西成はまちゃん。 西成区は「やばい」って本当?現役教員と元住民に案内してもらってきた

ホルモン中ちゃん

西成はまちゃん

この記事は日本未解決事件を追う という番組で取り上げられた 西成のマザーテレサ事件の 情報についてまとめたモノです。 日本で起きた 未解決の事件の真相を 元FBI捜査官のプロファイリングで 解き明かしていく番組で 西成のマザーテレサこと 女医のさっちゃん先生矢島祥子さんの 不審死事件を追います。 不可解な亡くなり方をしたのに 死亡診断書は矛盾だらけ。 そこには貧困ビジネスとの関連性も 出てきて謎は深まるばかりです。 この事件が番組で どう解き明かされていくのか・・ 西成のマザーテレサ事件とは? まずはこの事件の概要ですが 大阪の西成区の診療所に患者の皆さんから さっちゃん先生と呼ばれ親しまれていた 矢島祥子さんという女医がいました。 出典 西成という町は 特殊な環境の街で 日雇い労働者が多く様々なトラブルが 多い所でもあります。 そんな中さっちゃん先生は労働者支援や 医者なのに夜間パトロール等も行い その献身的な活動をする姿に 「西成のマザーテレサ」と呼ばれていました。 そんなさっちゃん先生が 2009年不審な亡くなり方をしました。 どう見てもおかしな部分が多い 亡くなり方なのに警察はさっちゃん先生は 自分で命を絶ったという結論を出します。 しかし納得いかない遺族が 再捜査請求を 大阪府公安委員会に提出し 2012年に再捜査が行われると事なりました。 さっちゃん先生の事件性を認めない警察 今思えばなぜ警察はさっちゃん先生が 亡くなった事の事件性を認めなかったのか? とても疑問が残ります。 さっちゃん先生の死には 複数の不審点がありました。 まず、検視結果ですが 亡くなったさっちゃん先生(矢島祥子)は 川で遺体が見つかったのですが 遺体は硬直していました。 川で亡くなった遺体が硬直することはなく これは不自然です。 そしてさっちゃん先生(矢島祥子)の首には 誰かに絞められたうっ血痕がありました。 更に頭頂部には確実に殴られたであろう 皮下出血とたんこぶ跡がありました。 出典 これは素人が見ても 誰かに襲われ亡くなった後に 川に投げ込まれたと推測するのが 妥当な判断です。 しかし警察は西成の知人が 「自分はさっちゃん先生と付き合っていた」 と言いだしさっちゃん先生から送られた 絵葉書を提出。 そこに書かれていた言葉が「遺書」だったとして 処理しました。 で、その絵葉書には 「あなたに会えてよかった」・・ レベルの事が書かれていただけ。 どこをどうやったらこれが遺書になるのか? 首を傾げたくなくものでした。 最初に結論ありきで 警察が発表を出したとしか 思えない様な経緯で事が進められました。 貧困ビジネスとの関係は?真実を暴こうとして消された!? 果たしてさっちゃん先生(矢島祥子)は 何故亡くなったのか? 実はそこには貧困ビジネスというものが 関わっているのでは? と言われています。 西成では釜ヶ崎と呼ばれる 全国の日雇い労働者が集まる場所で 身寄りがない人や人生に疲れた 人達が集まる場所でもあり 往々にしてそこには貧困層を狙った 「貧困ビジネス」が横行しています。 臓器売買や人身売買が頻繁に行われる事も あったそうで、 その貧困ビジネスの真相を 佐藤豊さんという記者と共に 調べていた矢先に亡くなったという事が 後にわかってきます。 もしかしたらそういう貧困ビジネスという タブーにさっちゃん先生(矢島祥子)が 手を付けた為 消されたのではないか?という 憶測が飛んでいます。 しかもさっちゃん先生(矢島祥子)が 亡くなった後 一緒に貧困ビジネスを追っていた 記者の佐藤豊さんも翌年火事にあって 亡くなってしまいます。 これは偶然なのでしょうか? いくつもの謎に元FBI捜査官が迫ります。 まるでサスペンスドラマの様なこの事件。 果たして解決する日はくるのでしょうか? まとめ いかがでしたか? 今回は未解決事件を元FBI捜査官が 暴くという番組に取り上げられた 西成のマザーテレサこと さっちゃん先生(矢島祥子)事件の闇に ついて書きました。 やはり貧困ビジネスを調べていた さっちゃん先生(矢島祥子)が 闇の世界の人間に消されたのか はたまた偶発的な事件に 巻き込まれただけだったのか? この番組を機に是非解説に向けて 進んでほしいと思います。 最後までお読み頂き有難うございました。

