ザイリンクス 配当。 ザイリンクス 利益

オリックス、連続増配は10期でストップも配当利回り5.7%を維持! 配当は10年で10.8倍に急増、2021年3月期の予想中間配当は前期と同じ「1株あたり35円」に|配当【増配・減配】最新ニュース!|ザイ・オンライン

ザイリンクス 配当

2015 2016 2017 2018 2019 2020 総収入 2. 4 B 2. 2 B 2. 3 B 2. 5 B 3. 1 B 3. 2 B 収益の費用 720 M 680 M 710 M 760 M 960 M 1. 1 B 粗利益 1. 7 B 1. 5 B 1. 6 B 1. 8 B 2. 1 B 2. 1 B 研究開発 530 M 530 M 600 M 640 M 740 M 850 M 販売一般および管理者 350 M 330 M 340 M 360 M 400 M 430 M 営業費用 1. 6 B 1. 5 B 1. 6 B 1. 8 B 2. 1 B 2. 3 B 営業利益 780 M 670 M 700 M 780 M 960 M 820 M その他の収入費用 -39 M -33 M -8. 3 M -28 M 12 M 14 M EBIT 780 M 670 M 700 M 780 M 960 M 820 M 金利収入 55 M 55 M 54 M 46 M 53 M 40 M 税引前利益 740 M 640 M 690 M 750 M 970 M 830 M 所得税 92 M 86 M 69 M 240 M 79 M 41 M 少数株主利益 0 0 0 0 0 0 当期純利益 650 M 550 M 620 M 510 M 890 M 790 M 純利益ベーシック 650 M 550 M 620 M 510 M 890 M 790 M 2015 2016 2017 2018 2019 2020 現在の現金 890 M 500 M 970 M 2. 2 B 1. 5 B 1. 8 B 短期投資 2. 4 B 2. 8 B 2. 4 B 1. 3 B 1. 6 B 490 M 売掛金 250 M 310 M 240 M 370 M 340 M 270 M 在庫 230 M 180 M 230 M 240 M 320 M 300 M その他の流動資産 150 M 95 M 88 M 89 M 66 M 65 M 流動資産 3. 9 B 3. 9 B 3. 9 B 4. 1 B 3. 9 B 2. 9 B 長期投資 270 M 220 M 120 M 98 M 53 M 100 M プロパティプラント機器 300 M 280 M 300 M 300 M 330 M 430 M のれん 160 M 160 M 160 M 160 M 340 M 620 M 無形資産 13 M 6. 2 M 3. 6 M 4. 1 M 81 M 320 M その他の資産 160 M 170 M 210 M 240 M 330 M 160 M 総資産 4. 9 B 4. 8 B 4. 7 B 5. 1 B 5. 2 B 4. 7 B 買掛金 80 M 100 M 110 M 99 M 120 M 100 M 現在の長期債務 580 M 590 M 460 M 500 M• 500 M その他の流動負債 290 M 250 M 330 M 290 M 330 M 440 M 流動負債合計 960 M 950 M 900 M 940 M 480 M 1. 1 B 長期債務 1 B 1 B 1 M 1. 2 B 1. 2 B 800 M その他の負債 15 M 17 M 21 M 570 M 580 M 500 M 少数株主利益 0 0 0 0 0 0 総負債 2. 3 B 2. 2 B 2. 2 B 2. 7 B 2. 3 B 2. 4 B 普通株式 260 M 250 M 250 M 250 M 250 M 240 M 収益剰余 2 B 1. 9 B 1. 7 B 1. 5 B 1. 9 B 1. 2 B 自己株式 680 K 880 K 870 K 520 K 400 K 400 K 資本剰余金 650 M 730 M 800 M 880 M 1 B 1. 1 B 株主資本 2. 6 B 2. 6 B 2. 5 B 2. 3 B 2. 9 B 2. 3 B 純有形資産 2. 2 B 2. 1 B 2. 1 B 1. 9 B 2 B 590 M 2015 2016 2017 2018 2019 2020 当期純利益 650 M 550 M 620 M 510 M 890 M 790 M 減価償却 75 M 68 M 63 M 97 M 100 M 160 M 売掛金の変更• -61 M 64 M -130 M 37 M 62 M インベントリの変更 2. 7 M 52 M -48 M -9. 2 M -79 M 18 M 現金の変更 -81 M -390 M 460 M 1. 2 B -630 M 230 M キャッシュフロー 790 M 730 M 930 M 820 M 1. 1 B 1. 2 B 資本支出 -30 M -34 M -72 M -50 M -89 M -130 M 投資 13 M -380 M 590 M 1 B -310 M 1. 3 B その他の投資活動• -10 M -21 M -26 M -55 M -28 M 総投資キャッシュフロー 13 M -420 M 490 M 950 M -690 M 680 M 配当金の支払い -310 M -320 M -330 M -350 M -360 M -370 M ネット借入• -140 M 290 M -500 M• その他の資金調達キャッシュフロー 20 M 16 M -37 M -63 M -58 M -110 M キャッシュフローファイナンス -880 M -690 M -970 M -560 M -1 B -1. 6 B 為替レート効果• このチャートは投資家のための推奨事項です。 アナリストやブローカーは予測を立てるために、組織の公的財務報告を使い、従業員や企業の顧客と対話します。 結局のところ、チャート上にマークされた解決策があります。 これは、さまざまな期間におけるアナリストの意見を示しています。 カーソルを動かして、日付がさまざまな推奨事項であったものを追跡できます。 投資家はアナリストの勧告だけに従うべきではありません。 予測は、すでに確立されている戦略および計画に対する補足として使用されます。 投資家が推奨スケジュールに基づいて作業するだけの場合、それは悪い習慣と見なされます。 レポートはあなた自身の分析と組み合わせてのみ使用されるべきです。 19 -0. 06 -0. 80 -0. 94 -0. 51 -1. 38 -0.

