ショートボブ 切り方。 【シルエット美人になれるグラデーションボブ5選】気になる切り方やアレンジは? 旬のショートボブもグラデスタイルに

切りっぱなしボブ2020最新版【髪色・長さ別カタログ】似合わせ方やヘアアレンジも紹介|MINE(マイン)

ショートボブ 切り方

スポンサードリンク 自宅で子供の髪を散髪して失敗した経験はありませんか?ここではセルフカットで上手に髪を切る方法を掲載しています。 今回は女の子に人気の可愛い内巻きボブスタイルの切り方です。 美容師さんが実際に行っている具体的な技術ノウハウですので、是非参考にしてください。 まず最終的な仕上がりをイメージしておくことが大事。 1番始めに決めるのは、もちろん髪型ですね。 これがイメージ出来てないと全く進みませんので、まずは髪型のイメージから始めましょう。 今回の目指す髪型は上画像のようなボブスタイルです。 長さで言いますとミディアムボブになります。 今回のカットで必要な準備物。 セルフカットをする時に便利なアイテムもありますので、「」のページもご覧ください。 スポンサードリンク カット前の準備。 さあカットに必要な道具が揃ったら始めましょう!まずは子供の髪を水スプレーでまんべんなく濡らしてコーム 櫛 で梳かします。 しっかり濡らしましょう。 あまり寝ぐせなどがひどい場合は一度シャンプーしましょう。 次にやるのがブロッキングです。 ブロッキングとは、ダッカールというヘアクリップなどで切りやすいように髪を分ける作業のことです。 今回は上画像のように髪を分けとります。 ダッカールの使い方は 下の写真のようにダッカールを持って、やや開けたまま上画像の赤いラインに沿って、地肌に軽く触れるくらいに沿わせて髪をダッカールですくい取ります。 親指と人差し指を使います。 ダッカールで髪をすくい取ったら髪が落ちてこないように上のエリアに止めます。 初めての方は難しいかもしれませんが、痛くならないように優しく止めてあげてください。 ここからカットの技術です。 ブロッキングが終わったらカットしていきますが、今回はコームカットという技術を使います。 コーム 櫛 で下にときつけて そのままカットする技法です。 こんな感じにコームで髪を梳かして希望する長さにカットします。 今回はワンレングスのボブスタイルを切るので、前髪以外はこの切り方で切っていきます。 まずは後ろの部分のセンターを切ります。 出来るだけ上からコーム 櫛 を通して、切りたい長さのラインまで垂直におろします。 切る時はコームが地面と平行であることを確認してからカットしましょう。 センターを切り終わったら後ろ部分の左右を切ります。 できるだけ地面と平行になるように意識して切りましょう。 後ろから見た図。 3分割して真ん中から切ります。 その後左右も真ん中の長さに合わせて地面に平行になるようにカットします。 後ろ部分の真ん中から切り始めて、それに合わせて左右の部分も切っていきます。 注意事項として、子供の頭が下を向いていたり、左右に傾いていたりするとカットラインも地面と水平にならないのでマメにチェックしてください。 気付かずに切り進めると、左右非対称で大変な事になります。 次にサイドのエリアを切っていきます。 ここも切り方は後ろと同じですが、耳があるので少しコームカットしにくいところです。 耳の前後に分けて何度もコームを通して切り残しがないようにします。 ここのラインは前上がり、水平、前下がり、お好みで設定していただいても大丈夫です。 切り終わったら、反対も同じように切るのですが、先にもみあげの長さを同じにして、そこから繋げると左右の長さが違うという失敗をしません。 このようにして切ると左右が同じになりますね。 