キーボード 水 こぼし た。 Macbook airキーボードを水没から半日で復活させた「5つの対処法」まとめ!

Macbook airキーボードを水没から半日で復活させた「5つの対処法」まとめ!

キーボード 水 こぼし た

キーボード掃除に必要な道具を解説! お掃除方法を紹介する前に、 必要な道具について解説していきます! エアダスター 風だけでホコリを飛ばすことができるアイテムです。 水を使ってお掃除できない電子機器によく使われます。 こちらは、 地球温暖化に考慮したノンフロンタイプのエアダスター。 逆さにしても噴射液が出ないので、どんな角度で噴射しても安心して使うことができますよ! アルコールウエットティッシュ 除菌と 消臭ができるお掃除グッズです。 たっぷり150枚入りなので、気づいたところを サッとひと拭きできれいにできるのがいいですね。 キーボード以外にも、マウスや受話器のお掃除にも使えます。 無水エタノール 無水エタノールは名前の通り、 水分が含まれていないアルコールです。 洗浄力は高いので、キーボードのような精密機械でもごっそりお掃除できちゃいます! メラミンスポンジ 激落ちくんでおなじみのメラミンスポンジ。 キーボードの表面の汚れを落とすために使っていきますよ! 【キーを取り外せるタイプ】軽い汚れ 必要な道具を確認したところで、まずは デスクトップパソコンの、カチャカチャっと鳴らす感覚の気持ちいいキーボードをお掃除します。 キーボードの写真を撮る キーボードちゃん、ハイチーズ!…なんて記念撮影ではありません。 外した後にどこにはめ直せばいいかわからなくならないように キーボードの配置の写真を撮っておきましょう! 2. キーをはずす キーボードを 1つ1つ丁寧に外していきます。 キーボードを外す 専門の道具もあるので、外しにくい場合はそちらを使うようにしましょう。 キーを外すと大きいものにはこのように 針金のパーツが付いていることがあるので、お掃除しやすいようにこちらも外してしまいます! 3. メラミンスポンジで表面をお掃除する メラミンスポンジで 表面の汚れを落としていきます。 力を入れすぎて傷つけないように注意しましょう! 4. エアダスターでキーの裏をキレイにする 裏に溜まったホコリは、1つ1つ エアダスターで落としていきます。 ウエットティッシュでボードをキレイにする ボードの隙間をウェットティッシュで拭いていきます。 アルコール入りのものを使うと除菌もできるのでおすすめです! 6. 綿棒でキーの表面をキレイにする ウェットティッシュで取りにくかった隙間の汚れを 無水エタノールを付けた綿棒で落としていきます。 これで取りにくい場所の汚れもスッキリ落とせるはずです。 汚れを取ったビフォーアフターはこんな感じ。 それにしてもこのキーボード、外からは見えにくいけど こんなに汚れていたなんて…トイレより汚い言われるのも納得です。 キーで見えない部分こそ、汚れが溜まりやすいので丁寧にきれいにしましょう。 外したキーを元に戻す 最後に針金のパーツや外したキーを元に戻したら完了です。 用意するもの ・洗濯ネット ・中性洗剤 ・バケツ ・綿棒 ・エアダスター ・無水エタノール 手順 1. キーボードのキーをすべて外す 先程の手順と同じように 写真を撮り、キーを全て外します。 洗濯ネットにキーを入れる 洗濯ネットに外したキーをすべて入れます。 こうすることで キー同士で汚れを落とすことができ、キーの 紛失防止にも繋がります。 バケツに中性洗剤と水を入れてキーを揉み洗いする ボウルに 水と 中性洗剤を入れ、洗濯ネットに入れたキーをジャブジャブ洗っていきます。 ここでこびりついた ギトギト油を落としちゃいましょう。 水ですすぐ 洗剤で洗ったキーを 水ですすいでいきます。 水で流してしっかりと洗剤を落としてください。 乾燥させる 洗濯ネットからキーをすべて取り出し、風を当てたり 天日干しして乾燥します。 しっかり乾燥させないと、ボードに付け直した時に故障の原因となってしまうことがあるので気をつけましょう。 1日ほど乾燥させれば、裏に入り込んだ水分も完全に乾きますよ。 ボードを吹く エアダスター・ ウェットティッシュ・ 無水エタノールをつけた綿棒を使い、ボードをキレイにしていきます。 キーを乾かしている間に行うと効率が良いですよ! 9. キーを付け直す 洗って乾かしたキーを付け直したら完了です! この方法ならこびりついた汚れも全部さっぱり綺麗にできるので、 本格的にお掃除したい場合はおすすめです。 キーを取り外せないタイプの場合は…? 次に、 取り外せないタイプのキーボードのお掃除方法をご紹介します。 持ち運びのできるノートパソコンのキーボードはキーが取り外せないものが多いので、表面を拭き取るようなお掃除をしましょう! 用意するもの ・エアダスター ・アルコールウエットティッシュ ・無水エタノール ・綿棒 手順 1. エアダスターでキーボードを吹く エアダスターでキーボードを吹き、表面に溜まったホコリや汚れを落としていきます。 