次の

【XLNX】ザイリンクスの株価と決算

ザイリンクス 配当

[XLNX]配当利回り [XLNX]ザイリンクスの 配当利回りは、 1.49%(税引き前)です。 税引き後の配当利回りは、 1. 9(米国内)= 1. 07% となります。 [XLNX]配当性向 [XLNX]ザイリンクスの 配当性向は、 47%です。 [XLNX]配当金・支払い頻度 [XLNX]ザイリンクスの 配当金・支払い頻度です。 配当金(年間) [XLNX]ザイリンクスの 直近1年間の配当金は、 1.48ドルです。 配当金の支払い頻度 [XLNX]ザイリンクスの 配当金支払い頻度は、 年4回(3か月ごと)です。 [XLNX]配当金の権利確定月・配当支払い月 配当金の権利確定月・権利確定日 [XLNX]ザイリンクスの 配当金の権利確定月は、 2月・5月・8月・11月です。 配当金の支払い月・支払い日 [XLNX]ザイリンクスの 配当金の支払い月は、 2月・6月・8月・12月です。 [XLNX]株価・配当金まとめ 株価 99.14ドル 年間配当金 1.48ドル 利回り (税引き前) 1.49% (税引き後) 1.07% 配当性向 47% 権利確定月 2月・5月・8月・11月 配当金支払い月 2月・6月・8月・12月 ( 2020/07/12時点) [XLNX]配当利回り推移 [XLNX]ザイリンクスの過去の 配当利回りの推移です。 [XLNX]配当金支払い実績 [XLNX]ザイリンクスの過去の 配当金の推移です。 (税引き前) [XLNX]増配状況 [XLNX]ザイリンクスの 配当金の増配状況です。 連続増配年数は、 9年間です。 5年前、10年前、15年前と比較した配当の増配状況は、次のとおりです。 (今年=100) 増配率 対15年前 対10年前 対5年前 今年 10 39 76 100 [XLNX] 最新情報(Dividend. com) [XLNX]ザイリンクスの 最新情報は、 でも調べることができます。 >(Dividend. comのページへ) Dividend. comは英語のサイトですが、使い方は でも解説しています。 海外株式の取引でおすすめの証券会社 海外株式(米国)の購入は、 SBI証券が一番使いやすいと思います。 (素人の手作り感が満載ですが) いけやん自身も 会社の給料だけに依存しない 配当生活を目指して、日々投資をがんばっています。 株式投資は、初めはとっつきにくいですが、 少しでも早く始めた人が有利なゲームです。 そして、投資の勝ち負けに「絶対」はありませんが、 失敗の可能性を下げる情報を集めることは大切だと思います。 このサイトが、 株式投資を始めよう・続けようとしている方に向けて、少しでも 有益な情報を提供できるよう、がんばります! <こちらもどうぞ>.

