マグネット ウォリアー デッキ。 遊戯王OCGカード考察:電磁石の戦士(エレクトロマグネット・ウォリアー)α、電磁石の戦士β、電磁石の戦士γ

【遊戯王 新規考察】 マグネット・フィールド! 磁石戦士の展開を強力サポート!

マグネット ウォリアー デッキ

「磁石の戦士(電磁石)」デッキとは 「磁石の戦士(電磁石の戦士)」デッキとは、ストラクチャーデッキ武藤遊戯編で強化された「電磁石の戦士(エレクトロマグネットウォリアー)」モンスターを使って構築する地属性・岩石族のテーマ。 新ルール環境でも、リンク召喚と相性が良く、シンクロ・エクシーズなどのエクストラデッキへの依存度もそこまで強いわけではないので、うまく立ち回ることができるデッキテーマであると言える。 「磁石の戦士」モンスターは岩石族というサポートに恵まれた種族でもあり、そしてリンク召喚と《ブロックドラゴン》からめることで一気に盤面展開を加速していくことができるテーマでもある。 「磁石の戦士(電磁石)」デッキ回し方 勝ち筋は一気に攻め込むワンキル型 電磁石デッキの勝ち筋は、 一気に攻め込むワンキル型の戦い方がメインになる。 切り札である《電磁石の戦士マグネットベルセリオン》は後続を呼べるので場持ちは良いが、相手ターンに相手への干渉する妨害要素がない。 そのため、盤面コントロールや、相手の妨害で翻弄していく戦い方がどうしてもできず、リンク召喚を絡めて高打点を作る勝ち筋が「電磁石(磁石の戦士)」デッキの基本的なデッキ構築・回し方になる。 ベルセリオンを目指す 「磁石の戦士(電磁石)」デッキの回し方は、切り札の《電磁石の戦士マグネットベルセリオン》を出すことを目的に回していきます。 具体的な方法としては、• 《怒気土器》からデッキリクルート• 《ブリリアントフュージョン》でデッキから墓地に• 《同胞の絆》でデッキからリクルート などがオーソドックスな展開ルートになる。 なので、フィールドに出ている電磁石モンスターはリンク召喚で素材となっても、墓地から除外することで《マグネットベルセリオン》につなげることができる。 《鎖邪龍スカルデット》《ヴァレルロードドラゴン》《デコードトーカー》あたりの打点が高いリンクモンスターを出していけば良い。 リンク3なら《デコードトーカー》リンク4までいけるなら《スカルデット》か《ヴァレルロードドラゴン》まで持っていけば良いだろう。 このカードはリンク召喚とかなり相性が良く、リンクモンスターと相性が良い「磁石の戦士(電磁石)」デッキとも相性が良い。 そのため上記で説明したような《鎖邪龍スカルデット》《ヴァレルロードドラゴン》《デコードトーカー》などの大型リンクモンスターを出す動きと、ベルセリオンを目指す動きの両方の動きが可能になるので、一気に盤面展開をしていくことができる。 又、ブリリアントフュージョンのために採用が必要になるレベル3岩石族地属性である《ジェムナイトオブシディア》は、素引きしてしまった場合でも《怒気土器》のコストから電磁石モンスターをデッキからリクルートできるのもおすすめ。 ブリリアントフュージョンからの動きは「電磁石(磁石の戦士)」デッキの回し方には必須と言っても良いので、ジェムナイトモンスターでレベル3地属性岩石族がいるのは素直に嬉しいところ。 「磁石の戦士(電磁石)」デッキ弱点・構築について 先にも述べたように、 「磁石の戦士(電磁石)」デッキの弱点は相手ターンの妨害要素が少ない。 そこで、その妨害要素という弱点を補うカードを採用したいところなのだが、「磁石の戦士(電磁石)」デッキは、肝心のコンボパーツにデッキの枠をなるべく使いたい。 「リンク召喚を使う」「手札のリソースを使う」という特徴から、目指すべき、大量展開を1ターンで成し遂げるにはどうしてもコンボパーツでデッキ構築を固めたいところ。 だが、そうなると手札誘発や罠カードなどを採用できなくなるという板挟みに合うのが磁石の戦士(電磁石)デッキの悩みどころ。 あくまで絶対的な正解はないので、ここのバランスをうまく取りながらデッキ構築していくのがデュエリストの見せ所と言えるであろう。

次の

遊戯王OCGカード考察:電磁石の戦士(エレクトロマグネット・ウォリアー)α、電磁石の戦士β、電磁石の戦士γ

マグネット ウォリアー デッキ

1 :このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。 デッキからレベル8の「磁石の戦士」モンスター1体を手札に加える。 2 :相手ターンにこのカードをリリースして発動できる。 デッキからレベル4の「マグネット・ウォリアー」モンスター1体を特殊召喚する。 で登場した・の。 場合にをできる、にをするを持つ。 の中ではと並んでが高いため、においてとして運用できる。 しかし一方で等でできない欠点も共通している。 1 のでできるのはとの2体となる。 前者は自身ものになりも容易なので優先的にしたい。 後者はある程度の前準備が必要になるので、 2 のも使ってを揃えてしたい。 片方とが既ににあるなら、もう片方をしてをすることもできる。 2 のは「エレクトロ」の共通。 に4のをできるが、はこの自身と大差ないのでにはなり難い。 でしてを抑えるか、にしてや4のに繋げる使い方が主になるだろう。 の場合、が可能な上に、をする条件も整えやすい。 で・と並べるのも有効で、それぞれの 2 のを使うことでの素材となる3種を揃えることができる。 の素材となる「」はいずれも3であるため、 2 のでできない。 こちらはのをサポートするためのとしてデザインされているのだろう。 の最高を持つを容易にできるので、では役立つ。 ただ、だけならにを入れておけば・でも可能である。 をに頼る場合はも対抗馬候補に挙がる。 このの場合は自身もなので、いざという時はにできる利点がある。

次の

【デュエルリンクス】磁石の戦士1キルデッキレシピ|強化蘇生3積みで超高速化| 野良決闘者ブログ

マグネット ウォリアー デッキ

1 :このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。 デッキからレベル8の「磁石の戦士」モンスター1体を手札に加える。 2 :相手ターンにこのカードをリリースして発動できる。 デッキからレベル4の「マグネット・ウォリアー」モンスター1体を特殊召喚する。 で登場した・の。 場合にをできる、にをするを持つ。 の中ではと並んでが高いため、においてとして運用できる。 しかし一方で等でできない欠点も共通している。 1 のでできるのはとの2体となる。 前者は自身ものになりも容易なので優先的にしたい。 後者はある程度の前準備が必要になるので、 2 のも使ってを揃えてしたい。 片方とが既ににあるなら、もう片方をしてをすることもできる。 2 のは「エレクトロ」の共通。 に4のをできるが、はこの自身と大差ないのでにはなり難い。 でしてを抑えるか、にしてや4のに繋げる使い方が主になるだろう。 の場合、が可能な上に、をする条件も整えやすい。 で・と並べるのも有効で、それぞれの 2 のを使うことでの素材となる3種を揃えることができる。 の素材となる「」はいずれも3であるため、 2 のでできない。 こちらはのをサポートするためのとしてデザインされているのだろう。 の最高を持つを容易にできるので、では役立つ。 ただ、だけならにを入れておけば・でも可能である。 をに頼る場合はも対抗馬候補に挙がる。 このの場合は自身もなので、いざという時はにできる利点がある。

次の