久しぶり 英語 メール。 英語で「long time no see」は使わない!?ネイティブが使う「久しぶり」の英語表現23選

ビジネスで使える英語の「久しぶり!」の挨拶:ネイティブの例文23

久しぶり 英語 メール

このコンテンツは、 がネイティブの翻訳者と協力して、日常英会話で使う表現や勉強法を できるだけ分かりやすい言葉を使って説明するメディアです。 こんにちは! 英会話ハイウェイ運営者のアキラです。 「久しぶり」って英語ではどう言えばいいか分かりますか? もしかしたら、英会話の教材で 「Long time no see. 」というフレーズを見たことがあるかもしれませんね。 でも、この 「Long time no see. 」を実際に使っているネイティブは、意外と少なかったりします。 しかも、「Long time no see. 」は、久しぶりに誰かに 会ったときにしか使えません。 久しぶりに寿司を食べたからといって、 「Long time no sushi. 」(寿司を食べるのは久しぶりだ)のような言い方はできないんですね。 残念なことに 「久しぶり」にピッタリ対応する英語は存在しないので、何が「久しぶり」かによって表現を変える必要があるわけです。 この記事では、「挨拶で使う久しぶり」、「~するのは久しぶりだ」、「久しぶりに~する」の3つに分けて、「久しぶり」の使い方を説明します。 言い方を間違えると、誤解されたり会話が成り立たなかったりします。 この記事を読んで、「久しぶり」の英語をマスターしてください。 挨拶で使う久しぶり まずは、久しぶりに友達にバッタリ会ったときや、仕事で久しぶりに取引相手に会ったときなどに使う「久しぶり」の英語を紹介します。 When was the last time we met? 」は、日常的によく使われる表現です。 シンプルに「あれから長いこと経ちました」と言っているだけですが、これで「久しぶりだねえ」という意味を表すことができます。 また、「前に会ったのはいつだっけ?」と質問することで、「会っていない間に何をしていたか」など会話を自然に発展させることができます。 Hello. How have you been? こんにちは。 お久しぶりです。 」もよく使われる表現で、「しばらくぶりですね」という意味があります。 なお、あいさつの定番といえば「How are you? 」(お元気ですか?)ですよね。 これを現在完了形の「How have you been? 」に変えるだけで、「前に会ってから今までどうしていましたか?」という意味になります。 よく会う人に言うとき:How are you? 久しぶりに会う人に言うとき:How have you been? 現在完了形については、『』を読んでください。 久しぶりにお会いできてうれしいです。 (長い期間の後にお会いできてうれしいです) これは、あいさつの定番「Nice to see you. 」に「久しぶり」を加えたバージョンです。 「Nice to see you. 」(お会いできてうれしいです)の後に「after so long」(長い期間の後に)を付けるだけで、前に会ってから長い時間が過ぎたことを表現できるので、「久しぶり」というニュアンスが伝わります。 Wow! It really has been quite a while. わー!本当にすごく久しぶり。 最後に会ったときのこと憶えていないわ。 この英文も現在完了形を使うことで、前回会ってから今までに時間が過ぎたことを表現しています。 「『久しぶり』って英語でどういうのかな?」と考えると、どうしても 「何か決まり文句を言わなきゃ」と考えてしまいがちです。 でも、 日本語の「久しぶり」にピッタリ当てはまる英語はありません。 ムリヤリ「久しぶり」に対応する英語を探さなくても、「前に会ってからの時間の流れ」が感じられる言葉を加えるだけで「久しぶり」という意味が伝わります。 オシャレすぎるから、仕事で久しぶりに会った人なんかに使ったらあかんで! フォーマルなあいさつでこんな台詞を言うたら、「何をそんなに感傷的になっているの?」とビックリされるからな。 ~するのは久しぶりだ ここでは「~するのは久しぶりだ」は英語でどう言えばいいかを紹介します。 たとえば、「運転するのは久しぶりだなあ」というような表現です。 I just booked a flight to Hawaii. ハワイ行きの航空券をさっき買ったの。 海外旅行は久しぶりだわ。 でも、「ハワイに行くことにした」「長いこと海外旅行に行っていない」という文脈から、「久しぶり」という意味が伝わります。 The last time I traveled abroad was 5 years ago. 前に海外旅行に行ったのは5年前だよ。 そろそろ旅行でもするかな。 」は、直訳すると「そろそろ旅行してもいい頃だ」です。 「久しぶり」という言葉はありません。 」が過去形なのは、仮定法過去っていう用法が使われているからや。 仮定法過去については、『』を読んでな。 車の運転をするのは久しぶりです。 (私は、しばらくの間、車を運転していません) この英文も「久しぶり」という言葉はありませんが、「しばらく運転していない」という言葉から、「久しぶりに運転する」というニュアンスを出すことができます。 車の運転をするのは久しぶりです。 (最後に車を運転してから少し時間が経ちました) この英文も「久しぶり」という直接的な言葉は使っていないけれど、「久しぶり」というニュアンスを出しています。 そうやな。 現在完了形は、過去から現在までの時間の流れを表現できるから、「久しぶり」という感覚を表現するのにピッタリやな。 久しぶりに~ 次は「久しぶりに~する」というときの英語表現を説明します。 When I met my niece after a long absence, she seemed quite grown up. 久しぶりに姪に会ったら、彼女はすっかり大人になっていました。 「absence」は、「ずっと会っていなかった」という事実を表すときに便利な単語です。 もう1つ「absence」を使った「久しぶりに」の例文を紹介します。 Last week, our president showed up at the meeting after months of absence. 先週、数か月ぶりに社長が会議に出席しました。 数日ぶり:after days of absence 数か月ぶり:after months of absence 数年ぶり:after years of absence 「absence」以外に、「first」を使うことで「久しぶり」な感覚を表現することもできます。 I visited my parents for New Year for the first time in a long time. お正月に、久しぶりに実家に帰りました。 「first time in a long time」は直訳すると「長い時間が過ぎて初めて」です。 つまり、言い換えると「久しぶりに」という意味です。 I had my first beer after days without it. 久しぶりにビールを飲みましたよ。 (私は、ビールなしの数日後に、最初のビールを飲みました) 数日間ビールを飲まずにいて、今ビールを飲んだということなので、「久しぶりにビールを飲んだ」という意味になります。 久しぶりに飲んでとてもおいしかったことが、伝わる表現だと思いませんか? 学んだフレーズを英会話で使いこなすには? この記事では、「久しぶり」を英語でどう表現すればいいかを説明しました。 「久しぶり」という言葉には、同じ意味の英語が存在しません。 だから、「久しぶり」という意味を伝えるには、いろいろな表現を使う必要があるわけですね。 でも、そのおかげで「どれだけ久しぶりなのか」、「どんな気持ちか」など、表現力豊かに伝えられる自由度があります。 ここで紹介した言い回しを覚えて、友達との会話を楽しんでください。 学んだフレーズを英会話で使いこなすには この記事では、日常会話で役に立つ「久しぶり」の英語フレーズを紹介しました。 でも、よく使うフレーズを覚えただけでは、英語を話せるようにはなりません。 英語を話せるようになるには、そのための勉強をする必要があります。 詳しい勉強法については、メール講座で説明しています。 以下のページから無料で参加して、不要になればいつでも解除できます。 気軽に参加してください。