次の

Xilinx (NASDAQ: XLNX) → 配当、配当支払いおよびSWOT分析

ザイリンクス 配当

このレポートのまとめ• ロッキード・マーチンの決算はまちまちだった• マクドナルドの決算は悪かった• ユナイテッド・テクノロジーズの決算はまちまちだった• テキサス・インストゥルメンツの決算は悪かった• プロクター&ギャンブルの決算は良かった• チポトレ・メキシカン・グリルの決算は良かった• スナップの決算はまちまちだった• ボーイングの決算は悪かった• キャタピラーの決算は悪かった• ヒルトンの決算はまちまちだった• フォード・モーターの決算は良かった• マイクロソフトの決算はまちまちだった• ペイパル・ホールディングスの決算は良かった• ザイリンクスの決算は悪かった• テスラの決算はまちまちだった• ツイッターの決算は悪かった• コムキャストの決算は良かった• スリーエムの決算は悪かった• アマゾン・ドットコムの決算は悪かった• インテルの決算は良かった• 06ドルに対し5. 66ドル、売上高が予想148. 7億ドルに対し151. 7億ドル、売上高成長率は前年同期比+6. 0%でした。 部門別売上高は以下の通り: 航空 61. 78億ドル +10% ミサイル 26億ドル +14% ヘリコプター 37. 1億ドル -4% 宇宙 26. 8億ドル +5% 受注残は1,374億ドルでした。 前年同期は1,305億ドルでした。 2019年の一株利益(EPS)は予想21. 23ドルに対し新ガイダンス21. 55ドルが、売上高は予想591. 4億ドルに対し新ガイダンス591億ドルが提示されました。 2020年の売上高は予想627. 2億ドルに対し新ガイダンス620億ドルが提示されました。 03ドルに対し2. 21ドル、売上高が予想193. 1億ドルに対し195億ドル、売上高成長率は前年同期比+18. 1%でした。 部門別売上高は以下の通り: オーチス 33. 1億ドル +3% キャリアー 48. 2億ドル -1% プラット&ホイットニー 52. 8億ドル +10% コリンズ・エアロスペース 65億ドル +64%(但しM&Aを除くと+7%) 2019年の一株利益(EPS)は予想8. 03ドルに対し新ガイダンス8. 05~8. 15ドルが、売上高は予想769. 7億ドルに対し新ガイダンス760~765億ドルが提示されました。 フリー・キャッシュフローは53~57億ドルを見込んでいます。 なお旧ガイダンスは45~50億ドルでした。 42ドルに対し1. 40ドル、売上高が予想38. 2億ドルに対し37. 7億ドル、売上高成長率は前年同期比-11. 5%でした。 部門別売上高は以下の通り: アナログ 26. 74億ドル -8% エンベッデッド 7. 24億ドル -19% DLP、計算機、カスタムASIC 3. 73億ドル -19% アナログ部門ではパワー、シグナルチェーン、ハイボリュームの各セグメントが売上減を記録しました。 エンベッデッド部門ではコネクテッド・マイクロコントローラーならびにプロセッサの両方で売上高減を記録しました。 第4四半期の一株利益(EPS)は予想1. 30ドルに対し新ガイダンス91セント~1. 09ドルが、売上高予想36億ドルに対し新ガイダンス30. 7~33. 3億ドルが提示されました。 24ドルに対し1. 37ドル、売上高が予想174. 3億ドルに対し178億ドル、売上高成長率は前年同期比+6. 6%でした。 オルガニックな売上高成長率は+7%でした。 2020年の売上高は予想700. 5億ドルに対し新ガイダンス697. 1~710. 7億ドルが提示されました。 22ドルに対し3. 82ドル、売上高が予想13. 8億ドルに対し14億ドル、売上高成長率は前年同期比+14. 6%でした。 既存店売上比較は+11. 0%でした。 デジタル売上高は+87. 9%でした。 総売上高に占めるデジタル売上高は18. 3%でした。 レストラン・レベル営業マージンは20. 8%でした。 これは前年同期比で210ベーシスポイントの改善でした。 2019年の既存店売上比較は+9%前後を見込んでいます。 新規出店は140程度を見込んでいます。 2020年に関しては150から165店舗の出店を計画しています。 36億ドルに対し4. 46億ドル、売上高成長率は前年同期比+49. 9%でした。 修正EBITDAは-4,200万ドルでした。 ガイダンスは-8,500~-6,000万ドルでした。 デイリー・アクティブ・ユーザーは2. 1億人でした。 前年同期は1. 86億人でした。 第4四半期の売上高が予想5. 54億ドルに対し、新ガイダンス5. 4~5. 6億ドルが提示されました。 