勝間 和 代 twitter。 勝間和代さん 女性パートナーと破局「涙が止まらない」 「次の恋愛も…」前向き心境も― スポニチ Sponichi Annex 芸能

同性を愛するということ 勝間和代のカミングアウト

勝間 和 代 twitter

提供 悲痛の破局を告白をした勝間さん 《本当に悲しいです。 まだ、ひろこさんが家を出て数日ですが、別れを思うと、いつでも涙が出てきて止まりません》 11月11日、経済評論家の勝間和代さん(50才)が自身のブログでパートナーとの破局を明かした。 突然の告白に世間は驚いた。 本誌・女性セブンは勝間さんに取材を打診したが、あまりにショックが大きく、話せる状態ではないという。 そこで本人に代わって勝間さんの事務所代表で経済評論家の上念司さんが、破局の真相について語った。 「勝間は、浮気され、二股をかけられていたのかもしれません。 勝間さんのパートナーとは、2018年5月に交際を公表したLGBT活動家で会社経営者の女性、増原裕子さん(ますはらひろこ・41才)だ。 増原さんはレズビアンであることを告白し、2013年3月には元タカラジェンヌの東小雪さん(ひがしこゆき・34才)と、東京ディズニーシーで同性結婚式を挙げたことでも世間の注目を浴びていた。 勝間さんと増原さんは慶應義塾女子高校の先輩・後輩で、2016年初旬に共通の友人の紹介で出会った。 勝間さんには2度、男性との結婚・離婚歴がある。 慶應義塾大学在学時に21才で長女を産み、その後、25才で次女、30才で三女を出産。 2018年6月、増原さんとともに本誌の取材に応じた時には、高校生の時に同性に恋愛感情を持っていたものの、その思いにフタをして50才まで過ごしたと言い、自分では「パンセクシュアル(全性愛)」というカテゴリーが近いのではないかとも語っていた。 2017年12月に増原さんが東さんとのパートナーシップを解消したのを受け、2018年1月に勝間さんの方から告白。 勝間さんの自宅で同棲生活をスタートさせたという。 その年の5月、勝間さんは自身がLGBTであることを公表し、増原さんとの交際を報告。 以降、SNSを通じて順調な交際ぶりを報告してきた。 誕生日に増原さんから大きな熊のぬいぐるみをプレゼントされて喜ぶ姿や、増原さんのためにヘルシーな料理を作る様子を掲載。 夜にはふたりで卓球をしながら、その日にあった出来事を報告し合っていたという。 「彼女は選挙運動のために京都にいましたが、そこで浮気相手と出会ったのでしょう。 増原さんがその女性のことをSNSによく上げるので、勝間も気になっていたようです。 今思えば、増原さんは二股をかけていたのだと思います」(上念さん・以下同) 勝間さんは、当時のことをブログにこう書いている。 《一生を共にすると約束した相手なので、できる限りのサポートをしたいと考え、京都へ滞在や選挙活動の支援などを行ってきました》 当時、具体的にどんなサポートをしていたのか。 上念さんはこう聞いているという。 「勝間は増原さんに選挙資金として200万円近くを貸し、それを京都で活動するための生活費にしたり、必要な家電製品を買っていたようです。 選挙が始まると勝間は交通費も滞在費も自腹で何度も京都に行き、食事を作るなどのサポートをしていました。 他人行儀な機嫌を取るような態度に、自分から心が離れていっていると感じたようで、かなりショックだったようです」 選挙後もふたりの同棲生活は続いたが、勝間さんは、 《東京に戻ってからも、私とすれ違った気持ちは戻ることはありませんでした》 とブログで明かしている。 「この頃、勝間は増原さんの浮気疑惑がさらに深まる出来事があった、と信頼する知人に話していました。 増原さんが普段着用しているカジュアルな下着とは違う、勝間が見たことのない下着が干してあったというのです。 勝間は、ピンときた。 かなり悩んだようですが、もう修復するのは不可能だろうと思い、申し出を承諾した。 もちろん言いたいことはいろいろあったのでしょうが、勝間が伝えたいことはブログに全て書いています。 そう周囲に漏らしています」 増原さんも11月11日、自身のフェイスブックで、 《夏の選挙が終わってからしばらくして、私が別の人と生きていきたいと思うようになってしまい、先週勝間さんに別れを切り出しました》 と、報告した。 だが、上念さんによれば、そのことで勝間さんはさらにショックを受けているという。 「報告の9割が勝間への感謝の言葉で、謝罪の言葉が2行しかない。 あれだけ勝間を傷つけたのに、美談にしようとしている。 それは私も納得がいきません」 もちろん恋愛には当事者のみが知ること感じることがあり、他者にはうかがい知れないこともある。 増原さんにも言い分があるはず。 本誌・女性セブンは増原さんに何度か電話をかけたが、彼女が応答することはなかった。 知的なカップルの最後は悲しいものだった。

