助力いただく。 「ご尽力」と「お力添え」の【意味・使い方・例文・類語】目上の人に使う時は?|語彙力.com

「お力添え」の意味や使い方!「お力添えをいただく」は正しい敬語?

助力いただく

「お力添え」と「ご尽力」はどちらも「助ける」という意味です。 ただ、ニュアンスが異なるため、まずはそれぞれの正しい意味をご紹介します。 力を貸すこと。 援助」という意味の言葉です。 「お力添え」は何かを成し遂げるため奮闘しているときに、力を貸してくれるようお願いする言葉です。 「ご尽力」は何かを成し遂げるため奮闘しているときに、かなりの労力をかけて助けてくれること指す言葉です。 「お力添え」……軽め。 手を貸してもらう・助言してもらうという程度 「ご尽力」……重め。 助けてもらう・実現のために走り回ってもらうという程度 相手からの手助けに対してどちらを使うかは、助けてもらった人の主観で判断します。 客観的に、このくらい手伝ったから「お力添え」を使う、などという基準があるわけではありません。 「ご尽力」と言えるほど助けてもらったのか、「お力添え」が適切な程度に助けてもらったのかを、助けてもらった人が判断します。 「お力添え」が適切な場合 ・プロジェクトメンバーではないが、軽く仕事のアドバイスをもらった ・商品宣伝のために、自主的にSNSで発信してくれた ・イベント主催者ではないが、参加して集客に貢献してくれた 成功のために手は貸してくれたが、外部からの軽い協力程度であれば、気にせず「お力添え」を使いましょう。 ここで「ご尽力」を使うと「もっと手伝ってくれればよかったのに」という嫌味と受け取られるリスクがあります。 「ご尽力」が適切な場合 ・上司がプロジェクト成功のために全面的に協力してくれた ・イベントのために出資してくれた ・寝る間も惜しんで一緒に仕事をしてくれた 成功のために、できる限りの力を貸してくれたなら、「ご尽力」が適切です。 一生懸命協力してくれた相手に「お力添え」を使うと、相手は軽視されたように感じて不快になってしまうかもしれません。 意味は同じでも、失礼な印象を持たれる危険があると意識するだけで、正しい選択ができる言葉です。 お礼編 ・日頃からお力添えを賜り、心より感謝しております。 ・この度はSNS拡散施策にお力添えを賜り、誠にありがとうございました。 ・今後とも、より一層のお力添えをいただけますと幸いに存じます。 お礼編 ・ この度のプロジェクト完遂にあたり、関係各位の皆様のご尽力には心から感謝申し上げます。 ・ 平素よりご尽力を賜り、厚く御礼申し上げます。 ・ このプロジェクトが無事終わりを迎えられたのも、皆様のご尽力あってこそでした。 本当にありがとうございます。 ・プロジェクト完遂に向けて、尽力して参ります。 ・精一杯尽力させていただきますので、どうぞ宜しくお願いいたします。 自分に対して使う「尽力」は、 「力を尽くします」「がんばります」というニュアンスをスマートに伝える言い回しとして、とても便利な言葉です。

次の

「お力添え」の意味や使い方!「お力添えをいただく」は正しい敬語?