修正EBITDAは予想2,100万ドルに対し、新ガイダンス0~2,000万ドルが提示されました。 12ドルに対し1. 45ドル、売上高が予想200億ドルに対し199. 8億ドル、売上高成長率は前年同期比-20. 5%でした。 主な機種の納機実績は以下の通り(カッコ内は前年同期): 737 5機(138機) 747 1機(2機) 767 10機(4機) 777 11機(12機) 787 35機(34機) 737MAXのソフトウェアならびにトレーニングのアップデートは完了しました。 現在、連邦航空局(FAA)ならび世界の民間航空監督当局と最終認証に向けて調整中です。 第4四半期に737MAXの運行が再開されることを想定し、第3四半期決算をまとめました。 737MAXの製造は徐々に再開し、まず毎月42機、そしてゆくゆくは毎月57機のペースで納機する予定です。 777Xはプリフライト・テストが進行中です。 初飛行は2020年を予定していますが、正式納機は2021年に延期しました。 第3四半期の民間航空機部門売上高は、前年同期比-41%の82. 5億ドルでした。 納機数は62機でした。 前年同期は190機でした。 貿易戦争のもたらす不透明感を反映し、2020年後半から787の生産は毎月12機へと減らします。 その水準での生産を2年間維持する考えです。 民間航空機部門の新規受注は50億ドルでした。 その内訳は大韓航空向け787が20機、エアニュージーランド向け787が8機、チャイナ・エアライン向け777が6機などです。 現在の民間機受注残は5,500機、3,870億ドルです。 防衛関連を含めた全社受注残は4,700億ドルです。 防衛・宇宙・セキュリティー部門売上高は+2%の70. 4億ドルでした。 グローバル・サービス部門売上高は+14%の46. 6億ドルでした。 営業キャッシュフローは-24. 2億ドルでした。 前年同期は45. 6億ドルでした。 フリー・キャッシュフローは-28. 9億ドルでした。 前年同期は41億ドルでした。 90ドルに対し2. 66ドル、売上高予想134. 9億ドルに対し127. 6億ドル、売上高成長率は前年同期比-5. 6%でした。 部門別売上高は下の通り: 建設 52. 89億ドル -7% 資源 23. 11億ドル -12% エネルギー 54. 52億ドル -2% 地域別売上高は以下の通り: 北米 61. 02億ドル -3% 南米 12. 11億ドル +2% 欧州中東アフリカ 27. 63億ドル -7% アジア太平洋 26. 82億ドル -13% 売上高減少の主因は、ディーラーが貿易戦争を懸念して在庫圧縮に動いたためです。 これにより、前年比較で12億ドルの売上高が失われました。 それを分解すると、去年は8億ドルのディーラー在庫の積み増しが行われたのに対し、今年の第3四半期は-4億ドルのディーラー在庫の取り崩しが起きました。 それらを合計するとインパクトは12億ドルになるわけです。 なお最終需要は弱々しかったものの、かろうじて微増でした。 キャタピラーは弱い需要に呼応し生産を絞り込み始めました。 2019年の一株利益(EPS)は予想11. 65ドルに対し新ガイダンス10. 90~11. 40ドルが、売上高予想557. 2億ドルに対し新ガイダンス547億ドルが提示されました。 02ドルに対し1. 05ドル、売上高が予想23. 9億ドルに対し24億ドル、売上高成長率は前年同期比+6. 3%でした。 客室稼働率は以下の通り: 米国 79. 4% +0. 3%pts 米州(除米国) 74. 8% -0. 1%pts 欧州 84. 6%pts 中東アフリカ 71. 6% +1. 5pts アジア太平洋 75. 4% -0. 2%pts 全体 79. 4%pts RevPAR(販売可能な客室1室あたりの売上)は以下の通り: 米国 118. 37ドル +0. 4% 米州(除米国) 91. 77ドル -0. 4% 欧州 120. 27ドル +2. 4% 中東アフリカ 101. 57ドル -0. 2% アジア太平洋 90. 92ドル -2. 7% 全体 114. 78ドル +0. 4% 第3四半期中、ヒルトンは1. 74万室を新しくオープンしました。 第4四半期の一株利益(EPS)は予想99セントに対し新ガイダンス91~96セントが提示されました。 8億ドルに対し339. 3億ドル、売上高成長率は前年同期比-2. 1%でした。 ワランティー・コストの上昇、インセンティブの増加、中国市場の不振などで第4四半期の見通しは以前より厳しくなりました。 修正EBITDAマージンは4. 8%でした。 前年同期は4. 4%でした。 2019年の一株利益(EPS)は予想1. 26ドルに対し新ガイダンス1. 