次の

とうとう、paypay のために Yahoo カードを作りました 勝間和代オフィシャルサイト

勝間 和 代 twitter

総務省が、2012年から継続して実施しており、全国の13歳から69歳までの男女1,500人(実勢比例)を対象として、2017年11月に行われた調査結果です。 利用率で見ると、• この調査では、各SNSについて 「見る」か、 「書き込む・投稿する」を回答する形式になっており、 いずれか1つ以上行っている人を、利用者として、 利用率が出されています。 一方、 「書き込む・投稿する」と回答した人だけの(アクティブな人の)利用率を見ると、 このように、分かりやすくYouTubeが圧倒的に下がります。 確かに感覚的にも分かりますよね。 調査対象としては、mixiや、ニコニコ動画なども含まれておりましたが、それらに比べても Instagramの数字は高い結果となっています。 2,800万人(2017年9月時点) 2,800万人は、2017年9月に行われたFacebookのイベント内で発表された数字です。 ( ) 今後の利用者数の見込みについては、アメリカの統計調査会社から、下記のようなデータも出ています。 実数は非公開ということですが、30代、40代以上が占める割合が半分以上?というようにも見えます。 引用元: そこで先ほどの総務省「情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査」の調査結果報告書の数字を見てみましょう。 20代、30代の箱の大きさが、先ほどの図と若干異なりますが、 10代が少なく、30代、40代以上が半分以上という点は同じ結果になりました。 ただし、Facebookの場合は、最後に記載しますが、 前年度から10代、20代の利用率が低下し、今年度の調査では30代の利用率も低下するという結果となっています。 国内の利用者数はやや低下しているかもしれません。 3億人(2018年7月時点)• ちなみに、世界全体で見ても、Facebookが圧倒的で、下記グラフは、世界の主要SNSの利用者数(単位:百万)ですが、Instagramや、Twitterの利用率などを見ても、冒頭で記載した国内の利用率とは、大きく状況が異なるのが分かります。 下記グラフからも分かるように、世界全体では、 右肩上がりで利用者数が増加しています。 はじめにご紹介したFacebookも同様ですが、公表されている 「月間アクティブユーザー数」を、(この記事内では、分かりやすく) 「利用者数」と記載していますので、1人の人が複数アカウントでログインした場合は、すべてカウントされている数字になります。 そのため、アンケート調査から推定される「利用者数」より、「月間アクティブユーザー数」の方が、多めになる傾向がありそうです。 先ほどのFacebookとは異なり、 10代、20代の利用者が多いという結果になっています。 また、先ほどの の記事によると、日本独自の取り組みとしてニュースコーナーを設けるなどして、「ツイートしなくても使える」という訴求を行ったことで、最近では、30~40代の利用者数も増加しているとのことです。 7,600万人(2018年10月時点) 7,600万人は、定期的に更新される (2018年12月-2019年3月)に掲載されている数字です。 下記グラフからも分かるように、 着実に利用者数が増加しています。 最後に記載しますが、最近では、 特に40〜60代の利用者数が増加しています。 比較しやすいように、これまでと同じ形式のグラフにしてみました。 