ウェブ カメラ スマホ。 PCのWEBカメラが入手困難なのでスマートフォンで代用するアプリを比較

webカメラが品薄、スマホのカメラをwebカメラにする

ウェブ カメラ スマホ

Playストアを開きます。 これを開いて、「はいはい」言って次の画面まで行ってください。 この画面が準備画面となります。 広告が邪魔な方は有料版を買えば良いみたいです。 写真の矢印の部分を押してください。 いつものダウンロードの感じになるので、ここでも、「はいはい」言ってインストールしてください。 スタートボタンを押すとこうなってると思います。 矢印を押すとこうなります。 これで準備ができました。 Wifi IPは、 と です。 すると、 見事に映りました。 1番初めの結論に貼ったGIFのような感じになりました。 Wifiよりも安定しました。 DroidCamはZOOMでも使えました。 ZOOMのカメラ設定が勝手にDroidCamになってました。 そのGIFを貼っておきます。 見づらいですが、左のウィンドウがDroidCam、右のウィンドウがZOOMです。 ここまで書きましたが、電話かかってきたらめんどくさそうなので、Webカメラが買える方はWebカメラが良いと思います。 ただ、一時しのぎにはぴったりだと思います。 詳しい方、教えてください。

次の

androidスマホをwebカメラにする

ウェブ カメラ スマホ

最近、家で仕事をするテレワークで会議する場合に、ほぼ必要になってくるのがWebカメラです。 しかし、最近テレワークをする人が急激に増えた事により、Webカメラがショップで売り切れや入荷待ちになっている事が多いです。 ノートパソコンの場合、Webカメラを内蔵している事が多いのでそこまで問題無い事も多いですが、「内蔵Webカメラが壊れた」「デスクトップPCなのでWebカメラを別途接続する必要がある」等の場合には、Webカメラどう用意するか考える必要が出てきます。 実は皆さんの身近に、 Webカメラの代用品になる物があります。 それは、iPhoneやアンドロイドスマホです。 iPhoneやアンドロイドスマホには、カメラ機能が備わっているので、アプリ(iVCam)を利用する事でWindowsパソコン上で、iPhoneやアンドロイドスマホがWebカメラとして機能させる事が出来るようになります。 そこで、iPhoneやアンドロイドスマホを使用して、Windows10パソコン上でWebカメラとして利用出来るアプリ(iVCam)の設定方法と、接続に失敗する時の解決方法を解説します。 使用するiPhoneやアンドロイドスマホとWindowsパソコンが、同一ネットワークに接続されている必要がある。 無料版で使用すると、カメラの映像上に透かし文字が入る。 無料版で使用すると、スマホ画面上に広告表示される。 iVCamアプリを使用している時は、別のアプリを使用出来ない。 何時間も使用する場合には、デメリットに挙げた部分が気になる方もいるかもしれませんが、アプリをインストールするだけでWebカメラ代わりになるのは非常に便利です。 Windows用のiVCamアプリを公式サイトからダウンロード まずは、iVCamのWindows用アプリを公式サイトよりダウンロードします。 公式サイト 「Download for Windows」のボタンをクリックすると、確認画面が表示されるので「ファイルを保存」をクリックして、ダウンロードフォルダに保存します。 iVCamアプリをWindowsにインストール 通常ならダウンロードフォルダにインストールファイルが保存されているはずなので、iVCamアプリのインストーラーをダブルクリックして、Windowsパソコンにインストールします。 iVCamアプリをインストールするさいに、利用する言語が選べるので「日本語」を選択しておけばいいです。 iVCamアプリをWindowsにインストールするさいには、特に問題になるような事はありません。 強いてあげれば、「デスクトップ上にアイコンを作成する」や「起動時に実行」にチェックを入れるかだけです。 Windows10が起動するたびにiVCamアプリが自動実行されるのも時間が勿体ないので、 敢えて「起動時に実行」のチェックは外しておいた方がいいかもしれません。 Windows10へiVCamアプリのインストールが完了したら、iVCamを起動させます。 たぶん、ここで一つ目の問題が起こる可能性が高いです。 多くの方がWindows10パソコンへ、セキュリティソフト(ウィルス対策ソフト等)をインストールしている状態だと思います。 そこで、 ファイヤーウォール機能でiVCamアプリ(ivcam. exe)の通信許可を設定しておく必要があります。 自分の場合、最初どうしても接続出来なかったのですが、一度、Wi-fi接続を切断してから再度接続し直したら簡単に接続出来ました。 また、カメラの画像はイン側とアウト側で切り替える事も出来ます。 無料版で使うさいには、画像のように左角に「iVCam」の透かしが表示されます。 そこまで、目に付く程では無いので、無料版でも全然問題ないです。 この場合、同一のネットワーク配下とは言えないので、上手くiVCamアプリでWebカメラ代わりに接続出来ない状態となります。 Windows10側のファイヤーウォールの設定を見直す 先程も述べましたが、多くの方がWindows10パソコンへ、セキュリティソフト(ウィルス対策ソフト等)をインストールしている状態だと思います。 そこで、 ファイヤーウォール機能でiVCamアプリ(ivcam. exe)の通信許可を設定しておく必要があります。 間違って、iVCamアプリ(ivcam. exe)の通信を、ファイヤーウォールで遮断する設定になっている方が多いです。 まとめ 今回、iPhoneやアンドロイドスマホを使用して、Windows10パソコン上でWebカメラとして利用出来るアプリ(iVCam)の設定方法と、接続に失敗する時の解決方法を解説しました。 最近テレワークをする人が急激に増えた事により、Webカメラがショップで売り切れや入荷待ちになっている事が多いです。 どうしてもWebカメラが必要という場合、無料で利用出来るので、無名メーカーのWebカメラを高額で購入するよりは、今回解説したWebカメラとして利用出来るアプリ(iVCam)を使用して急場を凌ぐ事も出来ます。 人気記事 人気記事.