20~1. 32ドルが提示されました。 旧ガイダンスは1. 20~1. 35ドルでした。 24ドルに対し1. 38ドル、売上高が予想322. 4億ドルに対し331億ドル、売上高成長率は前年同期比+13. 7%でした。 営業利益は前年同期比+27%の127億ドル、営業利益マージンは38%でした。 営業キャッシュフローは138. 2億ドルでした。 アンアーンド・レベニューは340. 3億ドルでした。 前年同期は280. 8億ドルでした。 第2四半期売上高は予想359. 5億ドルに対し、新ガイダンス351. 5~359. 5億ドルが提示されました。 5億ドルに対し43. 8億ドル、売上高成長率は前年同期比+18. 9%でした。 新規口座開設は980万口座、総口座数は2. 95億口座、前年同期比+16%でした。 トランザクション数は前年同期比+25%の31億でした。 トータル・ペイメント・ボリューム(TPV)は+25%の1790億ドルでした。 一口座当たり平均トランザクション数は前年同期比+9%の39. 8回でした。 P2Pボリュームは前年同期比+39%の510億ドルでした。 ベンモのTPVは前年同期比+64%の270億ドルでした。 第4四半期の一株利益(EPS)は予想81セントに対し新ガイダンス81~83セントが、売上高予想49. 3億ドルに対し新ガイダンス48. 9~49. 5億ドルが提示されました。 91ドル、売上高は予想64. 8億ドルに対し63億ドル、売上高成長率は前年同期比-7. 6%でした。 61億ドル、営業マージンは4. 1%でした。 GAAPベースでの純利益は1. 43億ドルでした。 前年同期に比べてモデル3のリース販売が増えたことが、売上高成長率が前年同期比でマイナスになった一因です。 テスラがリース主(Lessor)となり顧客(Lessee)とダイレクト・リース契約を結ぶ際、それは2年契約で、契約満了時に顧客はクルマをテスラに返納する、ないしは残存価値(residual value)にて買取するオプションを与えられます。 このようなリースはオペレーティング・リースというカテゴリーに分類され、リース売上高は契約期間全体に渡り直線的に案分され計上されます。 リースしたクルマの製造コストはバランスシート上、資本として計上され、リース期間を通じて償却されます。 その際、納車にまつわるコスト、紹介料、リース契約締結費用、販売手数料なども一括して資本に計上されます。 モデル3の平均販売価格は、「スタンダード・レンジ」の内装を発表したことで下がりました。 これは大衆普及車として、モデル3の価格設定をリーズナブルなものにするテスラの努力の一環です。 GAAP自動車マージンは、393ベーシスポイント改善し22. 8%になりました。 これは予想より良かったです。 製造コストの削減、効率の向上などがマージン改善に寄与しました。 オートパイロットならびに自動運転車機能に関するディファード・レベニューは、5億ドルに上っていますが、これらは徐々にリリースしてゆく考えです。 2019年度のボリューム増は前年比+50%前後が見込まれていますが、足下ではボリュームを追わず、コスト管理に集中します。 フリー・キャッシュフローは3. 71億ドル、バランスシート上のキャッシュは53億ドルでした。 モデルYの生産は予定より早く2020年夏から開始します。 納車は前期比・前年比で増加を見込んでいます。 また、今年通年では36万台を見込んでいます。 営業キャッシュフローは今後毎期黒字を見込んでいます。 ただし将来、大きな新製品の立ち上がり時には赤字になることもあると予想します。 GAAPベースで黒字化がほぼ達成できたと考えています。 上海ギガファクトリーでのモデル3の試験生産が始まっています。 これは予定より早いです。 75億ドルに対し8. 24億ドル、売上高成長率は前年同期比+8. 7%でした。 売上高が予想を下回った理由はモバイル・アプリ・プロモーション(MAP)にバグがあり、ターゲット広告を有効に表示できなかったこと、広告パートナーとの間でパフォーマンス計測データを上手くシェアできなかったことによります。 なお、MAPはダイレクト・レスポンス広告などに使われますが、ツイッターにとって必ずしも最も強い商品ではありません。 加えて、一部のパーソナライゼーションならびにデータ・セッティングが設計通り作動してないことも発見されました。 これらの原因により第3四半期売上高成長率が+3%分、失われました。 加えて7月・8月に広告出稿が季節性の影響を平年より大きく受け、落ち込みました。 マネタイザブル・デイリー・アクティブ・ユーザー(mDAU)は1. 45億人でした。 これは予想の1. 42億人を上回りました。 