年代別に見ると、 幅広い年齢層に利用されていることが分かります。 先ほどの総務省「情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査」の報告書の数字も見てみましょう。 若干、各年代の割合に違いはありますが、概ね、傾向は同じようです。 調査会社や、調査方法、時期なども異なるので、一概に言えませんが、 幅広い年齢層に利用されているということで間違いないでしょう。 特に、 人口のボリュームゾーンである40代、50代以上の利用者数が増加しているため、他のSNSとは異なるグラフになっています。 2,000万人(2017年10月時点) 2,000万人は、Facebook社のイベント内で発表された数字です。 ( )特に、ここ数年、国内でも若い女性を中心に、利用者が急増しています。 ややTwitterと似たようなグラフで、 20代、30代の利用者が多いという結果になっています。 総務省の報告書によると、昨年度と比べて 10〜20代の利用率が大きく伸びています。 最近では、ファッション情報を検索するのに、「Google」ではなく、「Instagram」で検索する人も増えてきていますね。 10億人(2018年9月時点)• Twitterが約3億人なので、既に世界では、Instagramの方が利用者が多いんですね。 下記グラフからも分かるように、現在も かなりの右肩上がりで利用者数が増加しています。 その他のSNS その他、世界で利用者数が多い上位のSNSについて、簡単にご紹介いたします。 WhatsApp LINEと同じような、メッセンジャーアプリです。 南アフリカや、インド、中東など、幅広い地域で利用されており、Facebookに次ぐ利用者数を誇ります。 2014年にFacebookが買収しています。 利用者数• 9億人(推定)• 登録ユーザー数:約5. 4億人( ) 国内の年代別、主要SNSの利用率推移 最後に、総務省「情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査」の報告書から、 国内の年代別、主要SNS(LINE、Facebook、Twitter、Instagram)の利用率の推移をご紹介いたします。 10代 20代 30代 40代 50代 60代 特徴的なのは、• LINEの利用率が、 40〜60代で大きく増加している• Instagramの利用率は全体で増加しているが、 特に10〜20代で大きく伸びている• Facebookの利用率が、 前年度から10代、20代で低下し、今年度は30代でも低下している といった点でしょうか。 国内では、Facebookの利用率がやや低下した一方、LINEの利用率がさらに増加し、50代では、約5人に3人が、60代では約5人に2人が利用している、という結果になっています。 まとめ いかがだったでしょうか? 国内の主要SNSの利用者数(各社の公表データ)と、 総務省の調査結果報告書から、年代別推移について、ご紹介いたしました。 国内では、より一層SNSの利用が浸透しており、 特にLINEの利用率が、40〜60代で大きく増加しているようです。 また、海外では、Facebook(ならびに、Facebook傘下のInstagramや、WhatsApp)の利用者が多く、 以前右肩上がりで利用者数が増加しています。 逆に、LINEは、国内の伸びに比べると、緩やかになっているようです。 SNSを活用したマーケティング施策の検討や、市場の動向調査などの際に、是非、参考にしていただければと思います。