アルコールウエットティッシュで拭く アルコール入りのウエットティッシュでキーボードを拭き、 油汚れや ぬめりも落とします。 綿棒に無水エタノールを付けて細かい隙間の汚れを取る 綿棒に 無水エタノールを付け、隙間を掃除していきます。 アルコールには 消臭や 除菌の効果もあるので、これで水洗いできないキーボードもスッキリきれいになりますよ。 取り外せないキーボードは一見キレイに見えますが、 目に見えない汚れが沢山蓄積している場所なので、アルコールを上手に使って除菌するように心がけましょう。 忙しい人のためのお手軽お掃除術! ここからは、 「キーを外すほどでもないな…」 「本格的なお掃除はめんどくさい…」 と思っている忙しい人のために、いつでもどこでも簡単にできる お手軽なキーボードのお掃除方法をご紹介します! ゲルを使ったお掃除 まずはじめに、 ゲル素材のクリーナーを使ったお掃除方法です。 用意するものはゲル素材のクリーナーだけ! こちらは、汚れを吸着するだけではなくゲルに含まれているエタノールを塗り広げることで除菌もできるクリーナーです。 繰り返し何度も使えて、 経済的にも優しい!キーボード以外にもリモコンやエアコン周りのお掃除にも活躍するので、 ホコリが取りにくい場所で大活躍ですよ! 使い方も簡単。 袋から取り出してキーに吸着させるだけです。 このクリーナーがなら、もし キーボードの上に粉をぶちまけてしまっても一瞬できれいになります。 一度ゲルを押し付けただけで、こんなにきれいになるなんて感動すらありますね。 名刺を使った掃除方法 最後に、少し変わった方法をご紹介。 なんと、キーボードの隙間の汚れは名刺でもきれいになってしまうんです! いきなり めちゃくちゃキーボードを掃除したくなったけど何も持っていないときってありますよね、そんな忙しいビジネスマンにおすすめの方法です。 用意するもの ・名刺 ・ティッシュ ・水 手順 1. 名刺を水に濡らす 名刺を思い切って水に濡らします。 しなっとしてくるまで馴染ましょう。 (*ここで使う名刺は水に濡れてしまうことになるので、捨てても良いものを使うようにしましょう。 いらない名刺などはそのまま捨てるとただゴミになってしまうだけなので、 関係を断ち切る儀式としてキーボード掃除に活用してから捨てるのもいいですね。 ) 2. 濡らした名刺をティッシュにくるむ 次に、濡らした名刺をティッシュでくるみます。 紙の角を使えるよう折り込みましょう。 キーボードの隙間を掃除する ティッシュでくるんだ名刺を、キーの間に滑らせます。 これだけで簡単に 隙間の汚れや ゴミが落ちてくれますよ! キーボードを汚さないために キーボードのお掃除方法がいろいろあるとしても、それ以前に キーボードを汚さないことを意識するのが一番効率的です。 ということで最後に、キーボードを汚さないためにできることを見ていきましょう! 食べ物を食べながらキーボードを触らない これ、お菓子好きには至福の瞬間ですが、キーボードをきれいにしたい方はあまりやらないほうが良いでしょう。 …かといって、パソコンを触りながらポテチを食べたい衝動を抑えることは めちゃくちゃ難しいことでもあるので、そのような方はお箸や専用のトングなどを使って食べるようにすることをオススメします。 こちらは机に置いた時に先端が付かず、軽い力でしっかりキャッチできるスグレモノです。 これなら、手が汚れなくて済みそうですね。 キーボードカバーをかける ホコリや汚れがつかないように、 キーボードカバーを付けることもおすすめです。 カバーを付けると普段の使い方をそれほど意識しなくてもキーボードをキレイに保つことができるので、お掃除の手間も省けます。 機種によってキーの配列や深さが違うこともあるので、カバーを選ぶ際は注意してくださいね! こちらは薄くて軽い素材のMacBook Air用のキーボードカバーです。 TPU素材を使用しているので、水や洗剤で洗うこともできます。 キーボードの油分が気になる方にはおすすめです! なるべくフラットなキーボードを使う こちらは使っているパソコンの問題でもあるのですが…フラットなキーボードを使うと凹凸も少ないので、ホコリやゴミが溜まりにくくお掃除もしやすいです。 打ちごたえをあまり重視しない方は、パソコンやキーボードを買い換える際にフラットなものを選んでみると良いかもしれません。 終わりに いかがでしたか? キーボードは 取り外せないタイプと 取り外せるタイプで、お掃除方法が異なるのでしたね。 取り外せないタイプは、 エアダスターやアルコールで表面をササッとキレイに、取り外せるタイプのものは キーを外して分解した状態でそれぞれ丁寧にお掃除していきます。 忙しい方はゲルや名刺でもササッとお掃除できますよ。 しかし、いちばん大切なのは 日頃の心がけ。 汚れがあるな、と気づいたらすぐにアルコールウェットティッシュなどでササッと拭くと汚れが溜まることを予防することができます。 汚さないことも大切ですが、汚れに気づいたらすぐにキレイにできるように心がけましょう!.