もみあげが決まったら先ほど切った後ろの部分ともみあげを繋げるようにコームカットして反対側のサイドを切ります。 これで頭の下半分が切れました。 次は最初にダッカールで止めていた頭の上部分のエリアを切っていきますが、基本的には下部分の切り方と同じです。 根元からしっかりコームでときつけて、さっき切り終わった下半分の部分と同じ所で切るだけです。 かなり髪が少ないお子様は上下に分けずに一回で切れるお子様もいますが、二回に分けたほうが正確なカットができますので、そちらをオススメします。 頭の上部分のエリアを切る時の注意点は、最初に切った下半分の毛を切らないことと、下半分の毛よりも長く切らないことです。 同じ長さになるように切りましょう。 上部分も全て切り終わりました。 前髪無しバージョンで毛量も少なければここでカット終了です。 前髪を作る場合。 さあここでは、前髪を作ります。 前髪は作らない、という方はここは飛ばしていただいて結構です。 今回は小さな女の子をイメージしているので、ややパッツン気味の前髪で進めていきたいと思います。 可愛くなりますよ!! まず前髪を切るためのブロッキング。 奥行きはお好みですが、薄過ぎると良い厚みがでませんのでパッツン気味にする場合は厚めが良いと思います。 下部分が切れたら、さっき止めていた前髪の上半分をおろしてきて、同じラインで切ります。 これで前髪も出来上がりましたが、次は毛量の多いお子様のために、梳きバサミの使い方も説明していきます!! 前髪の詳しい切り方は「」のページにぱっつん前髪の切り方も掲載していますので、こちらもご覧ください。 前髪の長さの設定は眉毛と目の間が可愛いという人もいますし、眉毛がギリギリ隠れるくらい、又は眉毛が全部見える長さが可愛いという人もいます!子供に合ったベストラインを少しずつ切って見つけてくださいね。 ここからは毛量調整、梳きバサミの出番です! さあこれから毛が多いお子様向けに、梳きバサミを使って毛量を減らしていきます。 ワンレンボブは重めが可愛いと思うのですが、あまりにも多いと膨らみ過ぎたり、お風呂上がりに髪の毛を乾かす時間もすごくかかるので、少し減らしていきましょう。 上の図はダッカール ヘアクリップ で頭を三分割にした図です。 出来ればザッとでいいので、上の図のように縦に5分割にします。 コームを縦にして髪の毛を引き出して、下図のように3分の1くらいの場所から梳きバサミを入れます。 少しずつ毛先にずらしながらはさみを開閉して梳いていきます。 特に耳後ろの部分は髪が多い部分なので梳きバサミの開閉の回数を多めにします。 あまりにも多いお子様は、毛先3分の1ではなく、2分の1くらいから梳いても良いです。 このエリアを梳き終わったら、1度全部おろして全体を見てみます。 丁度良い感じであれば、上部分のエリアは梳かずに終わりましょう。 まだ収まりが悪いようでしたら、上部分を梳いていきますが、ここはヘアスタイルの表面にくる部分なので、梳きバサミも斜めに入れて開閉回数も少なめにしましょう。 収まりが良くなりますよ。 上の前部分も毛先だけ梳きましょう。 ハサミを入れる角度は上画像のような感じです。 最後に前髪を梳く場合ですが、先ほど前髪を作る時に三角形に取って、更に上下半分に分けましたね。 その下半分の毛先をちょっと梳いてあげるくらいで良いと思います。 ハサミはちょっと斜めにいれましょう。 前髪なしバージョンの完成スタイル。 完成 正面からのアングル。 完成 横からのアングル。 完成 後ろのアングル。 これで完成ですが、乾かしてみて切り残しがないかチェックしましょう。 乾かしてから、まだ毛量が多いなと感じる事もありますので、その場合はドライのまま梳きバサミを入れて微調整してくださいね。 スポンサードリンク.