次の

ウェブカメラをスマホで代用しよう!ZOOMでも使えるし!│パチンコが原因で債務整理をした男の心の新台入替ブログ

ウェブ カメラ スマホ

「iVCam」。 開発元はe2eSoft 新型コロナウイルスの影響でテレワークの機会が増大したことにより、量販店や通販サイトでWebカメラやマイクの品切れが相次いでいる。 これらの製品が入手困難になること自体、おそらく前代未聞だろう。 読者諸氏の中にも入手できずに困っている人もいるのではないだろうか。 こうした方にお勧めしたいのが、手持ちのスマートフォンを、Webカメラとして使えるアプリ「iVCam」だ。 これならば、わざわざWebカメラを購入しなくても、手持ちのスマートフォンでテレワークに適した環境を手軽に構築できる。 ざっと仕組みを紹介しておくと、まずWindows側にユーティリティを、次いでスマートフォンにアプリをインストール。 アプリを起動すると、スマートフォンアプリ側から同一ネットワーク上に存在しているユーティリティを探しに行き、見つかると自動的に表示される。 わずらわしい設定は一切不要だ。 無事に起動した。 ちなみにスマートフォン側にも同じ画面が表示される 使い勝手は一般的なWebカメラと変わらない。 サイズやフレームレートの選択はもちろん、画質も3段階から選べるほか、ホワイトバランス、鏡像、上下反転、鏡像などの調整にも対応する。 またマイク機能も備わっているので、Webカメラと同時にマイクも調達しなくていけない場合に、オールインワンで揃えられるのも利点だ。 スマートフォンの前面カメラと背面カメラ、どちらも選択できるので、前面カメラを使って自分の顔をスマートフォンの画面に表示しながら利用することもできるし、一般的なWebカメラに比べて解像度が高い背面カメラを使うこともできる。 あまり鮮明に撮られたくない場合に、わざと画素数が低い前面カメラを使うワザもありだろう。 PCからは通常のWebカメラとして認識されるため、さまざまなビデオチャットやテレビ会議ツールと組み合わせられるのはもちろん、「Snap Camera」と組み合わせて顔や背景を加工することもできる。 スナップショット機能や録画機能も搭載している。 また通常のWebカメラにない利点として、タッチスクリーンのスワイプで露出やISOを調整したり、ピンチイン・アウトでズームできることが挙げられる。 ちょっと画面が暗いと感じた時などに、わざわざ設定画面を開かなくとも、スマートフォンのタッチスクリーン上で調整できるのはありがたい。 スマートフォン側でもプレビュー表示が可能。 前面カメラと背面カメラはどちらでも利用できる。 厳密には、iOSのみマイクを選択できる機能があるようだが、違いがあってもその程度だ。 また試しに、数年間放置していた「iPhone 5s」を引っ張り出してアプリを入れてみたが、発熱量がやや大きいものの、問題なく動作した。 古いスマートフォンを有効利用する方法としても優秀だ。 またGoogle Play非対応デバイス向けに用意されているApkファイルを用いて、Amazonのタブレット「Fire 7」でも動作することを確認した。 本アプリを用いてスマートフォンをWebカメラの代替として使うにあたり、1つだけ課題があるとすれば、スマートフォンの固定方法だろう。 今回は手元にあった、スマートフォンを三脚に固定するためのスタンドを使用したが、上下左右にフレキシブルに可動するアームタイプの製品を組み合わせれば、角度を自由自在に調整でき、かつ任意の場所に固定できて便利だろう。 以上のように、テレワークにあたってWebカメラを調達できず困っている人、またテレワークの実施期間が限られていてわざわざWebカメラを買うのに抵抗がある人、ノートPC内蔵のカメラが壊れたり、画素数など性能面で満足できない人にぴったりだ。 本アプリの導入によってWebカメラ本体の予算が浮けば、スマートフォンを取り付けるスタンドやアームに回すことをおすすめしたい。

次の