次の

ビジネスで使える英語の「久しぶり!」の挨拶:ネイティブの例文23

久しぶり 英語 メール

「久しぶりに... する」の英語表現 「久しぶりに... する」の英訳が日本人にとって少し難しく感じる理由は 「久しぶりに」という副詞の英単語が存在しないからです。 そのために、下記の4つのパターンで表現します。 「しばらく... していない」 2. 「最後に... したのはあの頃だった」 3. 「特定の期間中でははじめて... する」 4. 「しばらくぶりに... した」 1つずつ説明していきます。 現在完了の「have」を使う表現 現在完了の「have」を否定文で使うことで、「しばらくの間... してなかった」「かなり前から... していない」というフレーズを作ることで、「久しぶり」というニュアンスを表現します。 「しばらく... してなかった」は必ずしも「久しぶりに... する」という意味にはなりませんが、前後の文脈やシチュエーションによって「久しぶりに... する」と意味を持ちます。 例えば、久しぶりに家族旅行で沖縄に行くのが決定した段階で、 I haven't been to Okinawa for a long time. と言えば、直訳は「長い間沖縄に私は行っていない」となりますが、 シチュエーション的には「沖縄行くの久しぶりだなー」というニュアンスになるわけです。 「久しぶりだなー」というニュアンスを持つフレーズで一番ネイティブが使うのは現在完了の「have」を使用する表現です。

