、『スタジオジブリ』に入社してアニメーターとして働いておられるそうです。 『千と千尋の神隠し』の頃は、娘さんは学生だったようですが、内藤さんが声優として参加したジブリ作品に影響されてアニメーターになったのなら素敵ですね。 ぜひ、今度は娘さんが手がけた作品で、内藤さんが声優を務めてもらいたいものです。 実は、 坊を担当した時は8歳でした。 赤ちゃん声を可愛く演じるだけでなく、泣き出すと手が付けられず、大人の弱みを握ったクセのある役を8歳で演じきったことは、見事という一言に尽きます。 本業でない人が声優を務めると批判されるものですが、神木さんに関しては、その後も 『ハウルの動く城』のマルクル役や『サマーウォーズ』の小磯健二役などメインキャラのオファーが後を絶たないほどの人気を誇っています。 「マーミー」、「ハァークゥー」と色々と違和感がありますが、注目すべきはタイトルが『spirited away』なんです。 英語版で見ると、これだけイメージが違うとは驚きでしたが、 ジブリの作品を海外で吹き替える時は、日本に負けず劣らず豪華俳優が担当しています。 ハリウッドで活躍している俳優・女優が勢ぞろいですね。 興味のある方は英語版でも、見直してみてくださいね。

次の

千と千尋の神隠し「リン」の正体は?

千と千尋の神隠し リン

湯婆婆はお湯屋の最上階に居るそうですが、お湯屋に初めて足を踏み入れた千尋はもちろん1人で行くことができません。 そこで、たまたま居合わせて千尋の正体が人間だと知ってしまった従業員のリンに案内してもらうことになりました。 「千と千尋の神隠し」の世界では 人間は異色の存在。 正体が人間だということはお湯屋の従業員たちになぜか匂いで気づかれてしまうため、その正体がバレないようにと早歩きでお湯屋の中を動いてエレベーターを目指します。 1機目のエレベーターを降りて次のエレベーターに乗り継ごうとドアが空いた瞬間、目の前に巨大な白い体のお客様が現れました。 これが「千と千尋の神隠し」の中で おしら様と出会う初めてのシーンでした。 リンは笑って誤魔化して次の エレベーターに千尋を連れて行きますが、おしら様はなぜか2人の後をついてきます。 千尋はなぜおしら様が後ろをついて来るのかわからず「 正体がバレてしまったのでは?」と不安そうな顔をしている一方、リンは気にせず進んでいきます。 何かに気がついた他の従業員がリンに声をかけました。 リンは返事をしながら千尋をエレベーターに押し込みます。 するとなぜかおしら様もエレベーターに乗り込みました。 しかし、おしら様の巨体に隠れたおかげで正体が人間だと気づかれることなく、無事にエレベーターで 目的地の最上階までたどり着くことができたのです。 最上階では千尋だけエレベーターを降りました。 そしてなぜかおしら様と互いにお辞儀をした後、おしら様はそのままエレベーターに残ったままドアが閉まっていました。 神様ですが、人間にお辞儀をしてくれるなんてなんだか親近感が湧きますね。 青森や岩手などの東北地方で特に伝承されていて、諸説あるようですが 農業の神様とのこと。 「千と千尋の神隠し」のおしら様を見てみると、なぜか朱色の杯のようなものを頭にかぶって全身は真っ白。 顔は頬あたりから大根のようなものが伸びており、その色や見た目から「 大根の神様」だと思っていた人もいるのではないでしょうか。 その正体は農業の神様とされている点から「千と千尋の神隠し」ではあえて大根のような姿にしたのかもしれませんね。 また、おしら様は 子ども好きの神様であるともいわれています。 そう考えると「千と千尋の神隠し」でなぜ千尋を助けたかの理由になりそうですね。 おしら様がエレベーターに乗ったのはただの偶然だった!? 「千と千尋の神隠し」のおしら様の正体、それは子どもが好きな神様ということがわかりました。 しかし、ここで気になる話が… それは、おしら様がエレベーターに乗ったのは「 ただの偶然だった」という説。 なぜこんな説が出てきたのでしょうか? 「千と千尋の神隠し」で最初におしら様と出会ったシーンをもう一度思い返してみると…おしら様はなぜか上に行きたいと言っていました。 リンから「 このエレベーターは上には行かない」と聞いたおしら様は2人が上へ行くエレベーターに案内してくれると思い込み、ついて行っただけなのではと推測されるのです。 湯婆婆の居る最上階へ着く直前、1つ下の階でエレベーターのドアが開いた時にもキョロキョロと辺りを見回していました。 実は単純に ただの好奇心として上の階を見てみたかった。 そんな考察もいささか不可能ではないですよね。 おしら様の好奇心だったという説もあるものの「千と千尋の神隠し」で千尋がオクサレ様という神様のお世話に大成功した瞬間、おしら様もあの大きな身体を揺らしながら喜んでくれていました。 彼が農業の神様で子ども好きだったという正体を知ると、 なぜ彼女を見守ってくれたのかもしっくり来ますね! ちなみに「千と千尋の神隠し」の作中でおしら様が「 2人出てくるシーン」が存在するという噂も。 なぜ2人なのかはわかりませんが、また新たなネタの予感が… これを機に作品を見返してみてはいかがでしょうか。

次の