次の

Mのディナー 政ちゃんワールドでいただく絶品ホルモンに感動! 西成区 「焼肉 政ちゃん」

西成はまちゃん

秋山謙一郎 [フリージャーナリスト] あきやま・けんいちろう/1971年兵庫県生まれ。 『弁護士の格差』『友達以上、不倫未満』(以上、朝日新書)、『ブラック企業経営者の本音』(扶桑社新書)、『最新証券業界の動向とカラクリがよーくわかる本』『いまこそ知っておきた い! 本当の中国経済とビジネス』(以上、秀和システム)など著書多数。 共著に『知られざる自衛隊と軍事ビジネス』『自衛隊の真実』 別冊宝島)などがある。 週刊ダイヤモンドでの主な参加特集は、『自衛隊 防衛ビジネス 本当の実力』『創価学会と共産党』がある。 JAPAN Another Face 白昼の世界からは窺い知ることのできない、闇の世界や夜の世界。 日本社会の「もうひとつの貌」に迫る。 西成ならではの秩序があるのだ (写真:秋山謙一郎、以下同) 人が寝ている路上には、乾いた吐瀉物、未だ乾いていない立小便の跡、そして明らかに人のものと思われる糞便があちこちにある。 辺りには、これらにアルコールとタバコが入り混じった、むせぶような匂いが立ち込めている。 数年前に比べると随分と薄くなったといわれるその匂いは、鼻腔と喉の奥からしばらくの間、取れることはない。 何度すすいでも丸一日残っていた。 もちろん服にもこびりつく。 記者の場合は2度洗濯してやっと取れたくらいである。 だが今、その時着ていた服を見る度に、あの「西成の匂い」が鼻腔の奥から蘇ってくるのが不思議だ。 日雇い労働者や路上生活者の求職の場である「あいりん労働福祉センター」や簡易宿泊所がある。 今では随分と整備され、その街並みはかつてとは比べ物にならないほど綺麗になったという。 それでも、一歩足を踏み入れると、まるで中学校の歴史の教科書に出てくる「戦後すぐの日本」のような光景が目に飛び込んでくる。