次の

ノートパソコンのキーボードに水をこぼした時の正しい対処法まとめ!

キーボード 水 こぼし た

その時、事故は起こった。 その時は、いつものように記事を書こうと愛用しているApple(アップル)のMacbook airパソコンを開いて、 ジュースが入ったグラスを片手に少しずつ飲みながら(アクエリアスなんですけどw 「今日はどんな風に記事を書こうかな〜?」なんて普段と同じように考えていたんです。 数分間考えていると、おおまかなイメージが浮かんできたので忘れないうちに書き始めようとグラスのジュースをもう一口飲もうとした瞬間、、、、、、。 カンッ!! っと、めちゃくちゃ甲高い音を立ててグラスの底がマックの側面に強くぶつかってしまい、、、 その勢いで中に入っていた大量の飲み物も 盛大にパソコンのキーボードにこぼしてしまったんです。 キーボードに突如現れた「池」 その時はもうキーボード上が池のような水溜まりになるくらい盛大に飲み物をこぼしました。。。。 マックのキーボード上ってこんなに水溜まるの!?って感じでしたよ。。。 w あの時あの瞬間の焦りったらないですね。 っていうか、後々になって こぼした液体が「水」じゃなくて、 「アクエリアス」だったのが何より一番まずかった。 水なら乾けば、そのあとは問題なく使えるようになることが多いんですが、 アクエリアスの場合は乾いても内部に含まれている糖が結晶として残ってしまい、基盤がそれで腐食したりキーボードがネチャついたりするという情報もあったので。。。 この時はもう完全に「終わった。。。 以下で紹介する「5つの対処法」を焦らず順に行っていけば、きっと同じようにパソコンが復活する可能性も格段に上がるはずですよ! 1. すぐに電源を切る もしパソコンにジュースやコーヒなどの水分をこぼしてしまった場合には、 まず何よりも先にパソコンの電源を切ってください。 パソコンの調子が心配なあまり、無事に動くかどうかカーソルやキーボードをいじってみたり、キーを押してみたりと、 いろいろとチェックしたい気持ちは痛いほどわかります。 しかし パソコンの無事を想うなら 何よりもまず電源を切ることを優先しましょう。 液体をこぼした時点で動かなくなってしまった場合は仕方ないですが、まだ動かせるなら通常どおりのシステム終了やシャットダウンをしてください。 この状況では とにかく1秒でも早く電源を切ることが目的なので、この際には強制終了することも検討してください。 ここまで私が「急いで電源を切ること」を重要視しているのは、パソコンやスマホといった電子機器がなにも水に弱いからという理由ではないんです。 水分がシステム構造の内部基盤にまで侵入し、 機器自体を動かす基盤が濡れた状態で電気を通してしまうと内部の回路や基盤がショートしてしまうんです。 濡れた部分をできる限り全て拭き取る Macbookなどお使いのパソコンの電源がしっかり切れたことを確認したら、 次は 本体周りの水気のある部分をできる限り全て拭き取ってください。 この際にはなるべく柔らかい布やタオルで優しく、濡れた部分の水気をすべて拭き取るくらいの気持ちで拭いていきましょう。 この時に本体を持ち上げたり軽く振ったりすると、 中から水滴が出てきたりするのでそれも忘れずに拭くようにしてください。 本体周りが水気で濡れたままだと外側の湿気が内部の基盤構造まで到達し、その湿気で内部基盤がダメになってしまう可能性も十分あります。 なるべく早く、丁寧に拭き取ることがコツです。 キーボードを下に逆さまにしてとにかく乾かす 電源も切り、充電も止めて、本体周りの水気もしっかりと取れたら、 次は本体を開いて、 キーボードをそのまま下向きにするような向きに逆さまにしてひたすら乾かす作業に移っていきます。 斜めに撮ったので少しわかりづらいかもしれませんが、 本体の画面を開いた状態でテーブルの横に落とし、 キーボードを下向きにして地面と平行に置くイメージです。 パソコンを構成している 重要な基盤たちはキーボードのよりもさらに下の部分に密集しています。 そこまで水気が侵入してしまうと乾ききるまでにかなりの時間がかかってしまいますし、当然復活する可能性も下がってしまいます。 なので水をパソコンのキーボードにこぼしてしまったら、 できるだけ早くキーボードを下向きにして、本体を逆さまにすることが重要なんです。 ひたすら乾くのを待つ ここまできたら、あとは このままの状態でひたすら乾かす作業に移ります。 本体の外側であれば布やタオルで拭けば水気を取ることができますが、少なからず内部に入り込んでしまった水気は拭き取ることができません。 風を当てて乾かすのにドライヤーなどを使うのも悪くはないですが、 絶対に温風を当てかわかさないようにしてください。 パソコンが生き返ることを祈る ここまでやってきたら あとはもうパソコンが復活することを祈るだけです。 その後のパソコンの行く末は神のみぞ知る世界となります。 同じようにパソコンに水をこぼしてしまったことで、ここまで紹介したことを忠実にこなしても、直るかどうかはそのパソコンの状況によって多少異なります。 何ごともなかったように復活したり、場合によっては甲斐なく壊れてしまうこともあるでしょう。 ですが、ここまででお伝えしてきた方法はただ焦ってアタフタしたり、誤った処置をしてしまうよりも間違いなく 復活する可能性を格段にあげる方法であるということは断言できます。