次の

ビジネスで使える英語の「久しぶり!」の挨拶:ネイティブの例文23

久しぶり 英語 メール

使えるフレーズ• Where have you been all this time? どの表現も友達や家族、会社の仲間などに対して気軽に使うことができるフランクな表現になります。 「久しぶり(Long time no see)」に言葉を足して会話につなげよう! 「Long time no see」は現在の英語環境でも使われる言葉です。 しかし、相手との距離をグンと縮めるためには、その後に相手を気遣う言葉や懐かしい気持ち、また現在の状況などを確認する言葉を足してあげることが大切です。 Long time no seeの使い方• Long time no see. How have you been? 久しぶり!元気だった?• Long time no see. How many years has it been or passed? 久しぶり!いったい何年ぶり?• Long time no see. I missed you so much. 久しぶり!会いたかったよ。 色々な「久しぶり」で使える英語のフレーズパターン 「久しぶり」には、人と会うだけでなく「久々に食べた」「久々に~した」など、様々なシーンで使われる言葉です。 ここでは、久しぶりに「会った」「食べた」「~した」の英語表現について、例文を紹介します。 久しぶりに「会う」場合の「久しぶりに」の英語表現 「~に久しぶりに会う」未来を表現する場合• Great to have you back.. 再び一緒に仕事ができることを嬉しく思います。 最後にお会いしてから随分時間が経ちますね。 How has everyone been? 最後に仕事をご一緒させていただいてから、大変ご無沙汰しております。 I really missed you」と「長い間会っていないから、本当に寂しかったです」と「会いたい」という気持ちを伝えてみましょう。 相手も「Yes, it has been long time. I missed you,too」と返事をしてくれることでしょう。 ちなみに「久しぶり」とはあくまで「期間的」な部分に焦点を当てた表現で、大切なのはその後の相手との会話の部分です。 楽しい会話で空白を埋めていきましょう。 SNSでは「久しぶり」の英語表現は「LTNS」 現代ではSNSを利用してコメントしたり、会話を楽しんだりすることができます。 SNSで「久しぶり!」と英語でメッセージを送るなら、おすすめの表現のポイントは「できるだけ短く」です。 SNSでは「Long time no see」の省略形で頭文字をとった「LTNS」を使いましょう。 英語圏では「BRB=Be right back」「NR=No return」などのように文章を省略して使うことが多いです。 「LTNS」も例外ではなく、「久しぶり」の意味を持つ現代の省略言葉の一つとして存在しています。 SNSのメッセージで「LTNS! 」と送られてきたら「Oh yes, how have you been?」と会話をスタートさせましょう。 【豆知識】Long time no see(久ぶりの再会)を使う時の注意点 英語で「久しぶり」と表現するときに、最初に思い浮かぶのは「Long time no see」ではないでしょうか?定型熟語として覚えた人も多いと思いますが、このフレーズはあまり実用的ではないという意見があります。 「Long time no see」は言葉が説明するように「長い間見ていない」つまり「長い間会っていない」という意味になりますが、この表現は会っていないという期間的な長さについて述べているだけで、やや中途半端な表現のように見えます。 「Long time no see」はアメリカやイギリスなど英語圏で、形式ばった状況で会話の切り口として使われますが、その先の「だから、どうした」の部分が欠けているのです。 そのため、最初にご紹介したように「Long time no see」の後に一言付け加えて使うようにしましょう。 まとめ 「久しぶり」は「Long time no see」を使うことができますが、その後に「How have you been? 」「I missed you so much」などの相手への「気遣い」や「感情」を表す言葉を続けるようにしましょう。 また、SNSなどをはじめとするインターネット上のコミュニケーションツールでは、「久しぶり」を「LTNS(Long time no see)」と略して表現することができます。 ぜひ、覚えておきましょう。

次の