助力いただく

2.「お力添え」の使い方 「お力添え」は主に、 相手の行いに対して感謝の気持ちを表す時によく使われます。 自分が行ったことに対して、「お力添え」というような使い方はできませんので、注意しください。 それでは、実際に「お力添え」はどのように使えばいいのか、具体的な例文を見てみましょう。 使い方1: 「お力添えをいただき、ありがとうございます。 」 「お力添えをいただき」に感謝の気持ちをつけることで、「力を貸してくれてありがとう」を丁寧な言い回しとして使うことができます。 使用例としては、相手の会社が協力を決断してくれた場合に使用する感じでしょうか。 してくれた場合のお礼の言葉として使用してみてください。 「お力になれず、申し訳ございません。 」 「お手伝いさせていただきます。 」 4. 「お力添え」と「ご尽力」は違う? 「お力添え」の同義語に 「」 と言う言葉があります。 同じ意味で使っている人も多いですが、少しが異なるので、使い分けの方法を確認しておきましょう。 4-1. 「ご尽力」は「力を尽くす・努力をする」の丁寧に言う言葉 「ご尽力」とは、 目的を達成するために、力を尽くす・努力をするといった意味をもつ 「尽力」に 「ご」をつけることで丁寧な言い回しにした単語です。 「お力添え」との最大の違いは、 努力と言う意味が含まれていることです。 「ご尽力」はどちらかと言えば 努力や苦労をねぎらうような意味で使用されます。 対して、「お力添え」には努力の意味は含まれておらず、相手に協力を求めたり、手助けをしてもらった時に使うようにしましょう。 実際に使う時が来た際に、スムーズに使えるようにしておいた方がいいですよね。 そこで、ここでは「お力添え」を使うことが予想されるシーンと、便利なフレーズを紹介して行きます。 お力添えを使用することで、より丁寧な表現の文章の手紙をすることが可能です。 「貴社のお力添えに、深く」といった使い方をするといいでしょう。 手紙を送る相手によってお力添えを使わずに、「心から感謝申し上げます」や「感謝の意を表します」などを使用するのも良いですね。 5-2.お礼や挨拶を言いに行く場合に使う 実際にお礼を言う場合にも「お力添え」を使用することができます。 ここで注意したいことは、 相手に聞き取りやすい内容でお礼を言うことです。 例えば、丁寧な言い方をすると 「貴社のお力添えに、深く感謝を申し上げます。 」と表記することができますが、これをそのまま口にするのは少々堅苦しい感じがするので 「この度はお力添えを頂き、誠にありがとうございます。 」 と言い換えて見るといいでしょう。 5-3.プレゼンテーションで使う プレゼンテーションで使うことはあまり無いかもしれませんが、使うことは可能です。 プレゼンを始める前の挨拶で、協力してくれた相手に対して使用すると良いでしょう。 お礼を言う場合やプレゼンの場合でも、 話し言葉はテンポが大切になります。 難しい表現を使用するよりも、 「お力添えありがとうございます。 」 くらいの簡素さの方がテンポのある会話やプレゼンが行えるでしょう。 まとめ 「お力添え」は、手助けを行う際に使われる言葉です。 普段何気なく使う言葉ですが、上司や顧客など、目上の人の手助けに対してしか使わないので、気をつけておきましょう。 お力添えという言葉をスムーズに使えると、「デキるビジネスマン」の印象を与えることができるので、うまく活用してみてくださいね。

次の

「お力添え」の意味と使い方は?上司や先生に使う場合の例文を教えて?

助力いただく

「尽力」の意味は何か? 尽力の意味は、字のとおり「力を尽くすこと」です。 「努力」と似ていますが、少しニュアンスが違います。 大きな違いは、 努力は自分のためにするもので、 尽力は他の人のためにするものです。 「私は英語が上達するために努力した」とはいいますが、「私は英語が上達するために尽力した」とはいいません。 以下の記事では「努力」や「精進」などの頑張りを表わす言葉の正しい使い方との解説と、実際に努力をする為に役立つ仕事のコツについて解説しています。 「努力」に関する言葉を使いこなし、なおかつ自身も気持ちよく努力を続けられるビジネスパーソンを目指しましょう。 「お力添え」「ご尽力」ビジネスで助ける意味を持つ敬語の例文15選 「尽力」はへりくだった意味で使う これから尽力する場合、 例えば「これから彼の会社の再建のために尽力する」という表現は問題ありません。 ただ、 自分の行為「彼の会社の再建のために尽力した」と行ったことに対してはいいません。 このような場合は、 例えば「彼の会社の再建のために、微力ながらもお手伝いさせていただいた」と、へりくだった表現がビジネスシーンではふさわしいでしょう。 尽力を客観的な記述に使う場合 第三者の行為について努力を記述する場合、 「彼はその会社の再建のために尽力した」となります。 記述者がその尽力を受けるなどして、相手の行為を立てたい場合は、 「彼には我が社の再建のためにご尽力いただいた」のように、「尊敬」の「ご」をつけます。 尽力は他人に力を求める場合に使っていいか? 他人に対して「自分のために力を発揮してもらうことを求める」というのは、少々厚かましいことだといえそうです。 そのため、この尽力を使って他人に頼みごとをする場合というのは、よほどの場合です。 尽力の類語 尽力の核となる意味から類語を考えると、以下のような表現に言い換えることができます。 身体的、精神的なエネルギーの使用 苦労、労力、骨折り、努力 「協力、助力、支援」には「ご」を、「手伝い」には「お」を接頭語としてつけると、丁寧な意味になり、目上の方へのお礼にも使うことができます。 「尽力」という言葉は少し堅苦しく聞こえるため、相手によっては丁寧すぎて嫌味にとられてしまうこともあります。 立場や相手をみて、使い分けをしましょう。 お願いする際は尽力ではなく「ご助力」「お力添え」を使う 人にお願いする場合、 「尽力」ではなくお力添え、ご助力という言葉を用いるのがよいでしょう。 お力添えは、援助・協力・手助けという意味の謙譲語です。 これらは、「どうかお力添えをお願いいたします」「どうかご助力をお願いできませんでしょうか?」のように用います。 「尽力」と違う点は、 相手が自分のために使う(であろう)「力」の度合いです。 相手が自分に差し出す力の度合いによって「お力添え」と「ご尽力」を使い分けます、例文は以下の通りです。

次の