次の

ノートパソコン(キーボード)に水をこぼしてしまった時にするべき3つのポイント

キーボード 水 こぼし た

MacbookAirに水をこぼしてしまい故障してしまったという事で修理の依頼がありました。 今回は実際にMacが水没してから修理までの流れを説明させて頂きますが、 もしMacが水没をしてしまいこのブログを見ているようでしたら、 絶対に乾燥させないでくださいね! 【重要】 自然乾燥でMacが奇跡的に直った!1日放置したら勝手に直った!などの情報がインターネットにはたくさんありますが、 Mac修理店からの意見としては奇跡的に直っただけ、一時的に直っているだけという感じです。 金属の表面が錆びているのを一度は見た事があると思いますが、サビは金属の腐食、劣化で発生するものです。 サビは金属が濡れている時に起きるのではなく、乾燥していく段階で錆びていきますので、これをパソコンのパーツに例えるとわかりやすいと思います。 Macを水没させてしまい慌ててドライヤーで乾燥させたら直った!などは間違いです。 逆にこの行為 乾燥 はMacの寿命を早めているだけになりますので注意してくださいね。 以下の内容は今回Macの修理依頼のあった方の場合ですが、水没してしまった場合は参考にしてください。 【 お問い合わせ内容 】 2日前、キーボード右側の部分に水をこぼしてしまい、急いで逆さまにし乾燥させました。 こぼした数分後まで電源が付いていたのですが、念のため電源を切り乾燥させた後、再び電源を入れようとしましたが起動しませんでした。 また、バッテリーの充電もおそらくできない状態です。 今日、ビックカメラで内部を確認したところ、ロジックボードの一部が錆びて緑青がついている状態で、キーボード以外の他の部分に関しては故障していないという内容を聞きました。 そちら様でロジックボード、キーボードの修理または交換をした場合の費用をお伺いしたいです。 との事でした。 Macをお預かりし調査をさせていただく事になりましたので、当店までは宅配便を利用し送っていただきました。 分解前の調査では電源ボタンを押しても全く反応しない状態です。 今回の機種はMacbookAirになりますが、MacbookAirのキーボード下にはLEDシート(キーボードを光らせる部品)がありますので飲み物をこぼされた量によっては軽傷で済むこともあります。 また、 MacbookAirのキーボードは電源ボタンと連動しているためにキーボード交換だけで修理が完了することもありますが、この場合は実際に分解をして見ないとどこまで水没しているかはわからないために入念な調査が必要となります。 以下の画像はMacbookAirの裏蓋を開けた状態になりますが、すぐに水没している部分を発見する事ができました。 よく見ると白くなっている所がありますが、これが水没をしている部分です。 まだ水没させてから日数がそこまで経過していないので白くなっておりますが、もう少し日数が経過してくると青っぽくなり、一般的にこれを青サビ 緑青 と呼びます。 MacbookAirを水没させてから早期の対処ができれば修理で直すことも可能ですが、時間がだいぶ経過してしまうと修理できないためにロジックボード交換になってしまい修理代金は非常に高額になるためにパソコンの買い替えも視野に入れる必要がございます。 MacbookAirを水没させてしまうほとんどのパーターンはキーボード上に飲み物(コーヒー、水、お酒など)をこぼしてしまう内容ですが、上記のようにロジックボードにサビが出ている場合はキーボード交換をしただけではうまくは改善しません。 もし改善したとしても一時的な復旧になり、 今後電源が入らなくなってしまう可能性は大です。 ですので今回のMacの修理内容はキーボード交換とロジックボード修理となります。 キーボードは一度水没をさせてしまうとショートしてしまう事が多いために、修理ではなく部品交換になります。 