次の

ボブとショートボブとショートの違い

ショートボブ 切り方

スポンサードリンク 自宅で子供の髪を散髪して失敗した経験はありませんか?ここではセルフカットで上手に髪を切る方法を掲載しています。 今回は女の子に人気の可愛い内巻きボブスタイルの切り方です。 美容師さんが実際に行っている具体的な技術ノウハウですので、是非参考にしてください。 まず最終的な仕上がりをイメージしておくことが大事。 1番始めに決めるのは、もちろん髪型ですね。 これがイメージ出来てないと全く進みませんので、まずは髪型のイメージから始めましょう。 今回の目指す髪型は上画像のようなボブスタイルです。 長さで言いますとミディアムボブになります。 今回のカットで必要な準備物。 セルフカットをする時に便利なアイテムもありますので、「」のページもご覧ください。 スポンサードリンク カット前の準備。 さあカットに必要な道具が揃ったら始めましょう!まずは子供の髪を水スプレーでまんべんなく濡らしてコーム 櫛 で梳かします。 しっかり濡らしましょう。 あまり寝ぐせなどがひどい場合は一度シャンプーしましょう。 次にやるのがブロッキングです。 ブロッキングとは、ダッカールというヘアクリップなどで切りやすいように髪を分ける作業のことです。 今回は上画像のように髪を分けとります。 ダッカールの使い方は 下の写真のようにダッカールを持って、やや開けたまま上画像の赤いラインに沿って、地肌に軽く触れるくらいに沿わせて髪をダッカールですくい取ります。 親指と人差し指を使います。 ダッカールで髪をすくい取ったら髪が落ちてこないように上のエリアに止めます。 初めての方は難しいかもしれませんが、痛くならないように優しく止めてあげてください。 ここからカットの技術です。 ブロッキングが終わったらカットしていきますが、今回はコームカットという技術を使います。 コーム 櫛 で下にときつけて そのままカットする技法です。 こんな感じにコームで髪を梳かして希望する長さにカットします。 今回はワンレングスのボブスタイルを切るので、前髪以外はこの切り方で切っていきます。 まずは後ろの部分のセンターを切ります。 出来るだけ上からコーム 櫛 を通して、切りたい長さのラインまで垂直におろします。 切る時はコームが地面と平行であることを確認してからカットしましょう。 センターを切り終わったら後ろ部分の左右を切ります。 できるだけ地面と平行になるように意識して切りましょう。 後ろから見た図。 3分割して真ん中から切ります。 その後左右も真ん中の長さに合わせて地面に平行になるようにカットします。 後ろ部分の真ん中から切り始めて、それに合わせて左右の部分も切っていきます。 注意事項として、子供の頭が下を向いていたり、左右に傾いていたりするとカットラインも地面と水平にならないのでマメにチェックしてください。 気付かずに切り進めると、左右非対称で大変な事になります。 次にサイドのエリアを切っていきます。 ここも切り方は後ろと同じですが、耳があるので少しコームカットしにくいところです。 耳の前後に分けて何度もコームを通して切り残しがないようにします。 ここのラインは前上がり、水平、前下がり、お好みで設定していただいても大丈夫です。 切り終わったら、反対も同じように切るのですが、先にもみあげの長さを同じにして、そこから繋げると左右の長さが違うという失敗をしません。 このようにして切ると左右が同じになりますね。 もみあげが決まったら先ほど切った後ろの部分ともみあげを繋げるようにコームカットして反対側のサイドを切ります。 これで頭の下半分が切れました。 次は最初にダッカールで止めていた頭の上部分のエリアを切っていきますが、基本的には下部分の切り方と同じです。 根元からしっかりコームでときつけて、さっき切り終わった下半分の部分と同じ所で切るだけです。 かなり髪が少ないお子様は上下に分けずに一回で切れるお子様もいますが、二回に分けたほうが正確なカットができますので、そちらをオススメします。 頭の上部分のエリアを切る時の注意点は、最初に切った下半分の毛を切らないことと、下半分の毛よりも長く切らないことです。 同じ長さになるように切りましょう。 上部分も全て切り終わりました。 前髪無しバージョンで毛量も少なければここでカット終了です。 前髪を作る場合。 さあここでは、前髪を作ります。 前髪は作らない、という方はここは飛ばしていただいて結構です。 今回は小さな女の子をイメージしているので、ややパッツン気味の前髪で進めていきたいと思います。 可愛くなりますよ!! まず前髪を切るためのブロッキング。 奥行きはお好みですが、薄過ぎると良い厚みがでませんのでパッツン気味にする場合は厚めが良いと思います。 下部分が切れたら、さっき止めていた前髪の上半分をおろしてきて、同じラインで切ります。 これで前髪も出来上がりましたが、次は毛量の多いお子様のために、梳きバサミの使い方も説明していきます!! 前髪の詳しい切り方は「」のページにぱっつん前髪の切り方も掲載していますので、こちらもご覧ください。 前髪の長さの設定は眉毛と目の間が可愛いという人もいますし、眉毛がギリギリ隠れるくらい、又は眉毛が全部見える長さが可愛いという人もいます!子供に合ったベストラインを少しずつ切って見つけてくださいね。 ここからは毛量調整、梳きバサミの出番です! さあこれから毛が多いお子様向けに、梳きバサミを使って毛量を減らしていきます。 ワンレンボブは重めが可愛いと思うのですが、あまりにも多いと膨らみ過ぎたり、お風呂上がりに髪の毛を乾かす時間もすごくかかるので、少し減らしていきましょう。 上の図はダッカール ヘアクリップ で頭を三分割にした図です。 出来ればザッとでいいので、上の図のように縦に5分割にします。 コームを縦にして髪の毛を引き出して、下図のように3分の1くらいの場所から梳きバサミを入れます。 少しずつ毛先にずらしながらはさみを開閉して梳いていきます。 特に耳後ろの部分は髪が多い部分なので梳きバサミの開閉の回数を多めにします。 あまりにも多いお子様は、毛先3分の1ではなく、2分の1くらいから梳いても良いです。 このエリアを梳き終わったら、1度全部おろして全体を見てみます。 丁度良い感じであれば、上部分のエリアは梳かずに終わりましょう。 まだ収まりが悪いようでしたら、上部分を梳いていきますが、ここはヘアスタイルの表面にくる部分なので、梳きバサミも斜めに入れて開閉回数も少なめにしましょう。 収まりが良くなりますよ。 上の前部分も毛先だけ梳きましょう。 ハサミを入れる角度は上画像のような感じです。 最後に前髪を梳く場合ですが、先ほど前髪を作る時に三角形に取って、更に上下半分に分けましたね。 その下半分の毛先をちょっと梳いてあげるくらいで良いと思います。 ハサミはちょっと斜めにいれましょう。 前髪なしバージョンの完成スタイル。 完成 正面からのアングル。 完成 横からのアングル。 完成 後ろのアングル。 これで完成ですが、乾かしてみて切り残しがないかチェックしましょう。 乾かしてから、まだ毛量が多いなと感じる事もありますので、その場合はドライのまま梳きバサミを入れて微調整してくださいね。 スポンサードリンク.