次の

SHINGO☆西成

西成はまちゃん

11月に酒場ナビメンバーのイカとこのアミちゃんとの3人で大阪西成はしご酒へと繰り出しており、その三軒目にこの立ち飲み屋へ訪れていた。 『小島商店』 神戸のお嬢様で、立ち飲みは初めてという〝立ち飲みバージン〟のアミちゃんは、立ち飲みを知らない女子にありがちな、 「なんで立って飲むん?」 という疑問を私とイカに投げつつも、立ち飲みという独特な雰囲気に興味津々であった。 「その日本酒な、秋田で有名なんよ」 「そうなんやぁ、ほな飲んでみます~」 そう言ってアミちゃんに日本酒を勧める女将さんは小柄な美人。 もちろん、秋田出身の私は存じ上げている名酒であるが、あえて何も言わず、この美人2人の酒話を微笑みで見守るのだ。 女将さんが日本酒を、枡に入れたコップへなみなみと注ぐ。 うーむ、秋田の名酒が西成で飲めるのは、なんだか不思議だが嬉しい気分だ。 「なぁなぁ、これどうやって飲んだらええのん?」 『口からや! アミちゃん口から行くんや!』 咄嗟に、私とイカが叫ぶ。 日本酒へ口から行くなんて大概は汚らしいおっさんばかりで、美人がこれをやるのは中々お目にかかれるものではない。 こちらもバキュームアミちゃんの頬に、思わず吸い付こうとすると…… 「あ! こうやって飲みやすいように立って飲むん?」 と、その穢れなき瞳で言うものだから、「そうだよ、よくわかったね」と言って吸い付きたい衝動を抑えた。 「おいしいやろ、おねえちゃん?」 「うん、おいしいわぁ」 アミちゃんと女将さんとの美人な会話が弾む…………が、暫くするとまたしても『あの言葉』を耳にすることになるのだ。 「西成は、静かになったわ」 やはり、か…… 2年前からこの西成へ訪れているが、同じく西成にある『』『』の女将さんも同じように〝西成は元気がなくなった〟と言うのだが、ここの女将さんもまたその一人となってしまった。 けれど、女将さんは笑顔で話を続けてくれた。 創業は70年。 元々は大阪の日本橋に本家『小嶋屋』が存在したらしく、暖簾分けのようにして現在の場所へ『小島商店』を開いたという。 「最高で、大正生まれのお客さんもおったんやで」 嫁いで40年、淡路島出身の女将さんで三代目とのこと。 当時の客には「めっちゃ悪いのがおった」と言う反面、「でも、みんな 良 ( い )い人やった」と述懐する。 店のご主人は子供のころから店を出入りしていた為か、大人になった今でも客からは当時の呼び方で『僕』と呼ばれていることに、隣にいる先輩客らは「そうそう」と破顔一笑する。 『おでん』 女将さんの話を聞いていると、目の前の大鍋からおでんの甘ぁい香り漏れはじめ、思わず注文する。 アミちゃんはその中から『ゴボウ巻き』を大胆に咥え込むのだが…… 「熱ちゅ……あっちゅ~い~!」 「な、なんや!? どうしたんやアミちゃん!? 」 アレ ( ・・ )の如く、屹立と伸びる『ゴボウ巻き』の熱さに苦戦するアミちゃん。 それを見かねたイカが、「どけ!」とばかりに私を払いのけ…… 「ワイが一緒にフーフーしたる! フーッフーッ!」 人目もはばからず中年男が〝フーフー〟って……!! この男には、まるで羞恥心なんて言葉はないようだ。 嫌がる美人お嬢様の口へ、強引にゴ 棒 ( ボウ )を突っ込む……これは『変質者』そのものじゃないか……いや、そんなことより、アミちゃんに私まで同じ部類だと思われたらどうするんだ! 「……あかん、やっぱりまだ熱いわぁ、食べられへん」 「うんうん、ほな戻しておくから後で食べやぁ」 そう言って『ゴボウ巻き』を器に戻す。 きっと、イカの〝フーフー〟が気持ち悪くて食べたくないのだろうなぁ……男性経験だってないこんなお嬢様になんてことをするんだ…… すると、その様子を見ていた横の先輩が話しかけてきた。 「ワシは歯が腐っとるからな、熱くても冷たくても歯が染みるんや」 ドッっと、店内が笑いに包まれる。 すかさず、もう一人の先輩も追い討ちをする。 「俺なんか歯が2本だけやから染みもせんで! うらやましいやろ!」 さらに沸く店内。 西成で呑むと、必ずと言っていいほどこんなやり取りがあるから……いつも、こう思ってしまう。 〝西成、十分元気じゃん〟 そして、やはり居心地のいい酒場が多い。 ほら、アミちゃんだって……チューチュー……愉しんでる……チューチュー……みたいだ。 お前何しとんねん!? あたしのゴボウ巻き!!

次の