水没の場合はバッテリーがショートして充電できなくなる事もありますが、今回の場合は大丈夫でした。 ロジックボード修理をさせて頂きましたが、上記1枚目の画像と比べると綺麗になっている事がわかります。 この状態まで綺麗にしても症状が改善しない場合もありますが、その場合は重傷になってしまうために残念ながらロジックボードの交換になってしまいます。 今回は早急な対処ができたこともありますが、キーボード交換とロジックボード修理で無事に電源が入り起動するようになりました。 また、SSDも問題なく認識しておりデータも残っている事が確認できましたので、返却後は今までと同じようにMacbookAirを使用する事ができます。 【故障のお問い合わせ内容】 2日前にワインをこぼしてMacが起動しなくなりました。 との事でした。 Macbook Airの水没に関しての相談はものすごく多く、月に数十件はお問い合わせを頂いております。 修理代金はいくらなのか? 電源が入らなくなってしまったMacbookAirは復活するのか? を検証していきたいと思います。 Macbook Airが水没をしてしまう多くの原因は何? 雨に濡れて水没をしてしまったというお問い合わせも頂きますが、大半はジュース、コーヒー、お酒などの飲み物をMacbookAirの横に置いた状態でパソコンを使い、誤ってこぼされてしまうケースがほとんどです。 注意をしていても起きてしまうトラブル原因になりますので水没をさせてしまった後はどうしたら良いのかが非常に重要になってきます。 Macbook Airを水没させてしまった際にまず行う事とは? ものすごく重要になってくるポイントになりますが、ほとんどの方が間違った対処法を行なっており、寿命を早めてしまっているように思えます。 よく水没後にお問い合わせをしていただく内容ですが、 「水没をさせてしまったのでドライヤーで十分に乾かしました。 」 「タオルでキーボード周辺の液体を掃除した。 」 などのお問い合わせはよくありますが、ほぼ間違っております。 タオルで拭き取ることは問題ありませんが、そのままドライヤーで乾かすことは厳禁です。 ジュース、コーヒー、お酒などには糖分、塩分などが含まれており、それらを綺麗に洗浄しない状態で乾かすとサビが回ってしまい、ロジックボードなどを痛めてしまいます。 ですので 自分である程度対処できる事と言ったら、 Macbook Airの電源を落とす、修理店にすぐに相談をする、依頼をするあたりではないでしょうか? 修理代金が高額になるからしばらく放置して様子を見るなどはよくありがちなパターンになりますが、今まで当社に相談、修理依頼をして頂いた方のほとんどがこのパターンでMacbook Airが使えない状態になってしまっておりますね。 MacbookAirの水没修理を格安に行う方法とは? 水没してしまった場合に修理で必要になる項目として、ロジックボード修理、ロジックボード交換、電源交換、バッテリー交換などが挙げられますが、この中で一番高額な修理代金になるのがロジックボード関係です。 車でいうエンジン部分になりますが、故障してしまうと非常に修理が大変な部分になり、比例して修理代金も高額になってしまいます。 ロジックボード交換が最も高額になりますが、修理(補修)することができれば、交換するよりははるかに価格を抑えることが可能です。 ただし、修理(補修)できる状態を維持することがポイントになりますので、いかに早く分解、洗浄、調査などができるかが最重要ポイントになってきます。 とりあえず拭いてバッテリーを外し、1日扇風機にあてた後にバッテリーをつなぐとすぐに起動しました。 キーボードとトラックパッドは動かず、充電ケーブルを差してもLEDが点灯しませんが、USBマウスとUSBキーボードは使えました。 電源投入時は日付がリセットされていましたが、wifi接続後に正常の日付に戻りました。 