次の

セルフカットボブの切り方!後ろや襟足、カチューシャを使う方法まで!

ショートボブ 切り方

前髪をパッツンにセルフカットしたいときは、美容師さんが開発した前髪を簡単にパッツンにできる便利道具がオススメです。 「まえがみパッツンシートは」700円ほどで手に入り、ラインにあわせてカットしていくだけなので、特別な技術も必要ありませんよ。 ただし、濡れた状態のままカットすると先ほどもいったように失敗の原因になるため、カットする前に水で濡らしクセを取ったらドライヤーで乾かしましょう。 髪が乾いた状態でカットした方が失敗は少なくなります。 直毛の方はわざわざ濡らす必要性をあまり感じないかもしれませんが、ショートの場合少しの長さで印象がガラッと変わってしまいます。 クセっ毛だったり、結んでいてクセがついてる場合はしっかりクセを取ってあげてください。 長さを測ったら髪を一差し指と中指で挟み定規を外し、髪を下ろして長さに問題がないか確認します。 長さに問題がなければカットしていきましょう。 長すぎると感じる場合はそのままカットしていって問題ありません。 後で調整できるのでむしろ長めにカットしておいた方が良いためです。 もし短すぎると感じる場合は別のもの代用OK。 長さが丁度良いならコームでも良いですし、しっかりつかめるなら紐などでもOKですよ。 ただ長さを測るときピンっとはりましょう。 上の部分を定規に合わせ、ある程度カットしてしまったら、内側はそこにあわせてカットしていけばOKです。 コームでとかしながら少しずつカットしていくと失敗が少なくなりますよ。 サイドが短くなるとあっという間に印象が変わりショートヘアっぽくなりますよね。 セルフカットでも内巻きの重ためボブが可能です。 引き続きコチラも人気で、レディースならではのスタイル。 ボブはカットする際にイングラデーションという内側から外側に向けて長くなるようにカットする必要があります。 ブロッキングを丁寧にして内側から外側に向けて少しずつ長くなるようにカットしていきましょう。 また、「毛先をすかない」というのもポイント。 毛先を多くすいてしまうとそれだけはねやすくなります。 重ためボブをセルフカットする時のポイントはこの2つ。 そうすることで理想のボブスタイルに近づける事ができます。 前髪と後ろ髪と同じ長さにカットしてしまうのがワンレングスボブ。 縦ラインが強調されるため、特に丸顔の女性にオススメのスタイル。 丸顔の方でも顔をスッキリ大人っぽい印象に見せてくれますよ。 ワンレングスは切りっぱなしでも重ためボブでもどちらも人気のスタイル。 「耳かけボブ」の仲間でもあり長めの前髪を耳にかける髪型が大人っぽいと人気!童顔で悩んでいるという女性もこの機会に前髪を伸ばしてみても良いかもしれません。 セルフカットでショートヘアももう怖くない! セルフカットでショートにする方法を紹介してきましたが、いかがでしたか?定規などを使えば、女性でも自分で簡単に後ろ髪をカット出来ますよ。 ちょっと雰囲気変えたいなって時や美容室でカットしたもらったショートを維持したいというときにも使えるテクニックばかりです。 ぜひ自分でお試ししてみてくださいね。

次の