ビッグ(1988)。 1988年の日本

ビッグ(1988)のレビュー・感想・評価

ビッグ(1988)

本気ではなかったのだが,翌朝体だけが本当に大人になっており,親からは誘拐犯と間違えられ仕方なく家を出る。 子供の姿に戻るには再び同じ機械に願うしかないが,既に遊園地は去り,次の開催予定は数週間先まで分からない。 とりあえず親友の協力を得てNYに行き,当面の資金のため玩具会社に就職するが,子供そのままの発想が社長の目に止まり入社一週間で開発担当副社長に。 面白いほど順調に,NYでの生活がスタートしたジョッシュ。 大人にも子供にも見てほしい。 ありがちで退屈なキャリアウーマンにも、この映画は優しい。 彼女はこの後変わっただろうな。 ピアノのシーンは映画史に残して欲しい。 この頃、は、確かに子どものリズムを持った俳優さんでした。 ラストも切ない。 夏休みが終わっちゃった・・・みたいな。 んー、違うかな・・・。 スピルバーグの妹なら。 って、あーやだやだ、こんな大人になるなよ、少年少女達。 普通なら嫌味になるところだけど、この当時のだったらぜんぜん嫌味にならない。 明るく楽しいけれど、ほろ苦さも心に残る。 の初々しくも異彩を放つ演技と存在感。 ファンタジー映画の佳作。 みんな、心が子供に戻り、じーんと何もかも忘れて清流の、本当に13歳に戻る。 それぞれの13歳に。 私だったら英語を覚え始めたあの時に。 詰襟の学生服を初めて着たあの時に。 一瞬でも戻れるなら戻りたい。 至福の映画だ。 そのくらいの映画。 ご都合主義と観客へのお追従がファンタジーとされる米国の悪癖。 こういう映画で感傷に至るのは13歳の時から大嫌いだったと思う。 今回コメントする為にわざわざ再見したが、その価値はなかった。 発想も大好き。 ヒロインのの魅力も爆発。 きっかけが科学の力じゃなく遊園地の古びた一角というのがジュブナイルしていていい。 この映画を思い出すたび、そう思う。

次の

ビッグ Big (1988) ≪ 音楽 映画 ≪ サントラ.jp

ビッグ(1988)

解説 早く大人になりたいという夢を持つ12歳の少年が、突然35歳の大人に変身して巻き起こる騒動を描く。 製作はジェームズ・L・ブルックスとロバート・グリーンハット、監督は「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」のペニー・マーシャル、脚本はアン・スピルバーグ、撮影は「ブラッド・シンプル」のバリー・ソネンフェルド、音楽は「消えたセクシー・ショット」のハワード・ショアが担当。 出演は「ドラグネット 正義一直線」のトム・ハンクス、「きのうの夜は…」のエリザベス・パーキンス、「サンタリア 魔界怨霊」のロバート・ロッジアほか。 1988年製作/104分/アメリカ 原題:Big 配給:20世紀フォックス ストーリー ジョッシュ・バスキン(デイヴィッド・モスコウ)はニュージャージーに住む12歳の少年。 ビリー(ジャレッド・ラッシュトン)という仲良しの少年がいて、野球とコンピユータ・ゲームが好きな普通の男の子だが、早く大人になりたいといつも思っていた。 最初は馴れない生活だったが好きなオモチャが仕事の対象なのだから、遊びながらどんどん新製品のアイディアを出したりして、すっかり社長のマクミラン(ロバート・ロッジア)に気に入られる。 第1副社長のポール・ダヴェンポート(ジョン・ハード)からはにらまれるが、美人でやり手の重役スーザン(エリザベス・パーキンス)には興味を持たれ、徐々にジョッシュとスーザンは真剣に愛し合うようになる。 大人の生活にもすっかり馴れたジョッシュだったが、スーザンを騙し続けることに耐えられず、全てを告白するが、スーザンが信じるわけはなかった。 2人は別れを惜しみながらしっかりと抱き合う。 懐かしい我が家に返って行ぐジョッシュが、服がだぶだぶになりもとの12歳にもどっていくのを、スーザンはいつまでも見守っていた。

次の

ビッグ(1988)

ビッグ(1988)

解説 早く大人になりたいという夢を持つ12歳の少年が、突然35歳の大人に変身して巻き起こる騒動を描く。 製作はジェームズ・L・ブルックスとロバート・グリーンハット、監督は「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」のペニー・マーシャル、脚本はアン・スピルバーグ、撮影は「ブラッド・シンプル」のバリー・ソネンフェルド、音楽は「消えたセクシー・ショット」のハワード・ショアが担当。 出演は「ドラグネット 正義一直線」のトム・ハンクス、「きのうの夜は…」のエリザベス・パーキンス、「サンタリア 魔界怨霊」のロバート・ロッジアほか。 1988年製作/104分/アメリカ 原題:Big 配給:20世紀フォックス ストーリー ジョッシュ・バスキン(デイヴィッド・モスコウ)はニュージャージーに住む12歳の少年。 ビリー(ジャレッド・ラッシュトン)という仲良しの少年がいて、野球とコンピユータ・ゲームが好きな普通の男の子だが、早く大人になりたいといつも思っていた。 最初は馴れない生活だったが好きなオモチャが仕事の対象なのだから、遊びながらどんどん新製品のアイディアを出したりして、すっかり社長のマクミラン(ロバート・ロッジア)に気に入られる。 第1副社長のポール・ダヴェンポート(ジョン・ハード)からはにらまれるが、美人でやり手の重役スーザン(エリザベス・パーキンス)には興味を持たれ、徐々にジョッシュとスーザンは真剣に愛し合うようになる。 大人の生活にもすっかり馴れたジョッシュだったが、スーザンを騙し続けることに耐えられず、全てを告白するが、スーザンが信じるわけはなかった。 2人は別れを惜しみながらしっかりと抱き合う。 懐かしい我が家に返って行ぐジョッシュが、服がだぶだぶになりもとの12歳にもどっていくのを、スーザンはいつまでも見守っていた。

次の