キーボード、トラックパッド、充電系に異常が出ていると思っています。 液晶表示に問題はありません。 また、バッテリーを外した状態で充電ケーブルをつなぐと、そのまま起動します。 現状はこのような感じですが、概算のお見積りをいただき修理をお願いしたいと考えております。 との事でした。 お客様でバッテリーの取り外しまで行ってくださったそうですが、Macbook AIrのバッテリーは内蔵式になっておりますのでペンタローブドライバーを使い分解をしたという事ですね! 水没により調査、修理の依頼でしたのでMacbook Airをお預かり後すぐに分解をさせていただきました。 タオルで水滴のふき取りまではお客様で行ってくださっておりますので水滴などは見当たりませんでしたが基盤(ロジックボード)をチェックするとすぐに故障箇所がわかりました。 チップ部分が腐食しており青サビが発生しております。 こちらはトラックパッドとロジックボードを接続しているケーブルになりますが、先端部分に水没の形跡が見られました。 キーボードとトラックパッドが効かない、反応しない理由はこれが原因です。 ロジックボードの水没部分を修理、洗浄し、実体顕微鏡でその後のチェックをしている所です。 肉眼ではわからない部分が実体顕微鏡を使うとよくわかります。 全ての修理を行いMacbook Airの電源を入れた状態ですが、正常に起動する事が確認できました。 今回の修理はロジックボード、ケーブルのみとなっており以外にもキーボードは無事でした。 その後数日間様子を見させて頂きましたが、問題はないために修理完了となっております。 お客より以下の画像を送っていただきましたが、赤枠部分に水没しているところがあります。 背景画像がライオンですので体の模様にも見えますが、液晶内部に液体が混入しておりますね。 このような状態になってしまう事は意外と多く、修理方法としては上半身交換になる可能性が高いです。 液晶パネル内側には偏光フィルムが何層にもなっており、液体を拭き取っての再利用はかなり難しいです。 以下の画像は上半身ごと交換をしておりますが、水没した模様は無くなっておりますね。 すぐに拭き取りはしましたが、隙間から入り込んでしまった液体がどのくらいあるのかがわかりません。 現時点では電源入りますが、トラックパッドが一切反応しませんのでおそらく水没が原因と思います。 お預かり後調査をさせていただきましたが、トラックパッド以外にバッテリーの方まで液体は見られました。 トラックパッドの基盤部分を顕微鏡でチェックしていると腐食、青錆が見つかりました。 思っていたよりもトラックパッドに錆は出ていなかった為に洗浄で改善するかといった所です。 基盤洗浄をさせていただきましたので本体に組み込み後どうなるかといった所です。 今回のMacbookAirの修理は基盤洗浄のみで復旧する事ができました。 もし洗浄で改善しない場合はトラックパッド交換が必要ですね。 電源を入れると正常に使えるのですが、起動、動作が今までと違う感じがします。 MacBook Proをお預かりし裏蓋を開けると少量ではありますが水没している痕跡がありました。 水没の場合はロジックボード故障の疑いが最も高いですが、実体顕微鏡で確認をする限りでは特に問題は感じられませんでした。 そのまま実体顕微鏡を使い調査を進めていくと意外な所に水没の痕跡がありました。 画像はRetinaモデルに使われているSSDをアップにした物になりますが、チップ部分がショートしているような感じがありましたのでテストで当社にあるSSDに交換をしてみると正常に起動し動作していることを確認いたしました。 MacBook Pro Retinaモデルなど比較的新しいMacはSSDの規格がpcleとなりますので起動は早いですが、部品代金は高額ですね。 互換品も出てきており以前に比べるとは安くなった印象がありますが、それでも500GBとかを選択するとかなり高額ですので水没には注意が必要ですね。

次の