第4四半期売上高予想11億ドルに対し新ガイダンス9. 4~10. 1億ドルが提示されました。 営業利益は予想2. 07億ドルに対し新ガイダンス1. 3~1. 7億ドルが提示されました。 7億ドルに対し268. 3億ドル、売上高成長率は前年同期比+21. 2%でした。 ケーブル・コミュニケーションズ売上高は前年比+4. 0%の145. 8億ドルでした。 NBCユニバーサル部門売上高は前年比-3. 5%の83億ドルでした。 スカイ部門売上高は前年比-4. 2%の45. 5億ドルでした。 但し為替要因を除くと+0. 9%でした。 修正EBITDAは前年比+17. 0%の86億ドルでした。 修正EBITDAマージンは39. 8%でした。 前年同期は38. 8%でした。 売上高に占める設備投資費用は12. 4%でした。 前年同期は13. 9%でした。 総顧客数は前年比+3%の3120万人でした。 49ドルに対し4. 23ドル、売上高が予想687. 2億ドルに対し699. 8億ドル、売上高成長率は前年同期比+23. 7%でした。 部門別売上高は以下の通り: 北米 +24%の426. 4億ドル 海外 +18%の183. 5億ドル AWS +35%の89. 95億ドル オンラインストアは+22%、サードパーティーは+28%、サブスクリプション・サービスは+35%、広告は+45%でした。 営業キャッシュフローは78. 92億ドルでした。 前年同期は85. 88億ドルでした。 第4四半期の売上高は予想871. 7億ドルに対し新ガイダンス800~865億ドルが、営業利益予想41. 8億ドルに対し新ガイダンス12~29億ドルが提示されました。 24ドルに対し1. 42ドル、売上高が予想180. 7億ドルに対し192億ドル、売上高成長率は前年同期比+0. 1%でした。 部門売上高は以下の通り: クライアント・コンピューティング +5%の97億ドル データセンター +4%の64億ドル IOT +9%の10億ドル モービルアイ +20%の2. 3億ドル メモリー +19%の13億ドル プログラマブル +2%の5. 1億ドル グロスマージンは58. 9%でした。 前年同期は64. 5%でした。 第4四半期の一株利益(EPS)は予想1. 21ドルに対し新ガイダンス1. 24ドルが、売上高予想188. 3億ドルに対し新ガイダンス192億ドルが提示されました。 2019年の一株利益(EPS)は予想4. 38ドルに対し新ガイダンス4. 60ドルが、売上高予想694. 7億ドルに対し新ガイダンス710億ドルが提示されました。 インテルは200億ドルの自社株買戻しプログラムを発表しました。 <リスク> 米国株式および米国ETF、REIT、預託証券、受益証券発行信託の受益証券等(以下「米国株式等」)の売買では、株価等の価格の変動、外国為替相場の変動等、または発行者等の信用状況の悪化等により、元本損失が生じることがあります。 米国ETF等の売買では、裏付けとなっている資産の株式相場、債券相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等(これらの指数を含む。 )や評価額の変動により、元本損失が生じることがあります。 国外株式等の場合には、その国の政治的・経済的・社会的な環境の変化のために、元本損失が生じることがあります。 なお、外国為替相場の変動により、外貨お預り金の円換算価値が下がり、円ベースでの元本損失が生じることがあります。 本情報は、マネックス証券株式会社(以下「当社」といいます)が信頼できると考える情報源から提供されたものですが、当社はその正確性や完全性について意見を表明し、また保証するものではございません。 本情報は有価証券やデリバティブ取引等の価値についての判断の基準を示す目的で提供したものではなく、有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引を推奨し、勧誘するものではございません。 本情報に含まれる過去の実績や予想・意見は、将来の結果を保証するものではございません。 本情報は作成時現在のものであり、今後予告なしに変更または削除されることがございます。 当社は本情報の内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。 銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようにお願いいたします。 なお、本情報は当社の事前の書面による了解なしに転用・複製・配布することはできません。 内容に関するご質問・ご照会等にはお応え致しかねますので、あらかじめご容赦ください。

次の