次の

2018年「公表データ」で見る主要SNSの利用者数と、年代別推移まとめ

勝間 和 代 twitter

バーコード決済については d払いをずっと使っていたのですが、私が通っている美容院やスポーツクラブが paypay 対応になっていて、 paypay がないと不自由なのでとりあえずpaypayのアカウントを取って、まずは自分の普通のクレジットカードに紐付けました。 加盟店への支払い自体はこれで不自由はないのですが、人にお金を受け渡ししようとすると銀行口座か Yahoo カードが必要になります。 そしてなぜか今 paypay は三菱ufj銀行の扱いがないので、 Yahoo カードが必須になりました。 もうこれ以上増やしたくないと思っていたのですが、そういうわけでまたクレジットカードが増えることになりました。 なんかソフトバンクグループの戦略に屈したようで悔しい気分です。 --------------------------- 塾生コラムをお届けします --------------------------- 「勝間塾では会社員だったら出来なかったことが沢山ある!」 ウエダナオコ(ねこ大好きナオコ)、東京都在住、会社員 勝間塾に入ったのは2015年 いつもの生活を変えたくて何か始めたいと思っていたときに勝間さんのツイッターを見て「面白そう」と思って即申し込みました。 私の場合、入塾したはいいけど、サポメを読むだけで、コミュの投稿もしないし塾生が開催しているイベントにも参加しない日々が3ヶ月くらい続きました。 知らない世界はなんとなく怖くて(SFのトップ5に慎重性あり 、それでもコミュでイベント参加の感想を読んでいるうちに、「ストレングスファインダーって何?」「ドルコスト平均法って何?」と色々疑問が湧いて、思い切って塾生が開催しているイベントに参加してみました。 少人数の参加者だったこともあって、初めての方とも沢山話せた事が安心感に繋がり、さらに「月例会も楽しいよ」とその時、月例会後オフ幹事のエミコさんが誘ってくれて、やっと月例会デビュー! それまでに約半年くらいかかりました。 それからは、イベントや月例会でお友達が出来て、さらにその友達を紹介してもらったりしてどんどん向上心のある人たちと知り合うことができました! それでも自身のイベントの立ち上げが出来ないまま、私はここで何か成長したのか?と自問自答したときに ・ドルコスト平均法のおかげで会費以上の利益が出た ・分散投資が出来るようになった ・仕事でメルマガ発行が毎日出来るようになった。 ・ZOOMを使えるようになった ・スマートウォッチで健康管理ができるようになった ・経済学の本を読んだりLIFESHIFTを読んで未来に備えるようになった 一会社員だったら、きっとのほほんとした生活をして危機感もない生活を送っていたと思います。 だけど勝間塾のおかげで、自分の現状を把握することができ、副業宣言をしてブレイン・プログラミングファシリテーターとして講師活動をしたり、一緒に未来を作るコーチングの活動を始める事ができました。 それも、アドバイスや協力してくれた勝間塾の仲間がいたからです。 彼らは、私が突拍子もないことでも一切否定せず、逆に興味深く聞いてくれて応援してくれます。 今の目標は、熱海に移住して、副業をさらに充実させて、会社に縛られない生き方をすること! 多分こんなに、前向きなマインドになったのも勝間さんの毎朝配信されるサポメが、多分野に渡って新しい情報や価値観を提供してくれるからだと思います! 今までは勝間さんや塾生からgiveしてもらってばかりだったので、これからは恩返しをしていきたいと思っています。 私が変わっていってることをブログに書いていますので、よろしければ読者登録してくださいね。 未来をつくる猫好きコーチのブログ ---ここまで--- いかがでしたでしょうか。 勝間塾では、勝間和代が講師を務める月例会や毎月の課題などを通して、みなさんの大幅な年収アップや、資格取得、起業や出版、資産形成などをサポート。 男女比は半々でオフ会やイベントも盛んですので、一緒に学びたい仲間に出会うことができます。 興味を持たれた方は、ぜひお申しこみください。 --------------------------- 「勝間塾」及び「サポートメール」のご案内 --------------------------- こちらのメルマガは無料ですが、さらに、みなさんのコミュニケーションと成長をサポートするための、定期・有料のプラットフォームを2種類、用意しています。 -勝間塾に入る 月額5029円、含むサポートメールサービス 毎日届くサポートメールに加え、毎月ごとに決まる課題や課題図書と月例会で、みなさんの大幅な年収アップや、資格取得、起業や出版、資産形成などをサポートします。 オフ会や合宿も盛んです。 学びたい仲間に出会うことができます。 特に、ストレングスファインダーで「最上志向」「学習欲」「内省」「収集」などが多い方が多数集まっています。 ドリームキラーのない環境で、一緒に支え合って、成長していきましょう。 -サポートメールに入る 月額1027円、当初1ヶ月は無料体験あり 毎日届くサポートメールのサービスです。 1週間に1つのテーマを扱っています。 これまでの数年分のバックナンバーも読めます。 -------------------------- 友だちにこのメールマガジンの登録を勧める --------------------------- こちらのメルマガは無料です。 くすっと笑ってしまうような話や、なるほどと思う話が多いと思った方はぜひ、下記のアドレスから、友人にメルマガ登録を推奨ください。

次の